日本はバルサを超えられる

月別アーカイブ :2012年05月

右脳と左脳と情熱と技術

いいリズムだ、ここ数日、ブログを更新している。(スペイン語バージョンは滞っているが、、、汗) いつまで続くかわからないが、続くことを期待しよう。 ...続きを読む»

指導者としての探求は続く

「いいアイデアとは、自分で独占していては意味がない。 多くの人と共有することによってはじめて価値が出る」 確か、脳科学者の茂木健一郎氏のツイッターで読んだのだと思う。 いい言葉だと思った。 というわけで、最近考えていることをみなさんと共有したいと思う。 いいアイデア(かどうかは定かではありませんが)は、隠していても意味がないですからね。 ...続きを読む»

眼の認知力のレベルアップが鍵か!?

先日の「ムーンウォークするクマさんと脳の並列処理能力と投球練習」を書いてから脳や眼力などのことが気になってならない。 で、アマゾンで色々検索していたら、以下の様な興味深い本を見つけた。 脳は眼から鍛えなさい! 子どもがぐんぐん伸びる目のトレーニング やはり「眼や脳を鍛えればスポーツは上手くなるらしい。 なぜならば、眼で見たことをより多く適切に素早く認知出来れば、 それだけ参考......続きを読む»

ムーンウォークするクマさんと脳の並列処理能力と投球練習

「ムーンウォークをするクマさん」の件を色々と思考していたら、 ここ2週間ほど続けている「実験:サウスポーの投球動作の習得」と繋がりました。 ...続きを読む»

ムーンウォークするクマさんから学んだこと

ムーンウォークするクマさんの一件から、 「選手の脳にとって理想的な指導とは?」ということを考え続けています。 ...続きを読む»

何故に相手にパスをぶつけてしまう!? 続編

さて、昨日の続きです。 まだ読まれていない方は、まずはこちらをぜひ読んでから下へお進みください。 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/naoto/article/600 ...続きを読む»

何故にパスを相手にぶつけてしまう!? Porque le das el pase al contrario!?

指導していて、毎日のように起こる現象がある。それは、選手が仲間にパスを出そうとしてパスをするのだが、それが相手にぶつかってしまうという現象だ。確かにパスは仲間の足元に向かって転がっていく。しかし、そのボールが転がる進路には、パスを出す前から相手が立っている。で、当然ながら、パスは相手にカットされる。冗談のような本当の話。しかも、それが何度となく繰り返される。真剣にプレーしている子どもが、同じミスを繰......続きを読む»

サウスポーの実験の続報

"saber sobre no saber hacer" (知らない動作について知るということ)の人体実験に関する続報です。 実験スタートから、毎日暇さえあればテニスボールを手に持ちながらシャドーピッチング!?をしています。いわゆる、ボールは投げずに投球動作をするだけ、ですね。左だけでなく、良い動作の確認のために右でもたくさんシャドーピッチングをしていますから、合計すると毎......続きを読む»

実験中: 苦手な動作の習得

ども、久しぶりのブログの更新です。 一つ書き残しておきたいことがあるので、ここに書き留めます。 Hace mucho tiempo que no actualizaba el blog... Ahora tengo una cosa que me gustaria dejar apuntada. Asi que aqui dejo la nota. サッカーの指導をしていて、最......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:259
  • 累計のページビュー:4201295

(03月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss