プロ野球死亡遊戯

月別アーカイブ :2011年09月

31歳、年収1900万円、職業プロ野球選手の現実とは?

「ノーエクスキューズ」 原監督のその発言とほぼ時を同じくして、ラミレスの名がスタメンから消えた。 代わりに外野の一角を担うのが、3年目の橋本到である。 橋本は名門仙台育英から08年ドラフト4位で巨人入りしたプロ3年目の21歳。 172cm70kg前後と小柄な体型から、 巨人軍清武GMも「過去のウチの基準だったら指名していない選手」とインタヴューに答えていたが、 その潜在能力に対して......続きを読む»

テレビじゃ見れないプロ野球三軍戦の光と影とは? 

「さあ、おはよう」 長嶋茂雄はキャンプ初日のミーティングでこう挨拶したという。 9月22日、朝9時。 私はひとりジャイアンツ球場にいた。 とは言っても、日ハムと激しい優勝争いを繰り広げている巨人二軍の試合を見に来たわけではない。 ソフトバンク三軍対巨人第2の二軍の練習試合の観戦にやってきたのだ。 巨人第2の二軍といっても、位置的にはほとんど三軍である。 つまりレベル的にはプロ野球......続きを読む»

落合博満の巨人監督就任はあるのか?

「こんちきしょう!」 1980年、巨人監督を解任された長嶋茂雄は涙を流しながらそう絶叫したという。 ついに今シーズン限りで中日の落合博満監督が任期満了で退任することになった。 要は解任である。 観客減に人件費の高騰が主な理由とされているが、 最終的に落合は中日という組織の政治ゲームに敗れた。 というより、そういうゲームには付き合いませんよ、 というスタンスも限界だったと言った方が正......続きを読む»

ムネリンは新庄になれるのか?

「ムネリンがアメリカに行きよーとぉ?」 中洲では妖しい博多弁で夜の女の子がそう嘆いていた。 この週末、東京から噂の激安航空スターフライヤーを利用して、 ソフトバンクのマジック点灯、そしてマジック減らしをヤフードームで見届けてきた。 17日は土壇場の9回裏にダルビッシュが力尽き、ソフトバンク松田の打球がライトの頭上を越えると同時に、 パ・リーグペナントレースの行方も完全に決まった。 ......続きを読む»

原監督続投はベストなのか?

なんじゃそりゃあ!? と虚空に向かって絶叫後、憤死。 恐らく日本中の巨人ファンが絶望したであろう継投策だった。 昨夜の横浜戦、1-1の同点で迎えた9回裏。 巨人ベンチはここで山口ではなく高木を、 そして先頭打者に出塁を許すと、高木に代わって久保ではなく越智を投入した。 登板過多のふたりを休ませるというわけでもなく(ブルペンでいつものように準備はしていた)、 延長を想定した継......続きを読む»

セリーグ追加日程の裏側に見える優勝争いの行方とは?

終わりが始まった。 サタデーナイターの巨人vs広島。 初回からフラフラで5回には投球数100球を越えた巨人先発の西村と、 ラミレスの一発以外はほぼ完璧に抑えた広島先発マエケン。 だが、この時期は語るべきはその投球内容ではなく、試合の勝敗が全てである。 各チームとも故障者が続出し、ローテーションも崩しまくっている。 もはや、なりふりかまっていられない。 例えば、私は巨人が前カードの中......続きを読む»

「週刊ライアル通信」特別配信号〜なぜ男は職場放棄をしたのか?

ついにこの時が来たようだ。 今朝、日刊スポーツが「ライアル職場放棄」と大きく報じた。 掲載された記事の内容を要約してみよう。 「ライアルは3日の神宮でのヤクルト戦に代打で出場し、 見逃し三振に倒れた直後、試合中にもかかわらずベンチを離れクラブハウスに帰っていた。 同内野手は既に登録抹消となっているが、理由は再調整ばかりではなく、 背景には「職場放棄」があった模様。 球団からも罰金......続きを読む»

巨人優勝の切り札「NYK」で勝利した夜とは?

優勝が見えそうで見えない。 チラリズム首位攻防戦だった。 昨夜、神宮球場で行われた首位攻防第3ラウンドのヤクルトvs巨人。 私は珍しくバックネット裏正面5列で観戦したのだが、 神宮のバックネット裏は傾斜が緩いので、前方の視界が異様に悪い。 オークションや金券ショップで高値がつくことも多い座席かもしれないが、 選手を間近で感じたいという目的でもなければまったくおススメできない席である......続きを読む»

巨人を悩ます「攻撃的2番バッターの誘惑」とは?

勝負パンツを履いて行ったのに、 あの娘にあっさりと逃げられてひとり寂しく帰路につく、 今夜もそんな試合だった。 台風接近が危惧された今回のセリーグ首位攻防戦だが、 途中、雨による中断があったものの無事開催された。 金曜日の初戦は台風や同時刻にキックオフを迎えていたサッカー日本代表の試合の影響もあり、 空席も目立ったが、2試合目の今夜は前夜よりも約1万人の観客増。 しかも隣接する国立......続きを読む»

台風直撃が混戦セリーグにもたらす影響とは?

「ピッチャーをマウンド上で孤独にしたらいかんのです」 30日のヤクルトvs広島戦。 自らの暴投でカープに決勝点を献上し、 マウンド上で雨に打たれるイム・チャンヨンを解説の達川氏がそう評していた。 今シーズンのイムは故障の影響もあってか身体がキレていない。 身体がキレていない、ということは武器であるストレートのキレもない。 そんな時こそ、ナインがマウンド上に足を運びイムを鼓舞しなけれ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71487635

(09月26日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss