日本はバルサを超えられる

最近のお気に入り練習メニュー Part, 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ご紹介した「最近の僕のイチオシの練習メニュー」の2対2のバージョンをご紹介します。
実は僕は、1対1よりもこちらのほうが好きです。なぜって、仲間がいると創造力の幅が広がるからです。
と同時に、1対1から2対2に人数が増えることで、かなり(チームスポーツとしての)サッカーに近づいた気がするからです。

naoto-430642.png





1対1同様に、この2対2の練習メニューも、ジンガなどのボールフィーリングの反復練習と実際のゲームをつなぐ「架け橋」的な役割を担ってくれている素敵な練習メニューです。

「発明とは、既存の知識の足し算にすぎない」

以下、詳細をご説明します。

【練習メニュー名】
いつもの1対1の2対2バージョン

【プレイ時間】
各ゲームが5分。それを2〜3回。
(※汗だくになりますのでご注意下さい)

【構造】
・2対2の攻防
・各ペアが2つのグリッドへと攻め、2つのグリッドを守る。
・各グリッドは約4メートル四方。グリッド間は約10メートル。
・攻撃している際、自陣の2つのグリッドは「安全地帯」と化す。つまり、自陣のグリッド内でボールを保持している時は相手はボールを奪えない。
・グリッド以外のプレイスペースに特に制限はない。つまり、地球全体がプレイスペース。

【得点方法】
・グリッド内へボールを運んだら1点(※点を決めても相手ボールにはならない。次は逆の2つのグリッドへ攻める)
・股抜きをしたら1点(※股を抜いた後に自分のボールにしなければ得点にはならない)
・“裏街道”を通したら1点(裏街道を通した後に自分のボールにしなければ得点にはならない)
・リフティングを5回したら3点(※仲間と協力してもOK)
・ヘディングでリフティングを3回したら3点(※仲間と協力してもOK)
・ヒールリフトなどで相手の頭上を抜いたら3点
・相手と相手の間(=門)にパスを通したら3点
・相手をワンツーで抜いたら3点
・相手と相手の間をドリブルで抜いたら(=2人を一気に抜いたら)3点

【よく起こる現象】
・後ろに戻れば「安全地帯」があるため、逃げるドリブルや「後ずさりドリブル」が多用される。つまり、将棋の「銀」のように斜め前や斜め後ろに動くプレイが増え、ボールを懐深くキープしながらプレイする機会が自ずと増える。
・ゴールが2つあるため、クルリと回って逆方向へ行くプレイが促される。
・安全地帯があるため、マッタリする時間が生まれ、遊び心と共にプレイする雰囲気が生まれる。
・得点方法が色々あるため、イマジネーション豊かなプレイが促される。
・得点方法が色々あるため、ディフェンスはボールを奪いに行くようになる。
・ディフェンスがボールを奪いに来る瞬間を狙って、オフェンス側は前に出るようになる。例えば、リフティングをし始めれば、必ずと言っていいほどディフェンスは身体を寄せてくるため、その瞬間を狙って頭上を抜いて相手の裏へ出るようなプレイが続出する。
・ディフェンスは「寄せたら裏を狙われる可能性がある」ということを知っているため、それを警戒しながら細かなステップを踏みながら寄せるようになる。
・“門”を通されると3点なので、ディフェンス側の2人はいい感じの距離感で動こうとする。
・ワンツーをされると3点なので、ディフェンスはパス&ゴーをする相手について行こうと意識する。

【コーチから選手にしたほうがいいアドバイス】
・グリッドに向けて攻めることだけを意識してしまう選手が現れるので、点を得る方法が多々あることを思い出させるようにコーチングする。例:「点の入れ方は多々あるからね〜。色々チャレンジしてみてよ〜」

【前橋ジュニア的アドバイス】
・ボール保持者は、ディフェンスをしている2人がくっついてディフェンスしなければいけないように、仕向ける。そして、ディフェンス2人を一網打尽にできる瞬間を探す。2人をいっぺんにドリブルで抜くもよし。あるいは、フリーの仲間にパスをするもよし。


以上です。

1対1と合わせて、ぜひお試しあれ♫

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ひとりごと
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

最近のお気に入り練習メニュー Part, 2

いつも更新楽しみにさせて頂いています
お気に入りメニューのその2を早速試したところ(U8)フィールド制限がない中でやったからなのか敵味方共にかなり離れてしまう場面がけっこうありました、(2対2というよい1対1が2つあるみたいな)
なるべく攻守共にお互いのフォローをと伝えるのですが、ボールホルダー側のフォローが味方からのパスを受ける為に距離を作るとそのマークの為に守備のフォローが離れてしまうのですが、どういったアドバイスが適切でしょうか?
やはりまずはグリッドを意識した守備のフォローでしょうか?
(ボールホルダーに対してチャレンジ&カバーが出来るようにとか)

アドバイス頂けたら幸いです

最近のお気に入り練習メニュー Part, 2

はじめまして。

最近ブログを知りました。
とても面白く楽しく見させてもらっています。

「最近のお気に入り練習メニュー Part, 1,2」 で
練習内容を画像で表示されていましたが、画像に写っている
のは、なんというソフトか教えていただけないでしょうか。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:379
  • 累計のページビュー:4256973

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 一本歯下駄が面白い
  7. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss