プロ野球死亡遊戯

巨人軍は永久に不滅なのか? Welcome to baseball game of death.

nakami

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

【著者紹介】 今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。 ●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン) ●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル もっと見る
  • 昨日のページビュー:1789
  • 累計のページビュー:71814818
  • (11月25日現在)

最新の記事

【読売遊撃遊戯】2016年の坂本勇人

あれは5年前の春のことだ。 東日本大震災の直後、日比谷野外音楽堂で開催されたザ・クロマニヨンズのLIVEに行ったことがある。 甲本ヒロトや真島昌利は特別なセットリストやMCをすることもなく、いつもと同じ内容のパフォーマンスを披露してくれた。 普通じゃない状況でいつものように仕事をする男たち。 結果的に客はそれに触れることで、普通の日常の感覚を取り戻すきっかけになることもある。 あの時と同じようなこ......続きを読む»

『隣のアイツは年俸1億 特別編』大累進、日本ハム1年目の勝負

吉田羊って何歳だっけかな? と昼飯前にTwitterを開いたら「大累トレード」のニュースが飛び込んできた。 巨人大累進と日本ハム乾真大の1対1のトレード。 27歳の中継ぎサウスポーと引き換えにあのムードメーカー大累がチームを去る。 ショックだぜ…吉田羊とジャニーズ。 いやそこじゃなくてね。 2カ月前、『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』という本で収録選手の「その後」を加筆したのを思い出した。......続きを読む»

【読売三塁遊戯】村田修一「ベタでいこうぜムラタさん」

「車田正美のベタを見習え!」 ドラマ『アオイホノオ』で編集者が漫画家志望の焔モユル君に対してそんな台詞を投げかける。 「照れてはダメだ。ベタベタなメッセージでもいいんだ。恥ずかしがってて作品が作れるか?」と。 スポーツ関連のデザインでも同じことだと思う。 東京ドームに並んでいる選手グッズも中途半端なオシャレさや格好良さに逃げがちだ。 細部にこだわると会議室ではよく見えても、いざ球場で身につけて遠目......続きを読む»

【読売万能遊戯】亀井善行「いつもそこにいるカメイ」

気が付けばいつも静かに主役を張る男。 学生運動渦中の1969年の仙台を舞台にした映画『無伴奏』を観た。 名曲パッヘルベル:カノンが鳴り響く中、主演の成海璃子の無垢さを絶妙に引き立てる恋人役には池松壮亮。 もちろん彼は今作でもしっかり脱いでいる。 『愛の渦』『海を感じる時』『紙の月』とちょっとアダルトな雰囲気の映画には必ずと言っていいほど裸を披露する池松君の姿。 まさに今そこにあるケツ。 飛び抜けた......続きを読む»

【読売卒業遊戯】立岡宗一郎「若手じゃなく、主力として」

速くじゃなく、ちょうど良く。 競技かるたに燃える高校生を描く映画『ちはやふる 上の句』で広瀬すずを観て驚いた。 か、可愛い…。 いやそういう話じゃなくてね。 彼女が違和感なく主役を演じていたからだ。 昨年6月に公開された『海街diary』では綾瀬はるかや長澤まさみの姉さんたちに守られた末っ子役だったのに。 ほんのわずかな期間で急成長。今作の『ちはやふる』では映画そのものをど真ん中で背負っていた。 ......続きを読む»

【読売提案遊戯】大田泰示「ワン・モア・タイシ」

プロ野球が始まった。 いや、あらためて書くのもなんだけど、昨夜の開幕戦は独特の高揚感があるから特別イベント。 2戦目の今日からいつもの通常運転週末デーゲーム。 巨人はクルーズ最高、長野2戦連発、小林猛打賞の二桁得点でヤクルト相手に開幕2連勝。 と書くと景気は良さそうだけど、東京ドームで2時間51分の試合がやたらと長く感じたのも事実だ。 まだプレーする選手だけじゃなく、見ているこっちも野球を真剣に見......続きを読む»

【読売4番遊戯】ギャレット「はじめの一歩」

そうか、由伸や井端は本当に引退したんだな。 今さらだけど、2016年開幕戦の東京ドームで改めてそう思った。 ベンチで采配をふるう背番号24の姿、もう接戦の終盤に代打由伸や代打井端のカードは使えへん。 ってことは、なおさら片岡の起用法がカギを握るだろう。 時にクルーズの代走でそのまま守備へ。時に右の代打としてスタンバイ。 そりゃあ1年あれば人もチームも変わるよ。 原さんとゴジラ松井は仲良く日テレ放送......続きを読む»

【書籍発売遊戯】プロ野球死亡遊戯「お母さん、僕たち本2冊も出すことになったよ。」

マジかよ。マジだよ…。 3月8日、Zepp東京で電気グルーヴのライブ「お母さん、僕たち映画になったよ。」を楽しんでいたときのことだ。 ふと気が付くとポケットの中のiPhoneに着信履歴やらLINEが大量に来ている。 仕方がないから会場の外に出て確認すると飛び込んで来たのが高木京介の野球賭博発覚ニュース。 まだ本の修正もギリギリ間に合うということで、結局この高木記事を松本哲也記事に差し替えることに。......続きを読む»

【プロ野球死亡遊戯】賭博問題「サヨナラはドライにいこう」

えっ?たったの1年? それが今回のニュースを目にしたときの率直な感想だ。 何度も書いているように、俺は巨人ファンだし高木京介は好きな選手だった。 勝ちも負けもつきにくい精神的にハードなポジションで黙々と投げる中継ぎサウスポー。 25日に発売する『隣のアイツは年俸1億』という本の中でも重要な選手のひとりとして取り上げていたしね。 (残念ながら高木記事はすべて差し替え…) けど、さすがに該当選手の1年......続きを読む»

【円陣金銭遊戯】プロ野球声出し騒動「NPBマネー・ショート」

その業界内の常識も一歩外に出れば非常識。 クリスチャン・ベイルやライアン・ゴズリング、さらにブラピと豪華出演陣で話題の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』。 08年9月のリーマン・ショック以前にバブル崩壊の可能性に気付き、ひと儲けしようとする金融マンたちを描く実話映画だ。 物語は2005年から始まり、要所に当時の出来事を断片的にフラッシュバックしてみせる。 劇中、大音量で鳴り響くのが07年に発表さ......続きを読む»

【野球賭博問題】巨人軍「ドライ・ベースボールのススメ」

無敗の男が泣いていた。 野球賭博に関与していた高木京介が謝罪会見で嗚咽を漏らす。 プロの世界で139戦負け知らずの投手が己の欲望に負けちまった。 つい昨日まで応援していた選手だけに憔悴しきった姿に、思わずやさしい言葉のひとつでもかけてやりたくなるのも事実だ。 でも、この件に関してはその手の湿ったウエットな視点は危険だと思う。 マスコミもファンも必要なのはとことん「ドライ」なスタンスだろう。 こん......続きを読む»

未来は僕等の手の中 戸根千明編

「戦いとは99%の狂気と、1%の理性である」  かつてアントニオ猪木はそう言った。この「戦い」という言葉は、「仕事」とか「受験勉強」とか「恋愛」にも置き換えられる。何事も自分の中に1%でも客観性を残しておかないと、対象との距離感を見失う。完全ガチの100%の狂気に身を投じた瞬間に人はストーカーになる。効率性を無視した残業。あれは一種の会社ストーカーだ。馴染みのラーメン屋に毎日通ってメニューにまで口......続きを読む»

【野球検証遊戯】「ニッポンのプロ野球偏差値低下問題」

あの超大物お笑い芸人のブレイクを後押ししたのはプロ野球。 最近読んだ『1989年のテレビっ子』(戸部田誠著/双葉社)という本がべらぼうに面白かった。 78年から79年にかけて、世間を賑わしていた「空白の1日事件」。 怪物投手江川卓の去就を巡り球界が大混乱。 最終的にルーキー江川卓がドラフトで指名された阪神に一度入団し、トレードで巨人へ。 交換相手として阪神へ移籍したのが巨人のエース小林繁。 で、こ......続きを読む»

【読売宮崎遊戯】立岡宗一郎「期待ノムコウ」

ナイスサイドチェンジ。 徳島ヴォルティスのサッカーを生で見るのは初めてだな。 って…あれ?ココどこ? 気が付けば完全に迷子になりJリーグチームのキャンプを見学している巨人ファン(俺)。 宮崎キャンプ、とにかく施設が広大で移動の際に道に迷いがち。 球場の女性スタッフ可愛いかねーなんつって、よそ見しながら歩くとレンタサイクルの集団にひき殺される5秒前。 1軍のサンマリンスタジアムから2軍のひむかスタジ......続きを読む»

【プロ野球死亡遊戯】清原和博「キヨマーと番長の狭間で」

住まいは都心の高級マンスリーマンション。 「清原和博、逮捕」のニュースで様々な情報が流れる中、最も切なかったのはこの部分だ。 孤独な借りぐらしのアリエッティ。 どれだけ部屋が広かろうと、家賃が高かろうとそんなものは何の救いにもならない。 その持て余した空間にやがて感情はスポイルされてしまうからだ。 あれは泣ける。数年前、夏フェスで深夜に体調を崩し、友達とは別れ仕方なくひとりで幕張のホテルに泊まった......続きを読む»

【読売専念遊戯】阿部慎之助「もうひとりのアベ」

遠いようでたまに近くて、忘れた頃にやって来る。 そんな巨人ファンと松井秀喜の関係性。 たまに優しくされても悩んじゃう。あたし遊ばれてるのかな? いや真面目なヒデさんに限ってそんなことはないはずだ。 今年も臨時コーチとしてゴジラが宮崎キャンプにやって来る。 マツイとヨシノブ。 この二人の関係性は絶妙だ。 選手時代はともに外野手でクリーンナップを組んだ1学年違いの良きライバル。 そして巨人監督には年......続きを読む»

【読売離脱遊戯】橋本到「夢見る若手じゃいられない」

白い巨人、復活。 通称エル・ブランコと呼ばれるスペインのサッカークラブ、レアル・マドリードがチーム再建の切り札を投入した。 チームOBフランスの英雄ジネディーヌ・ジダンの監督就任である。 日本ではカップヌードルのCMで「ジダンがまた地団駄」とかやってたコミカルなおっちゃん。 あの人、サッカー界では神だからね。髪はないけど。あ、すいません。 てな感じで、2試合連続5ゴールを挙げる上々のスタートを切っ......続きを読む»

【野球殿堂遊戯】子どもの野球離れと平成の大エース

「最近は野球やる子が少ないからか、チームに入ると丁寧に教えてくれるし、すぐユニフォーム作ってくれたり完全にお客様扱いだよ」 昨年野球を始めた小学校低学年の子どもを持つ美人ママさんがそう言っていた。 先日の日刊スポーツに掲載されていた4〜9歳の男子が過去1年間によくやったスポーツランキングで「野球」はベスト10圏外。 都会の公園はキャッチボールすらできやしない。 で、もちろんここ数年はサッカー独走。......続きを読む»

【読売不惑遊戯】相川亮二「最後まで残った男」

おかしいな。 昔からOB戦には興味なかったのに。 ついさっき雪見だいふく片手に「名球会ベースボールフェスティバル」録画映像を眺めていた時のことだ。 みんな往年の超一流選手っていうのは頭で理解していても、リアルタイムで全盛期を共有していないからいまいち乗り切れへん。 と思ったら、いつの間にかマウンド上の工藤公康とバッターボックスの前田智徳の対戦に見入っていた。 俺、これガキの頃に見たことあるよ。 そ......続きを読む»

【読売復活遊戯】内海哲也「シビアな26番」

「自分も何年後か落ちる時がくる。俺も32歳のオッサンなんだよ」 年末の格闘技イベントRIZINで桜庭和志を一方的にKOした青木真也は試合後にそう言った。 時にプロスポーツにはジャンルを超えたスーパースターが出現する。 野球で言えば長嶋茂雄、ラグビーなら五郎丸歩、グラビアなら篠崎愛、格闘技なら桜庭和志である。 00年代初頭、ヤケクソの野郎だらけのドライブで決まって車内に流れる桜庭の登場曲『SPEED......続きを読む»

巨人2軍リポート「未来は僕等の手の中」 堂上剛裕・吉川大幾編

 真っ白な練習着姿の見慣れない男たちがそこにいた。  1年前のジャイアンツ球場、1・2軍合同の秋季キャンプに所在なさげな2人の選手の姿。中日から戦力外通告を受けた堂上剛裕と吉川大幾である。29歳でリストラされ入団テストを経て巨人と育成契約を結んだ堂上、同じく22歳の若さでクビを切られライバルチームに拾われた吉川。どちらにせよ、入った時から崖っぷち。11月の冷たい風が吹きすさぶ中、泥にまみれるヤング......続きを読む»

【読売補強遊戯】ジョーンズ&クルーズ獲り「巨人軍の破壊と再生」

「ウチにはサイドバックだけで7人くらいいるので」 セリエAインテル所属の長友佑都はテレビのインタビューでそう答えた。 イタリアを代表する伝統のサッカーチーム、求められるのは結果のみ。 ダメならすぐ外される。だから常に危機感を持っているのだと。 悲しいけどコレ、ビッグクラブの宿命である。 というわけで巨人の助っ人も一気に7名(育成選手も含めると9名)に増えそうな雰囲気。 元ロッテのルイス・クルーズに......続きを読む»

【最優秀死亡遊戯】2015年MSPフレデリク・セペダ「巨人のパンダ」

振り向けば、もう12月。 あれ?なんか忘れてるな。 高橋みなみがAKB48ラストセンター曲を歌うFNS歌謡祭を見ながらそう思った。 FNS歌謡祭・・・FSN歌手・・・MSN選手・・・あっMSP。 そらそうよ。えっマジで?というわけで今回は年末恒例「2015年MSP受賞選手発表」といこう。 もちろんMSPは最優秀死亡選手賞(Most valuable Shibou Player)の略だ。 早くもこ......続きを読む»

【読売送別遊戯】高橋由伸「振り返らない天才」

おいおい来シーズンの巨人は大丈夫か? 2015年最後の東京ドームのバックネット裏からそう思った。 ファンフェスタで完璧な高橋由伸の引退セレモニー直後に開催されたホームラン競争。 キャプテン坂本は見事なポップフライを打ち上げまくり、奈良のジョニー岡本はもはや声が小さすぎて何を言っているのか分からへん。 参加4選手の今季本塁打数は坂本12本、亀井6本、岡本1本、大田1本。 全員合わせて20本。ラーメン......続きを読む»

【読売反省遊戯】さらば昭和のプロ野球

2015年は昭和90年だ。 えっマジで? WOWOWで放送中の映画『バカヤロー!』シリーズ。 昨夜放送分の脚本は森田芳光、音楽はRCサクセションの『サン・トワ・マミー』。 オムニバス形式の本作は、最後に決まって我慢が限界に達した主人公が唐突に「バカヤロー!」と叫んで物語は終わる。 特にバブルど真ん中の1988年(昭和63年)10月に公開されたシリーズ1作目は凄い。 デートは高級ディナー、乱れ飛ぶタ......続きを読む»

【読売FA遊戯】脇谷亮太「求むドーナツプレイヤー」

脇谷、FAするってよ。 えっマジで? 今季118試合で打率294・3本・22打点・OPS763。 得点圏打率333。サウスポーも苦にせず対左にも打率321を記録。 一塁と三塁、さらに右翼も守った。 これだけついて年俸2400万円、手数料はNPB負担で各補償なしのCランク選手。 今FA市場でイチオシの男である。 と来れば、言わずと知れた高橋由伸の沖縄自主トレ組の一員。 で、スポーツ各紙で踊る「巨人......続きを読む»

【読売監督遊戯】高橋由伸「困った時のヨシノブさん」

「ヨシノブ、まだ40歳じゃないの?」 半年程前からよく昼飯を食べに行く、古き良き昭和風情の定食屋がある。 手作りのロールキャベツとか、日替わりの魚定食が揃って値段もお手頃。 で、奥のカウンターでは近所のおっちゃんが集まり、おばちゃん達とテレビを見ながら時事ネタトークをかましている。 傾いたマンション大丈夫なのとか、紗栄子2000億円交際どうよとか、高橋由伸監督で巨人一本化とか。 えっ?ヨシノブ? ......続きを読む»

【読売辞任遊戯】原辰徳「タツノリの向う側」

全力でやって、負けた。 秋の神宮球場で原巨人の2015年シーズンが終わった。 1勝3敗で迎えた負けたら終わりの一戦で、序盤に守備のミス連発で3失点。 3対3の合コンに呼ばれて行ったらなぜか6人全員男だったみたいな絶望感。 ええっ?そりゃあないぜ長野さん。 正直、今夜も試合開始10分で帰ろうと思っちゃったもの。 ったくポレダヤル気あんのかコノヤローって、ヤル気はあるよ。 ヤル気がない人間があそこま......続きを読む»

【読売監督遊戯】原辰徳「なんてったってタツノリ」

おいおい半袖じゃねえか。 ザワつく神宮球場の三塁側スタンド。 CSファイナルステージ第1戦、巨人3点リードで迎えた8回裏。 ブルペンにはクローザー澤村がスタンバイ。 10月中旬のこの底冷えする神宮でいきなり半袖アンダーシャツの背番号15。 半袖筋肉、略して半筋。 マジかよ?真夜中にホットミルク片手に「ハンキン最高」と呟いてみると、完全に「半ケツ最高」の響きである。 つまり、俺らのクローザーは半ケツ......続きを読む»

【読売激走遊戯】坂本勇人「チームサカモト元年」

今シーズン初めて観るな、こんな熱い巨人は。 東京ドームのバックネット裏から、何度もそう思った。 阪神とのCS第3戦、1勝1敗で迎えた負けたら終わりの大一番。 今季8敗を喫したマシソンは、まるでキング・オブ・ストロングスタイルと称された2年前を彷彿とさせる完璧なリリーフ。 ペナントではことごとくチャンスを潰してきた5番長野は、スカッと猛打賞の活躍。 開幕から不振に苦しんだ4番阿部は2打点を挙げ、代走......続きを読む»

1 3 5 6 7 8 9 35 36

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss