日本はバルサを超えられる

月別アーカイブ :2007年12月

年末のバレンシア遠征

ポーランド遠征の次は年末のバレンシア遠征(12月27日~30日)の番です。 ...続きを読む»

カタラン語でクリスマスのご挨拶

今晩、バルサスクールのスタッフによるクリスマス夕食会がありました。日本風に言えば「忘年会」ですね。 ...続きを読む»

ポーランド遠征の結果は5位

本日ポーランド遠征から帰ってきました。結果は、16チーム中5位。優勝できる可能性が大いにあったのにもかかわらず、残念ながら5位でした。この大会について色々と書きたいことがありますが、とりあえずは溜まった仕事を片付けることにします。 以上、取り急ぎ帰還のご報告まで。 ...続きを読む»

ポーランド遠征に行って来ます

明日13日木曜日から18日火曜日まで(凍え死なないようにホッカイロをたくさん隠し持って)ポーランド遠征に行って来ます。優勝目指して頑張ってきます! ※以下のページ(英語)に試合結果等が掲載される予定なので、もしよろしければご覧下さいませ。 ...続きを読む»

フットボールの指導者を目指す学生さんへ向けたメッセージ

“Be Water My Friend 実験”の過程において “フッボールが上手くなりたければ美しく歩け” という結論(!?)にたどり着いた私から、フッボールの指導者を目指している学生さんたちにひとつ提案があります。 “日本代表がW杯で優勝できるために、身体のプロフェッショナルである柔道整復師や整体師や理学療法士などを本職とし、フッボールの指導には副職として携わるという人生を歩んでみませんか?......続きを読む»

フットボールが上手くなりたければ美しく歩け (参考サイト集)

「フッボールが上手くなりたければ美しく歩け」 に興味を持たれた方のために、私が参考にしたサイトをもう少しご紹介しておきますね。 ...続きを読む»

「日本サッカーの救世主を探せ」

ひとつご報告をさせていただきます。 ...続きを読む»

フットボールが上手くなりたければ美しく歩け

“Be Water My Friend 実験”を続けて行く過程において色々と試してきましたが、その結果、たどり着いた結論(!?)は以下のようなものです。 “フッボールが上手くなる為には、まずは美しく立って、歩いて、座るべし” つまりは「日常生活での姿勢を正せ」ということです。で、この結論(!?)に従って現在複数名の協力を得て「正しい立ち方・歩き方・座り方は身に付けられるのか?」という実験......続きを読む»

日本らしいプレースタイルとは? Part 7.5  【戦術の基本はチーム戦術?】

いつものように少し寄り道をさせていただき、今回は「戦術の基本」について考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

【逆さまサンバイザー】 パスキ流おもしろトレーニング Part 2

バルサのハンドボールチームのGKコーチ・パスキの面白トレーニングの第2弾は「逆さまサンバイザー」です。 ...続きを読む»

日本らしいプレースタイルとは? Part 7  【戦術の定義】

「日本らしいプレースタイルとは?」の連載(!?)もやっと終盤を迎えることとなり、とうとう戦術について考える時がやってきました。 ...続きを読む»

Be Water の秘訣は腸腰筋にあり

“Be Water My Friend 実験”を続けて行くうちに“Be Water”になる為の鍵を握っているのが腸腰筋(=大腰筋+腸骨筋)であることは分かってきたのですが、その根拠を明確に説明してくれる理論には出会えず、奥歯に何かが詰まったようなモヤモヤした感覚が続いていました。しかし、やっと私のことを説得してくれる理論に出会えることができました。 ...続きを読む»

【風船トレーニング】 パスキ流おもしろトレーニング Part 1

「回り道」という言葉がありますが、それを「遠回り」と感じるか「寄り道」と感じるかは人それぞれだと思います。「遠回り」と言うとなんだか損をした感じがしますが、「寄り道」と言うとなんだかワクワクするのは私だけでしょうか。 最近私がしている「回り道」は明らかに「寄り道」ですね。だって、凄くワクワクしていますし、その過程において色々と学ぶことも多いからです。 ...続きを読む»

ひとつご報告を

12月6日発売の「ジュニアサッカーを応援しよう! VOL 7」に私が書いた記事が掲載されています。ポジション決定に関する記事です。もしよろしければ読んで下さい。 カンゼン社さん、執筆の機会を頂き感謝しております。ありがとうございました。 ...続きを読む»

【体よりも心?】 “Be Water My Friend” 実験報告 自分編 Part 12

他人の実験にばかり気を取られてしまいがちですが、自分自身の体を使った人体実験も継続しています。 ...続きを読む»

日本らしいプレースタイルとは? Part 6 【“闘魂”こそ日本らしいプレースタイル】

Part 1 で精神面について少し書きましたが、とても物足りない内容ですよね。そんなときにこちらでご紹介した松本育夫さんのインタビュー記事を読み、改めて精神面の大切さを感じたので、精神面についてもう少し書きたいと思います。 ...続きを読む»

日本らしいプレースタイルとは? Part 5.9 【メキシコ五輪銅メダルと“真の反復練習”の深い関係】

どうやら、1968年のメキシコ五輪で銅メダルを勝ち取った日本代表の選手たちは“真の反復練習”を行っていたようです。詳しくは下記のスポナビの記事をご覧下さい。 ...続きを読む»

日本らしいプレースタイルとは? Part 5.8 【“真の反復練習”と“カオス”】

「カオス」から一旦離れて話題を戦術へ移そうと思ったのですが、まだ頭から「カオス」が離れないので、もう少し続けさせていただきます。ご了承下さいませ。 今回は、「真の反復練習」と「カオス」について考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

【効果なし?】 “Be Water My Friend”実験報告 スペイン人セミプロ編 Part 6

ハビーがプレーしているチームがバルサBと試合をしたので観戦に行ってきました。 ...続きを読む»

スクールの4選手がカンテラに練習参加

先日行ったカンテラとの練習試合で活躍したスクール所属の4選手(9歳)がカンテラの同年代のチームに(入団テストを兼ねた)練習参加することになりました。この練習参加は今後数週間行われる予定です。いい結果が出ることを祈っています。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:168
  • 累計のページビュー:4242544

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss