日本はバルサを超えられる

フットボールはフットボールをトレーニングすることによってのみ上達する

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、日本から小学生と中学生のチームがバルセロナに遠征に来ていたので
通訳を務めさせていただきました。
今回はその際に感じた「日本チームの特徴」について書きたいと思います。



まず、彼らのプレーを見たスペイン人たちが驚いていたのは
日本人のテクニックのレベルの高さでした。
また、俊敏なところもスペイン人たちから
高い評価を得ていました。

そして、スペイン人が指摘していた両チームに共通する特徴は

ボールさばきは上手いが、サッカー(の試合運び)が下手。
 ボールを持ったときの状況判断が悪い。戦術的な知識が乏しい」

というものでした。

このような日本チームの特徴は、先日書きました
「攻撃を改善したければ守備を改善せよ(究極のサッカー哲学)」の中で
指摘しました以下のような部分と繋がっているのではないでしょうか。

守備も攻撃もテクニックもフィジカルも切り離してはいけない。
 それぞれの要素を切り離してトレーニングしても各要素が上達するだけで
 サッカーは上達しない。サッカーの上達はサッカーのトレーニングからしか
 生まれない


現在の日本での指導現場において、ゴールデンエイジでのテクニックの
レベルアップを重要視し過ぎていることはないでしょうか?
「小学生年代でテクニックを身につけ、中学生年代でグループ戦術を身につけ
そして高校生年代でチーム戦術を身につける」という大まかな年代別の
役割分担が生まれていないでしょうか?

もしそうだとしたら、その結果が前述のような
「ボールさばきは上手いが、サッカー(の試合運び)が下手」
という状況に繋がっているのではないでしょうか?

そして、この年代別役割分担方式は、
「サッカーはサッカーをトレーニングすることによって上達する」
という理論の全く逆を行く指導論なのではないでしょうか?

もちろん、各年代によって効率的に上達する要素は違いますし
ゴールデンエイジにテクニックのトレーニングが効果的なことも
疑いのない事実です。
しかし、あまりにもひとつの要素に偏ったトレーニングは
その要素の向上には効果はあっても「総合的なサッカーのレベルアップ」には
なかなか繋がらないのではないでしょうか?

要は、バランスの問題なのだと思います。

年代に応じて、重点を置く要素を変えて行きつつ
常にあらゆるサッカーの要素を満遍なくバランス良く指導し、
総合的なサッカーのレベルアップに努めるということだと思います。

ちなみに、スペインでは小学校の低学年から戦術についても
たくさんトレーニングします。
と同時に、年代に関係なく「試合の中での各状況に応じた適切な状況判断」
に常に重点を置いています。
極端な話、「状況判断能力こそがサッカーのキーポイント」という
価値観がスペインにはあるような気がします。

そして、そのような価値観が存在するためか、小さい頃から
「(状況判断を必要としない)ボールさばき」ではなくて
「(状況判断を必要とする)フッボール」を総合的に
トレーニングする習慣があるのではないでしょうか。

と同時に、いくらテクニックがあったとしても状況判断の悪い選手には
小学生であろうと「レベルの低いフッボール選手」という評価が下りますし、
テクニックレベルが多少低くてもフッボール的な状況判断に優れている
選手に対しては「レベルの高いフッボール選手」という評価が下ります。
そこには「状況判断能力は後から身に付く」という考えは存在しません「サッカーはサッカーをトレーニングすることによって上達する」
という理論について、もう一度じっくりと考えてみる必要がありそうですね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バルサを越える為のヒント集
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

フットボールはフットボールをトレーニングすることによってのみ上達する

この問題って、日本の教育と一緒ですよね。
数学オリンピック出場者が、高校の先生している現状。改革が終わってもやっぱり護送船団的な部分がぬぐいされない。その証拠はやはり「平均的にレベルの高い人が多く欲しい」これにつきる。スポーツまでその「くせ」が影響している。サッカーなどのスポーツは文部省管轄よりも各スポーツ連盟を舵とり役にして、文部省は承認するだけにして欲しい。世界のどこでもなされているサッカーでよい例を示せば、日本の重鎮も少しは考えるのではないでしょうか?
後、Youtubeなどのメディアが容易に手に入るので、某ポルトガル選手のフェイントの真似がやたらとうまいけど、試合中は???って子供が多いですね。某選手ではなくて、バルサのジュニアの練習や試合のビデオを見て、これが今自分がやるべきことと、コーチも子供も(子供は大人が説明する)思えるような環境づくりが大切では?もちろん、部屋にポスターを貼ってもよいが(笑)
兎に角、派手なスポーツは広告的部分を大切なことと、勘違いする人(少年)が多すぎですね。
某ポルトガルの選手は試合に勝つマネーと雑誌を飾るマネーと比率が普通じゃないですから。
色々、コメントを見まして皆様素晴らしい意見ですが、私なりにはすべて正解だと思います。
柔道なんかは素晴らしいと思いますが、月一1時間でいいかと。(要領いい子がフィジカルにちょい応用して、そのうち、少しづついい箇所が仲間に広がっていく。
なんか、フィジカルがよくなった気がするだけでいいと思う。)
親やコーチが悩んだ結果、何もメニューを変えなかったら、絶対何も変わらない。
子供はすごく吸収が早いから何もしてもいいと思う。
(子供に説明できる理由は必要)
後は、子供達を信じるべきだと、思う。
試合形式でやらして、親も「柔道のあたりだ~!!!」て。
いずれにしても今日本のスポーツをスポーツを替えられるのはサッカーだと思います。
皆様に期待しています!!

ハポンの少年サッカーコーチさんへ

書き込みありがとうございます。ハポンの少年サッカーコーチさんの書き込みをベースに連載?をスタートしてみました。第一弾はこちらです。

【小学生にもっとチーム戦術を教えてみませんか?】
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/naoto/article/35

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

 「ボールさばきは上手いが、サッカーが下手」
とは、核心を突かれているようで、私も低学年に
ボールをこねくり回すことは教えていますが、
その後どうしたらイイのか?というのを悩んで
いるところです。私が見ている子供達は、決して
選ばれし子供達ではなく、地域のサッカー好きな
子供達です。

 状況判断を素早くすることを求めると返って
ネガティブなプレーを誘発するのではないか?
と思うのです。たとえば、FWがDFを背負った
時にすぐにバックパスしてしまうというような。
素早い判断ですが、それが良い判断である場合と
そうでない場合もあります。良い状況判断とは
そのプレーがチームとして「得」であるか?を
踏まえて「判断」することで、分かった上で
早くやるのはイイことですが、よく周りの状況を
把握していないで早くやるというのは、プレーの
選択肢を奪うことになりかねない。

 そうであれば、むしろ判断を捻じ曲げてでも
前に振り向くクセをつけた方がよっぽどイイの
では?と思います。振り向くor振り向かないを
状況に応じて判断するようになるのは、その後
ではないか?思っています。

「試合の中での各状況に応じた適切な状況判断」
というのが、どうも上手く伝えられないで
おります。


>スペインでは小学校の低学年から戦術について
もたくさんトレーニングします。

とありますが、具体的にどんなことをやるので
しょうか?差支えなければ教えてください。

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

話がちょっとずれますが
練習方法ということでは、チェルシーのモウリニョーは、最初から最後までボールを使った練習メニューとのこと。彼の持論として、サッカー選手のトレーニングは常にボールと関連すべきであり、例えば、ピアニストの練習は鍵盤をたたくことであり、ビアノの周りを走って体力をつけるようなことは有り得ないと。要するに、関係のない筋肉や神経を強化しても意味がないということでしょう。
それでも、モウリニューの練習方法はユニークということで知られており、シエフチェンコも最初は驚くやら、感心するやら。
そういえば、オシム監督もアップの時からボールを使用した練習方法ですよね。千葉の選手の中には、怪我しないように、アップが始まる前に、自主的に事前のアップをしていると聞いたことがあります。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:4242377

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss