日本はバルサを超えられる

サウスポーの実験の続報

このエントリーをはてなブックマークに追加

"saber sobre no saber hacer" (知らない動作について知るということ)の人体実験に関する続報です。

実験スタートから、毎日暇さえあればテニスボールを手に持ちながらシャドーピッチング!?をしています。いわゆる、ボールは投げずに投球動作をするだけ、ですね。左だけでなく、良い動作の確認のために右でもたくさんシャドーピッチングをしていますから、合計すると毎日100回から200回くらいはやっています。おかげさまで、心地よい疲労感が両肩にあります。

以下、この一週間に感じたことを書き出します。

・知らない動作を学ぶには、その動作に必要な最低限の筋力と関節可動域が必要。
(左手での投球動作をすると、肩がゴリゴリいいます。とてもいい動的ストレッチになっているようで、おかげさまで左肩の稼働域が広がった感覚があります)

・知らない動作を学ぶには、神経系の学習がキモ。
(左腕がぎこちない動作になっていることを認識しているにもかかわらず、しかも右腕でのいい動作の感覚を知っているにもかかわらず、左腕はそれを再現できません。おそらく、左腕の筋肉を繊細に動かすための神経系が未発達だからでしょう。この点の改善に関しては、やはり反復練習しかないでしょうね)

・「良い心地」のする動作は効率がいい動作。
(肘の高さや動作の連動性などを色々と分析しながら僕は反復練習しているわけですが、最も重要なのは「あ、今の動作は気持ちいい」という感覚です。それを感じられる場合は、ほぼ必ず力学的にも効率的な動作をしていると思われます)

・脳が分析や学習の準備ができていると、動作を覚えるための反復練習は楽しい。
(毎回投げる度に僕は一回一回の動作を分析し、良かったのか悪かったのかを自己評価して自分自身の脳と身体にフィードバックしています。これをやっていると、もちろんトレーニング効果も上がりますし、なによりも反復練習をやっていて楽しいです。きっと学習が常に存在するからでしょうね)

・動作の始動は体幹。
(ボールは確かに腕と手で投げるわけですが、動作の始動は体幹ですね。この部分に気づいた瞬間に投球動作が飛躍的に改善されました。


以上が今気づいていることです。
今後も実験は続きます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ひとりごと
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

テンセグリティさん、コメントありがとうございます

テンセグリティさん、興味深いコメントありがとうございます。

早速、「走りながら投げる」をやってみました。
僕の率直な感想としては、「走って投げたほうが筋力に頼らずに投げれるため、リラックスして、正確かつ速いボールが投げることができる」というものです。

これがテンセグリティさんが期待していた感想でしょうか?


ところで、テンセグリティさんのお陰で「テンセグリティ構造」の存在を知ることができました。ヒントをくださりありがとうございました! 近々ブログでテンセグリティを取り上げたいと思います!

サウスポーの実験の続報

初めまして。仕事の合間に偶然発見。楽しく読ませていただきました。

一つ試して欲しいことがあります。

それは


「走りながら投げる」


サッカーでいうところのパスアンドゴーならぬ、ランアンドスローといった感じです。

ランニングしながら止まらずに投げ抜いてみてください。


ただそれだけです。何か気づきがあれば幸いです。またお邪魔いたします。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:231
  • 累計のページビュー:4241995

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss