日本はバルサを超えられる

月別アーカイブ :2007年09月

日本発の理論を導入?

「最近のナオトはおかしいぞ」とバルサスクールのコーチ仲間から最近笑われています。 ...続きを読む»

しなやかなボールタッチと足首の可動域の深い関係

「ミニハードルとラダートレーニングはフッボールに不向き?」に対して、以下のようなとても興味深いコメントをkenさんから頂きました。kenさん、ありがとうございます。 ...続きを読む»

日本の陸上競技界からスピードを盗もう

「ミニハードルとラダートレーニングはフッボールに不向き?」に対するコメント欄でmnさんが以下のようなホームページを教えてくれました。mnさん、ありがとうございます! ・川本和久 私の頭の中のトップランナー http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/060.html ...続きを読む»

ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?

二軸動作やゆる体操に興味を持ち初めている今日この頃、“消化不良を起こしている疑問”にぶち当たってしまいました。 それは、「ミニハードルやラダートレーニングはサッカーに不向きなのでは?」という疑問です。 ...続きを読む»

みんなの為のリーグ戦を作ろう♪

「日本フッボール界の根本的な問題」をきっかけに、8割本気・2割冗談でこんなブログを立ち上げてみました。 名づけて、、、、 ...続きを読む»

サッカーに携わって生きて行くには?

以下のような質問がメールで届きました。 >生涯サッカーに携って生きていくためには、何が必要か、 >どういう心構えで、どのように行動すれば宜しいでしょうか? ...続きを読む»

日本サッカー界が世界に誇る 「細部にこだわる眼」

日本人はスペイン人に比べ細部にこだわる事が好きですが、それは、フッボールの世界でも同じのようです。と同時に、スペイン人は日本人に比べて細部にこだわる事が苦手なようです。 ...続きを読む»

若い選手には選手寮よりも里親の方がいい!?

アトレチコ・マドリッが10歳の日本人少年を獲得したというニュースをインターネット経由で知りました。 ...続きを読む»

ゆる体操とマラドーナとブルース・リー

この夏に日本に帰ったときの最大の収穫のひとつは 「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」 著/高岡英夫・松井浩 という本に出会えたことです。「ホントか?」と首をかしげる部分も多々ありますが、とても興味深い内容なので、まだ読んでいない人は是非とも読んでみて下さい。 ...続きを読む»

“早生まれ問題”の解決案 「オーバーエイジ制度」

先日書いた「スペインでは“早生まれ”が得をする?(相対的年齢効果)」に対して多くのコメント、ならびにEメールを頂きました。ありがとうございました。特に、成長の差が大きい小学生年代のお子さんをお持ちのご父兄にとっては、目の前に立ちはだかる大きな問題のようですね。(逆に、僕を含め指導者にとってはあまりピンと来ない問題です、、、。これが一番の問題かもしれませんね、、、。) で、ふとこの問題を解決する......続きを読む»

バルサスクール、新シーズンの担当チームが決定

昨日、バルサスクールの新シーズンの始業式がカンプ・ノウ内の会議室で行われました。 ...続きを読む»

スペインでは“早生まれ”が得をする? (相対的年齢効果)

相対的年齢効果というのを聞いたことがありますか? ...続きを読む»

スペイン・フットボール界の“見えざる神”!?

バルサのスクールは、いわゆる「普及部」ですから、選手をクビにすることは決してありませんが、様々な理由によりスクールから離れて行く選手もいます。そのため、ある程度定員に空きが出来た時点でバルサスクールでは入団テストをオーガナイズしています。 先週の土曜日にも入団テストが実施されたのですが、その中でとても気になった出来事があったのでご紹介したいと思います。 ...続きを読む»

三重で行った指導者講習会の詳細レポート

先日三重で行った指導者講習会の詳細が、下記のブログで紹介されています。 fb_is_my_lifeさんのブログ: 三重県女子トレセン サッカーノート とても細かなところまで観察・分析されており、こちらまでビックリしてしまいました。どれくらいビックリしたかは、上記リンクページ内に私が書き込んだコメントをご覧頂ければお分かりいただけると思います。 fb_is_my_lifeさん、詳しい......続きを読む»

FCバルセロナの運営方法

前回に引き続き、ご意見箱に届いた仙太郎さんのご質問にお答えしたいと思います。(手抜きですがご了承下さい) ...続きを読む»

スペインの中小フットボールクラブの運営方法

ご意見箱に仙太郎さんからご質問が届きましたので、テーマごとに分けてご返答させていただきたいと思います。 まずは、以下の部分にご返答させていただきます。 ...続きを読む»

更に上を目指す指導者の為のとても興味深い講座

カタルーニャ・フッボール協会とカタルーニャ自治大学が協力して。更に上を目指す指導者を対象としたとても興味深いコースを新たに開催しました。 ...続きを読む»

ポリバレントなコーチが多いスペイン

今「強いぞ広範囲アジアン混合チーム」を書いていてひとつ素朴な疑問がふと頭をよぎりました。 それは 「小学生を指導することと高校生を指導することは違うのか?」 という素朴な疑問です。 ...続きを読む»

強いぞ広範囲アジアン混合チーム

8月下旬に日本から帰ってきた数日後、バルサスクールの上司から電話があり 「今度日本のチームが来るからNAOTOが指導しろ」 と言われたので、快く引き受けたのですが 練習当日にグラウンドに行くと、そこにいたのは、、、、、 ...続きを読む»

バルサスクールの07・08シーズンが始動

バルサスクールの07・08シーズンがとうとう始動しました。 久し振りに会うスタッフとは熱い抱擁を交わし、夏の土産話に花を咲かせました。 ...続きを読む»

「セレクトブログ」に格上げ!?

皆さんに重大(!?)なご報告があります、、、、 ...続きを読む»

日本サッカー界の根本的な問題

今回のお題は、、、、「日本フッボール界の根本的な問題」です。 ※書き終わった後に読み返してみると、かなりの力作になっていることに気付きました。とても長いですが、頑張って分かりやすく書いたつもりですので、是非とも最後までお読み下さい。m(__)m ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:4242377

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss