プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2014年04月

【読売快速遊戯】菅野セ界50年ぶりの快投で開幕5連勝!鈴木尚広「走るだけで18年の凄さ」とは?

巨人・菅野智之、セ・リーグ50年ぶりの快挙達成。 4月中にリーグ5球団から勝利は64年稲川誠(大洋)以来、50年ぶり。 球団では56年安原達佳以来、58年ぶりの快挙。ドラフト制度以降では初となる。 ってツイートしようとした5秒前、9回表あと1球からヤクルト畠山に食らった逆転スリーラン。 超残念だったけど、不思議と腹立たしさはなかった。全然ハラタツノリ。 なぜなら、菅野の9回の続投にベンチの意思を感......続きを読む»

【仙台復活遊戯】ついに楽天緊急補強へ!ジョン・ボウカー「帰ってきたフツーのヒーロー」とは?

I’m back. 95年3月、マイケル・ジョーダンは一枚の声明文とともにNBAへ電撃復帰。 MJのバスケ界帰還に世界中が熱狂した。 98年NBAファイナル第6戦、シカゴ・ブルズvsユタジャズ。 残り18.5秒、ジャズ1点リードの場面で、ジョーダンがスティール。 ペネトレイト、クロスオーバー、ジャンプショット。 一瞬の静寂の後、爆発する歓声。 スポーツの歴史上で、最も完璧な一瞬と称......続きを読む»

【読売FA遊戯】古巣凱旋登板で全球団から勝利!大竹寛「広島ファンに憎まれた男」とは?

スパイダーマンも大変だな。 25日から日本公開が始まった映画「アメイジング・スパイダーマン2」。 ハリウッドでも完全無欠のスーパーヒーローじゃなく、恋に悩む等身大のヒーローが好まれる時代。 ストーリーの中心にあるのが、敵との戦いじゃなく、恋愛っすよ。 もはや主人公のスパイダーマンよりも、ヒロイン役のエマ・ストーンの方が目立っているんだもの。 男臭いアクションっていうより、めちゃくちゃお......続きを読む»

【最強右腕遊戯】球史を塗り替える奪三振マシーン!金子千尋「メジャー争奪戦勃発間近」とは?

チヒロちゃん、あなたを忘れられない。 全野球ファンが銀杏BOYZの名曲「東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて」を口ずさみたくなる快投。 オリックス金子千尋、30歳。 25日、楽天戦で1安打14奪三振の完封勝利。 4月なのに、すでに今季2度目の完封劇。 防御率1.38、39回を投げて奪三振59。 えっ?嘘でしょ。先発投手が奪三振率13.15なんて、現代野球じゃありえへん。 普通に年間300奪三振ペースよ......続きを読む»

【読売R30遊戯】杉内、内海、大竹!巨人軍「サーティーズ三本柱」とは?

「(対戦相手の研究で)一番いいのは秒殺の試合じゃなくて、判定試合の映像。 それはなんでかって言うと、この人はバテたらどうなるのか?っていうのが分かるから」 雑誌「KAMINOGE」最新号、桜庭和志がプロレスラー中邑真輔との対談企画でそう語っている。 スタミナが切れた時こそ、その選手の隠していた本当の姿が暴かれるのだと。 だから、鹿児島でもセドンの投球には注目していた。 100球を越え、......続きを読む»

【読売宮崎遊戯】菅野の今季チーム初完投勝利で巨人連勝!坂本勇人「進化するスペシャル・ワン」とは?

「今年は菅野に20勝させるために、中5日で投げさせる」 試合前、川口投手総合コーチは、そう明言したという。 じゃあ球数は制限するんですか? 「いやいや、120球は投げてもらいたいね」と川口さん。 うわっ、ゴジラ松井4番1000日計画と同じく、菅野スーパーエース500日計画、めっちゃスパルタやん。 10年ぶりの宮崎開催となる公式戦で、自己最多の142球熱投。 DeNA打線を4回の1点の......続きを読む»

【読売本物遊戯】3安打3打点の恐怖の8番打者!橋本到「巨人軍の異端児」とは?

日曜日のデーゲームは贅沢だ。 だって、昼間からビール飲んで酔っ払えるじゃん。 東京ドームは空調も効いてるから、気持ちよく寝落ちするおっちゃんも続出。 つくづく、野球場は特殊な空間だと実感する。 日常なんだけど、日常じゃない別世界。 例えば、ドームのビールやチューハイの売り子さんって死ぬほど可愛いのよ。 街中で見かけたら、心の中でガッツポーズかましちまう超高校級レベル。 けど、球場だ......続きを読む»

【読売帰還遊戯】巨人リリーフ陣が崩れ惜敗!久保裕也「栄光時代との決別」とは?

4月のプロ野球は、同窓会だ。 久しぶり。元気にしてた?なんつって、再会の挨拶。 中日・小笠原、巨人・井端の登場に、東京ドームは両軍のファンからの盛大な拍手が送られた。 お互い、まだ余裕があるよね。 恋のシーソーゲーム、延長入りまーすみたいなさ。 これが負けたら終わりのポストシーズンなら、容赦なくディスり合うもの。 あたしの貴重な20代を返してくれって、そら無茶やでお姉さん。 ペナン......続きを読む»

【読売速報遊戯】巨人軍キューバ代表4番打者を獲得へ!フレデリク・セペダ「その男、スーパー野球エリート」とは?

巨人で何かビッグサプライズがあったらしい。 19日深夜に駆け巡ったそんな噂の正体は、まさかのキューバ代表外野手を獲得へ。 だからアンダーソンでしょ?ちゃうがな、セペダやん。 えっ?あのセペダ? そう、フレデリク・セペダ。80年4月生まれの34歳、右投両打のキューバではレアなスイッチヒッター。 WBC3大会の計20試合で、打率449、6本塁打、23打点の大活躍。 昨年の第3回大会でも4......続きを読む»

【読売7番遊戯】スリーランを含む猛打賞で巨人3連勝!長野久義「今こそ見たい4番ライト長野」とは?

片岡、いい選手だよね。 ナゴヤドーム、神宮球場、東京ドーム、どこで見てもそう思う。 15試合、打率302、1本塁打、8打点、4盗塁、4犠打。 さらに得点圏打率556の勝負強さ。OPS780の攻撃力。 速い、デカい、バントもうまい。 07年の谷佳知を彷彿とさせる肉食系「牛丼型2番打者」誕生。 不安定な二塁守備、脆いガラスの下半身を差し引いても、ナイス補強。 その後に続くのは3番アンダーソン、4番村田......続きを読む»

【読売主将遊戯】キャプテンの2戦4本塁打で巨人連勝!阿部慎之助「打ちすぎるキャッチャー」とは?

まだ、終わっちゃねえぞ。 神宮第1戦、阿部慎之助の顔に笑顔はなかった。 延長10回、乱闘寸前の騒ぎの直後、自ら勝ち越しの本塁打を放ち、その裏の守備に就く際。 ホームベース付近でロペスがヒーローの肩に手を回し、何やら半笑いで語りかける。 それでも、阿部は「まだまだ」という感じで、軽くあしらいマスクを被った。 まるで、あの時のカンナヴァーロのようだな。 06年ドイツW杯、フランス対イ......続きを読む»

【読売神宮遊戯】今季初の阿部弾で連敗ストップ!巨人ファン「170勝96敗からの卒業」とは?

巨人ファン、独走慣れ症候群。 ヤバイぞ、ヤバイぞ、4連敗ヤバイぞ。ってまだ貯金あるからね。 いやいや、冷静にやろうや。 4月の選手起用ディスってたら、ペナントは戦えへん。 4月のクラス替え直後に、隣のあの娘の何が分かるのよって話じゃん。 まあ気持ちは分かるよ。慣れていないもんね、俺ら勝率5割ちょい。 昨年の今頃は72年ぶりの開幕7連勝でしょ。 で、12年シーズンは4月に借金7と出遅れながらも、終わ......続きを読む»

【読売復活遊戯】セ界屈指の筋肉速球王!澤村拓一「今、叫ばれるサワムラ待望論」とは?

あれ?薄味だな。 何かが足りへん。 開幕直後の打線爆発から一転、甲子園3連敗。 14試合消化、8勝6敗。現在、首位に1.5ゲーム差の3位。 セ界3連覇確定と昇天する出来じゃないし、誰が悪いなんてディスるのもまだ早い。 東京ドームの一席に座りYGラーメンを食べながら、多くの巨人ファンは思うわけだ。 あれ?なんか今年は薄味だなと。 それなりに美味い。けど、何かが足りない。 打線?ちゃ......続きを読む»

【読売導入遊戯】巨人今季初のカード負け越し!内海哲也「ミスターゴロの転換期」とは?

朝ドラはペナントレースだ。 最初の2週間は導入部分、これから展開するストーリーへの伏線を張りまくり。 「花子とアン」でも、12日放送分で主人公が子役から、女学生時代の吉高由里子へ。 さあ、3週目突入、そろそろ本腰入れて見ようか。 って、甲子園でボロ負けやん巨人。 出てきた投手が全員失点、打線は能見さんに6安打完封。 さっき録画観戦したけど、終盤はもう10倍速再生っすよ。 こんな日は、さくっといく......続きを読む»

【読売三振遊戯】史上最速の2000奪三振へ!杉内俊哉「巨人軍裏ローテの柱」とは?

マシソン、ガチ損。 過去2年間で、わずか3本塁打しか打たれていなかった巨人マシソンが、今季は6試合で3被弾。 何も言えなくて春。2年分を開幕2週間で献上。 またもや統一球死亡遊戯。東京ドーム使用球は、反発係数0.428で規定の上限0.4234を上回った。 って、数値がマニアックすぎて、俺らトーシロには突っ込みにくいやん。 ゴメン、STAP細胞って何?そんな気分。 「昔は使うボール自体(球団ごとに)......続きを読む»

【読売同級遊戯】巨人軍24歳バッテリーで首位奪取!菅野智之「圧倒から、安心へ」とは?

6億円の8番バッター。 6回裏、坂本のスペシャル・ワン弾で勝ち越した東京ドーム。 巨人1点リードの8回途中、菅野と小林の24歳バッテリーから、山口と阿部の9億円バッテリーに交代。 マウンド上には、ここまで2失点に抑えたスガコバを労う原監督。 左肩の違和感にインフル、ついに山口もヤバいかも。 って、結局、今年もノーヤマグチ・ノーライフだもんな。 鉄腕は丸を空振り三振に抑えて、直後に8番......続きを読む»

【読売鮮烈遊戯】史上初の毎回15奪三振デビュー!クリス・セドン「セ界最強のローテ5番手投手誕生」とは?

ローテ5番手を制するチームが、ペナントを制す。 キン肉マン澤村がその位置で投げるから、巨人は強い。 あ、ゴメン。それ1年前の死亡遊戯の記事ね。 元最多勝助っ人投手がローテ安心保険にいるから、巨人の投手陣は凄い。 あれ?こっちは懐かしのホールトンっすね。 今シーズンは、全部まとめてクリス・セドン。 巨人軍新助っ人、31歳の左利きのジャーニーマン。 昨年の韓国球界最多勝投手が自身3カ国......続きを読む»

【読売主力遊戯】セ界の日本人最多打点選手!橋本到「巨人軍期待の若手の向こう側へ」とは?

ポパイ、メキシコへ行く。 ジョン・ボウカー、新シーズンはメキシカン・リーグのカンペチェ・パイレーツでプレー。 いやぁ、西武さん。ラミちゃんもいいけど、ボウカーどうっすかね? 球界は一寸先はハプニング。 だって、東京ドームの先発・内海が、3回途中に危険球退場よ。ゴメン、丸。 その後の巨人はダブルプレー連発、牽制死、盗塁死、マジか?マシソン・スクエアガーデン。 1点ビハインドの9回表......続きを読む»

【読売新卒遊戯】プロ初スタメン初打席初安打!小林誠司「巨人軍第2捕手の座を奪い取れ」とは?

プロ野球は、いかに「負け」を楽しむかが重要である。 だって、独走優勝した昨季の巨人でさえ、年間「53敗」もしてるんだよ。 あ、ゴメン。かと言って、楽しむって言葉は適切じゃないね。 慣れてもダメだし、「受け入れる」かな。 そりゃあ当然腹もタツノリだけど、負けを受け入れることも時には必要でしょ。 お姉ちゃんに逃げられても、現実を受け入れたらストーカーにならずにすむ。 次いこうぜ、次。寝て......続きを読む»

【読売零封遊戯】巨人のエースを超えたスーパーエースへ!菅野智之「共感のウツミ、圧倒のスガノ」とは?

プロ野球はフィギュアスケートじゃない。 綺麗さよりも、ファクトがすべて。 だって、芸術点なんて項目ないじゃん。 4日、菅野智之、敵地ナゴヤドームで中日打線相手に8回4安打2四球6三振の無失点投球。 と書くと、快投のように聞こえるけど、正直ギリギリボーイズ。 直球の走りはイマイチ、ボス谷繁には15球粘られ、芸術的ピッチには程遠い。 7回まで123球。2点リード。さあ後はヨロシク山口さんって、インフル......続きを読む»

【読売破壊遊戯】巨人軍ボンバイエ打線爆発で8回一挙10得点!藤村大介「時は来た」のか?

開幕5戦、計77安打。 「また勝ったか」、よりも「また打ったか」。 開幕からの安打数は14、16、17、9。 そろそろ止まるだろうと思ったら、ハマスタ劇場はその上をいく21安打15得点の猛爆発。 クリーンナップ3連発、8回打者14人一挙10得点の逆転勝利。 アンダーソンは5打数5安打3打点で打率500。 3試合連発弾を放ったロペス先輩は4本塁打、13打点と二冠超独走。 両助っ人パイ......続きを読む»

【読売抑え遊戯】またもロペス弾炸裂で巨人連勝!西村健太朗「今年もヨロシク西村劇場」とは?

あれ、ラミレス? 巨人ファンは悩んでいる。 最近、なんかロペスが全盛期のラミレスに見えて仕方がない。 同じ背番号5、同じスロー守備。そして、異常に勝負強いバッティング。 開幕4試合で3本塁打、11打点。 エイプリルフールのハマスタナイター。 延長10回、燃える闘魂の決勝ソロアーチで巨人が1点差ゲームを制した。 嘘みたいな打撃成績を残す、ロペス・ボンバイエの一振りでチームは今季初連勝。 先発・内海......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:2824
  • 累計のページビュー:71474015

(09月20日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss