プロ野球死亡遊戯

【巨人軍選手遊戯】長野久義

【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」

「俺の人生の扉、ドアはあのホテルのドアだった。あれを開けると開けないじゃ、人生は変わっていた」 タモリはこんな言葉を残している。 『タモリ学』(戸部田誠著)によると、アラサーのタモさんが地元九州でまだ普通のサラリーマンをしていた頃の話だ。 ジャズライブ帰りにホテルの知り合いの部屋で飲んで、深夜に帰ろうと廊下を歩いていたら、通りがかった部屋の中から楽しそうな声が聞こえて来た。 ドアの隙間から見えたの......続きを読む»

【読売現実遊戯】長野久義「愛と幻想の4番バッター」

7年前はまだポケモンGOどころかスマホすらほとんど普及していなかった。 2009年秋のドラフト会議。 初めてファン招待が実施されたこの年、抽選で運良く当選した俺は会場で興奮しながらドラフトを堪能。 1位長野久義、2位鬼屋敷正人、3位土本恭平。 ちょうどプロ野球死亡遊戯を始める前年で色々と準備していたので、正直彼らには思い入れが強い。 ヤングアニマル連載コラム『未来は僕等の手の中』1発目にいきなりキ......続きを読む»

【読売記録遊戯】長野久義「あと1071本」

最近、よくゲーセンに行く。 1件目の仕事の打ち合せが終わり、次の打ち合せ場所に移動する1〜2時間くらいの空き時間。 映画を観に行くには短すぎるし、パチンコじゃガチすぎる。 もっとヌルい感じがいいねんということで、辿り着いたのがゲーセンだ。 平日午後のゲーセンはカオスである。 男子高校生がかったるそうにチャレンジするクレーンゲーム。 明らかに営業サボってるスーツ姿のおっちゃんが燃えるメダルゲーム。 ......続きを読む»

【読売枢軸遊戯】長野久義「背番号7に明日はあるのか?」

「イザというときに一番強いのは、やっぱり根性のある選手。 下手でも精神的に強いやつが結局は残っていくんです」 『僕らがサッカーボーイズだった頃』という本の中でサッカー元日本代表の遠藤保仁は言っている。 そうかヤットさん、最後は根性か。 まさに堀北真希にどんなにフラれ続けても、果敢に攻め続けた山本耕史である。 最後まで諦めずにパイオツに食らいつく意志と覚悟、それが根性だ。 根性は基本的に格好悪い。 ......続きを読む»

【読売美技遊戯】片岡の決勝弾で巨人首位死守!長野久義「言葉なきニューリーダー」とは?

やはりポイントは片岡選手のホームランですよね。 彼はヒットや盗塁だけでなく、試合の流れを変える事のできる貴重なプレーヤーだと思います。 解説・石井一久氏の元チームメイト評に頷く巨人ファン多数(俺)。 神宮球場は4時間29分の熱戦、5-5で迎えた延長11回に飛び出した片岡の決勝アーチ。 幾度となく首位陥落を覚悟しながら、全員野球で粘りに粘った。 見た?ロペス先輩の来日初の代打本塁打。 熱い試合だ。な......続きを読む»

【読売タモリ遊戯】ついに原政権初の阿部・村田同時ベンチスタート!長野久義アワー「4番でいいとも!」とは?

誰も見た事がない光景だった。 27日中日戦、阿部と村田が同時欠場。 怪我でもなければ懲罰でもない、戦術的な理由でのスタメン落ち。 こんなの初めてって思ったら、報知によると「二人同時の欠場は村田の巨人移籍後3年目で初」とのこと。 やっぱりスゲーよな。 何が?いや、ムラタさん。 要は巨人移籍後、代えの効かない絶対的レギュラーだったってことじゃん。 獲得時は本当に必要なの?とかディスられていた選手が、チ......続きを読む»

【読売決断遊戯】後半戦は4番ライト長野で開幕!長野久義「オガラミ時代の反省」とは?

4番って何かね? 本気になって想像してくれ。 不意にあなたの枕元に菅原文太が座って、こう聞いて来た。 「巨人ファンはさっきから、阿部だ、村田だと口にする。けど、4番って何かね?」 「じゃあ…セペダ?」 「本気で想像しろ!誠意って何かね?」 「すいません!じゃあ長野でお願いしますっ!」 北の国から死亡遊戯の今季81話目は、「4番ライト長野」でファイナルアンサー。 原監督も21日付報知で「後半戦は長......続きを読む»

【読売心配遊戯】巨人9連戦は5勝4敗で勝ち越し!長野久義「7番ライト定着の危険性」とは?

これが2年目の菅野か。 敵地甲子園で7回9奪三振1失点の好投も、ついに開幕8戦目にして初黒星。 2回に味方守備の乱れから1点を失い、G打線はメッセンジャーの前に沈黙。 それでも、序盤以降の菅野は立ち直り、阪神打線に得点を許さなかった。 去年までなら、2回のドタバタで大量失点してジ・エンドっすよ。 ルーキーイヤーに時折見せた、ガースー序盤の炎上&終盤の息切れ。 それが今季は、登板全試合におい......続きを読む»

【読売7番遊戯】スリーランを含む猛打賞で巨人3連勝!長野久義「今こそ見たい4番ライト長野」とは?

片岡、いい選手だよね。 ナゴヤドーム、神宮球場、東京ドーム、どこで見てもそう思う。 15試合、打率302、1本塁打、8打点、4盗塁、4犠打。 さらに得点圏打率556の勝負強さ。OPS780の攻撃力。 速い、デカい、バントもうまい。 07年の谷佳知を彷彿とさせる肉食系「牛丼型2番打者」誕生。 不安定な二塁守備、脆いガラスの下半身を差し引いても、ナイス補強。 その後に続くのは3番アンダーソン、4番村田......続きを読む»

【読売8番遊戯】阿部逆転弾で巨人3連勝!「長野が8番だから弱いのではなく、長野を8番に置けるから巨人は強いんです」とは?

さすがスペシャル・ワンだな。 6日、東京ドームはチケット完売遊戯。 坂本勇人プレーヤーズデーに集結した4万5607人の大観衆。 スタンドには、いつも以上に「背番号6」のユニフォームを着た若いお姉ちゃんの姿が目立った。 入場時に配布されたプレーヤーズ・プログラムでは、坂本が自身の結婚観を披露。 「家に帰ったら誰かがいてくれたり、待っていてくれたりするのはいいなぁと思いますね」 「結婚は......続きを読む»

【読売所沢遊戯】巨人5連敗でついに首位陥落!救世主は「ボウカーや由伸ではなく、坂本勇人と長野久義である」とは?

生まれて初めて、日本シリーズを見に来たのもここだったな。 2日、久しぶりにライオンズカラーの西武線に揺られて、ぶらり西武ドーム。 埼玉生まれの私にとって、いくつになっても特別な球場だ。 日本のプロスポーツ界で、西武グループほど地域密着を高いレベルで実現させた組織は他にない。 球団、企業、ファンというか西武線沿線の住民。理想的な黄金の三角地帯。 電車内の中吊り広告だけじゃなく、小学校の掲......続きを読む»

【読売泥酔遊戯】セレモニー後夜祭・伝統の一戦で連勝ストップ!首位を快走する巨人軍の「2つの誤算」とは?

初めての一発はタカツじゃなく、イトウだった。 超ド級の長嶋・松井セレモニーから一夜明け、スポーツ各紙に踊った祝福の声。 ヤクルト伊藤智仁投手コーチは同期のドラフト1位組・松井秀喜との20年前のエピソードを披露。 「松井くんにプロ1号を打たれたのは実は僕なんです。 イースタンリーグで、確か春野だったと思いますが、場外ホームランを打たれました。 同期入団で気にはしていました。すごいですね」......続きを読む»

【読売外野遊戯】巨人軍史上最高の万能戦士!もはや長野久義は球界ナンバーワンの外野手なのか?

綾瀬はるかってよく見ると微妙だよね? AKB48ってひとりひとりは大した事ないよね? 日本全国津々浦々、男同士のフリートークで散々語りつくされたネタだろうが、 冷静に考えたらそんなわけがない。 もしも、電車の向かいの席に見えそうで見えない綾瀬はるかが座ったら? エレベーターで汗だくのAKB48のメンバーが続々と乗ってきたら? そんなのすべての男にとって、人生満塁ホームランだろう。 ......続きを読む»

【5分で分かる巨人軍新世代遊戯】〜オガラミの次は「坂本・長野のSC時代」が到来するのか?

ジャイアント馬場、アントニオ猪木のBI砲。 桑田真澄、清原和博のKKコンビ。 前田敦子、大島優子のAKB48。 同時代に巨大な才能同士がひとつのチーム内でぶつかり合う。 その瞬間こそ、「黄金コンビ結成」にして「永遠のライバル誕生」という最強のギミックだ。 もしも、王か長嶋、どちかが欠けていたら、日本のプロ野球の歴史は大きく変わっていたことだろう。 ふたりの天才が揃ってこそ、天下のONであ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71195763

(07月25日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss