プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2013年10月

【読売逆転遊戯】日本シリーズ第4戦は東京ドーム今季ベストゲーム!巨人軍「崖っぷちのチームを救った崖っぷちの男達」とは?

アレ?俺は巨人ファンのはずなんだけどな。 6回表、澤村が聖沢に同点タイムリーを打たれた瞬間、無意識にかましたガッツポーズ。 ギリギリのシーソーゲーム。突き放したと思ったら、すぐ追いついてきやがる。 もっと来いよ楽天。頼むから、もっと攻めてとことん絶望させてくれ。 これだ。これなんだよ。俺が見たかったのは、これなんだ。 なんて面白い試合してくれてんだよコノヤロー!気が付けば顔がニヤけてく......続きを読む»

【読売興奮遊戯】東京ドーム初戦も散発6安打で巨人連敗!ついに「巨人ファン待望の崖っぷちゲーム到来」とは?

巨人はローテ3番手に杉内俊哉が控えているから、強い。 今日の死亡遊戯はそれでキメ打ちしようと思ったのよ。 そしたら、試合開始50分で杉内2回途中4失点KO。 完全にダメだこりゃゲーム。 カレーライス作ろうと思ったら、なぜか鍋が盗まれてたみたいなレベル。 もうどうしようもないじゃん。 ここで2番手小山雄輝の3回1/3を無失点の粘投について語ろうと思ったけど、それも違うよな。 小山......続きを読む»

【読売完敗遊戯】田中将大12奪三振の完投勝利で1勝1敗!「悔しいけどコレ、誤審以前に巨人の完敗ね」とは?

負けるっていうのは悔しいもんだな。 巨人軍、今季ポストシーズン初黒星。っていうか今月5日以来、3週間振りの敗戦。 田中スーパー将大相手の黒星は想定内とか言いつつ、悔しいね。 5回終了時、田中が1安打7三振無失点。菅野が4安打6三振無失点。 で、6回に二死満塁のピンチを凌いだ田中と銀次にタイムリーを許した菅野。 たかが1点、されど1点。 事実上、ここでジ・エンド。 満塁被打率067、......続きを読む»

【読売幸運遊戯】日本シリーズ初戦はラッキー完封勝利!巨人軍「特別な試合で普通の88勝目」とは?

マジでKスタぶっこむ5時間旅行。 2年振りの仙台は、滞在わずか5時間の日本シリーズ弾丸観戦。 駅と球場以外どこにも行ってないし、何も食ってない。あ、Kスタでイニング間に食ったピザのみだな。 やっぱ寒いよ現地は。台風スルーで雨こそ降らなかったものの、春先の神宮球場くらいスタンドは冷えた。 で、周囲を見渡せば9割地元楽天ファン。 東京から来た巨人ファンからしたら超アウェーだけど、居心地は良......続きを読む»

【ドラフト速報遊戯】オリックス神ドラフト!松井裕樹は楽天へ!巨人1位は小林誠司「理想と現実の落とし所」とは?

巨人は大物重複をバックレた上に外したか。 ロッテに当たりくじを引かれた瞬間、そう思った。 ゴメン、石川。もしも来年、新人王獲ったら心から謝るよ。 松井裕樹(桐光学園)は5球団競合の末に楽天。大瀬良大地(九州共立大)は3球団競合で広島行き。 森友哉(大阪桐蔭)はニッカンのスクープ通り西武が単独指名に成功。 そして、オリックスが社会人ナンバーワン投手、吉田一将(JR東日本)を一本釣り。 このビッグ・ヨ......続きを読む»

【ドラフト直前遊戯】スポーツ新聞6紙検証!森友哉は西武が単独1位指名も!巨人の石川一本釣りにロッテも緊急参戦か?

難しいことを難しいまま言う奴、あれ、馬鹿だよね。 タモさんの一言から始まる樋口毅宏著「タモリ論」を再読した直後、明け方にコンビニダッシュ。 スポーツ新聞6紙を買い込み、ドラフト情報を一気読み。 今年も来たぜ。運命の1日が。さあ、早速いっちゃうぞコノヤロー6紙徹底レビュー。 上戸彩、寒さ吹き飛ばすセクシーショット。 あっ、間違えた。それスポニチの芸能面ね。 まずは報知一面。毎年、巨......続きを読む»

【読売不明遊戯】笑っていいともプロ野球!巨人軍「4人目のドラフト1位候補」とは?

「笑っていいとも!」とプロ野球は似ている。 「笑っていいとも!」が1982年10月に番組スタート。 「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」の第1回放送が1983年の11月。 まさにプロ野球黄金時代ど真ん中。 で、32年後の2014年に「笑っていいとも!」が終わり、プロ野球中継も地上波から消えつつある。 「笑っていいとも!」は、21世紀に突入してからは偉大なるマンネリなんて言われながら続い......続きを読む»

【読売海外遊戯】セ界一タフな巨人軍守護神!忍び寄る「西村健太朗メジャー流出の恐怖」とは?

仙台ってギリ日帰りでいけるんだな。 やまびこなら東京−仙台間が2時間弱。夜9時までKスタ宮城にいても充分帰って来られる。 いっちゃうぞコノヤロー、日本シリーズ弾丸観戦ツアー。 と思ったら、台風直撃で日程が読めねぇ。 巨人にとって、40年振りのシリーズ連覇への最大の敵は田中将大と台風27号。 エキサイティィィング! そりゃあ上原の息子さんも興奮するぜ。 松井秀喜以来、日本人選手2人目のポストシーズン......続きを読む»

【読売秋空遊戯】セ界終戦で広島カープの74勝右腕争奪戦スタート!巨人軍「大竹寛FA獲得」はあるのか?

今シーズンも残るは日本シリーズだけか。 CS第4戦以降のチケット払い戻しを済ませ、見上げる秋の雨空。 まあ1ケ月もすれば野球のない生活にも慣れる。 あれだけ「あまちゃん」に熱狂したのに、いつの間にか「ごちそうさん」を違和感なく見ている日常。 朝ドラの原点回帰とも言える、大正時代の東京を丹念に描く食いしん坊バンザイ杏。 現代のアイドルシーンにぶっこむ衝撃の「あまちゃん」が菅野智之なら、安......続きを読む»

【読売完勝遊戯】球団初のCS全勝で日本シリーズ進出決定!巨人軍「完璧な勝利のたったひとつの誤算」とは?

広島ファンが勝利を諦めたわけじゃない。ただ、ほとんどの観客が目の前の現実を受け入れただけだ。 18日、CSファイナル第3戦の東京ドーム。 昨日までのポストシーズン独特の緊張感ではなく、まるでペナントのような弛緩した雰囲気が充満していた。 正確に言うと、巨人が圧倒的な戦力で、非日常をいつもの日常の風景に変えてしまったのだ。 いつ何時も戦い方を変えない全員野球で1、2、3ダーッ。 阿部が同......続きを読む»

【読売完封遊戯】菅野セ界初の奪三振ショーで巨人王手!寺内崇幸「たったひとりのラッキーボーイ」とは?

「いい調整ができたので自分に期待して臨みたい。やってやるんだという気持ち。初回から飛ばしていきます」 17日付デイリースポーツ電子版には、皮肉交じりに「G菅野は自信満々」と見出しが躍った。 ハッタリちゃうがな。マジやで、ガースー。 ペナントではほとんど投げなかったフォークボールを、8日のシーズン最終戦でじっくりテス投。 大学時代は肘に負担をかけないためにあえて封印したその球を、CSでついに解禁。 ......続きを読む»

【読売ガチ遊戯】スペシャル・ワン坂本勇人の活躍でCS先勝!独走チームが見せた「巨人軍の強さと弱さ」とは?

これぞ、スペシャル・ワン。 CSファイナル初戦は坂本のホームランで同点に追いつき、坂本のファインプレーで逃げ切った。 3対2と巨人1点リードで迎えた9回表、台風が過ぎ去ったはずの東京ドームは毎度おなじみ大荒れ西村劇場。 二死1、2塁と一打同点の大ピンチ。広島・菊池が三遊間を抜く同点タイムリー・・・。 と思いきや、ショート坂本が飛びつき、捕球した直後に三塁へ刹那の送球。 オーバーランした......続きを読む»

【セ界最終遊戯】セ・リーグCSは伝統の巨人VS広島が復活!今蘇る「80年代プロ野球黄金カード」とは?

掛布58歳、真弓60歳、バース59歳、岡田55歳。 そりゃあ、俺らも大人になるぜ。 14日、夜9時から放送されたTBSテレビ未来遺産「伝説の引退スペシャル」。 4番掛布を中心に28年振りに85年虎V戦士が甲子園に集結。 リアル・フィールド・オブ・ドリームス。 あの頃、「ファミスタ」やると阪神取る奴が多くてさ。 でも、一番強いのはレイルウェイズ。阪急、南海、近鉄の3チーム連合チーム。 ......続きを読む»

【浪速鉄腕遊戯】広島CSファイナル進出の裏ゲーム!オリックス「金子千尋がヤバすぎた1年」とは?

俺たちのCSもう終わっちゃったのかなあ。 バカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ。 1年前、巨人が中日に3タテ食らって崖っぷちに立たされた時、この台詞何度もパクったよな。 12日から全国公開の始まった映画「キッズ・リターン 再会の時」。 三連休のど真ん中に都内某所の劇場に行ったら、なんと観客はわずか8名。 今作、北野武は監督ではなく「原案」という形で参加し、北野組で助監督を務めていた清水浩がメガホンを......続きを読む»

【広島先勝遊戯】予告先発のない予測不能のプロ野球!阪神・和田監督がぶっこんだ「藤浪ギャンブル」とは?

大谷翔平じゃなく、熱狂的な巨人ファンで知られるリリー・フランキー、映画二刀流。 赤ん坊の取り違えを描く「そして父になる」では、クールな福山雅治にぶっこむ電気屋のビッグダディ。 と思ったら、「凶悪」では死刑囚ピエール瀧をハメるダークな知能犯を演じきる。 一見、普通なのに怖い。しょぼくれたおっさんなのに底が知れないあの感じ。 あの400戦無敗のヒクソン福山雅治を、オスとして圧倒するという奇跡......続きを読む»

【読売黒豹遊戯】セ・リーグ各チームが狙う西武へルマン争奪戦!巨人軍「1番へルマン、5番長野」はあるのか?

メチャクチャだな、この映画。 5年ぶりのブライアン・デ・パルマ監督作品「パッション」。 女性同士が織りなすサスペンスっていうか、ただひたすら73歳の変態巨匠の映像テクを堪能する100分間。 スプリット・スクリーン来たーっ!いつもの脚フェチ映像見たーっ!ガラガラの客席で俺らはそんなノリ。 ラミレスのホームランパフォーマンスみたいなものさ。 テレビと同じお約束のポーズを球場で確認して、ファ......続きを読む»

【中日再生遊戯】急転直下の落合GM、谷繁監督決定!ついにセ界遺産「原VS落合のガチバトル復活」とは?

この試合に負けたチームは3億円の損失だぜ。 ジュッテンハチ、西武とロッテの最終戦は勝った方がリーグ2位。 つまるとこCS第1Sの本拠地開催権争奪戦。 CS開催チームは入場料、広告収入、グッズ売り上げでざっと2億〜3億円の臨時ボーナス。 ロッテが勝てばFA涌井獲得資金にプールできると思ったら、西武の勢いに圧倒されサヨナラ3億円。 ジ・エンド・オブ・ペナントレース。 ところで「クロニクル......続きを読む»

【読売総括遊戯】球団史上初の観客動員300万人突破!巨人軍「3分で分かる2013年度タイトル通信簿」とは?

やっぱタイトルって重要だよな。 最近の巨人の消化試合がいまいち退屈に感じてしまったのは、ガチタイトル争いと無縁だったから。 去年の今頃は、坂本と長野の最多安打デッドヒートでワッショイしてたじゃん。 まあ今シーズンも西村が42セーブで最多セーブ、山口とマシソンが42HPで最優秀中継ぎダブル受賞。 なんだけど、両部門とも2位以下には大差をつけての独走受賞。 ルーキー菅野は内海と並んでリーグ......続きを読む»

【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

神超えで逆転CS出場決定。 西武の出戻りクローザー涌井秀章が伝説の鉄腕・稲尾を超えた。 シーズン終盤、怒涛の球団新記録10連投ぶっこみ。なんと6日連続セーブ。 移動日、涌井、涌井、涌井、涌井、涌井、涌井。 えっ今日の夜も涌井?マジおかんのカレー状態。味が染み過ぎて、感覚がマヒしてくるあの感じ。 前半戦に期待を裏切り続けた元エースが、土壇場でチーム7連勝の立役者となった。 あれ?涌井、まだまだいける......続きを読む»

【読売守乱遊戯】桧山引退試合の助演男優賞!小山雄輝「2013年度巨人軍ドラフト裏1位指名選手」とは?

名選手、名監督にあらず。 5日から全国公開された松本人志監督作品「R100」。 公開初日、土曜日の午後だというのに丸の内ルーブルはスカスカ。 主人公が秘密クラブに入会した後、女王様コントが続く映画内容もボロボロ。 この映画を金払って観る事自体が最大のドM行為だぜ。 ダウンタウンで育った世代には、あまりにも残酷な100分間。 社会人になりたての頃、真夜中に帰宅すると1日の締めは「ごっつ......続きを読む»

【読売継投遊戯】巨人軍ドラフト3週間前レビュー!「即戦力右腕指名はクローザー澤村実現への布石」なのか?

オッケー、分かったよ。原監督の選ぶ今季MVPはこの3人なんだな。 8回はリーグ最多セーブの西村、9回はリーグ最多ホールドポイントの山口。 ナニ?ご飯の前にフルーツみたいな違和感。 メインがリンゴで、ギョウザがデザートかよっ! 「危機管理です。色々な状況があり得るわけですから」 なんてシェフ原は厨房でシリアスな顔して言ってたけど、アレでしょ。 要は山口とマシソンに最多HPのダブル受賞をさせたかったん......続きを読む»

【読売期末遊戯】巨人軍ポストシーズン秘密兵器!今村信貴「19歳のキラ・キラー誕生」とは?

巨人軍、先月22日のリーグ優勝決定以降は8試合3勝5敗。 消化試合で絶好調ならば逆に不安。かと言って、派手に負けても気分は良くない。 あまり頻繁に派手なパンチラかまされると、微妙に腹立つあの感じ。 結果、今シビアに見ても仕方がないよねという結論に達して球場バックレ。 勝負は10月中旬から始まる怒涛の3週間。 CS、ドラフト会議、日本シリーズのゴールデン・ベースボール・トライアングルを前......続きを読む»

【読売送別遊戯】辻内崇伸、自由契約!巨人軍「さらば眠れるレフティモンスター」とは?

元甲子園のスターが消え、アラサー移籍組が生き残った。 「辻内崇伸、自由契約」のニュースに揺れた10月1日、肌寒い完全に夏死亡遊戯の神宮球場。 プロ初先発の阿南徹が5回4安打無失点の好投を見せ、見事プロ初勝利。 今季は2軍のローテの中心として、チーム最多の120イニングを投げ、8勝5敗、防御率2.93。 オリックス経由巨人移籍。後がない29歳サウスポーの野球人生逆転ゲーム。 昨年の今頃は......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:2455
  • 累計のページビュー:71476469

(09月21日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss