プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2011年11月

巨人ファンの憂鬱な希望のストーブリーグとは?

「絢香、紅白で復帰」 本日のスポーツ報知一面だ。 2011年のプロ野球シーズンが終わった。 空白の午後6時。 アフターシックスの消失。 永遠のブルーマンデー。 毎日が移動日。 午後になると今日の先発は誰だろうと落ち着かなくなり、東京ドームに走る。 そういう生活が終わった。 そして同時にストーブリーグが始まったわけだが、 巨人ファンにとっては厳しい時期がやってきたようだ......続きを読む»

「たかが江川、されど江川」とは?

あなたは「ロッキー2」の内容を覚えているだろうか? 「エイリアン2」はどうだろう? もしくは「ダイハード2」でもいい。 私はそれぞれ観ていると思うが、その内容についてはほとんど記憶にない。 今更ながら映画の続編は難しい。 それが大ヒット作品の後ならばなおさらだ。 だが、時には「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」や「ターミネーター2」のような傑作も存在する。 果たして今回はどうだろうか?......続きを読む»

日本一監督秋山幸二の25年越しの悲願達成とは?

「秋山には経験が足りない」 80年代中盤、全盛期を迎えていたミスター三冠王・落合博満は、 周囲がホームラン王争いのライバル出現と若き秋山の台頭を騒ぎ立てる中、 マスコミを通じてそうクールに言い続けた。 秋山が連続してシーズン40本以上のホームランを記録すれば、 落合は悠々と50本以上のホームランを放つ。 秋山が守っていても、落合の球の見逃し方やファウルの仕方に全く隙がないと感じたとい......続きを読む»

落合博満がこだわりつづける「勝利」ではなく「勝負の方程式」とは?

「プロ野球解説者の中には、予言者のようなことを口にする人がいる」 先日発売された著書「采配」の中で落合はこう語っている。 敗因は強攻策であり、バントで送っておけば逆転ができたと言う解説者に対して、 落合は疑問を呈す。 「強攻策が敗因という部分までは専門家の分析だが、 なぜバントで送っておけば逆転できたという未来のことまで分かるのだろう」 そしてこう続ける。 「そういう人に限って「勝......続きを読む»

元超高校級156キロサウスポーは悩める巨人軍の救世主となれるのか?

マラドーナ、ジーコ、バルデラマ、ラモス・・・。 一昔前のサッカーでは、クラシカルな10番タイプの選手がピッチ上のキングとして君臨し、 周囲の選手はキングの為にボールを供給し走り続けた。 400勝投手カネヤンに勝ち星を付ける為に、4回まで投げて降板する先発投手みたいなものだ。 もしくはクリーンナップの前で送りバントをし続ける2番バッター川相みたいなものかもしれない。 「中盤を制する者は、ゲー......続きを読む»

【再録シリーズ】31歳、年収1900万円、職業プロ野球選手の現実とは?

やはりというべきか、15日に巨人から発表された戦力外選手リストに紺田の名前があった。 移籍1年目オフに戦力外通告。 紺田のトレード相手で日ハムに移籍したオビスポもすでに戦力外通告を受けている。 交換選手が共に1年で退団(同時に巨人に移籍してきた須永は今季一軍登板なし)。 両チームにとって大失敗のトレードに終わってしまった。 巨人と日ハムのトレードと言えば、 一昔前は張本と高橋一三・富田と......続きを読む»

【再録シリーズ】2011年買うべき最優秀選手名鑑はどれか?

読売巨人軍は15日、MICHEAL、中里篤史、紺田敏正、上野貴久の4選手に対し、 来季契約を結ばないことを通知した。 「プロ野球死亡遊戯」では開幕前の2月に選手名鑑特集で中里を取り上げている。 結局、今シーズンの中里は東京ドームのマウンドには一度も上がる事はなかった。 元中日のドラ1にして、永遠の未完の大器。そして悲運の天才。 もしもプロ2年目の階段転落による右肩負傷というアクシデントがな......続きを読む»

巨人軍内紛続報〜80年代巨人黄金期を支えた「ETコンビ」は実現するのか?

「プロ野球を私物化するような行為を許す事はできない」 清武GMの文部科学省での緊急会見から丸二日間が経過した。 桃井オーナーの会見に原監督の談話にナベツネの反論声明文、 その反論文に対する清武GMの反論と、もはや事態は混迷を極めているが、 改めて12日付けのスポーツ報知に掲載されていた読売グループの組織体制を見てみよう。 ピラミッドのトップに読売新聞グループ本社があり、 その下に読売......続きを読む»

清武GMはなぜ緊急会見を決行したのか?

「コンプライアンス上の重大な件」。 本日14時から清武氏が文部科学省で緊急会見と耳にした時、 私は巨人がドラフトにおける菅野問題で「空白の1日」的な何かを仕掛けてくるのではと思った。 そうしたら、清武GMのナベツネ糾弾である。 「岡崎ヘッドコーチ留任を覆し、江川ヘッドコーチ就任を強行。球団の私物化だ」 なんじゃそりゃあ、と多くの野球ファンが絶叫後失笑。 そして冷静になってみると、「な......続きを読む»

【再録シリーズ】「巨人・江川監督」はあるのか?

本日14時。清武GMの緊急記者会見で判明した「ナベツネの江川ヘッドコーチ構想」。 「プロ野球死亡遊戯」では2011年7月4日付の記事で江川の巨人復帰について特集を組んでいる。 今となっては、江川の現場復帰そのものが読売のパワーゲームに巻き込まれてしまった感はあるが、 タイムリーなテーマだと思うので再録してみよう。 2011年7月4日 「巨人・江川監督」はあるのか? 「男のケジ......続きを読む»

巨人育成選手大量リストラの真意とは?

俺たちは川原に落ちているエロ本に興奮した最後の世代だ・・・じゃなくて、 私たちは巨人軍が球界の盟主だった時代を知る最後の世代だ。 この週末から開幕する日本シリーズだが、 地上波で完全中継されるというニュースが各メディアで報じられた。 何を今さら、なんて突っ込みは野暮だ。 21世紀に入り「プロ野球ニュース」が地上波から消え、巨人戦中継も激減し、 昨年はキラーコンテンツと言われていた日本......続きを読む»

「週刊ライアル通信」CS特別号~ライアルのルーツは名古屋にあったのか?

「野球のことは分からないけど、お客のテンションで中日が勝ったか負けたかは分かるよね」 栄のナイトガールはそう言っていた。 「落合の最後の聖戦と、元巨人ドラ1河原のラストピッチングを見に来たんだ」 私は東京から名古屋まで来た理由を説明した。 だから野球のことは分からないって言ったじゃん、という女の子の不貞腐れた表情は無視して続ける。 「あとはね、ライアルだ」 えっ誰?っていうかこのおっ......続きを読む»

巨人CS敗退は「オガラミ時代の終焉」を意味するのか?

おっぱい・・・、じゃなくて完敗・・・。 神宮球場の三塁側内野スタンドから、私は一塁側の歓喜の輪を眺めていた。 不思議と沸き上がる悔しさというのはほとんどなく、 静かに敗北を受け入れている自分がいた。 これが余力を残しての敗北ならば死ぬ程悔しいだろう。 だが、昨夜の巨人はチームとして現状の力不足を痛感しての敗北だった。 ここまで来たらガチンコ総力戦が予想されたため、 試合中に双眼鏡で......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3262
  • 累計のページビュー:71195763

(07月24日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss