プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2012年08月

【読売未来遊戯】セ・リーグペナントレースは二度死ぬ!藤村大介が歩む「2017年巨人の旅」とは?

巨人ファンの夏休みが終わった。 独走症候群。ゲーム差がつきすぎて、ロングバケーションモード。 谷間の若手先発投手の将来性を見極めるプレオープン戦状態。 8月も終わり、そんな日々ともサヨウナラだ。 ゲーム差7で迎えた真夏のGDみちのく3連戦シリーズ。 まあ3連敗さえしなければいいでしょ、イージートゥドラゴン気分で臨んだら、 復活ブランコにフルボッコ状態の2連敗。 さすがにチャンピオン......続きを読む»

【読売東北遊戯】2010年ドラフトBIG4生存レース!巨人軍・澤村拓一は「プロ野球界最強のローテ4番手投手」なのか?

ペナントはすでに死んでいる。 正直、そんな夏休み気分で私はテレビの前に座っていた。 ゲーム差7で迎えた真夏のGDみちのく3連戦シリーズ。 中日は逆転飛龍革命のためにも、最低2つ取らなければペナント死亡遊戯。 8月のプロ野球メインイベント、全8戦の「GD名勝負数え唄シリーズ」もついに大詰めだ。 秋田こまちスタジアムで行われた初戦は、巨人はキン肉マン澤村、中日はエース吉見。 「エースが出......続きを読む»

【読売復刻遊戯】巨人軍の燃える闘魂を継承した男!あなたは矢野謙次の凄さを知っているのか?

「本当は、世界はこんなにも広いのに、僕らはこの高校を世界のように感じて過ごしている」 現在公開中の映画「桐島、部活やめるってよ」。 高校2年生のそれぞれの数日間を描いた本作は、人によっては退屈で仕方がない映画だろう。 この映画は、何も起こらない。 派手なアクションも緊張感溢れるサスペンスもない。 ひたすら代わり映えのしない高校生の日常だけがある。 だが、10代の日常というのは基本的に退屈なものだ。......続きを読む»

【読売マジック遊戯】移籍とは99%のフェイクと1%のリアルである~「巨人軍、スピードスター西岡剛獲得」はあるのか?

スペシャル・ワンがネクストステージに突入しつつある。 23日、ついに巨人軍に優勝マジック30が点灯。 今シーズン、ここまで未勝利と苦手としていた神宮球場3連戦を2勝1分けで突破。 その原動力となったのは坂本勇人である。 初戦では、一時勝ち越しとなるツーランをレフトスタンドに放り込み、 2戦目は、決勝のツーランをバックスクリーンにぶち込んだ。 これで4年連続二桁本塁打となったが、 巨......続きを読む»

【読売離脱遊戯】杉内俊哉登録抹消!「平均年齢23.5歳!真夏の谷間カルテット」は巨人軍の救世主となれるのか?

1500円で体験できるフィールド・オブ・ヘブン。 あなたは8月の神宮球場でのナイターを体験した事があるだろうか? 「球場で買うよりも全然安いよっ!」 地下鉄銀座線の外苑前駅の3番出口階段を上がると、 惣菜屋の威勢のいい掛け声が耳に飛び込んでくる。 じゃあここで買っていこうかと初デートの高校生カップルが焼きそばや枝豆を選んで、 ラッキーだったね、なんて笑い合った30秒後、 20メー......続きを読む»

【読売外野遊戯】巨人軍史上最高の万能戦士!もはや長野久義は球界ナンバーワンの外野手なのか?

綾瀬はるかってよく見ると微妙だよね? AKB48ってひとりひとりは大した事ないよね? 日本全国津々浦々、男同士のフリートークで散々語りつくされたネタだろうが、 冷静に考えたらそんなわけがない。 もしも、電車の向かいの席に見えそうで見えない綾瀬はるかが座ったら? エレベーターで汗だくのAKB48のメンバーが続々と乗ってきたら? そんなのすべての男にとって、人生満塁ホームランだろう。 ......続きを読む»

【読売侍遊戯】巨人軍ファーストインパクト勃発!ラストサムライ小笠原道大の現在地とは?

「2軍落ちになりそうなところを、阿部慎之助が1軍に残すよう進言したそうだよ。 将来は抑えも考えられるって・・・」 スポーツ報知電子版掲載[コラム 巨]の冒頭の一文である。 キャプテン阿部がここまで評価する男は、ルーキー田原誠次。 記事内ではドラフト7位入団のサイド右腕ということで、 79年ドラフト外入団の右サイドリリーバー鹿取義隆と比較しているが、 先輩鹿取は田原の今後の課題として「......続きを読む»

【読売2軍遊戯】ドラフト1位ルーキー松本竜也、ドームデビュー戦5失点KO!「巨人軍8月の敗北の歌を忘れない」とは?

日本よ、これが映画だ。 この夏、最大の話題作、映画「アベンジャーズ」の先行上映が始まった。 アメコミの人気ヒーロー達がチームを組んで、悪を倒す。 2秒で説明できるプロットと誰もが知ってる登場人物という敷居の低さで、 史上最速での世界興行収入10億ドル突破、自称「今、世界で最も観られている映画」。 物語の序盤はお約束の仲間割れ、エゴの強いスーパーヒーロー同士がぶつかり合う。 それはスタ......続きを読む»

【読売贅沢遊戯】巨人軍控え捕手はツライよ!「プロ野球はエースとレギュラーだけで成立しているわけではない」とは?

坂本、ナゴヤ撃ち!! 14日付、スポーツ報知の一面だ。 ロンドンオリンピックが閉幕し、スポーツ各紙も通常モードに戻りつつある。 スポーツの祭典の裏側で、巨人は7連勝の貯金街道を爆走し、2位中日と5.5ゲーム差。 本日14日からは、「真夏のGD名勝負数え唄シリーズ」が開催される。 この3連戦で巨人が1、2戦目を取れば3年ぶりのリーグ優勝へのマジック「36」が点灯。 といっても、燃える名......続きを読む»

【プロレス新時代遊戯】オカダ・カズチカ G1史上最年少制覇!〜21世紀のドロップキックはプロレス界に「金の雨」を降らせるのか?

あなたの過去の記憶はフェイクである。 SF映画の金字塔「トータル・リコール」リメイク版の日本公開が11日から始まった。 舞台は近未来。前作と同じく名前も仕事も結婚もすべて嘘の記憶を植え付けられた主人公が、 「記憶を売る会社」リコール社を訪ねたところから物語は始まる。 ・・・はずなのだが、正直私は開始5分で戸惑った。 物語設定もキャラ設定もかなり忠実にリメイクされているものの、 映画全......続きを読む»

【読売主将遊戯】巨人軍絶対領域!阿部慎之助のファースト起用はアリか?ナシか?

いつもはギャル風のあの娘が見せる浴衣姿。 職場では制服姿のデパートガールが弾ける際どいビキニ姿。 いわゆるひとつのギャップギミック。 すべての男は、日常の隙間に現れた非日常の瞬間に奇跡を見る。 キャプテンのギャップ。 10日、東京ドームの巨人ファンは夏休みの非日常感に悶えていた。 いつもはキャッチャーミットの背番号10が、二夜連続のファーストミットで登場だ。 日本最強捕手・阿部慎之......続きを読む»

【読売速報遊戯】阿部・坂本がアクシデントにより途中交代!松本哲也、涙の復活ナイトとは?

今の巨人のスタメンは、長いプロ野球史でもかなりレアなオーダーだ。 3番ショート坂本、4番キャッチャー阿部。 打撃の要と、守備の要がもろ被り。 他チームが守備重視の選手を持ってこざるを得ないポジションに、 打てるショートと打てるキャッチャー。 誰がどう見ても坂本と阿部は巨人最大のストロングポイントだが、 それは同時にウィークポイントでもある。 巨大なパイオツで売っているグラビアアイドルが......続きを読む»

【読売格安遊戯】試合開始1時間前の攻防!「東京ドームの巨人戦チケットを安く買える方法教えます」とは?

東京ドーム、冷えてます。 この時期のバックネット裏1階席の後方は、 空調の関係で異様に冷え込むから羽織るものを持っていった方がいい。 そういうことじゃないだろう。 7日、伝統の一戦。キン肉マン澤村のグダグダの投球に東京ドームは冷めきっていた。 腹が立つ、でも一応無失点だから怒れない。 帰りが遅い、でも給料はちゃんと入れてくれるから怒れない。 そんな隣の若奥様の葛藤を4万人の観衆は共......続きを読む»

【読売若手遊戯】巨人軍U-23の光と影~「宮国エース1000日計画」「中井の短すぎる夏」とは?

べらぼうなプリケツだな。 とはいっても、キャプテン阿部がぶっこんだと噂されるグラビアアイドルのことではない。 巨人軍のエスペランサこと宮国椋丞である。 春先に比べて、身体のサイズが一回り大きくなった。 特に腰回りの進化は著しく、もはやユニフォームのパンツもムチムチのピチピチだ。 ハタチのはち切れる夏。 5日、真夏の横浜3タテ遊戯のトリを飾る3カ月振りの3勝目。 4回までノーヒットピ......続きを読む»

【五輪4強遊戯】Jリーグ発、ロンドン経由、ブラジル行き〜日本サッカー界の「さらば青春、こんにちは僕らの未来」とは?

12年前は、中田英寿がPKを外したんだったな。 ロンドン五輪、サッカー日本代表がエジプト代表に3発快勝してベスト4進出。 私は一方的な展開になった準々決勝をテレビで眺めながら、 12年前のシドニー五輪のサッカー代表を思い出していた。 あの頃は、A代表と五輪代表をどちらもトルシエが指揮していたこともあり、 メンバーも戦術もそのままフル代表の試合を見るような感覚で、サポーターは試合を見てい......続きを読む»

【読売名勝負数え唄遊戯】今ここに坂本勇人がいるキセキ~「センターラインを制する者はペナントを制す」とは?

2012年夏、ロンドン・イズ・バーニング。 負けじと後楽園も燃えている。 まさに闘いのワンダーランド。 1日、新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX」が後楽園ホールで開幕。 私はオカダカズチカの放つ21世紀のドロップキックをじっくり堪能してから、東京ドームに走った。 ついに迎えた8月のプロ野球メインイベント、「GD名勝負数え唄シリーズ」。 全8戦のセ界首位攻防フェスティバルである......続きを読む»

【G1開幕遊戯】真夏の後楽園ホール震撼!シェルトン・ベンジャミンはG1クライマックスの台風の目となれるのか?

フクザワさんの誘惑。 8月1日午後6時、私は後楽園ホールの前でカウント2.9で堪えていた。 この日、開幕する新日本プロレス・真夏の祭典「G1 CLIMAX」。 立見の当日券で入れるだろうと余裕をこいて後楽園ホールに向かったら、立見席は完売。 周囲にいたお兄ちゃんに聞いたら、この時間は無謀ですよと呆れられる始末。 そうね、私が無知だった。 なにせ「G1 CLIMAX」をガチで見るのが、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71474015

(09月21日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss