プロ野球死亡遊戯

巨人軍は永久に不滅なのか? Welcome to baseball game of death.

nakami

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

【著者紹介】 今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。 ●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン) ●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル もっと見る
  • 昨日のページビュー:1849
  • 累計のページビュー:71808247
  • (11月21日現在)

最新の記事

【乳酸逸材遊戯】2014年シーズン最大のサプライズ!山田哲人「坂本二世を過去にした男」とは?

あのCSがヤマダの始まりだった。 3年前の11月。 秋のナゴヤドームで、中日とヤクルトのCSファイナルを不貞腐れながら観戦していた。 その年セ3位の巨人が、ファーストステージを勝ち抜くことを前提に買っておいた三塁側内野席。 って、負けてんじゃんヤクルトに。 もうチケット買っちゃったし、悲しみの名古屋観戦遊戯2011。 まるでKOされた直後の杉内みたいな表情でグラウンドを睨み付ける巨人ファン(俺)。......続きを読む»

【読売現実遊戯】巨人軍ドラ1内野手のリアル!藤村大介「7年目のアピール」とは?

まだ東京ドームは余裕があるな、原監督も巨人ファンも。 サンデーゲームは、澤村が阪神・関本に代打逆転満塁弾を食らってチーム今季32敗目。 なんだけど、すでに前半戦首位ターンは確定している。 負けはしたものの澤村の真夏の筋肉祭り開催に目処がつき、14日にはリーダー内海がカムバック。 これでローテは菅野、杉内、大竹、交流戦優勝の立役者小山、そして復帰組の澤村に内海で6枚。 大竹がどこまで復調するか?小山......続きを読む»

【読売偉業遊戯】史上最速の2000奪三振達成!杉内俊哉「もたらしたのは緊張感と勝利への意志」とは?

戦闘と戦死のタイムループ。 幾度となく繰り返される諸行無常。 トム・クールズ主演映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が面白い。 マイケル・ジャクソンの次は、トム・クルーズ再評価ブームが来るはず。 なんて2年位前に死亡遊戯でも書いたけど、全然来てへん。 だって、彼生きてるから。 いや、何度も死んだけど。 もはやそんな胡散臭い52歳の自身さえも、セルフパロディとして演じてみせる。 トム・クルーズを......続きを読む»

【読売KO遊戯】プロ野球界FA移籍のリアル!大竹寛「球界一損をしている男」とは?

東京ドームは虹が綺麗だったよ。 なんて、スカした台詞を呟いてみたところで完敗だ。 巨人投手陣、絶好調の猛虎打線にボコられて12失点。 例え内野5人シフトが決まろうとも、プロ初退場した阿部の判定がセーフでも負けていただろう。 この試合に限れば、仮にセペダがスタメンから外れていても結果は変わらなかったと思う。 で、多くの巨人ファンはディスるわけだ。 大竹、何やっとんねんと。 先発して6回途中で息切れ......続きを読む»

【ほぼ告知遊戯】プロ野球夏フェス「野球で遊ぼう。2014」!プロ野球死亡遊戯、東京ドーム緊急参戦決定とは?

今シーズンの巨人戦は、球場で70試合くらい見たかな。 子供の頃、テレビで偶然見かけた男は、そう言って笑っていた。 「昔は渋谷までバイクに乗って、チケット買いに行ってさ」 かっけーなあ。俺もこういう大人になりたいなあと思ったのを、今でもよく覚えている。 「巨人が優勝できなかったらフンドシ一丁で六本木を走ってやる」とニュース番組で宣言。 実際にガチでランニングをしたその人が、日本一有名なコピーライター......続きを読む»

【読売未完遊戯】巨人軍44番1年目の憂鬱!大田泰示「決断の時迫る」とは?

そうか、田原はタイにいたのか。 次代のアジアの大砲と期待され続けた、187センチ、87キロの大型FW。 田原豊は、14年1月からタイプレミアリーグのサムットソンクラームFCでプレーしている。 と思ったら、日本復帰を目指し横浜FCで練習参加のニュース。 中学時代は、相撲界からもスカウトされたというフィジカルモンスターも早32歳。 鹿児島実業高から飛び込んだJリーグ1年目に「目標は最低でも得点王」と言......続きを読む»

【読売筋肉遊戯】東京ドームで2年ぶりの先発白星!澤村拓一「不完全という名の魅力」とは?

今の巨人にはなんでもある。ただ、筋肉だけがない。 ついにそんな日々ともサヨナラだ。 待ちに待った筋肉帰還で、中日を3タテし今季最大の貯金15。 39歳井端の移籍後初となる先制アーチ、その代打・39歳高橋由伸の決勝タイムリー。 彼らサンキューコンビのアシストもあり、今季初登板の澤村拓一は見事初勝利。 8回121球7安打8奪三振の1失点投球、最速152キロ。 スピードガンが辛い東京ドームで150キロ以......続きを読む»

【読売選択遊戯】進撃の広島エルドレッド!巨人軍「助っ人事情に異変あり」とは?

広島エルドレッドが、どうにも止まらない。 4日、ヤクルト戦でまたも2本塁打4打点の固め打ち。 今季71試合出場、打率306、28本塁打、75打点、得点圏打率375、OPS1.025。 走攻守のトータルベースボール化が進む現代プロ野球では、超レアなスーパースラッガー。 今の広島にあって、巨人にないもの。 カープ女子?いやいや最近の巨人ギャルもガチ可愛いから。 8勝、防御率2.16の大黒柱マエケンの存......続きを読む»

【読売勤続遊戯】巨人唯一の不安要素!山口鉄也「ぐっさんからの自立」とは?

現状は後退でも、飛躍のための後退だ。 Number最新号で、イビチャ・オシムがW杯で惨敗した日本代表について語った言葉である。 広島との首位攻防第2戦も、巨人にとってはそんなゲームだった。 先発・小山雄輝は7回途中2失点投球。 今季初のセ・リーグチーム相手の登板となったが、交流戦防御率1.33の好調をキープ。 最近、報知掲載の小山のコメントがキレている。 「今村、お前は噛み付かないのか?今しかない......続きを読む»

【読売逆転遊戯】ルーズヴェルトゲームを制し巨人劇勝!坂本勇人「ネクスト・アベを担う男」とは?

8対7、広島との首位攻防第1戦は巨人逆転勝利。 「ディス・イズ・ルーズヴェルト・ゲーム!」とドヤ顔で実況するアナウンサー。 知らんがな…フジテレビ、あのドラマTBSやん。 もはや、テレビの前の俺らもそこに突っ込む気力すらない。 4時間6分の乱戦。やってる選手も見ているファンもクタクタだ。 スポーツ報知巨人取材班は坂本の本塁打を菅野3ランとミスツイート。 死亡遊戯も代走・赤松を赤星激走と意味不明のレ......続きを読む»

【読売投票遊戯】選手が選んだセ界最強投手!菅野智之「あの因縁のライバルとの再戦間近」とは?

プロがプロを選ぶ。 オールスター選手間投票。 セ・リーグは巨人・菅野智之が326票で、2位マエケンに200票近い大差をつけてトップ大独走。 パ・リーグはオリックスの二本柱が上位独占、金子千尋243票、西勇輝140票。 ファン投票がプロレスならば、選手間投票は総合格闘技である。 例えば、今のファン投票システムで組織票を語るのは野暮だろう。 だって、その不透明さがファン投票の魅力やん。 プロレスで、な......続きを読む»

【読売挑戦遊戯】帰って来た巨人便利屋!寺内崇幸「打倒・井端に燃える男」とは?

サンデーゲームは雨天中止。 巨人軍、この1週間でたった1試合の焦らし日程。 原監督の言うように、時の流れに身を任せてペナントレース。 28日のリーグ戦再開初戦で、あのポリバレントな背番号00が復帰。 寺内崇幸、31歳。 えっ?寺内、若手と思ってたらもう31なの?そりゃあ俺らも年を取るよ。 そうなのよ、2月生まれの片岡とも学年は違えど、同じ83年生まれ。 右肩痛に左脹脛の肉離れで戦列を離れている内に......続きを読む»

【読売争奪遊戯】巨人軍ファースト選抜総選挙!「メジャーリーガー、キューバ代表、天才打者、それとも中井か」とは?

巨人軍、空白の5日間。 いや、危なかった。 この日程で交流戦優勝を逃していたら、超気まずい沈黙期間やん。 試合がない間にも、亀井が交流戦MVP選出、阿部はオールスターファン投票選出。 で、サッカー日本代表W杯敗退、スポナビ相撲コラボ企画、猪木アリDVD発売。 今、ココ。さあ、久々の巨人戦ナイター5秒前。 度々ディスられることも多い、交流戦24試合制だけど、悪くないじゃん。 選手アンケートでも「開幕......続きを読む»

【W杯完敗遊戯】ザックジャパン1勝もできずにグループリーグ敗退!日本代表「ワールドカップビギナーからの卒業」とは?

日本サッカーは死んだのか? 8年前、ドイツW杯惨敗直後のNumberの表紙には、そんな見出しがぶっこまれた。 いやいや、大袈裟やんって今になっては思うけど、当時はそれがガチだった。 中田英寿&黄金世代とともに右肩上がりで急成長を続けていた、日本サッカー界が味わった挫折。 神様ジーコも人間だった。ついでにヒデさんは旅人になった。 そりゃあ、ずっと見続けていた連続ドラマがこんな最終回ならパニクる。 も......続きを読む»

【異種格闘遊戯】ここがヘンだよ大相撲!「相撲人気回復の最後の切り札」とは?

最近、大相撲見てる? ゴメン、見てない。 遠藤が巨人の村田にクリソツとか言われても、いまいちピンとこないし。 ほら、あのマシソンに似ている力士、把瑠都。 えっ?もう引退したの? ブルガリアヨーグルトのCMに出ていたイケメンは? イエス、琴欧州。そうか、彼も今年3月に引退か。 体力の限界っ!あ、それ懐かしの千代の富士。 何年か前、一度だけ両国国技館に相撲観戦に行ったことがある。 横綱の品格とい......続きを読む»

【読売頂上遊戯】勝った方が優勝の6・22決戦へ!巨人軍「絶対に負けられない戦いがそこにはある」とは?

勝負事には納得のいく負け方と、悔しくてたまらない負け方がある。 昨日のサッカー日本代表は後者で、今日の巨人は前者だった。 選手のプレー、監督の戦術や采配。 要は、そこに意思を感じられたか?の差である。 21日、東京ドームで行われたソフトバンク戦。 この2連戦で巨人が1勝でもすれば、2年ぶり2度目の交流戦制覇。 なんだけど、先発・菅野が9回119球3失点の完投も、打線が決定力不足に泣きわずか1得点......続きを読む»

【読売采配遊戯】原辰徳の巨人軍黄金時代計画!今村信貴「原監督のゴーヤ育成法」とは?

勝つことよりも、勝ち続けることが難しい。 だって、どんなに鍛え上げた選手もヒューマンだもの。 マシーンのようにプレーし続けるのは不可能だ。 初戦のオランダに続き、チリにも完敗。 サッカーUEFA欧州選手権は前大会優勝国のスペインがまさかの連敗で、グループリーグ敗退。 4年間の進化ではなく、4年分の退行。 主力選手がクラブチームで疲弊し、ただ単に4つ年を取ったチャンピオンチーム。 代表チームには、大......続きを読む»

【読売鹿実遊戯】巨人交流戦優勝を懸けオリックス戦に先発!「杉内俊哉と遠藤保仁」とは?

たったひとりのゴールデンエイジ。 ブラジル行きの切符を手にしたのは、遠藤保仁だけだった。 79年~80年早生まれの日本サッカー黄金世代、最後の生き残り。 「誰?この地味な選手」 12年前、遠藤のA代表デビューとなったアルゼンチン戦。 難波のスポーツバーで見ていたら、周囲からそんな声が聞こえてきたのを今でもよく覚えている。 シドニー五輪ではサポートメンバー、ドイツW杯はメンバー入りも出場なし。 常に......続きを読む»

【読売大将遊戯】巨人今季初の6連勝!スーパーサブ高橋由伸「ヨシノブとドログバ」とは?

かたや旅人、かたやスーパーサブ。 NHKの放送席に37歳の中田英寿、ピッチ上には36歳のディディエ・ドログバ。 日本のブラジルW杯初戦は、巨大なエレファンツに踏みつぶされた。 前半16分に本田のゴールで先制するも、後半17分のドログバ投入直後に立て続けに2失点。 解説の岡ちゃんも「こいつだけひとり別次元。悔しいけどレベルが違う」と脱帽。 日本屈指のフィジカルを持つ本田を軽々と吹き飛ばし、日本DF陣......続きを読む»

【読売課題遊戯】菅野快投で首位快走!巨人軍「日本一奪回の鍵は菅野依存ローテ卒業」とは?

スーパーエースに必要なのは経験でも人柄でもない。 圧倒的なファクトだ。 とか言いつつ、日本列島W杯モードだから、今夜はリアルプロ野球死亡遊戯でショートバージョンね。 14日、リメンバー仙台。昨年の日本シリーズの借りを返すべく、いざコボスタへ。 発熱のため木曜日の先発を回避し、中7日の先発登板となった菅野は8回途中3安打無失点投球。 両チーム無得点で迎えた8回、今日も亀井の満塁走者一掃のタイムリーで......続きを読む»

【読売W杯遊戯】巨人打線爆発の4連勝で首位快走!亀井善行「カメイとアウベス」とは?

やはり、ブラジルは強い。 巧いのはもちろん、強い。 ブラジルW杯開幕戦でクロアチアに逆転勝ち。 ネイマールやオスカルの超絶シュートに目を奪われがちだが、そのフィジカルはハンパない。 ボールへの寄せ、走り出し、持久力、ボディコンタクト、体幹の強さ、その全てが規格外だ。 Jリーグ経由で世界へ羽ばたいたフッキのケツの安定感は、全盛期の野茂英雄とタメを張るだろう。 ファンタジスタが優雅に舞っていた時代は終......続きを読む»

【読売FA遊戯】片岡の延長決勝打で巨人3連勝!大竹寛「すべてに負けて勝負に勝った男」とは?

大谷284,737票vs大竹21,424票。 昨年のオールスターファン投票における、日ハム大谷翔平と広島時代の大竹寛の得票数である。 まあ、この時の大谷は外野手としての選出。 今シーズンの中間発表では、大谷がパ・リーグ先発投手部門2位の33,452票。 対する大竹は・・・ってゴメン、巨人に移籍してきた背番号17の名前はどこにも見当たらへん。 セ・リーグ先発投手部門10位の中日・大野が3,716票な......続きを読む»

【読売連勝遊戯】16.1回を投げ驚異の防御率0.55!小山雄輝「巨人軍ドラフト隠れ1位指名投手」とは?

巨人ファンの石川卒業式が終わった。 ロッテドラ1右腕、石川歩からの卒業。 昨年のドラフト1巡目で競合したものの、アンラッキージャイアンツ。 あの時、当たりクジを引いていれば…。 先発投手不足に悩むチーム事情に、石川がいてくれたらと思った巨人ファンは多いはずだ。 ゴメン、許してくれ小林。女々しいなあと思いつつ、ロッテ戦中継をチェックしてたよ。 けど、そんな日々ともお別れだ。 東京ドームのロッテ2連......続きを読む»

【読売苦悩遊戯】スタメン落ちも人生初の代打ホームラン!フレデリク・セペダ「孤独な英雄」とは?

俺らがキューバのことを知らないように、彼も日本のことを知らない。 4番ぶっこみが続いていたセペダがついにスタメンを外れ、大量リードの8回に人生初の代打ホームラン。 良かったね?いや、そうとも言い切れへん。 正直、中途半端に打っちゃうと、今後も起用し続けなきゃならんもの。 原監督の試合後コメントも「楽な場面、カウントを差し引いても何かきっかけになれば」と素っ気ない。 昨日の「中井の方が上」発言といい......続きを読む»

【読売選抜遊戯】「セペダとはまゆゆである」

4番DHセペダに、代打・中井。 時の流れは残酷だ。俺にも、プロ野球選手にも。 33歳の杉内兄やんは、7回3失点とローテ投手としては充分合格点のピッチング。 ただ、西武・岸のような絶対的エースとガチで投げ合うにはちと厳しい。 34歳のセペダも、打撃だけなら日本野球に慣れれば充分戦力になると思う。 けど、4番を背負わせるのは酷だし、これからズンドコ守備が飛躍的に上達することもないだろう。 正直、セペ......続きを読む»

【読売尊敬遊戯】横川のサヨナラ打で巨人連敗ストップ!ホセ・ロペス「メジャー通算1005安打の凄さ」とは?

重要なのは、菅野が先発した試合で勝ったことだ。 そうね。夜も遅いし、今回の死亡遊戯はノーギミックの本音ぶっこみ。 正直、菅野に勝ち星が付かなくても、チームが勝てばそれでいい。 だって、今の巨人は菅野への依存度が異常に高いじゃん。 リーグトップタイの7勝、防御率は2位マエケンに1点近くの大差をつけトップ独走の1.73。 凄いでしょガースー。じゃなくて、ヤバイでしょこのローテ死亡遊戯。 昨年の楽天には......続きを読む»

【読売代打遊戯】満塁走者一掃のタイムリー二塁打!横川史学「巨人軍で最も飢えている男」とは?

たったの1回か…。 4日、内海の代役として緊急先発した阿南徹は、1回2失点でマウンドを降りた。 イースタントップの防御率2.41、2軍で計52.1回投げて、ようやく辿り着いたヤフオクドーム。 それが打者5人、たったの23球で降板。 悲しいけどコレ、プロ野球なのよね。 2カ月間の苦労が、たったの10分間で消えちまう。 いつだって優先されるのは期待のヤングジェネレーション。 7月で30歳になる中堅移籍......続きを読む»

【読売守備遊戯】キューバ危機の救世主!松本哲也「巨人軍外野守備クローザー」とは?

ヤフオクドームの広大な外野でレフト・セペダ。 かなりの無理ゲー、チャック全開で合コンに参加するくらい難易度が高い。 だから、もうネタとして、強引にギャグに持っていくしかねえんだ。 シリアスな顔して、チャック全開でいても悲しいだけだから。 さあ笑おうぜ、セペダの見えないスイングを。 さあ笑い飛ばそうぜ、セペダの追えないフライを。 ゴメン、1週間前にこう書いておいてなんだけど、さすがにアレは笑えん。 ......続きを読む»

【読売大阪遊戯】巨人がオリックスに連勝で交流戦首位!菅野智之「スーパーエースとの遭遇」とは?

阿部231、村田243、長野260、ロペス236、セペダ163。 えっ体重?ちゃうがな。打率やん。 貧打に喘ぐ巨人打線と思ったら、パ首位のオリックスに連勝して交流戦単独首位。 帰って来た亀井が前夜の決勝アーチに続いて、連日の殊勲打。 杉内兄やんは6回途中1失点で交流戦歴代最多の26勝目。 大阪から帰って来て、家でぼんやりと2戦目の録画映像を眺めながら、初戦の余韻に半笑い。 31日、京セラドーム、......続きを読む»

【読売便利遊戯】ついに今季初の1軍昇格へ!亀井善行「名脇役カメイの存在感」とは?

最大のオールスターキャストが集結。 えっ?ロペス、アンダーソン、セペダ、マシソン? ちゃうがな。30日から日本公開の始まった「X-MEN フューチャー&パスト」。 今回は2023年と1973年を行き来するウルヴァリン。 あれ?なんか久々ね、この書き出し。 交流戦は飛び日程だし、じゃあ映画でもって軽い気持ちで観たら予想以上に面白かった。 キャラクターのパワーバランスがちょうどいいっす。 強い......続きを読む»

1 2 5 6 7 9 11 12 13 35 36

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss