日本はバルサを超えられる

【フットボールはフットボールをトレーニングすることによってのみ上達する】コメント一覧

ハポンの少年サッカーコーチさんへ

書き込みありがとうございます。ハポンの少年サッカーコーチさんの書き込みをベースに連載?をスタートしてみました。第一弾はこちらです。

【小学生にもっとチーム戦術を教えてみませんか?】
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/naoto/article/35

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

そうですよね、私もバランスの問題だと思っています。今年から子どものチームのコーチをしているのですが、やはりボールコントロール重視。もちろん受け持っているのが低学年ということもありますが、徐々にサッカーというゲームの理解度を高めていってあげる必要があると思います。ボールコントロールは家で一人でも練習できる部分もありますし、せっかくチームと言う集団でやっているのですから、集まったときにそういう練習しなければいつできるのでしょう。。。
コーチの中には子どもに勝たせたいからだと誤解する方もいますが、ドイツW杯の後、日本に足らないものというのは、まさにこの部分であり、テクニック偏重の育成の中にあるのではないかと思います。

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

 「ボールさばきは上手いが、サッカーが下手」
とは、核心を突かれているようで、私も低学年に
ボールをこねくり回すことは教えていますが、
その後どうしたらイイのか?というのを悩んで
いるところです。私が見ている子供達は、決して
選ばれし子供達ではなく、地域のサッカー好きな
子供達です。

 状況判断を素早くすることを求めると返って
ネガティブなプレーを誘発するのではないか?
と思うのです。たとえば、FWがDFを背負った
時にすぐにバックパスしてしまうというような。
素早い判断ですが、それが良い判断である場合と
そうでない場合もあります。良い状況判断とは
そのプレーがチームとして「得」であるか?を
踏まえて「判断」することで、分かった上で
早くやるのはイイことですが、よく周りの状況を
把握していないで早くやるというのは、プレーの
選択肢を奪うことになりかねない。

 そうであれば、むしろ判断を捻じ曲げてでも
前に振り向くクセをつけた方がよっぽどイイの
では?と思います。振り向くor振り向かないを
状況に応じて判断するようになるのは、その後
ではないか?思っています。

「試合の中での各状況に応じた適切な状況判断」
というのが、どうも上手く伝えられないで
おります。


>スペインでは小学校の低学年から戦術について
もたくさんトレーニングします。

とありますが、具体的にどんなことをやるので
しょうか?差支えなければ教えてください。

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

僕も昨夏、某Jユースの2人が短期留学の際、お世話をすることになりました。その時感じたことは村松さんの今回のブログ内容と共通する部分がありますね。以前僕もそのことをブログで書きましたが、とにかくゲームになると明らかに消えてしまう。もちろん、短期でチームにフィットしてない原因もあるのですが。ユースのHCに彼らには何が足りない?と漠然とした質問をした時、彼らというより日本サッカーに対して「einfach zeit」(ただ単に時間)と言われました。つまり日本サッカーの歴史の浅さの指摘です。これは非常に深い意味を持っていると思います。

矛盾してますよね

皆さん、書き込みありがとうございます。
「吊られた男」さんのご指摘の通り、「サッカーはサッカーをトレーニングすることによって上達する」と「武道をサッカーに取り入れてみては?」という私の2つの案は矛盾していますよね。ただ、少し表現を変えて「サッカーは分割してトレーニングしない方がいい」と「他のスポーツから多くのことを学んだ方がいい」にすると、この矛盾も多少小さくなりますよね。
とは言っても、矛盾していることは間違いないので、この点は私の中でももう少し整理する必要があると思います。

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

話がちょっとずれますが
練習方法ということでは、チェルシーのモウリニョーは、最初から最後までボールを使った練習メニューとのこと。彼の持論として、サッカー選手のトレーニングは常にボールと関連すべきであり、例えば、ピアニストの練習は鍵盤をたたくことであり、ビアノの周りを走って体力をつけるようなことは有り得ないと。要するに、関係のない筋肉や神経を強化しても意味がないということでしょう。
それでも、モウリニューの練習方法はユニークということで知られており、シエフチェンコも最初は驚くやら、感心するやら。
そういえば、オシム監督もアップの時からボールを使用した練習方法ですよね。千葉の選手の中には、怪我しないように、アップが始まる前に、自主的に事前のアップをしていると聞いたことがあります。

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

これは日本サッカーが置かれている状況が影響しているかもしれませんね。
他の国がどうかは分かりませんが、日本のサッカー選手は試合経験が少なすぎるのかもしれません。特に学校の部活に所属している選手は、少ないんじゃないでしょうか。
まず小学校から中学にあがった際に、ほとんどの1年生はボール運びなどをさせられ、1年間ほとんど試合に出ることが無いなんて選手も、かなりの数なのではないでしょうか。
さらに3年の夏の大会が終われば受験があり、高校に進学しても、同じように高校1年間はボール運びをするはめになる選手はかなりいると思います。
下手したら中学から高校卒業までで、計3年間も試合に出場しない選手がいることになり、この差が状況判断などの差になるのではないでしょうか。
以前、雑誌かTVだったかで、アルゼンチンのリーベルの下部組織を特集していたんですが、リーベルでは、ほぼ毎日ぐらい試合をするそうです。
日本も最近は改善され始めたようで、先日JリーグがU-13のリーグ戦を実施することを発表してましたし、部活でも市立船橋などで、クラブチームを立ち上げて、試合出場の場を提供しているようです。(ただし、今現在2重登録は認められていないので、どちらかでしか試合出場できませんが)
また、試合数が増えれば、それを行う会場が必要になりますし、公式大会となれば、審判の数も必要ですから、このあたりは今後の課題でしょうね。

質問なんですが、スペインでも受験はあると思いますが、スペインのクラブなどは、どのような対策が立てられているのでしょうか。

Re:サッカーはサッカーをトレーニングすることによってのみ上達する

「サッカーはサッカーをトレーニングすることによって上達
する」
「常にあらゆるサッカーの要素を満遍なくバランス良く指導し、総合的な
サッカーのレベルアップに努める」

同意です。全くその通りだと思います。

ただ、これまでのエントリーで空手、剣道、柔道など「武道をサッカーに
取り入れたらどうか?」と提言されていたかと思うのですが、これは今回の
「サッカーはサッカーをトレーニングすることによって上達する」という話と
矛盾はしないのですか?


私も決して高いレベルとはいえない小学校チームのコーチをしていますが、
その教え子の中でも、攻守の切り替えが上手く、両足が使え、バランス
感覚が優れている子供達はサッカーを集中的にやっている子供ばかりです。
武道や水泳など他のスポーツを習いつつ、サッカーをやっている子供達も
かなりいましたが、サッカー馬鹿の方が大抵は上です。
ということで、「サッカーはサッカーをトレーニングすることによって上達するが
大前提で、武道にはサッカーに適用できることもあるが、サッカーを学ぶより
効率的ではない」という意見で、「武道を取り入れる」とは共存できないかな
と思うのですが・・・

フットボールはフットボールをトレーニングすることによってのみ上達する

この問題って、日本の教育と一緒ですよね。
数学オリンピック出場者が、高校の先生している現状。改革が終わってもやっぱり護送船団的な部分がぬぐいされない。その証拠はやはり「平均的にレベルの高い人が多く欲しい」これにつきる。スポーツまでその「くせ」が影響している。サッカーなどのスポーツは文部省管轄よりも各スポーツ連盟を舵とり役にして、文部省は承認するだけにして欲しい。世界のどこでもなされているサッカーでよい例を示せば、日本の重鎮も少しは考えるのではないでしょうか?
後、Youtubeなどのメディアが容易に手に入るので、某ポルトガル選手のフェイントの真似がやたらとうまいけど、試合中は???って子供が多いですね。某選手ではなくて、バルサのジュニアの練習や試合のビデオを見て、これが今自分がやるべきことと、コーチも子供も(子供は大人が説明する)思えるような環境づくりが大切では?もちろん、部屋にポスターを貼ってもよいが(笑)
兎に角、派手なスポーツは広告的部分を大切なことと、勘違いする人(少年)が多すぎですね。
某ポルトガルの選手は試合に勝つマネーと雑誌を飾るマネーと比率が普通じゃないですから。
色々、コメントを見まして皆様素晴らしい意見ですが、私なりにはすべて正解だと思います。
柔道なんかは素晴らしいと思いますが、月一1時間でいいかと。(要領いい子がフィジカルにちょい応用して、そのうち、少しづついい箇所が仲間に広がっていく。
なんか、フィジカルがよくなった気がするだけでいいと思う。)
親やコーチが悩んだ結果、何もメニューを変えなかったら、絶対何も変わらない。
子供はすごく吸収が早いから何もしてもいいと思う。
(子供に説明できる理由は必要)
後は、子供達を信じるべきだと、思う。
試合形式でやらして、親も「柔道のあたりだ~!!!」て。
いずれにしても今日本のスポーツをスポーツを替えられるのはサッカーだと思います。
皆様に期待しています!!

記事へ戻る

ブロガープロフィール

profile-iconnaoto

【Facebook】
https://www.facebook.com/naoto.muramatsu.7

【今年の三つの抱負】
・速読の習得
・ビデオ編集の習得
・英語の継続的な学習

【最近の好きな言葉】
・ドウスルジブンガスキデスカ?
・If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough.
・Be Water My Friend
・More is Different

【指導の三本柱】
・戦術的ピリオダイゼーション理論
・Be Water My Friend
・速読術&脳トレ

【メールアドレス】
cruyffista+blog@gmail.com
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:4242377

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサスクールの定番練習メニュー (6歳からポセッションゲーム)
  2. ミニハードルとラダートレーニングはサッカーに不向き?
  3. ブラジル体操は体幹の可動域を回復するためだった!
  4. 戦術的ピリオダイゼーション哲学の概要
  5. 古武術の『膝の抜き』の秘密はハムストリングの伸張反射!?
  6. 「相手を騙す」ことをトレーニングしていますか!?
  7. 一本歯下駄が面白い
  8. 骨盤前傾が大切な理由は大腰筋の伸張反射!?
  9. 最近のお気に入り練習メニュー Part, 2
  10. moltenのTR430(大きさは3号球、重さは5号球のボール)の実験

月別アーカイブ

2013
09
08
07
03
2012
07
06
05
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss