日本はバルサを超えられる

バルサを越える為のヒント集

サッカーの指導とミラーニューロンの深い関係

最近こんな本を読んでいます。サッカーの指導に応用できることも多々あり、とても興味深い本です。 ...続きを読む»

勉強自体は教えずに、勉強の“術”を教える塾!?

今回は 「勉強自体は教えずに、勉強の仕方を教える塾」 について書きたいと思います。このテーマについては随分前に既に書いたと思っていたのですが、実は書いていなかったようですね。(あるいは、どこか別の場所で既に書いているかもしれません) 失礼しました。 ...続きを読む»

スペインのクラブ運営、ソシオ制度、etc

【ご意見&ご質問コーナー】にコージさんからスペインのクラブ運営に関するご質問が寄せられたので、私の知っている範囲で以下の通りご返答させていただきます。 ...続きを読む»

少年期に姿勢やランニングフォームの矯正は必須か?

同ブログの「ご意見&ご質問」コーナーに以下のような質問が寄せられました。 ...続きを読む»

フットボールが上手くなりたければ美しく歩け (参考サイト集)

「フッボールが上手くなりたければ美しく歩け」 に興味を持たれた方のために、私が参考にしたサイトをもう少しご紹介しておきますね。 ...続きを読む»

フットボールが上手くなりたければ美しく歩け

“Be Water My Friend 実験”を続けて行く過程において色々と試してきましたが、その結果、たどり着いた結論(!?)は以下のようなものです。 “フッボールが上手くなる為には、まずは美しく立って、歩いて、座るべし” つまりは「日常生活での姿勢を正せ」ということです。で、この結論(!?)に従って現在複数名の協力を得て「正しい立ち方・歩き方・座り方は身に付けられるのか?」という実験......続きを読む»

Be Water の秘訣は腸腰筋にあり

“Be Water My Friend 実験”を続けて行くうちに“Be Water”になる為の鍵を握っているのが腸腰筋(=大腰筋+腸骨筋)であることは分かってきたのですが、その根拠を明確に説明してくれる理論には出会えず、奥歯に何かが詰まったようなモヤモヤした感覚が続いていました。しかし、やっと私のことを説得してくれる理論に出会えることができました。 ...続きを読む»

「真似る」 という行動は人間特有?

「子犬と子猫とフッボールと“真の学習”」の中で動物と人間の「学ぶ」という行動について少し考えてみましたが、これに関連する興味深い論文を読者のiさんが紹介して下さいましたので、こちらでも紹介させていただきます。iさん、ありがとうございます! 【動きの模倣とイメージトレーニング】朝岡 正雄(著) http://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/29/1/29_......続きを読む»

羽生善治氏が語る「将棋とサッカーの共通点」

将棋とフッボールの共通点に関して色々考えていたところ、mnさんがこんなサイトを紹介して下さいました。mnさん、ありがとうございます! 【羽生王座と二宮清純氏対談 ・ サッカーと将棋の共通点】 http://hobby.nikkei.co.jp/shogi/nikkei130/article.cfm?i=20060829sv000sv 興味深い内容ですので、お勧めです。 ...続きを読む»

将棋界を見習い子供の脳の可能性を信じてみませんか?

将棋とフッボールの類似点について、以前一度「小学生からもっとチーム戦術を教えてみませんか?」の中で少し触れましたが、今回羽生善治氏の「決断力」を読んで再びフッボールと将棋の間に多くの類似点があることを感じたので、改めてこのテーマを取り上げたいと思います。今回は「子供の脳の可能性を信じる将棋界と信じない日本フッボール界?」に関して書きたいと思います。 ...続きを読む»

子犬と子猫とフットボールと“真の学習”

「無関係だと思われていることが、後になってとても大きな影響を与える場合もある」 と私は思っているので、「フッボールとは無関係かもしれないな、、、」と思いつつも もう少し犬の走り方について考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

真の “学ぶ・教わる・教える” の関係とは?

甲野善紀さんの武術を学んでいる「半身動作研究会」のホームページで とても素敵な文章を見つけました。 学ぶとは? 教わるとは? 教えるとは? ということに興味がある方には特にお勧めです。 【武術稽古研究会にカリキュラムはあるか】 http://ebisukeiko.ld.infoseek.co.jp/019.htm ※関連ブログ ・「真似る」 という行動は人間特有? ......続きを読む»

走るのが下手な犬はいないのに、走るのが下手な人間は何故多いのか?

体の動きについて色々と考え続けていたら、幼少の頃(※実家では犬を飼っていました)に抱いていた以下のような素朴な疑問がふと蘇って来ました。 「犬は何故みんな足が速い? 走り方が下手な犬は何故いない?」 老犬や病気や怪我持ちの犬を除けば、足の遅い犬や走り方が下手な犬というのは見たことがありません。不器用な走り方に見えるダックスフンドにしたって、身体構造を最大限効率的に使ったような走り方で結構......続きを読む»

フットボールはフットボールのトレーニングだけでは上達しない!?

私の思考回路はドンドンあさっての方向に飛んで行っていますが、「勢いは止めるな」というクライフ(!?)の言葉を信じて、このまま突っ走ることにします。 ...続きを読む»

骨と筋肉とフットボールとテコの原理

皆さんから頂いた多くのヒントのおかげで、“Be Water My Friend”に関する自分の考えがどんどんひとつにまとまりつつあります。特に、hao80さんが教えて下さった“邪魔しているものを取り除く”という言葉は大きなヒントになりました。皆さん、ありがとうございます。 以下、まだ完全にまとまっているわけではないですが「骨と筋肉とフッボールとテコの原理」について少し書きたと思います。 ※“......続きを読む»

「体幹を捻る走り方」 の定義とは!?

“Be Water My Friend”人体実験を進めるうちに、体幹の捻りについてますます疑問が増えて来ました。以前、「フッボール向きの動きはどっち?(体幹を捻る・捻らない)」というのを書きましたが、今回は走る動作における「体幹を捻る」という言葉の定義について考えたいと思います。 ...続きを読む»

それこそが最高の環境です

ご意見箱にハットオドロクさんからご質問を頂いたので、ご返答させていただきたいと思います。 ...続きを読む»

ジャズピアノと武術とインナーマッスルとフットボール

前回の続きです。 話がどんどん明後日の方角に飛んで行っているような気がしますが、あまり深く考えずに突っ走ることにします。 ...続きを読む»

ジャズピアノとフットボールの深い関係!?

“Be Water My Friend理論”に最近夢中の私ですが、ここに来て昔ずっと考えていたことが再び脳裏をよぎり始めています。それは、ジャズピアノとフッボールの深い関係です。 ※私は音楽の専門家ではないので、おそらく誤解している部分もあると思います。もし私の誤解を発見されましたら、やさしくご指摘願います。 ...続きを読む»

フットボール向きの動きはどっち?(体幹を捻る・捻らない)

体幹は捻った方がいいのだろうか、、、。 それとも捻らない方がいいのだろうか、、、。 そんなことを最近考えています。 ...続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:208
  • 累計のページビュー:4241540

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss