フィギュアスケート今日もTV観戦

四大陸選手権 宮原知子 感嘆

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆宮原知子 奥ゆかしさという武器

完璧でした。

すばらしい!

あのぴたりとハマったジャンプの陰にどれほどの練習があるでしょうか。 そして完全に音楽の中に溶け込んでいました。 伸びやかな手足がたおやかに音楽の中に沈みやわらかに空気をすくいあげ、自在にリンクを流れ、やがて花ひらく美しい少女の姿を見ました。 奥ゆかしく、それでいながら内にこれほどにほとばしるスケートへの情熱を秘めた、宮原選手らしさが、曲と演技を通して感じられました。

得点も素晴らしかったですが、演技がそれを上回るほどに磨き上げられていました。 微に入り細を穿ちぴたりとはまっていたと言えるのではないでしょうか。 本人は緊張していたと話していましたがそれを感じない演技でしたね。

ショートの感想を記したときに、整然とした演技から脱却したというような書き方をしたかと思いますが、すこし正確ではなかったのかなという気がします。 きれいに整っていて、感情をむき出しにする訳ではないのは見ていてわかると思うのですが、絶妙に心情がにじんでいたと感じました。

おそらく彼女は曲に込められた意味や振り付けの捉え方を何度も何度も自分の中で反芻しているのでしょう。 自分なりの表現を模索する中で、あからさまにしなくても内側からにじむ。 そんな表現になっているのかなと思います。 奥ゆかしいですね。

小柄な身体がクルクルと目覚ましく回転する姿は花の精のようでした。 ふっさりとボリュームのあるスカートフリルがとても印象的です。 シーズン序盤は瑞々しく初々しい少女というよりも、真面目な少女が先立ってあまり似合いのプログラムには思えなかったのですが、今日の演技でまったく印象はがらりと変わりました。 ほとんど彼女のためのプログラムだったんだと、遅ればせながらようやく私にもわかったようです。 思春期のひたむきさ甘やかさ、もどかしさ美しさ全てを内包し表現したすばらしい演技だったと言えます。 リプニツカヤのシンドラーのように、宮原知子の「ためいき」は、”いまでこそ”のプログラムでした。

ジャッジに印象づけられる、外側の表現も巧みになりました。 色香・軽やかさ・恋心・悩み・苦しみ・悲しみ、わかりやすく表現するコトが出来ます。 ただ、こと表現において宮原選手の真骨頂は奥ゆかしさです。 真面目な演技の中にちらっと、可愛さが。 あるいは整然とした中に、あえかに滲むひたむきな努力と情熱であったり。 ちょっと日本人にはたまらないのではないでしょうか。

優勝おめでとうございます。

素晴らしい演技にもっとを求めるのは贅沢ですが、次の世界選手権の宮原選手はどんな演技を見せてくれるか楽しみです。 感嘆の「ため息」を、見ている側にも吐かせてください。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本人選手
宮原 知子
タグ:
宮原知子
四大陸選手権

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

四大陸選手権 女子フリー 雑感【フィギュアスケート今日もTV観戦】

まずは 2 勝!!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

四大陸選手権 男子ショート【フィギュアスケート今日もTV観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconnanatsuki-mitiru

TV観戦の一番古い記憶は幼い頃見たケリガンとハーディング。もっぱら大好きなスケーターは浅田真央と鈴木明子。
ジャンプはどうにか見分けられる…ぐらいの低スペック。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:169750

(12月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャパンオープン2015
  2. 四大陸選手権 女子フリー 雑感
  3. 四大陸選手権 宮原知子 感嘆
  4. 四大陸選手権 男子フリー
  5. 四大陸選手権 男子ショート
  6. 羽生結弦初戦 オータムクラシック
  7. 女王の帰還 GP中国杯ー超えていく浅田真央ー
  8. 四大陸選手権 女子ショート
  9. 美しい伸びしろ—本郷理華—
  10. 伸びゆく若木 GP中国杯—羽ばたく本郷理華—

月別アーカイブ

2016
02
2015
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss