プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2013年06月

【読売静岡遊戯】澤村8回2失点130球粘投も巨人連敗!5冠チームの不安要素は「原監督の遠慮である」とは?

iBook死亡遊戯。 半透明のホワイトボディが時代を感じさせる2001年型ノートPC。 もはや液晶画面はボヤけ、角度を変えるとなぜかいきなり電源まで落ちる始末。 バッテリーも朽ち果て、キーボードにいたってはシフトキーがもげかかっている。 だって、長嶋監督ラストイヤーに買った化石だぜ。 これまでの「プロ野球死亡遊戯」は、ほとんどがその壊れかけのiBookで書いたものだ。 記事をアップし......続きを読む»

【読売誘惑遊戯】今オフFA市場注目銘柄は31歳捕手!「ソフトバンク山崎勝己の巨人入り」はあるのか?

久保裕也、1年3カ月ぶりの実戦登板。 10年79試合、11年67試合。2年間で計146試合登板。で、昨年5月に右肘トミー・ジョン手術。 マジすべてのブルペン投手は消耗品である。 27日、イースタン日ハム戦で2番手としてマウンドに上がった久保は1回無安打2四球無失点投球。 打者5人に21球。久々のマウンドでさすがに制球に苦労したものの、最速141キロを記録。 33歳になった背番号11は後......続きを読む»

【読売琉球遊戯】宮国2被弾にスクイズ失敗で逆転負け!巨人軍「理想の若手選手第1位・宮国椋丞」の魅力とは?

1位マエケン185票、3位ノウミサン84票。 で、その間の2位はスガノ101票だ。 オールスター選手間投票結果発表。 開幕からわずか3カ月で、菅野智之はリーグ屈指のスターターとして同業者から認められた。 入店3カ月でナンバーツー嬢。この間まで浪人生で富士山登山とかしてたんだぜ。たいしたヤローだ。 遊撃部門では坂本が鳥谷に200票差以上の大差をつけ堂々6年連続出場。 長野は外野部門の3......続きを読む»

【読売初物遊戯】6投手完封リレーでセ界の青木移籍後初勝利!2軍で人生初本塁打「藤村大介に残された3年間」とは?

困ったな。開きすぎちまった。 赤ヘルにあっさり連勝して、雨でゲームの流れた2位阪神とは3.5ゲーム差。 コレ、ギリっす。4ゲーム差以上開いてしまうと、もはや緊張感やスリルが薄れちまう。 俺らは独走ペナントレースの退屈さを知っている。 ロペスと内海が怪我して、こりゃあヤバイと寄せて上げて盛り上がったのに両リーグ40勝一番乗り。 26日、広島第2ラウンドは22歳の笠原将生が今季初先発。 ......続きを読む»

【読売平成遊戯】驚愕のダブルスチール2連発で巨人逆転勝ち!ついに「村田が打った。その時歴史が動いた」とは?

じぇじぇじぇムラタじぇ。 ついに新章突入だ。 アキとユイの「あまちゃん」東京編じゃなくて、 菅野と野村の元大学球界「BIG3」プロ編でもない。 ジャイアンツ新展開である。 25日、雨の広島。先発・菅野が珍しく序盤から打ち込まれ敗色濃厚。 2点ビハインドで迎えた8回表、巨人の攻撃で事件は起こった。 亀井がヒット、坂本は四球。一死1、2塁で打席には4番阿部。 前の打席で2点タイム......続きを読む»

【読売大物遊戯】痛恨のロペス故障離脱!巨人軍「メジャー555発男マニー・ラミレス獲得」はあるのか?

「ここはボールが見えやすい。いい球を見逃さずに打てるね」 24日付スポーツ報知掲載、東京ドーム4試合連発アーチを放った中日クラークのコメントである。 ボールが見やすい?そうなんだよな。 確かに東京ドームは明るい。売り子のお姉ちゃんもキラキラしてる。バッテリー間の照度は2800ルクス。 中日の本拠地、ナゴヤドームは2500ルクス。ちなみに甲子園も2500ルクス。 ホームランの出やすさは、......続きを読む»

【読売交換遊戯】強竜打線に4被弾で東京ドーム連敗!「中日・平田良介と巨人・小山雄輝のトレード」はあるのか?

なぜ外部補強をしないのだろうか? 23日、サッカー日本代表がメキシコ代表に1対2で敗れ、コンフェデレーションズカップは3連敗で幕を閉じた。 確かに、4年前のオカダジャパンよりは強くなっている。 だが、このチームにはアクセントがない。 過去W杯4大会出場の日本代表チームには、常にブラジル人帰化プレーヤーがいた。 98年は脇腹を痛めたホセ・ロペス。あっ、ゴメン。それ巨人のロペスやん。 ゴ......続きを読む»

【読売苦悩遊戯】杉内2被弾でチーム2週間ぶりの黒星!巨人軍は「村田修一をスタメンから外すべき」なのか?

今、コカ・コーラを買うと、思い出の歌が楽しめる。 1957年から2013年までの57年分の名曲の数々。 ラベルに記載されたコードを入力すると、ボトルにデザインされた年にヒットした曲をストリーミング可能。 高校生の時にカラオケでよく耳にした曲。 大学生の時にバイト先の有線でかかっていた曲。 就職して残業続きの時にFMから流れていた曲。 そこまでは、よく覚えてんだよ。 けど、大人になる......続きを読む»

【読売代打遊戯】澤村無失点投球、阿部連発で前橋59年ぶりの勝利!巨人軍新名物「セ界最強代打クリーンナップ」とは?

ブルーマンデーから4日間のインターバル、っていうかコレほとんど同窓会でしょ。 「最近、どうしてた?」なんて懐かしい面々との再会。 交流戦祭りも終了し、日常のセ界に戻り40日ぶりのリーグ戦再開。 正直、セ・リーグの順位表すらうろ覚えだ。首位・巨人と2位阪神の2.5ゲーム差は分かるけど。 で、そこから6.5差で3位広島、今日の対戦相手の中日は4位と来て、5位DeNA、6位ヤクルト。 広島か......続きを読む»

【読売復帰遊戯】先発ローテあんしん保険最新事情!巨人軍「高橋尚成、電撃獲得」はあるのか?

「カワグチはフルカウントばっか。後ろで守っててイライラしたなあ」 高橋慶彦は広島時代の後輩の話題に触れるとそう言って笑った。 カワグチとは、現巨人投手総合コーチの川口和久のことである。 「いつもスリーボール・ツーストライクまでいってね」 って今で言ったら澤村じゃん。 そうか、川口コーチがキン肉マン澤村のオラオラピッチに寛容なのは、昔の自分を重ねているからじゃないの説。 18日、八......続きを読む»

【読売昇格遊戯】40歳vs23歳!巨人軍「谷佳知と橋本到の1軍昇格ガチバトル」とは?

40年間、生きるために揉んできた。 あっ間違えた。40年間、生きるために撃ってきた。 66歳のシルヴェスター・スタローンがベテラン殺し屋に扮した映画「バレット」。 監督はあの「48時間」シリーズのウォルター・ヒルが10年ぶりに復帰。 もちろん今作も殺し屋スタローンが若き熱血刑事と手を組み、例によって悪の組織を倒すアクション映画。 シュワルツェネッガーの新作「ラストスタンド」はセルフパロ......続きを読む»

【読売伝説遊戯】阿部が狙われ、ロペスが削られる!巨人軍死球クライシスの救世主は「あのスーパースター」なのか?

鷹のように舞い、トンビのようにぶち当てる。 懐かしのケンカ投法トンビ東尾の再来だ。 15日、ソフトバンクの3億円右腕ビセンテ・パディーヤが巨人打線に襲いかかった。 阿部のボディに一発、ボウカーにもドドンと一発。 左打者の内角を攻めるというより、抉る。 さすが元メジャー与死球王。当たっちゃったらソーリーピッチに巨人ファンは震撼した。 昨日はヤバかったなんて一息ついていたら、翌16日も先......続きを読む»

【読売特殊遊戯】巨人軍セ・リーグ首位通過で交流戦終了!新2番打者「亀井善行の球界最高クラスのある特殊能力」とは?

チームとしてのピークが過ぎてしまったな。 コンフェデレーションズ杯初戦で日本代表が地元ブラジルに3対0でボコられた。 カタール・ドーハからの厳しい移動スケジュールを加味しても、超完敗。 元Jリーグ名物、長友VSフッキの野獣対決が代表戦で実現するなんてと感動する間もなく、開始3分でネイマール弾。 これがW杯本番1年前でラッキーと思うには重すぎる内容。 おはようニッポンじゃねえよ。日曜の朝から日本のお......続きを読む»

【読売衝撃遊戯】巨人・菅野智之、プロ初完投勝利で投手タイトル独占!パ・リーグを震撼させた「華麗なるスガピー」とは?

グレート・スガピー。 毎週土曜日、球界絶賛公開中。 14日から日本公開の始まった映画「華麗なるギャツビー」。 あの村上春樹すらリスペクトするアメリカ文学史の重鎮フィッツジェラルドの原作小説を映像化。 主演はいつ何時も過剰にぶっこむレオナルド・ディカプリオ。 監督は中身はないけど派手な映画を撮らせたらピカイチのバズ・ラーマン。 そうね。過去に映画化されたギャツビーに比べたら、展開に説得......続きを読む»

【読売大型遊戯】澤村133球完封ショーで巨人首位再浮上!坂口鮮烈デビューで「和製バッシュ・ブラザーズ結成」か?

「あまちゃん」だけじゃなく、キン肉マンもヤバいぜ。 来月1日、超レア化しているジャンプコミック全36巻完全復刻発売。 同日に新宿にて、作者のゆでたまごが漫画家の江口寿史、ももクロのマネージャー川上アキラ氏らと公開トークショー。 その名も「キン肉マン通巻100巻記念 謝肉祭 〜キン肉マンと学ぶエンターテインメント〜」。 さらに、新宿駅の京王線とJR線を結ぶ連絡通路でキン肉マンのイラストギャ......続きを読む»

【統一球死亡遊戯】1番長野、4安打の活躍で巨人快勝!原監督は「悩める9番打者」村田修一をどう起用すべきなのか?

ヤッたのが悪いわけじゃない。俺らに黙ってヤッたのが悪いんだ。 ついに暴かれたNPB統一球死亡遊戯。 選手もファンも「何を今さら」感は否めないが、結局今年はボール違ったんじゃん。 オープン戦で昨年までのボール在庫処分って、だったらチケット代もバーゲン価格にしてくれよ。 そんな愚痴のひとつもかましたくなるぜ。 たかがボール、されどボール。 予想以上に飛ばないボールに焦ったNPBは、去年の......続きを読む»

【読売中堅遊戯】巨人・宮国椋丞、交流戦明けのローテ復帰が決定的に!プロ野球2軍を支える「期待の中堅選手」とは?

俺らは「期待の若手」が好きだ。 「期待の若手」は「新卒OL」に似ている。 毎年、次から次へと将来有望なプロスペクトがやって来ては消えていく。 荒削りだけど、キュートなスマイルとパワフルなスイング。 野球ファンもオヤジ達も「今度こそは」と夢を見るが、なかなかチームに定着してくれやしない。 金と時間をかけてようやく育ったと思ったら、FA宣言でハイサヨウナラだ。 愛と幻想の育成か?現実路線......続きを読む»

【読売FA遊戯】西武・片岡治大、国内FA権取得!セ界震撼「巨人、阪神、中日の三つ巴の争奪戦勃発」か?

ブルー・マンデー。 憂鬱だ。まるで月曜日が2日続くこの感じ。 いつも明日は野球だって今日をなんとか乗り切っているのに、今週は月・火と2日続けて試合がない。 空白の48時間。 生乾きのパンツを脱ぎ捨てたのに、じゃあ続きは2日後ねって、マジっすか? しかも、9日の楽天戦を最後に東京ドーム開催の交流戦も終わっちまった。 次の本拠地試合は22日の中日戦って、どぉなっちゃってんだよ、この日程。 ......続きを読む»

【読売漫画遊戯】内海4試合連続KOで再び首位陥落!巨人軍スラムダンク論「泥にまみれろよ、内海」とは?

日曜日の東京ドームの主役は、タナカじゃなくフジタだった。 藤田一也、30歳。楽天の背番号6。 元ハマの守備職人が、いまや杜の都のセカンドを完全死守だ。 二遊間を抜けた、センター前に落ちた。いや、そこにフジタがいる。 美技、美技、もうひとつ美技。序盤からファインプレー連発。 「アレ、誰?」 巨人ファンからは溜め息だけでなく、まばらな拍手が鳴り響いた。 立ち上がりはフラついた楽天先発・......続きを読む»

【読売選挙遊戯】リーグトップタイの6勝目で巨人4連勝!新エース「菅野智之は巨人軍の指原莉乃」なのか?

いまや巨人戦ナイター中継が、AKBの裏番組扱いだ。 まさに「プロ野球死亡遊戯」。 1位はさしこ?いや、東京ドームの1位はスガノだったよ。 土曜日のゴールデンタイムナイターはNHKで全国中継。 対するフジテレビはAKB48の第5回選抜総選挙の開票イベントを18時半から4時間40分の生中継ぶっこみ。 日本列島を巻き込んだ「あたしが表であんたが裏番組」戦争の勃発である。 前日には、巨人原監......続きを読む»

【読売横浜遊戯】巨人軍6億円右腕争奪戦!横浜DeNAの「デニス・ホールトン獲得」はあるのか?

プロ野球の凡戦とダメな映画は似ている。 最初は流れを理解しようとするが、次第に派手なアクションシーンやホームランのみを追うハメになる。 7日から先行公開の始まった「G.I.ジョー バック2リベンジ」。 まるで助っ人の粗いバッティングのような穴だらけの映画だった。 それでも、ザ・ロックの格闘シーンは楽しいし、アブレイユの弾丸アーチは気持ちがいい。 毎度のことながらマシソンの力任せの豪速球......続きを読む»

【読売8番遊戯】阿部逆転弾で巨人3連勝!「長野が8番だから弱いのではなく、長野を8番に置けるから巨人は強いんです」とは?

さすがスペシャル・ワンだな。 6日、東京ドームはチケット完売遊戯。 坂本勇人プレーヤーズデーに集結した4万5607人の大観衆。 スタンドには、いつも以上に「背番号6」のユニフォームを着た若いお姉ちゃんの姿が目立った。 入場時に配布されたプレーヤーズ・プログラムでは、坂本が自身の結婚観を披露。 「家に帰ったら誰かがいてくれたり、待っていてくれたりするのはいいなぁと思いますね」 「結婚は......続きを読む»

【読売劇弾遊戯】2年ぶりの本塁打はサヨナラスリーラン!「俺らが小笠原道大に嫉妬する理由」とは?

世の中に金より大事なものがあるように、プロ野球には時に勝敗より重要なものがある。 ゴメン、綺麗ごとだよね。 誰だって、金が欲しいし、パイオツは揉みたいし、勝負には勝ちたい。 基本、自分が一番好きで、身勝手で、言い訳ばかりして生きている。 ダイエットも禁煙も明日はやるよって、その明日からバックレ続けたまま年を重ねちまう。 今思うと、小笠原に感じていたのは嫉妬に近い感情だった。 俺らは現......続きを読む»

【世界最速遊戯】日本代表、サイタマノドローで5大会連続W杯出場!海外組と国内組が共存する「あの頃夢見た代表チーム」とは?

後半ロス・・・じゃなくて、アディショナルタイムに本田のPKで追いついて大団円。 内容的にはディスりたいけど、W杯出場を決めたからチャラ。 そんなサイタマノドロー。 今さらかよと突っ込まれそうだが、現代表において「海外組」と「国内組」という言葉は死語になりつつある。 アフリカW杯初戦のカメルーン戦スタメンは本田、松井、長谷部の3人以外は全員Jリーガーだった。 それが、今日のオーストラリア......続きを読む»

【読売奪首遊戯】28時間で巨人首位返り咲き!まさかの「1番ファースト中井大介」ぶっこみの衝撃とは?

見たか?これが、巨乳だ。 あっ間違えた。巨人だ。 13安打7得点2本塁打のビッグベースボール。 パスボールをやらかした阿部が14号ソロを含む3安打2打点の活躍。 散々チャンスを潰し続けた村田は2週間ぶりの8号特大ツーラン。 守備でイージーミスを連発した寺内のタイムリーと本塁突入の好走塁。 そして、「1番中井」の2打席連続タイムリー。 投げては先発・杉内が6回5安打2四死球3失点(自......続きを読む»

【読売所沢遊戯】巨人5連敗でついに首位陥落!救世主は「ボウカーや由伸ではなく、坂本勇人と長野久義である」とは?

生まれて初めて、日本シリーズを見に来たのもここだったな。 2日、久しぶりにライオンズカラーの西武線に揺られて、ぶらり西武ドーム。 埼玉生まれの私にとって、いくつになっても特別な球場だ。 日本のプロスポーツ界で、西武グループほど地域密着を高いレベルで実現させた組織は他にない。 球団、企業、ファンというか西武線沿線の住民。理想的な黄金の三角地帯。 電車内の中吊り広告だけじゃなく、小学校の掲......続きを読む»

【読売落球遊戯】巨人軍自滅で4連敗!それでも「菅野智之が証明した球界屈指のスターター能力」とは?

時は来たけど、勝ちは来なかった。 快晴の土曜日、超満員のQVCマリン。 ロッテ先発はエース成瀬。巨人先発はゴールデンボーイ菅野智之。 これ以上ない舞台が揃ったが、なんだかボンヤリしたゲームになってしまうのが今の巨人。 振り返れば、初回の攻防がすべてだった。 松本、阿部のヒットで二死1、3塁の先制のチャンスを作るも、打席には悲しみの5番村田。 ゴメン、原の辰っつあん。 「7番サード村......続きを読む»

【読売幕張遊戯】セ・パ首位対決に敗れ巨人3連敗!「ホールトンに告ぐ、本当に崖っぷちなのはあんただぜ」とは?

この未来を、誰が予想したか。 31日から日本公開の始まった映画「オブリビオン」。 記憶を消された男が、エイリアンから半壊した地球を守ろうと奮闘する姿を描いたSF大作。 主演トム・クルーズ。共演はモーガン・フリーマン、オルガ・キュレンコ。 立ち上がりがズンドコなのは、デニス・ホールトン。 あれ?早くぶっこみすぎた。 「オブリビオン」は悲しい映画だ。 自分の代わりはいくらでもいるし、過......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71474015

(09月21日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss