プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2012年12月

【最優秀死亡遊戯】大晦日のプロ野球界震撼!ついに発表された「2012年度MSP受賞選手」とは?

日本球界で最も権威のないNPB非公認タイトル。 今年最後の「プロ野球死亡遊戯」は、2012年プロ野球MSP受賞選手の発表である。 もちろんMSPとは、最優秀死亡選手賞(Most valuable Shibou Player)の略だ。 今回の記事が2012年度「プロ野球死亡遊戯」258本目の記事になる。 果たして、前回までの257本の中で最も活躍した選手とはいったい誰なのか? ・・・早くもここまで読......続きを読む»

【55番惜別遊戯】禁断のゴジラ左手首骨折秘話!「松井秀喜引退」をスポーツ各紙はどう報じたのか?

「巨人動いた松井監督へ」(スポーツ報知) 「松井に巨人監督手形」(サンスポ) 「松井監督の夢」(スポニチ) 「松井の区切り」(日刊スポーツ) 松井秀喜の引退会見から一夜明け、スポーツ各紙はそれぞれ一面で派手に「松井引退」をぶっこんだ。 涙目の松井ドアップ写真に「引退という言葉は使いたくない」という会見詳細。 さらに長嶋、王、落合、イチローといった大物のコメントを手堅く抑えた上でのワイ......続きを読む»

【プロ野球死亡遊戯号外】プロ野球黄金時代を背負った最後の男・松井秀喜、現役引退!「テレビをつけたら、いつもそこに松井がいた」とは?

松井秀喜、現役引退。 2012年12月27日(日本時間28日午前7時)、 松井はニューヨーク市内のホテルで記者会見し、現役引退を表明した。 38歳、日本で10年、アメリカで10年、20年に渡るプロ生活がついに終わったのだ。 覚悟はしていたと人は言う。 もう終わりは近いと頭では分かっていた。 だが、いざ別れの日がやってくると、男は目の前の現実と向き合うハメになる。 そして、失われたパ......続きを読む»

【読売マネー遊戯】巨人軍全選手契約完了!金の雨が降り注いだ「プロ野球史上最高のハイプライス契約更改」とは?

優勝したオフの巨人契約更改は無風だ。 ノーパンチラ・ノーサプライズ。 読売紅白マネー合戦、大トリは最多安打コンビ。 坂本勇人1億7000万円、長野久義1億5000万円。 26日、エイトビートをテンポ良く刻んで、全選手終了。 ニッカンやスポニチの坂本の推定年俸が1億8000万円で、報知だけ1億7000万円。 私は思った。ヨシノブの顔立てたな、と。 先に交渉が終了していた高橋由伸が推定......続きを読む»

【読売スカウト遊戯】またまた危ない野手!巨人軍スカウトが明かす「今年のドラフトでキャッチャーを指名しなかった理由」とは?

「巨人は左投手と長距離砲はいる時に取ろうという方針ですから」 私はヤング・ジャイアンツ達が出演した「お試しかっ!」の映像をチラ見しながら、一冊の本を手にしていた。 アスレチックス・中島裕之の懐の深いバッティングを彷彿とさせる谷間の深いパイオツ。 半熟のビキニ姿を披露した深田恭子最新写真集「Blue Moon」。 ・・・ゴメン、そんなはずはないだろう。 「野球太郎」ドラフト総決算プレミア......続きを読む»

【Jリーグ成人遊戯】地上波ゴールデンタイムから消えた20年目のJリーグ!それでも日本サッカー界に「巨人軍」は必要ないのか?

エンターテインメント・ショーに重要なのは分かりやすさだ。 21日から公開の始まった映画「レ・ミゼラブル」。 全世界43カ国で上演された大ヒットミュージカルを「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督が映画化。 滅茶苦茶、ベタやん。 なんでいきなり登場人物が歌い出すねん。 なんて観る前は心の中でディスりまくっていたのだが、 158分後にはすっかりコゼット役のアマンダ・セイフライドのファン......続きを読む»

【豪腕渡米遊戯】田中将大メジャー宣言!日本球界に「NPBで7年プレーしてからポスティング移籍」は定着するのか?

スペシャル・ワン、モデルデビュー。 JUNONから来年2月22日に発売される、巨人・坂本勇人の素顔に迫った「パーソナルBOOK」。 スポーツ選手単独での冊子発売は、同社では初の快挙。 私を球場に連れてって。いわゆるひとつのお姉ちゃん獲得大作戦。 坂本や宮国にしかできない重要なミッション。 野球選手にとって、ルックスは大きな武器だ。 足が速いとか肩が強いと同じで、顔がいいというのもひと......続きを読む»

【読売中南米遊戯】巨人軍終わりなき助っ人ぶっこみ!「イチローと1、2番コンビを組んだ大物内野手を調査」とは?

スギちゃん、エグいぜぇ。 21日、巨人の杉内俊哉が契約交渉を行い、推定5億円でサイン。 阿部の5億7000万円に次いで球界2位。投手として最高額かつ左腕投手史上最高額。 FA移籍した昨年に4年20億円で契約していたので、 今季の3億5000万円から、自動的に2年目は5億円になることが決定事項。 っていうか、もしも巨人が優勝を逃し、杉内も前半戦に故障をしていたら、 今頃福留以上にディス......続きを読む»

【福留革命遊戯】ついに日本球界待望の悪役誕生!「私フクドメの味方です」とは?

今のプロ野球界に不足しているのは、スーパースターとヒールだ。 客を呼べるヒーローと悪役が決定的に足りない。 福留よ、あんたならやれる。 最凶のヒールプレーヤーとして日本凱旋だ。 さあ、2012年ストーブリーグのメインイベントが始まった。 昨年は「清武ぶっこみ」。 ならば今年は「福留革命」だ。 3年最大15億円。 20日、デイリーが派手にぶっこみ幕を開けたこの騒動。 3年固定契約......続きを読む»

【読売継承遊戯】巨人軍メジャー61発男獲得へ!その裏で展開された「松井秀喜から阿部慎之助への王道継承儀式」とは?

プロ野球界は、名実共に「阿部時代」へと突入した。 19日、巨人の阿部慎之助が契約更改交渉を行い、1億7000万円増の推定5億7000万円でサイン。 MVP、首位打者、打点王、最高出塁率、ベストナイン、東京ドームMVP、日本シリーズ優秀選手賞。 さらに正力松太郎賞、最優秀バッテリー賞、月間MVPはなんとシーズン中に6月、8月、9月の3回受賞。 ついでにGカップグラビアアイドル密会。 宅配......続きを読む»

【読売獅子遊戯】スペシャル・ワン日米争奪戦開戦前夜!「巨人ファンの憂鬱な希望の中島裕之」とは?

人は時にヌルさを必要とする。 現在公開中の映画「砂漠でサーモン・フィッシング」、「カラスの親指」。 予定調和の何のサプライズもないユルユルムービー。 私は時々そんなヌルさを決め打ちして映画館へ足を運ぶ。 疲れた夜に実験的なプロットや斬新なカメラテクニックはちと重い。 「砂漠でサーモン・フィッシング」のエミリー・ブラント。 「カラスの親指」の石原さとみと能年玲奈。 憂鬱な夜、球場で目......続きを読む»

【読売選抜遊戯】WBCで実現するリトル・トーキョー・ジャイアンツ!「日本球界初の等身大の代表チーム」とは?

選挙死亡遊戯。 総務省は17日午前、衆院選の確定投票率は小選挙区が59.32%、比例代表が59.31%だったと発表した。 衆院選で戦後最低を記録。 今の政治とプロ野球の現状は似ている。 「最近の選手を知らないからナイターは見ない」 「今の政治家の違いが分からないから投票もしない」 政界も球界もライト・ユーザー・ピープルにプレゼンすることから始めなければならない。 若者の政治離れ、若......続きを読む»

【読売送別遊戯】新天地ロッテでクローザーへ転職!「神宮発、巨人経由、幕張行き」さらばディッキー・ゴンザレスとは?

来季は高木京介も流行りの二刀流か。 先発と中継ぎではなく、先発とファースト。 星稜高校時代は、その怪力ぶりに先輩・松井秀喜を継承する「ゴジラ二世」と称されたパワーヒッター。 プロ入り後も打撃練習で野手陣の度肝を抜くスタンドインを連発したと話題になった。 巨人軍ファーストインパクトの救世主は、ボウカーでもガッツでもない。 ミニゴジラこと高木京介だ。 ・・・ゴメン、そんなはずはないだ......続きを読む»

【読売再録遊戯】プロ野球界最高品質「メイド・イン・ヤクルト」ブランド!巨人軍がディッキー・ゴンザレスを先発起用する裏事情とは?

忘年会じゃない。俺たちがやるのは忘ゴン会だ。 というわけで、今回の「プロ野球死亡遊戯」はディッキー・ゴンザレス送別特集である。 まずは最新記事をぶっこむ前に3カ月前に掲載された9月16日付の記事をご覧いただきたい。 なおライブ感を優先させたため、今回の再録にあたり加筆・修正は一切行っていない。 選手の成績等も9月16日現在のものである。 ディッキーの華麗な転職の裏側。 これ、マジ。 ......続きを読む»

【読売ハワイ遊戯】巨人ブルペン陣激震!原辰徳がぶっこむ「キン肉マン澤村抑え構想」の裏で展開するリアルとは?

宮国、フラダンス投法に意欲。 優勝旅行真っただ中。選手もマスコミもハワイモードである。 「体の柔らかさが必要だし、股関節も柔らかくないとできない。投球にもつながるところはあると思います」 ワイハのビーチで太陽とパイオツに目を輝かせ、一心不乱に腰を振るハタチのエスペランサ宮国。 そうか、あの腰の動きが重要なのか。 ・・・ゴメン、そんなわけがないだろう。 報知の他の記事では「長野ロコモコ......続きを読む»

【読売捕手遊戯】「スペシャル・ワンあんしん保険」實松一成3年契約で残留決定!巨人軍ストーブリーグ最大のミッション完了とは?

台湾プロ野球死亡遊戯、寸止め。 巨人ナインがハワイ優勝遊覧に繰り出す裏側で、台湾球界がエマージェンシーモードだ。 11日付デイリースポーツ掲載のベタ記事によると、 台湾プロ野球の興農ブルズを経営する薬品会社・興農が興行収入の悪化などで売却を表明していた問題で、 国内最大手の鉄鋼メーカー・E-United Groupが約4億円で球団を買い取ることが明らかになった。 売却先が現れず興農ブル......続きを読む»

【告知遊戯】「プロ野球死亡遊戯」ツイッターアカウント開設のお知らせとは?

2013年1月1日より開始予定の「プロ野球死亡遊戯」ツイッター。 今さらかよなんて野暮な突っ込みはスルーして、 来週より先行ぶっこみツイートを開始します。 もちろんスポーツ限定。巨人情報メインのプロ野球、時々サッカーやプロレス、頻繁にパイオツ。 ブログ更新のお知らせ、掲載記事の補足、文字数の関係からカットされたネタの数々。 来シーズン開幕後は東京ドーム直送の「巨人戦リアルツイッター死亡遊戯」も開催......続きを読む»

【読売超人遊戯】山口鉄也ついに100倍の年俸で契約更改!なんと実質年間80試合登板!巨人軍の金で買えない「スペシャル・ワン」とは?

100倍の年収を勝ち取った男。 10日、巨人の山口鉄也が1億2000万円増の推定年俸2億4000万円で更改した。 年俸240万円の育成契約からスタートした男は、ついに100倍の価値を証明してみせた。 もっと評価されてもいいのにな。 正直、私はそう思った。 もしも山口がいなければ、今年の巨人の5冠はひとつも達成されなかっただろう。 特にシーズン序盤から夏場にかけては、原の辰っつあんの怒......続きを読む»

【日米野球遊戯】日ハム大谷翔平入団と楽天アンドリュー・ジョーンズ獲得の「古すぎて新しいギミック」の裏側とは?

人も景色も忙しそうに、年末だから。 雪が降る町。 週末、大寒波に見舞われた日本列島だが、 日本球界にも古すぎて新しいギミックの嵐が吹き荒れた。 超高校級のドラ1選手が紆余曲折の果てに入団会見。 超大物メジャーリーガーがキャリアの晩年に日本球界移籍。 今回の「プロ野球死亡遊戯」でも、まずは大谷翔平の日本ハム入団会見のニュースからぶっこもう。 サンデースポーツでこの映像を観た第一印象は......続きを読む»

【読売ブラザー遊戯】巨人軍新助っ人獲得調査!なんとヤンキースのリベラ・・・の弟分「パナマの怪人」とは?

クリント・イーストウッドが大リーグの伝説的スカウトを演じる。 本年度の東京国際映画祭の公式クロージング作品としても上映された「人生の特等席」。 「ダーティハリー」を見て育った日曜洋画劇場世代としては、これは見逃すわけにはいかない。 イーストウッドが所属するのはアトランタブレーブスのスカウティング部署。 昨年公開の「マネーボール」以来のモノホン・ベースボールムービー。 もちろん「プロ野球......続きを読む»

【読売減俸遊戯】巨人軍・小笠原道大3億6000万円減で更改!果たして「ガッツ復活」の定義はどのラインなのか?

さらば、中山雅史。 45歳のサムライストライカーがついに現役引退を決断した。 アメリカW杯予選から日韓W杯まで約10年間に渡り日本代表を支え、 黄金時代のジュビロ磐田では4試合連続ハットトリックというギネス記録を樹立。 Jリーグ通算157得点はもちろん歴代トップ。 思えば、常にピッチ上ではスキャンダラスかつデンジャラスな男だった。 「スーパーサブ」という言葉を日本に定着させた勝負強さ......続きを読む»

【読売保険遊戯】巨人軍ストーブリーグ序盤戦総括!日本一チームが果敢にもぶっこむ「チーム保険リニューアルトレード」とは?

「準備はいいか?」 「ああ、お前が生まれる前からな」 ついに「007 スカイフォール」日本解禁。 記念すべき生誕50周年記念作品、シリーズ23作品目。 雨の土曜日、公開初日の有楽町・日劇は老若男女の幅広い客層で超満員。 今、世界で最も望まれているムービーシリーズと言っても過言ではないだろう。 私はこれまでのどのジェームズ・ボンド俳優よりも、ダニエル・クレイグが好きだ。 フィジカルと......続きを読む»

【読売十代遊戯】巨人軍ヤングサウスポー戦争勃発!松本竜也vs今村信貴!勝った方が将来の「1軍ローテ保険枠入り」とは?

手負いの獅子。 ライオンズ・オールライト? おかわり君、1軍復帰は来年6月予定。 10月後半に左膝のじん帯と半月板の手術を受けた西武・中村剛也の開幕絶望ニュース。 来季の西武は、メジャー移籍が確実視される中島裕之とおかわり君の3・4番コンビ不在で、 開幕からの50試合前後を戦うことになる。 ドラフトでは社会人出身の即戦力投手として、1位で右の増田達至、4位では左の高橋明己を指名。 ......続きを読む»

【J1残留遊戯】西の雄・ガンバ大阪J2降格!日本サッカー界における「黄金世代前後の時代」は終わったのか?

アクオスの2画面機能は左右のパイオツではなく、 Jリーグ最終節を同時観戦するためにあるのかもしれないな。 今年もこの季節がやって来た。 2012年Jリーグ最終節。 すでにサンフレッチェ広島の初優勝が前節に決まり、 残すはアジアチャンピオンズリーグ出場権を懸けた3位争いと、 セレッソ大阪、神戸、ガンバ大阪、新潟の4チームが激しく争うJ1残留争いである。 最終節を前にした下位チーム順位......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:1492
  • 累計のページビュー:71811655

(11月23日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss