日本はバルサを超えられる

自己組織化の映像はトレーニング効果を生むか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己組織化映像(鳥と魚)を実際に練習前に選手たちに見せてみました。
ま、あまりにもサッカーとかけ離れた映像がポータブルプロジェクターから映し出されたので、ウケは良かったです。笑



で、夏休み前にトラウムトレーニング(風間八宏さんのトレーニングスタイルのスクール)を見学・体験に行った際に耳にして気に入っていたトラウムらしい指導用語の「つながる」を拝借することにしました。

「つながれ!とか、つながっているかい!?と俺が言ったら、魚や鳥の群れのように動きと意識と気持ちをつなげてプレイしろ、っていう意味だからな。ディフェンスでもつながるし、攻撃でもつながれよ」

と説明し、ゲーム中に「つながれ!」とか「つながっているかい!?」と叫び続けました。

今回は、攻撃側にはコーチングせずに、あくまでもディフェンス側にコーチングをするだけにとどめました。

で、ディフェンスのレベルアップにつながったかどうかは、定かではありません。苦笑
ただ、「ポジションに関係なく、連動して一緒に動く」というイメージは伝わったような気がします。

選手の中には「連続!」という単語を使って仲間にコーチングしている選手もいましたが、僕はトラウムっぽい「つながる」という単語の方が「絆(きずな)」を感じられるので好きです。

さて、実験を兼ねて、今後も継続的に自己組織化の映像を見せたいと思います。

ちなみに、実際に選手たちに見せた映像は以下のふたつです。参考まで。

・魚の群れの映像 
・鳥の群れの映像

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ひとりごと
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:216
  • 累計のページビュー:4228502

(07月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss