プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2012年05月

【読売無安打遊戯】実録・杉内俊哉ノーヒットノーラン! 東京ドームではその時何が起きていたのか?

東京ドームの巨人ファンは初めての夜を迎えていた。 槙原寛己の完全試合から早18年。 しかも、あの試合は福岡ドーム主催試合だった。 それより以前の巨人投手ノーヒットノーランは76年の「投げる鉄仮面」こと加藤初まで遡る。 つまり、ほとんどの巨人ファンはこの快挙を球場で体験していない。 それどころか、ヤングGジェネレーションはリアルタイムでノーヒットを知らない子供達だ。 完全試合童貞。 ノー......続きを読む»

【読売ドン遊戯】いつかナベツネがいなくなったらプロ野球ファンはどんな気持ちになるのだろう?

「『たかみな』と言われているようだけど、僕は『ナベツネ』と言われているよ」 25日付スポーツ各紙で報じられたAKB48高橋みなみと読売のドン渡邉恒雄の対談シーンである。 今シーズンの読売グループのAKBぶっこみは凄まじい。 開幕戦の国歌斉唱に始まり、たかみなナベツネ夢対談企画。 そして29日、8月開催予定のAKB48東京ドーム初コンサート記念として、 指定C席入場券「AKBシート」を販売す......続きを読む»

【読売二塁遊戯】センターライン争奪戦勃発! 藤村か?寺内か?巨人軍セカンド選抜総選挙の勝者は誰なのか?

南ちゃんは悪女である。 大人になってから「タッチ」を読むと、 この物語のテーマは和也と達也の甲子園への道ではなく、 浅倉南の男転がし遊戯を描いたものにすら思える。 和也に甲子園をねだりながら、達也にチュー。 南ちゃん二股疑惑勃発。 チェリーハイスクールボーイにとってはあまりに過酷な現実だ。 めっちゃ悲しい色やねん。 南よ、はっきりしろ。 美女の思わせぶりは時に男の人生を狂わせる。 巨人ファンもそろ......続きを読む»

【読売谷間遊戯】日曜日よりの使者が叫ぶ「見せましょう!巨人軍育成の底力を」とは?

すべての男は谷間に惑わされる。 27日、首位巨人対2位日ハム、交流戦首位攻防戦。 元後楽園ダービー、ドラフト菅野智之を巡る因縁、様々なアングルが渦巻くGF決戦。 右肩違和感の宮国登板回避により、出現したローテーションの谷間。 先発は今季一軍初登板となる2年目23歳の小山雄輝。 昨シーズン序盤に3度の先発機会があったものの、 すべて5回まで持たずにマウンドを降りている。 今度こそ5回到達......続きを読む»

【読売世代闘争遊戯】松本哲也を巡る「巨人軍三角関係」勃発とは?

「男はな、振り子の振り幅を大きくしておけ」 「偶然完全 勝新太郎伝」(田崎健太著/講談社) に記された勝本人の発言である。 「例えば、俺は金がないから、屋台で焼酎しか飲まない。 逆に、俺は金があるから銀座でしか飲まない。 両方、同じ人種だよ。 心の狭い生き方だ。 振り幅を大きくするというのは、両方知ることだ」 痺れる。ビンビンに痺れる哲学だと私は思う。 「大統領の代わりはいても、......続きを読む»

【読売無失点遊戯】イクぜ!育成巨人軍!ミスターゼロ山口鉄也の「24試合戦えますか」とは?

私は人生複雑骨折、毛皮のマリーズは名曲「ビューティフル」の冒頭でそう歌ったが、 今回ばかりはパイオツで野球人生複雑骨折である。 中洲の誘惑に西武の悩めるエースが沈んだ。 涌井秀章、フライデーホームランを食らい一軍選手登録抹消。 巨人ファンはこのスキャンダルを聞いて、一様に遠い目だ。 ウチのモナったあいつは札幌で元気だろうか?と。 4年前、当時の巨人選手会長は故障欠場中に山本モナにぶっこみ......続きを読む»

【プロ野球監督遊戯】スポーツ新聞ななめ読み!「原辰徳と中畑清のごっつええ感じ」とは?

「1、2、3、アン・ドゥ・トロワが大切なのよ」 スポーツ報知21日付に掲載された原監督のボウカーに対する打撃アドバイスである。 もちろんヨミウリジョークではない。試合前練習中のガチトークだ。 「1、3の部分は結構、誰でもできる。 でもね、大事なのは2、ドゥの部分。そこがないと、いい3にならない」 凄い。さすが辰っつあんだ。カリフォルニアボーイのボウカーに対してフランス語をかます。 原一族......続きを読む»

【読売交流戦独走遊戯】巨人軍のエースはもはや杉内俊哉で決まりなのか?

谷間が消えた。 もちろん隣の若奥様のパイオツトークではない。 巨人先発ローテーションである。 生え抜き、FA移籍、外国人、若手と各ジャンルがバランスよく揃うラインナップ。 20日現在、12球団唯一のチーム防御率1点台。 怒濤の交流戦4連勝スタート。セ・リーグ2位浮上。 この週末は、巨人ファンに加え、多くの鷹党も東京ドームに詰めかけ、 連日の「ボウカースタジアムツアー2012」に酔いしれ......続きを読む»

【読売貯金遊戯】2012年プロ野球界最大のエンターテイメントショー!「ジョン・ボウカーを100倍楽しく見る方法」とは?

ハイライトはファーストゴロだった。 17日、巨人vsオリックス戦。 6回裏に坂本の同点ホームランと加治前の逆転犠飛が飛び出し、 巨人1点リードで迎えた8回表、オリックスの大引と後藤が連続で強烈な打球を一塁方向に放った。 恐ろしくぎこちない動きで、このゴロを処理したのがファーストを守るジョン・ボウカー。 スタンドからは思わず拍手の入り交じった失笑が漏れる。 その時、東京ドームのオーロラビジ......続きを読む»

【交流戦開幕遊戯】村田修一の食いしん坊!バンザイ巨人軍とは?

試合開始30分でのクライマックス到達。 交流戦開幕試合に実施された巨人軍「橙魂」キャンペーンの目玉企画、 「来場者全員にオレンジレプリカユニフォームプレゼント」。 平日のナイターでこれほど混雑した東京ドームは、ここ数年記憶にない。 なにげに配布されたユニフォームはペラペラだなんて突っ込みは野暮だろう。 満員御礼、それこそすべて。読売捨て身のレプリカぶっこみ大成功。 香川真司の始球式、宮国......続きを読む»

【ゴジラ復帰遊戯】松井秀喜が狙う「もうひとつの王貞治超え」とは?

「プロ野球5月病」。 交流戦前インターバルで、本日から2日間全球団試合がない。 開幕から全力で突っ走って来た新入社員もそろそろ息切れする頃だ。 「俺、この会社に入ってよかったのかな」 同期の選手がぼちぼち一軍デビューを飾り、 キャンプの頃にいたマスコミ陣も姿を消した。 学生時代はエースかクリーンアップ。 合コンでもお姉ちゃんにモテモテ。 故郷の知り合いには「スーパースター」を期待され......続きを読む»

【読売借金完済遊戯】ここがヘンだよ巨人軍〜徹底追究「ブルぺン四番目の男」とは?

いちばん大事なものは自分なのよ。 その次に大事なものが勉強で。 三番目に大事なものが恋人よ。 初期のRCサクセションの名曲「三番目に大事なもの」である。 凡庸なJ-POPならば、「一番目に大事なものが恋人よ」と笑顔で歌うところを、 忌野清志郎は、最後の最後で「三番目に大事なものがあなたよ」とかます。 罪深い自分へのエクスキューズ、本心を隠した照れ隠し、どちらともとれる内容だが、 考......続きを読む»

【熱いぜ!読売遊戯】巨人軍原辰徳がプロデュースするカナダの破壊王「マシソン劇場」とは?

ロード・トゥ・ビッグマック。 絶対に食べられないハンバーガーがそこにはある。 待ちに待ったこの日がやって来た。 9日、東京ドーム今季13試合目にして、ついにビックマックツインアーチクーポンが初成立だ。 両チームにホームランが出たらビッグマック無料。 入場時に配れるクーポン券の紙質も次第にペラペラになってきた崖っぷち企画。 初回に元読売の4番ラミレスが先制ツーランを放ち、 5回裏には夜の......続きを読む»

【読売先発遊戯】巨人軍交流戦ローテ争奪戦勃発!最多勝男ホールトンvsエスペランサ宮国椋丞とは?

全米ナンバーワンヒット。 当店の一押しギャル。 元メジャーリーガー。 世の中に蔓延する誇大広告の代名詞である。 実際目の当たりにしたら、まったくの期待外れ。 でも、今度こそアタリかもなんて何度もスカを引く。 男ってバカね。 元メジャーリーガーなんて、結局今はメジャーにいられないってことじゃない。 そうだ歴史は繰り返す。 8日、ソフトバンクの元メジャー最多勝投手ブラッド・ペニー......続きを読む»

【読売ドロー遊戯】巨人軍自爆!「代走、寺内」に見る原辰徳の油断とは?

勝負は下駄を履くまで分からない。 パイオツはブラを取るまで分からない。 8日、宇都宮での横浜DeNA戦。 7回表終了時、7対3で巨人4点リード。 読売のエスペランサ宮国椋丞は勝利投手の権利を持ったままマウンドを降り、 ボウカーが95打席目にして来日初ホームランをライトスタンド最前列に突き刺した。 これはもらったな。間違いなくヤレる。 多くの巨人ファンが勝利を確信したはずだ。 恐ら......続きを読む»

【読売内野遊戯】高口隆行骨折離脱!ついに「巨人2軍の4番」の出番なのか?

「球界世代闘争」勃発だ。 20歳7ヶ月の国吉佑樹(DeNA)と46歳8ヶ月の山本昌(中日)、 球界史上最大の26歳差先発対決。 日ハム二軍では、42歳7ヶ月の木田優夫と18歳9ヶ月の近藤健介が組む24歳差バッテリー。 大リーグでは49歳のジェイミー・モイヤーが最年長勝利投手記録を更新した。 そして46歳差の年の差婚、驚愕の加藤茶だ。 生涯現役、プロ野球界でもそんな概念があながち幻想ではな......続きを読む»

【読売阿部離脱遊戯】読売第2捕手劇場「KYOJIN−仁−」とは?

AKB48、前田敦子卒業。 選抜総選挙第1位の看板選手離脱により戦力低下は否めないが、 それは同時に「空白のエース争奪戦」というアングルの始まりである。 プロ野球においても「絶対的レギュラーの離脱」は大きな見所のひとつだ。 巨人軍、4番キャッチャー阿部慎之助、腰痛で欠場。 1日の広島戦からスタメンを外れ、5日の阪神戦で5日ぶりに代打で復帰。 巨人にしたら、この故障はもちろん痛い。 ......続きを読む»

【読売三十路遊戯】巨人軍二股騒動勃発!「やれんのか!亀井!」とは?

「ラミレスが巨人に復帰したのか?」 2日、巨人対広島戦。東京ドームの一塁側席で寿司を頬張りながら私は思った。 (メトロ・エム地下1階「ちよだ鮨」のにぎりセット690円がオススメだ) 4回表広島の攻撃、二死二塁。 白濱の打球が三遊間を抜け、二塁ランナー堂林が生還。 巨人レフトのチャージのヌルさと、バックホームの精度の低さ。 それは昨シーズン、ラミレスがヘビーローテーションで見せてくれた......続きを読む»

【巨人軍新世代遊戯】読売のエスペランサ宮国椋丞「本拠地完封デビュー」の表と裏とは?

「初めてのディープハタチ」 そんな夜だった。 公式戦本拠地デビュー戦、初完投初完封。 プロ初ヒット初打点。 巨人で高卒2年目の完封勝利は87年の桑田真澄以来。 読売の希望の星こと、エスペランサ宮国椋丞の「宮国による宮国の為の試合」である。 主将阿部が腰の張りで欠場。 3回裏に一挙4点を先制し、試合中盤には、長野、高橋由伸もベンチに退いた。 統一球導入後は、もはや4点はセーフティリ......続きを読む»

【読売助っ人遊戯】エドガー・ゴンザレス電撃復帰!巨人軍外国人枠争い異常アリとは?

「満塁男エドガー巨人復帰へ」 5月1日付、スポーツ報知一面である。 (同日の日刊スポーツによると、入団は早くて今月下旬になる見込み) いったい誰が来るんだ? 合コンで期待に胸と股間を膨らませて、 お姉ちゃんの登場を持っていたら、 現れたのは以前の飲み会で途中退席したあの娘だった。 「あの頃の私とは違うのよ」 本当かよ、大抵の男は疑うだろう。 10年シーズン終盤、エドガーは不可解......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71195763

(07月25日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss