プロ野球死亡遊戯

【巨人軍選手遊戯】杉内俊哉

【読売日常遊戯】巨人今季最多タイの15得点でマジック4!杉内俊哉「静かなる快挙」とは?

ナゴヤドームはお祭りだった。 巨人打線、ラッキーセブンに一挙10点。今季最多タイの15得点でマジック4。 23試合ぶりスタメン出場の大田が、特大2号ツーランを含む4打数3安打3打点の大爆発。 実況席もテレビの前のファンもワッショイ!タイシ!ワッショイ状態。 今の大田泰示や49歳の山本マサさんは、プロ野球ファンにとって非日常な存在だ。 要は、花火とかパンチラだよね。 球場に行って、生で見れたらラッ......続きを読む»

【読売FA遊戯】巨人ついに天敵メッセンジャーから今季初勝利!杉内俊哉&村田修一「3年目の感謝」とは?

1試合、9度のショートゴロ。 見た?坂本のありえへん守備範囲。 その上、今季一度も勝っていない天敵メッセンジャーから先制ツーランだぜ。 やっぱスペシャル・ワンは凄いよ。 俺ら巨人ファンは慣れちゃったけど、坂本や長野がいてくれて当たり前なんて思ってたらアカン。 だって、もしも敵チームに彼らがいたらどうよ? 考えただけでゾッとする。 そして、大事な9連戦の頭に先発して、7回2失点で9勝目を挙げた杉内......続きを読む»

【読売偉業遊戯】史上最速の2000奪三振達成!杉内俊哉「もたらしたのは緊張感と勝利への意志」とは?

戦闘と戦死のタイムループ。 幾度となく繰り返される諸行無常。 トム・クールズ主演映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が面白い。 マイケル・ジャクソンの次は、トム・クルーズ再評価ブームが来るはず。 なんて2年位前に死亡遊戯でも書いたけど、全然来てへん。 だって、彼生きてるから。 いや、何度も死んだけど。 もはやそんな胡散臭い52歳の自身さえも、セルフパロディとして演じてみせる。 トム・クルーズを......続きを読む»

【読売鹿実遊戯】巨人交流戦優勝を懸けオリックス戦に先発!「杉内俊哉と遠藤保仁」とは?

たったひとりのゴールデンエイジ。 ブラジル行きの切符を手にしたのは、遠藤保仁だけだった。 79年~80年早生まれの日本サッカー黄金世代、最後の生き残り。 「誰?この地味な選手」 12年前、遠藤のA代表デビューとなったアルゼンチン戦。 難波のスポーツバーで見ていたら、周囲からそんな声が聞こえてきたのを今でもよく覚えている。 シドニー五輪ではサポートメンバー、ドイツW杯はメンバー入りも出場なし。 常に......続きを読む»

【読売三十路遊戯】9億円サウスポーコンビの正念場!「ローテ2番手を制するチームがセ界を制す」とは?

「30歳を過ぎて、シミが増えてきたんですよね…」 自身のブレーヤズデー・プログラムで、毎日のスキンケアの大切さについてガチで語る杉内兄やん。 そうか、あの松坂世代もお肌の曲がり角をカミングアウトする年齢になったのか。 童顔のドクターKと呼ばれた杉内が33歳。 って、書いてる俺もいい年だ。 ウツミだってそうさ。広島戦で3本塁打を浴び、8回6失点KOの内海哲也も32歳。 あの怪物・江川卓......続きを読む»

【読売三振遊戯】史上最速の2000奪三振へ!杉内俊哉「巨人軍裏ローテの柱」とは?

マシソン、ガチ損。 過去2年間で、わずか3本塁打しか打たれていなかった巨人マシソンが、今季は6試合で3被弾。 何も言えなくて春。2年分を開幕2週間で献上。 またもや統一球死亡遊戯。東京ドーム使用球は、反発係数0.428で規定の上限0.4234を上回った。 って、数値がマニアックすぎて、俺らトーシロには突っ込みにくいやん。 ゴメン、STAP細胞って何?そんな気分。 「昔は使うボール自体(球団ごとに)......続きを読む»

【読売最速遊戯】巨人軍球界最高給サウスポー!杉内俊哉「奪三振の神と呼ばれる男」とは?

下品になっても、下衆になるな。 偉大なる赤塚不二夫はそう言った。 映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、史上最高級に下品な映画だ。 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの半生に巨匠マーティン・スコセッシがぶっこむ。 若くしてウォール街で成り上がり、証券詐欺の容疑で逮捕される主人公役にはレオナルド・ディカプリオ。 もう感動的と言っていいほど、ディカプリオ演ずるベルフォートが一貫して......続きを読む»

【読売再会遊戯】杉内好投も木佐貫の意地で巨人連敗!いつか「松坂世代」が「杉内世代」と呼ばれる日は来るのだろうか?

なんなの、コレ? 解説席のノムさんも思わず絶句だ。 1点ビハインドの9回表、日ハムのマウンドは打てそうで打てないクローザー武田久。 先頭の亀井がヒットで出塁すると、すかさず代走・鈴木ぶっこみ。 しかし7番村田はエンドランがスカってセカンドフライ、8番矢野は初球を軽く打ち上げキャッチャーフライ。 そりゃあノムさんも「巨人の野球が分からへん」とお手上げ状態だ。 ファンの俺らもアイドンノー......続きを読む»

【読売幻惑遊戯】交流戦初戦はロッテに逆転負け!巨人軍が遭遇した「異次元のスモールベースボール」とは?

俺らは、一体いつからスパゲッティをパスタと呼ぶようになったのだろう。 ビーチクをバストトップじゃなくて、繋ぎの野球をスモールベースボールと呼ぶのもいつの間にか定着した。 14日、日本生命セ・パ交流戦開幕。 セ・リーグ首位の巨人は、ホーム東京ドームにパ・リーグ首位ロッテを迎えてのプレ日本シリーズ。 12球団トップのチーム本塁打数44本を誇る巨人と12球団最少の15本塁打のロッテ。 ビッグ......続きを読む»

【読売爆勝遊戯】今季最多の21安打17得点で貯金12!絶好調ブランコを止めた「杉内俊哉の錯覚のマジック」とは?

8回には打者13人の猛攻で一挙9点。 一塁ランナー杉内の激走で先制点を奪ったのが、遠く昔の出来事だ。 24日、「ホーム」京セラドームにDeNAを迎えた関西シリーズ第2戦。 正直、超ワンサイドゲーム。 この手の試合はロジカルに何かを論ずるのが難しい。 ハマのレフト・ラミレスの守備死亡遊戯ならいくらでもディスれるが、そこは武士の情けでやめておこう。 前夜、右肘に死球を食らって途中交代した......続きを読む»

【読売甲子園遊戯】伝統の一戦は延長12回スコアレスドロー!「今年の巨人はアウェイで3連敗さえしなければOK」とは?

助っ人史上最多の通算464本塁打。シーズン最多タイの年間55本塁打記録保持者。 あのタフィ・ローズがアメリカでコーチをしている。 ただし、野球ではなくバスケットボールだ。 息子が所属する地元チームのコーチらしい。 雑誌「FLASH」が懐かしの助っ人選手たちに突撃取材を敢行。 「彼はテンプル大学出身だから大丈夫でしょう」 長嶋監督が意味不明な太鼓判を押したジェフ・マント。 96年来日......続きを読む»

【読売順調遊戯】エース杉内3回KOも負けない強さ!巨人軍の開幕ダッシュはすでに始まっているのか?

日本最高投手から、世界最高投手へ。 2日、レンジャーズのダルビッシュ有が今季初登板となる敵地のアストロズ戦で完全試合寸止めの快投。 もう少し、あとひとり。ユーやっちゃいなよ。 敵地のファンですら大記録に期待したが、9回2死から9番ゴンザレスに中前打を浴び、あと一歩で快挙を逃す。 序盤からスライダーがキレにキレ、4連続を含む14奪三振。外野への飛球はたったひとつだけ。 つまるとこ、三振と......続きを読む»

【読売ダブルエース遊戯】夏の終わりのセ・リーグCS先走りレビュー!秋の短期決戦の鍵を握る「巨人軍最強のふたり」とは?

美人は3日で飽きる。 ペナント独走は3日で飽きる。 それはフェイクだ。 正確に言うと、「飽きる」のではなく「慣れる」。 とんでもないパイオツもやがて日常の風景と同化するように、 巨人軍の圧倒的な強さもペナントの一部として淡々と消化されていく。 新潟遠征を含むヤクルト3連戦も危なげなく2勝1分けと無敗で通過。 9日終了時、123試合73勝36敗14分の貯金37。気が付けば、優勝マジッ......続きを読む»

【読売無安打遊戯】実録・杉内俊哉ノーヒットノーラン! 東京ドームではその時何が起きていたのか?

東京ドームの巨人ファンは初めての夜を迎えていた。 槙原寛己の完全試合から早18年。 しかも、あの試合は福岡ドーム主催試合だった。 それより以前の巨人投手ノーヒットノーランは76年の「投げる鉄仮面」こと加藤初まで遡る。 つまり、ほとんどの巨人ファンはこの快挙を球場で体験していない。 それどころか、ヤングGジェネレーションはリアルタイムでノーヒットを知らない子供達だ。 完全試合童貞。 ノー......続きを読む»

【読売交流戦独走遊戯】巨人軍のエースはもはや杉内俊哉で決まりなのか?

谷間が消えた。 もちろん隣の若奥様のパイオツトークではない。 巨人先発ローテーションである。 生え抜き、FA移籍、外国人、若手と各ジャンルがバランスよく揃うラインナップ。 20日現在、12球団唯一のチーム防御率1点台。 怒濤の交流戦4連勝スタート。セ・リーグ2位浮上。 この週末は、巨人ファンに加え、多くの鷹党も東京ドームに詰めかけ、 連日の「ボウカースタジアムツアー2012」に酔いしれ......続きを読む»

【プロ野球食い込み情報】「劇的移籍ビフォーアフター」〜隣の選手はなぜ良く見えるのか?

「騙すんじゃない。黙ってるだけよ」 先月末まで、銀座シネパトスで開催していた森田芳光追悼上映の一作品、 映画「の・ようなもの」劇中で秋吉久美子がそう呟く。 81年公開の作品だが、夜のお姉さん役の秋吉久美子(当時27歳)はべらぼうだ。 あまりにも可愛くて、映画を観ている内に次第に腹が立ってくる。 「なんだよっ、その可愛さ!」 もう訳が分からない。 イレコミどころじゃない。もはや画面に食い......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:1918
  • 累計のページビュー:71810164

(11月22日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss