プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2014年08月

【読売師弟遊戯】巨人9年ぶりの2試合連続完封!内海哲也「過去の自分と戦った夜」とは?

80年に1人の逸材。 日ハム大谷翔平が、プロ野球史上初めてシーズン10勝&8本塁打を達成した。 お次は、ベーブ・ルース以来となる世界で二人目の10勝&10本塁打を超えへ。 って、比較対象が野球界の伝説プレーヤーの時点で、凄すぎる。 大谷の投げる160キロや逆方向へ放つ本塁打は爽快だ。 なぜ気持ちいいかって、そんなのは決まっている。 ひとりの若き才能が、球界の常識をぶっ壊しているからだ。 こんなの見......続きを読む»

【読売制圧遊戯】441日ぶりの完封で首位攻防戦勝ち越し!澤村拓一「巨人史上最も議論を呼ぶ投手」とは?

澤村の筋肉を語る、それはラーメン屋の食器を語るようなものだ。 その大胸筋、投球に関係あるの? どんぶりのデザインにこだわるなら、スープの味を追究してくれよ。 そんな崖っぷちのラーメン屋店主のようなキン肉マン澤村拓一。 441日ぶりの完封勝利で今季2勝目。 これで、チームは阪神との首位攻防戦を2勝1敗と勝ち越した。 9回114球、2安打2四球10奪三振というほとんど完璧に近い内容。 致命的に打てない......続きを読む»

【読売御礼遊戯】首位攻防初戦は巨人サヨナラ勝ち!ホセ・ロペス「グラシアス、エルチャモ」とは?

4番で風が変わった、今年初めてのゲーム。 阪神との首位攻防初戦は、試合後の原監督コメントがすべてだと思う。 3点ビハインドから追撃の一発、1点を追う最終回には先頭打者で二塁打。 阿部がメッセンジャーとオ・スンファン相手に、4番の仕事をした。 15号ツーランは、今季月間最多となる8月6本塁打目。 ここに来て、ようやく阿部の調子が上がってきた。 いやぁ体調を考慮して一塁起用を続けて良かったね。 って良......続きを読む»

【読売炭酸遊戯】巨人レギュラー起用1年目!橋本到「あの栄光の34試合との戦い」とは?

ペプシビッグ! この夏、セブンイレブンで先行発売されて以来、毎日のように飲んでいる。 600mlボトルでカフェイン多め、従来のコーラよりもパンチが強い。 ビートたけしがCMをしていた、懐かしのジョルトコーラを彷彿とさせるキレとコク。 シュガーレスとかスモールベースボールとか物足りないっすよジブン。 大阪桐蔭ばりの一発攻勢が大好きなあなたにオススメです。 …って人間はすぐ慣れる。 おかわり君の豪快......続きを読む»

【読売生存遊戯】2年ぶりの1軍スタメン出場!隠善智也「2軍の主力の生き様」とは?

中日コンプレックス死亡遊戯。 大竹は1失点完投勝利。片岡は1番セカンドでマルチヒットに盗塁。 原vs落合の激戦の歴史を知らない選手達。 だって、彼ら、今シーズンから巨人に来たばかりだから。 これまで、巨人ファン、恐らく選手にも、心のどこかに苦手意識のあったオレ竜コンプレックス。 落合政権時代のイヤ〜な記憶の数々。 って、そんなん知らんがなと、移籍組が完全に中日をカモにしている。 特に大竹は今季9勝......続きを読む»

【読売美技遊戯】片岡の決勝弾で巨人首位死守!長野久義「言葉なきニューリーダー」とは?

やはりポイントは片岡選手のホームランですよね。 彼はヒットや盗塁だけでなく、試合の流れを変える事のできる貴重なプレーヤーだと思います。 解説・石井一久氏の元チームメイト評に頷く巨人ファン多数(俺)。 神宮球場は4時間29分の熱戦、5-5で迎えた延長11回に飛び出した片岡の決勝アーチ。 幾度となく首位陥落を覚悟しながら、全員野球で粘りに粘った。 見た?ロペス先輩の来日初の代打本塁打。 熱い試合だ。な......続きを読む»

【読売復帰遊戯】帰ってきたエイトマン!片岡治大「その男ミスターセプテンバー」とは?

変わらないものなんか何ひとつないけど、変わるスピードが、違ったんだなあ。 お台場でのザ・クロマニヨンズのライブで一汗かいて、帰りのゆりかもめの中でプロ野球速報をチェック。 お、神宮はまだ試合やってるのか、とradikoを立ち上げた5秒後。 阿部やりました!とアナウンサーの絶叫が耳に飛び込んできた。 延長11回、キャプテンが逆方向へ13号勝ち越しツーラン。 ブルーハーツ直撃世代、35歳シンちゃんの笑......続きを読む»

【読売体験遊戯】最近10試合中7試合でスタメンマスク!小林誠司「プロの洗礼歓迎します」とは?

リアルドカベン、西武ライオンズの森友哉が止まらない。 高卒新人としては46年ぶりとなる3試合連続本塁打。 17日の日ハム戦では延長12回に代打で登場すると、栗山監督はすかさずサウスポー武田勝を投入。 19歳のルーキーに対して、なりふり構わず36歳のベテラン左腕をぶっこんだ。 6球目にあわや4試合連続の大飛球をライトポール際にかっ飛ばすも、惜しくもファウル。 最終的に四球を選び一塁へ歩く森の風格は、......続きを読む»

【読売緊急遊戯】巨人軍5冠達成の功労者!福田聡志「借りぐらしのフクちゃん」とは?

やっぱり、30過ぎると体力回復が遅くなるんだな。 幕張のソニックマニア、夏だ!カサビアンだ!サカナクションだ! ってなテンションで一晩中はしゃいでいたら、帰宅後10時間以上寝ても中々疲れが取れない。 レッドブル一気飲みして、奮発してウナギ食って、ヌル目の風呂に浸かっても、まだヘロヘロ。 ついでに、巨人も全然アカン。 前夜のリーダー内海の141球熱投から一夜明け、赤ヘル打線に12失点完敗。 何かに......続きを読む»

【読売再起遊戯】巨人首位攻防3連戦勝ち越し!西村健太朗「這い上がれケンタロウ」とは?

巨人軍、日本一奪還への秘密兵器。 クリス・セドン、首位攻防第3戦で先発すると6回途中1失点投球で勝利投手に。 これでセ・リーグ5球団に投げ、初対戦では負けなしの4勝。 だったら、対戦経験のないパ・リーグのチームも、日本シリーズでは相当手こずるのではないだろうか? 打てそうで打てない助っ人左腕。 解説者の高木豊氏は「(身体は大きいのに)球が遅すぎて、打者は引きつけすぎてしまう」と指摘。 容器は大きい......続きを読む»

【読売攻防遊戯】初戦に敗れ2位阪神と0.5ゲーム差に!「巨人ベンチが井端に代打を出さなかった理由」とは?

伝統の一戦は、金太郎飴のような首位攻防戦だった。 誰がどの角度で斬っても、同じような感想しかない。 杉内兄やんがメッセンジャーに2安打も打たれて、打線は無死満塁で三者連続三振なら、負けるでしょ。 ゴメン、ゲームレビューは一行で終了だ。 巨人ファンにとって「こんな魚で寿司握れるかよゲーム」。 そりゃあ、大将・原もキレるぜ。 「結果論でどうぞ」ってさ。 東京ドームからの帰りの道中で、そんな原監督の試......続きを読む»

【読売豪腕遊戯】巨人軍史上最強助っ人投手!スコット・マシソン「キング・オブ・ストロング・スタイル」とは?

間違いなく、今年のベストバウトだな。 東京ドームの巨人vs中日? ゴメン、今夜ばかりは西武ドームの新日本プロレスG1クライマックス決勝戦。 オカダ・カズチカが中邑真輔を必殺のレインメーカー3連発で撃破し、自身2度目の優勝を果たした。 勝ったオカダも凄ければ、中邑の天才的なスキルもキラリと光る一戦。 やはりドームクラスの大きい会場だと、レスラーのスケールが残酷なほどに暴かれる。 一定以上の身体のサイ......続きを読む»

【読売定番遊戯】巨人焦らず連敗脱出!大田泰示「いっそこのままで」とは?

ドラゴン危機一発。 巨人軍元サヤオーダーで連敗脱出。 色々あったけど、戻ってきちゃいました。 1番長野、3番坂本、4番阿部、5番村田、6番高橋由伸。 中日・大野から、東京ドームで3発のホームランを打ち上げ6得点。 坂本は6年連続二桁本塁打となる10号3ラン。巨人の遊撃手として初の快挙を達成。 投げてはジャイアンツ球場から逆輸入、セドンと実松のセドマツバッテリーも6回途中1失点。 世間は夏真っ盛り......続きを読む»

【読売横浜遊戯】DeNA相手に初の3連戦3連敗!「巨人ファンが真夏の絶不調を喜ぶ理由」とは?

ハマスタはガチだった。 最後に来たのが3年前だから、DeNAになってからは初の横浜スタジアム。 恐ろしい進化を遂げたと噂のファンクラブ。 イニング間にこれでもかと登場するチアガール。 数年前とは比較にもならない程、充実した試合中イベントの数々。 内野ネットのない球場の利点を最大限に生かした、大規模な試合後ハイタッチ。 締めはお立ち台のヒーロー達が、グラウンド上でファンと一緒にハイチーズ。 番長三浦......続きを読む»

【読売昇格遊戯】2番セカンドで約3カ月ぶりの先発出場!藤村大介「背番号0を託された男」とは?

真夜中の牛丼屋。 うめえなもう。 野郎どもが等間隔に座り、黙々と牛丼を食べ続ける。 暗幕の了解で、お姉ちゃん同伴はマナー違反である。 男ぼっちの世界。嫌でも自分自身と向き合う空間。 奥の席で酔っ払ってダウンしているあいつは、たぶん俺だ。 女達は早朝の女性専用車両の中で化粧をするが、男達は深夜の牛丼屋でネクタイを外す。 俺も藤村の年の頃、毎晩のようにここに来ていたな。 そう思いながら、久しぶりの牛丼......続きを読む»

【読売主役遊戯】スペシャル・ワンの現在地!坂本勇人「一流と超一流の狭間で」とは?

あれが、スペシャル・ワンだ。 魂のバット止めで、押し出し四球。 あ、ゴメン。それセペダさん。 坂本勇人、3安打1本塁打の活躍。 延長11回、芸術的なホームランをかっ飛ばし、ショート守備では球際の強さと素早い状況判断でサヨナラ阻止。 って延長12回サヨナラ負け。こんな時こそ、西村劇場をディスるよりも、スペシャル・ワンを語ろう。 今季92試合出場、打率293、8本塁打、35打点、18盗塁、OPS78......続きを読む»

【読売強気遊戯】巨人史上屈指のローテ投手!内海哲也「心のタフさを持つ男」とは?

1対1の真剣勝負は選手の心を丸裸にしてしまう。 格闘技はまさに精神のストリップショーなのである。 格闘家の桜庭和志は、自著「哀しみのぼく。」の中でそう書いている。 3日、巨人先発・大竹は5回まで無失点投球も、6回に掴まり途中降板。 リリーフ陣も掴まり、一挙6点を失いジ・エンド・オブ・東京ドーム。 テレビ画面にアップで映し出される大竹の茫然とした表情は、まさに丸裸だった。 魔の6回、哀しみの大竹。 ......続きを読む»

【読売横手遊戯】真夏の巨人軍秘密兵器!田原誠次「セ界を騙した男」とは?

あぁ、巨人はこの戦い方でセ界連覇したんだったな。 広島打線に対して内海が粘り、坂本と阿部の一発で逆転すると、西村・山口・マシソンで逃げ切った。 夏、プール、パイオツプルン、花人ドーン!みたいな分かりやすさ。 今シーズン初めてと言っても過言ではない、王道パターンの勝ち方。 そんな懐かしい風景に、一人だけ見慣れない選手がいた。 フレデレク・セペダ。 あ、すいません。間違えました。 背番号37のサイド......続きを読む»

【読売引分遊戯】巨人今季89試合目の初ドロー!菅野智之「エースとスーパーエースの差」とは?

悔しいけど、格好いいな。 村田さんの300号、ロペス先輩の美技連発、田原の延長12回肝っ玉好リリーフ。 8月オープニングゲーム。勝てなかったけど、負けなかった一戦。 ハラタツノリだけど、認めるよ。東京ドームの主役は、巨人の選手ではなく広島の18番だった。 ともに今季10勝目を懸けた菅野との今季2度目の直接対決。 菅野がマエケンから同点タイムリーを打てば、マエケンも菅野を襲う強烈な打球を放つ。 意地......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71487635

(09月26日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss