プロ野球死亡遊戯

【巨人軍選手遊戯】阿部慎之助

【2000安打遊戯】阿部慎之助「巨人のたったひとつの共通言語」

阿部慎之助、史上49人目の通算2000安打達成。 ここ数日間、お盆の予定は阿部2000安打次第という遠距離恋愛に狂ったOLさん状態だったファンも多いと思う。 俺もさっき両国で新日本プロレスG1決勝の死闘を見届けてから、DAZNで映像確認しながら汗だくのまま帰宅したら、まだ1999安打のままだった。 今夜ばかりは、初回にヘロヘロピッチで序盤を長引かせてくれた先発今村信貴に感謝だ。 ってそれでいいのか......続きを読む»

【読売継承遊戯】阿部慎之助・小林誠司「37歳と27歳」

2年間も待たせやがって…。 今、巨人ファンは『スラムダンク』の木暮君の気分である。 大一番の山王工業戦で湘北高キャプテン赤木と気まぐれなイケメン三井が得点を決めた直後、ヘロヘロになりながら無言でグータッチ。 それをベンチから見ていた引退間近の木暮君は思うわけだ。 ようやくかよ。おまえら散々期待させて、2年間も待たせやがって…と。 早いもので小林誠司が巨人に入って、もう3シーズンが経過した。 1年......続きを読む»

【読売CS遊戯】阿部慎之助「刺身のツマ」

今、阿部と筒香を比較する、それは2016年に広末涼子と広瀬すずを比較するようなものだ。 東京ドームで24歳筒香嘉智の完璧な逆転ツーランを眺めながら、そう思った。 元日本の4番と現日本の4番。 一時代を築いた人間と、これから時代を築こうとしている若い才能が放つ勢いの差。 まあ熟女には熟女の魅力がね…なんて意味不明なエクスキューズをかましたところで虚しくなる惜敗。 DeNAとのCS第1戦、巨人の4番に......続きを読む»

【読売完敗遊戯】阿部慎之助「夏にしてアベを想う」

東京ドームで恋のゲーム。 というコラムを8日東京ドームで開催される、ほぼ日さん主催の『野球で遊ぼう。2016』プログラムに書かせてもらった。 球場にいる野球ファンの心理状況はほとんど恋愛に近い。 だって1年半前はあれだけ夢中になっていた高木勇人に対しても、最近は顔を見るのすら苦痛になってる俺がいる。 真夜中に2時間電話で話しても余裕だったのに、いまやLINEを一言返すのすら面倒くさくなってしまった......続きを読む»

【読売連勝遊戯】由伸巨人「帰ってきたおっさんパワー」

京セラドーム観戦のついでに、10数年ぶりに大学時代のバイト先に行ってきた。 大阪の繁華街のとあるクレイジーなカプセルホテルだ。 深夜のフロント業務で接客マナーより、酔っ払い客に負けない心のタフさが求められる仕事。 「兄ちゃんどっかで靴べら買うてきてや」というふざけた客には、ファンタグレープのペットボトルを手渡すみたいなギャグで対処。 キレたら負け。怒らせても負け。いかに目の前の絶望を笑うのか? あ......続きを読む»

【読売復活遊戯】阿部慎之助「帰ってきた現場監督」

東京ドームは球場というより観光地だ。 良くも悪くも、スカイツリーや浅草寺と同じカテゴリーにある。 だから観客の熱狂という面では、ボールパークのマツダスタジアムや甲子園に劣る。 東京旅行のついでに立ち寄るTOKYOドームシティみたいな立ち位置。 観光地で重要なのはマニアックさではなく、ベーシックな大衆性である。 誰もが名前を知っている。 見ただけで満足感を得られる。 そんな存在感。 まさに巨人で言え......続きを読む»

【読売決断遊戯】「由伸監督は阿部慎之助をどう起用すべきなのか?」

焦らない監督、高橋由伸。 もはや24番が焦らなすぎて、ファンが先に焦っちゃう由伸采配。 これほどディスりにくい監督は珍しい。 屁みたいなゲッツーをかました大田を何で代えないと怒ったら、延長11回に貴重なタイムリー。 ぶっちぎりでNPB打率最下位の小林になぜ代打を出さないんだと突っ込んだら、直後に強肩で盗塁阻止。 あまりの貧打にファンもマジでキレる5秒前、けどベンチの由伸さんは楽しそうに笑っている。......続きを読む»

【読売専念遊戯】阿部慎之助「もうひとりのアベ」

遠いようでたまに近くて、忘れた頃にやって来る。 そんな巨人ファンと松井秀喜の関係性。 たまに優しくされても悩んじゃう。あたし遊ばれてるのかな? いや真面目なヒデさんに限ってそんなことはないはずだ。 今年も臨時コーチとしてゴジラが宮崎キャンプにやって来る。 マツイとヨシノブ。 この二人の関係性は絶妙だ。 選手時代はともに外野手でクリーンナップを組んだ1学年違いの良きライバル。 そして巨人監督には年......続きを読む»

【読売一塁遊戯】阿部慎之助とバターライス

阿部慎之助の一塁守備に怒る。 それは父ちゃんの手料理をディスるみたいなものだ。 一生懸命やってくれているのは分かってる。 36歳、満身創痍なのも理解している。 これまで巨人一家の大黒柱として俺らを支えてくれた。 でも、ゴメン。 不味いよ、父ちゃん、このご飯。 覚悟はしていた。 ロペス母ちゃんより、料理はド下手だって。 それでも、開幕から4試合見て、あまりにスローで泣けてくる。 動きが遅すぎて真っ......続きを読む»

【読売主将遊戯】巨人軍ポストシーズンのキーマン!阿部慎之助「リアルなキャプテン」とは?

巨人ファンが、これほど必死に阿部慎之助を見たシーズンはなかった。 えっ?阿部が必死じゃなく、阿部を必死に見た? そう、ファンがここまで阿部慎之助のプレーを集中して追ったのは初めてだろう。 BC独立リーグ選抜との練習試合で2戦連発「さあCS虎狩りへ弾弾上向き」。 スポーツ報知のそんな記事を読みながら、キャプテンのことを考えた。 これまではパスボールやらかそうと、手抜き走塁かまそうと、誰もたいして気......続きを読む»

【読売主将遊戯】巨人軍今季ワーストゲームの大敗!阿部慎之助「奮起せよキャプテン」とは?

25日、ナゴヤの最高気温は38.2度。 あ、巨人は寒かったけどね。 ドラゴン大野に10対0の完封負けで完パイオツ。 頼みのエース菅野は5回途中8失点KO、語るに足らずよ。 巨人ナイン全員が夏バテ状態。 あのスーパーエース金子千尋でさえ疲労蓄積で登録抹消。 絶対に負けられない戦いはまだ先。 開幕投手に始まり、前半戦のローテをど真ん中で引っ張り、オールスターにも出場し中2日で2回33球。 スパルタ原采......続きを読む»

【読売両雄遊戯】精彩を欠く巨人の大黒柱!阿部&村田「元4番コンビの後継者」とは?

セペダの笑顔が意外とキュートだ。 あ、ゴメン。さすがに厳しいよねコレ。 合コンの後の男同士の反省会くらい虚しい。 10失点の試合で、無理矢理プラス要素を探そうとしたけどキツイっす。 先発セドンが赤ヘル打線に粉砕され3回5失点KO。 っていうか、何?このデジャヴ感。 杉内6回途中3失点、今村4回途中6失点、大竹6回途中6失点、内海8回途中6失点。 直近1週間で、好投した先発投手が7回1失点の菅野のみ......続きを読む»

【読売主将遊戯】キャプテンの2戦4本塁打で巨人連勝!阿部慎之助「打ちすぎるキャッチャー」とは?

まだ、終わっちゃねえぞ。 神宮第1戦、阿部慎之助の顔に笑顔はなかった。 延長10回、乱闘寸前の騒ぎの直後、自ら勝ち越しの本塁打を放ち、その裏の守備に就く際。 ホームベース付近でロペスがヒーローの肩に手を回し、何やら半笑いで語りかける。 それでも、阿部は「まだまだ」という感じで、軽くあしらいマスクを被った。 まるで、あの時のカンナヴァーロのようだな。 06年ドイツW杯、フランス対イ......続きを読む»

【読売神宮遊戯】今季初の阿部弾で連敗ストップ!巨人ファン「170勝96敗からの卒業」とは?

巨人ファン、独走慣れ症候群。 ヤバイぞ、ヤバイぞ、4連敗ヤバイぞ。ってまだ貯金あるからね。 いやいや、冷静にやろうや。 4月の選手起用ディスってたら、ペナントは戦えへん。 4月のクラス替え直後に、隣のあの娘の何が分かるのよって話じゃん。 まあ気持ちは分かるよ。慣れていないもんね、俺ら勝率5割ちょい。 昨年の今頃は72年ぶりの開幕7連勝でしょ。 で、12年シーズンは4月に借金7と出遅れながらも、終わ......続きを読む»

【読売主将遊戯】35歳タイトルラッシュ宣言!阿部慎之助「ライバル不在の男」とは?

これって、桑田清原のKKコンビの実写版だよな。 あ、ゴメン。1日から先行上映が始まった映画「ラッシュ」の話ね(一般公開は7日から)。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサーのニキ・ラウダとジェームス・ハント。 F1史上最高と語り継がれる1976年のタイトル争いを軸に物語は展開する。 精密機械と称されたクールなラウダ、常に仲間とお姉ちゃんに囲まれ毎晩飲み明かす自由人のハント。 若き日......続きを読む»

【読売圧倒遊戯】やっぱりスゴイよ阿部慎之助!巨人軍「阿部ファースト起用が超クレイジーな理由」とは?

プロ野球界を席巻するソフトバンクのオセロ補強。 まずはFA選手の中田と鶴岡で角を取り、後日その間に挟んだ助っ人を一気にひっくり返す。 イ・デホ、スタンリッジと大筋で合意。さらにサファテ獲得にもマジでぶっこむ5秒前。 マネーゲームじゃ、いまや巨人も太刀打ちできねぇ。 っていうか、セ界独走リーグ連覇で人件費高騰しまくり。 セーブ王西村は1億円増、ロペス先輩もなにげに倍増近い1億7000万円、ゴッド・マ......続きを読む»

【読売相談遊戯】村田、ロペス、中井の一発攻勢で猛虎に逆転勝利!巨人軍の「プロ野球界で最も贅沢な悩み」とは?

東京ドームはペナント夏休み中。 今日負けても5.5ゲーム差、そんな市民プールのようなユルい雰囲気が充満するサタデーナイター。 ゲームは初回、阪神マートンの8号先制ツーランで幕を開ける。 巨人先発・杉内はこの一発で早くも今季10被本塁打目。 と思ったら、ノウミサンも村田とロペスに連続本塁打を食らい今季14被本塁打。 なんと、セ・リーグで最も一発を食らっているのはこの虎のエース。 クール......続きを読む»

【読売買物遊戯】代打・高橋由伸サヨナラ打で巨人6連勝!阿部慎之助が「毎晩、楽天を研究している理由」とは?

人は本当に疲れた時、ネットショッピングにハマる。 ぼーっとテレビを眺めていても、いまいち内容がアタマに入ってこない。 かと言って、ガチで映画を観たり、パイオツを妄想したり、本を読むのはそれなりのパワーがいる。 あぁ、最近忙しくて買い物してねぇな。なんて今宵もワンクリックショッピング。 巨人のキャプテン阿部慎之助も毎日寝る前に洋服を物色ナイト。 もうすっかり楽天プラチナ会員。 仮に日本......続きを読む»

【読売判断遊戯】澤村1失点完投も阿部ズンドコ走塁で巨人連敗!セ・リーグの運命を左右する「6人目の男」とは?

「俺の判断ミス。抜けると思ってハーフウェーで目を切ってしまった」 日刊スポーツ電子版掲載の巨人・阿部慎之助のコメントである。 勘違いしないで欲しいが、宅配屋シンちゃんとフライデーのカメラマンのカーチェイスの話ではない。 13日、ナゴヤドームの中日戦。巨人1点ビハインドで迎えた6回表、一死満塁の同点のチャンス。 ここでようやく中日先発・山本マサをマウンドから引きずり降ろし、2番手は暴れ右腕......続きを読む»

【読売伝説遊戯】ついに阿部黄金伝説終焉で巨人連敗!これから始まる「菅野智之、東京ドーム無敗伝説」とは?

あれは4年前の出来事だ。 映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」が日本公開された翌日、伝説は始まった。 2010年7月4日、東京ドームで行われた巨人対阪神戦。 巨人1点リードの2回裏、阿部慎之助が1本のソロホームランを放つ。 まだ巨人の3番は小笠原で、不動の4番にはラミレス。先発投手はエース東野。そんな時代の話である。 正直、私は自分がこの試合を見にいったのかどうかす......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:1789
  • 累計のページビュー:71814818

(11月25日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss