プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2014年12月

【広島復帰遊戯】巨人ファンが語る「敵としての黒田博樹」とは?

「巨人のブルペンが苦労したと聞いていたので、少しでも原監督の力になりたいと思い決断しました」 上原浩治は巨人電撃復帰の理由をそう語った。 あ、すいません。 いきなり妄想書いちゃいました。 広島ファンにとって黒田のカープ復帰は、巨人ファンにとっての上原復帰以上のビッグニュースだろう。 まさに101回目の黒田博樹。 何度フラれようと、周囲から笑われようと愚直なまでにラブコールを送り続けた赤ヘルフロント......続きを読む»

【最優秀死亡遊戯】2014年MSP受賞選手発表!村田修一「超芸術的ゲッツーを打つ男」とは?

東京ドームで、巨人ファンのボルテージが上がるポイントが3つある。 試合終盤、代走職人・鈴木尚広がコールされると、巨人ファンは若干前のめりだ。 「行くぞ行くぞ二塁に行くぞ」と。 接戦の勝負所で、代打・高橋由伸が颯爽と登場すると、巨人ファンは身構える。 「来るぞ来るぞヨシノブ来るぞ」と。 そして、走者を一塁に置いて打席に村田修一が入ると、巨人ファンはみんな半笑いだ。 「打つぞ打つぞゲッツー打つぞ」と。......続きを読む»

【BBC連載遊戯】相川の人的補償が急展開!井野卓「ヤクルト、巨人戦力外捕手獲得へ」とは?

謎はすべて解けた。 相川の人的補償記事の事前準備で、ヤクルトの今季個人成績と今オフの補強選手を見比べながら、そう思った。 どう考えてもベテランキャッチャーが足りない。 若い中村悠平と西田明央の神宮ガチンコ正捕手争い。正直、羨ましいっす。 なんだけど、それを後方支援する「第3捕手あんしん保険」死亡遊戯。 今季の捕手出場試合数は、中村97、相川50、西田6、藤井2。 で、相川がFA移籍、32歳の田中は......続きを読む»

【読売油断遊戯】グリエルのDeNA残留が決定的!巨人軍「読み違えたキューバルート」とは?

ダルビッシュ有はアーティスト(芸術家)、田中将大はワーカー(労働者)。 とあるMLB現地解説者の言葉である。 投球を芸術家の作品のように捉え過程にこだわるダルに対し、田中は結果的にアウトになれば何でもいいという考え。 組織の中で自分の役割を果たすことに徹している。 この表現を2人の助っ人選手に当てはめるとこうだ。 ユリエスキ・グリエルはアーティスト、ホセ・ロペスはワーカー。 天才肌のグリエルは、......続きを読む»

【BBC連載遊戯】2014年の巨人通信簿公開!藤村大介「ハヤトとイタルの狭間で」とは?

アロ〜ハ! ハワイV旅行中のパーティーで、原監督から新主将に任命された坂本勇人の第一声である。 軽い。恐ろしい軽さだ。今日の報知一面のピースサイン写真も素晴らしく軽い。 そして、今の巨人に必要なのはこの軽さである。 今季の巨人ベンチはキャプテン阿部の不調もあり、連敗が続くと重く沈んでいた。 CSの阪神戦なんて、明かにベンチ死亡遊戯だった。 25歳でセ界史上最年少の通算1000本安打を達成し、26歳......続きを読む»

【読売捕手遊戯】元巨人キラーは背番号23!相川亮二「たったひとりのライバル」とは?

番号はまだ残っとるがよう…。 えっ何番? そんな懐かしき仁義なき背番号論争。 3年前のこの時期は、FA移籍してくる杉内の背番号18について巨人ファンの間で大論争が巻き起こっていた。 1年前だって片岡の背番号8の是非についてそれなりに盛り上がったものだ。 なんでもないようなことが幸せだったストーブリーグ。 さすがに「相川23番・金城33番」で議論を繰り広げてるファンはほとんどいない。 8日の原監督......続きを読む»

【BBC連載遊戯】出よ第2の一岡竜司!「レンタル移籍制度は日本球界で実現するのか」とは?

あざっす。ガチで面白いっす。 コンビニの帰り道、「ヤングアニマル嵐」を読みながら、そう思った。 数時間、居酒屋で談笑して、それを元にライター畠山さん・イラスト葉高さんの名コンビが4ページのショートノベル化。 一体どんな記事になるのだろうかとビビっていたら、「プロ野球死亡遊戯」の裏側が完璧に凝縮されていた。 なぜ死亡遊戯を始めたのか?そう、そうなんすよ…。 記事を繰り返し読んで余韻に浸りながら、袋と......続きを読む»

【読売空想遊戯】もうひとつのドラフト会議!「巨人石川歩、ロッテ小林誠司が誕生していたら」とは?

「(抽選は)非常にニュートラルな精神状態で臨めたというかね。 まあ、ウチとしては満点に近い指名になったんじゃないですかね」 2013年10月24日、巨人・原監督は報道陣の前で満面の笑みを浮かべ、そう言った。 1位指名でロッテと競合した東京ガス石川歩投手の交渉権を自ら引き当て、原沢球団代表とグータッチ。 松井裕樹に入札しなかった理由を問われると「即戦力という観点では石川君がベストと判断した」と即答。......続きを読む»

【読売空想遊戯】10年後の高橋由伸監督!「2024年の巨人軍完全予想」とは?

大谷翔平、2年連続サイ・ヤング賞選出。 2024年のある日、高橋由伸は東京ドームの監督室でそのニュース映像を眺めながら思った。 確かプロ入り直後の大谷は、小さい頃の憧れの選手として「巨人の24番」を挙げてくれていたよなと。 その俺も来年には50歳になる。 球団創立90周年、2024年の巨人軍。 時代は変わった。 いまや日本で最も有名な野球選手は、長嶋でもイチローでもなくアトランタ・ブレーブスの大谷......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3262
  • 累計のページビュー:71195763

(07月24日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss