プロ野球死亡遊戯

【巨人軍選手遊戯】藤村大介

【読売決別遊戯】「57番の藤村大介」

気が付けば、進行中の連載コラムが10媒体を超えようとしている。 ゼロからプロのライターになってやるなんつって、7年前にこの死亡遊戯ブログを始めた当初の目標はほぼクリアした。 けど、相変わらず達成感とか高揚感みたいなものはあんまないんだよな。 風呂に浸かりながら、このペースで3年後、5年後も書いていられるのかとかジジイのように考えることもある。 まあ10年続けば客に飽きられるか、老舗として定着するか......続きを読む»

【読売内野遊戯】正念場の8年目へ!藤村大介「もはや期待の若手ではない」とは?

安心したね。 正直、巨人のヤクルトFA相川獲得報道に安心した。 ファンの間では、小林誠司に正捕手を任せるのに、人的補償のいる38歳のベテラン捕手必要?という意見も多いと思う。 気持ちは分かる。超分かるよ。 けど、首脳陣が同じことを考えているならば、来季の巨人優勝はないだろう。 そりゃあ、ドラ1で獲った小林には俺も期待している。 でもさ冷静に考えて、小林・実松・カトケンの捕手陣で1年間回せると判断......続きを読む»

【読売昇格遊戯】2番セカンドで約3カ月ぶりの先発出場!藤村大介「背番号0を託された男」とは?

真夜中の牛丼屋。 うめえなもう。 野郎どもが等間隔に座り、黙々と牛丼を食べ続ける。 暗幕の了解で、お姉ちゃん同伴はマナー違反である。 男ぼっちの世界。嫌でも自分自身と向き合う空間。 奥の席で酔っ払ってダウンしているあいつは、たぶん俺だ。 女達は早朝の女性専用車両の中で化粧をするが、男達は深夜の牛丼屋でネクタイを外す。 俺も藤村の年の頃、毎晩のようにここに来ていたな。 そう思いながら、久しぶりの牛丼......続きを読む»

【読売現実遊戯】巨人軍ドラ1内野手のリアル!藤村大介「7年目のアピール」とは?

まだ東京ドームは余裕があるな、原監督も巨人ファンも。 サンデーゲームは、澤村が阪神・関本に代打逆転満塁弾を食らってチーム今季32敗目。 なんだけど、すでに前半戦首位ターンは確定している。 負けはしたものの澤村の真夏の筋肉祭り開催に目処がつき、14日にはリーダー内海がカムバック。 これでローテは菅野、杉内、大竹、交流戦優勝の立役者小山、そして復帰組の澤村に内海で6枚。 大竹がどこまで復調するか?小山......続きを読む»

【読売破壊遊戯】巨人軍ボンバイエ打線爆発で8回一挙10得点!藤村大介「時は来た」のか?

開幕5戦、計77安打。 「また勝ったか」、よりも「また打ったか」。 開幕からの安打数は14、16、17、9。 そろそろ止まるだろうと思ったら、ハマスタ劇場はその上をいく21安打15得点の猛爆発。 クリーンナップ3連発、8回打者14人一挙10得点の逆転勝利。 アンダーソンは5打数5安打3打点で打率500。 3試合連発弾を放ったロペス先輩は4本塁打、13打点と二冠超独走。 両助っ人パイ......続きを読む»

【読売U25遊戯】寺内が右肩痛で離脱!藤村大介「たった1人の巨人生え抜き二塁手」とは?

さらば国立、こんにちは僕らのブラジルワールドカップ。 数年前、まだ20代前半の本田や長友や香川を国立競技場で何度か見た。 黒髪の本田が、カメルーン代表DFに吹き飛ばされていた2008年のU-23親善試合。 香川が前半途中出場して、前半終了と同時に交代させられた2010年の東アジア選手権。 長友もいたと思うんだけど、ゴメン正直あまり記憶にない。 当時の彼らはスペシャル・ワンではなく、若手有望株のひと......続きを読む»

【読売経験遊戯】期待の若手を超えた若手選手!藤村大介「268試合の価値」とは?

ベテランの調整と若手の挑戦の季節が始まった。 これが、大竹か。 韓国・LG戦で移籍後初の実戦登板すると、2回2安打無失点デビュー。 去年までは東京ドームで登板しても、立ち位置はあくまで「巨人打線に投げる広島の大竹」。 だから、「味方としての大竹」を見るのは初めてだ。 なんだよ同じクラスになってみたら、意外と話しやすいじゃん。 隣の席の大竹さん、いい投手だな。ちょっと好きになりかけてるよ。 丁寧に......続きを読む»

【読売再起遊戯】巨人軍崖っぷちの元盗塁王!藤村大介「屈辱の4盗塁からのリスタート」とは?

この人たちには、これまで楽しませてもらった借りがある。 マイケル・ファスベンダー、キャメロン・ディアス、ブラッド・ピット、ハビエル・バルデム。 豪華オールスターキャストがベンチ入りした、リドリー・スコット監督作品「悪の法則」。 裏ビジネスに手を染めたイケメン弁護士が破滅していく過程を異様に丹念に描いた本作。 暗い。っていうか静かにエグい。デートムービーにしちゃダメ絶対。 そろそろ盛り上がるぞ、さあ......続きを読む»

【読売苦悩遊戯】ベイ打線に10失点で巨人連勝ストップ!打率121の元盗塁王「藤村よ、明日に向かって走れ」とは?

今のプロ野球界には緊張感がない。 チームを越えた交流するなら、もっとファンに見えないところでやってくれって話だよな。 サムライジャパンとペナントレースは別腹だぜ。 演者同士が舞台裏を見せてどうすんのさ。 ムダ毛処理しながら愛を語られても、俺らドン引きっすよ。 だよね。最近のプロレス界もヒリヒリする緊張感が薄れちまった。 トークショーで笑い合っていたレスラー同士のタイトルマッチなんか燃......続きを読む»

【読売初物遊戯】6投手完封リレーでセ界の青木移籍後初勝利!2軍で人生初本塁打「藤村大介に残された3年間」とは?

困ったな。開きすぎちまった。 赤ヘルにあっさり連勝して、雨でゲームの流れた2位阪神とは3.5ゲーム差。 コレ、ギリっす。4ゲーム差以上開いてしまうと、もはや緊張感やスリルが薄れちまう。 俺らは独走ペナントレースの退屈さを知っている。 ロペスと内海が怪我して、こりゃあヤバイと寄せて上げて盛り上がったのに両リーグ40勝一番乗り。 26日、広島第2ラウンドは22歳の笠原将生が今季初先発。 ......続きを読む»

【読売先頭遊戯】たかがホームラン、されどホームラン!巨人軍・藤村大介が「プロ初ホームラン」を求められる理由とは?

デカいじゃなくて、高い。 隣のパイオツトークではなく、先行予約が開始されたWBC東京ドーム開催分のチケット代の話題である。 内野S席18000円、内野A席12000円、外野指定席ですら5000円。 もちろん指名料は別だじゃなくて、手数料は別だ。 不思議なものでこの価格を前にすると、普段のプロ野球のチケットって安いなとすら思えてくる。 しかもダブルエリミネーション方式という変則トーナメン......続きを読む»

【読売未来遊戯】セ・リーグペナントレースは二度死ぬ!藤村大介が歩む「2017年巨人の旅」とは?

巨人ファンの夏休みが終わった。 独走症候群。ゲーム差がつきすぎて、ロングバケーションモード。 谷間の若手先発投手の将来性を見極めるプレオープン戦状態。 8月も終わり、そんな日々ともサヨウナラだ。 ゲーム差7で迎えた真夏のGDみちのく3連戦シリーズ。 まあ3連敗さえしなければいいでしょ、イージートゥドラゴン気分で臨んだら、 復活ブランコにフルボッコ状態の2連敗。 さすがにチャンピオン......続きを読む»

【読売奪首遊戯】「悩める22歳、藤村大介の憂鬱な希望」~23歳の天才・坂本勇人の罪と罰とは?

あれは巨人、いやまさしくGカップの迫力だ。 1日、東京ドームにはダイナマイトの谷間が出現していた。 ルーキー、しかもドラフト7位。 プロ初の先発マウンド。 首位中日とゲーム差なしで迎えたセ・リーグ前半戦の大一番。 巨人先発は爆弾貴公子東野でもなければ、2軍の先発二本柱の笠原や小山でもない。 田原誠次、22歳。 昨年の今頃は社会人野球、職場でイスを作っていた男(2日付スポーツ報知情報)。 それが、い......続きを読む»

セリーグ新人王戦線異状ありとは?

もしかしらヤレるかもしれない。 いつだって事態が好転していく瞬間というのはいいものだ。 停滞していたクライアントとの地道な交渉が実った時や、 無理をして組んだ長期ローンを完済した日の解放感は最高だ。 3週間前に、「プロ野球死亡遊戯」では今シーズンの巨人の戦いぶりについてこう書いた。 「それにしても、今シーズンの巨人は分からない。 「今度こそ浮上する」「もう終わった」、この繰り......続きを読む»

巨人のセカンドは藤村大介で決まりなのか?

東京ドームから出ると、外は小雨がぱらつき気温が急激に下がっていた。 10回表にT-岡田の打球がライトの頭を超えた瞬間、私は席を立った。 残念ながら今の巨人打線には3点のビハインドは重すぎる。 本日のオリックス戦は5月12日の横浜戦以来の東京ドーム開催試合である。 この僅か10日あまりの間に、チームの状況は大きく変わってしまった。 小笠原と亀井は故障で離脱、脇谷とライアルは二軍に降格した......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71476469

(09月22日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss