プロ野球死亡遊戯

【元巨人選手遊戯】大田泰示

【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」

良かったな。本当に良かった。 それが寝起きで「大田泰示、日本ハムへトレード」のニュースを聞いた、最初の感想だ。 強がりでも、ふざけているわけでもなく、99%そう思った。 で、残りの1%は妙な寂しさだ。 「寝てる場合じゃないっすよぉぉ!」 スマホの向こう側では、ヤングアニマル本誌で一緒に大田のインタビューに行ったO野木編集マンがシャウトしている。 そうか、夢じゃなく現実か。 本当ならば、選手の格的に......続きを読む»

【読売提案遊戯】大田泰示「ワン・モア・タイシ」

プロ野球が始まった。 いや、あらためて書くのもなんだけど、昨夜の開幕戦は独特の高揚感があるから特別イベント。 2戦目の今日からいつもの通常運転週末デーゲーム。 巨人はクルーズ最高、長野2戦連発、小林猛打賞の二桁得点でヤクルト相手に開幕2連勝。 と書くと景気は良さそうだけど、東京ドームで2時間51分の試合がやたらと長く感じたのも事実だ。 まだプレーする選手だけじゃなく、見ているこっちも野球を真剣に見......続きを読む»

【読売新婚遊戯】東京ドーム今季初試合!大田泰示「4番センター大田いらっしゃーい」とは?

「戦いとは99%の狂気と、1%の理性である」 かつてアントニオ猪木はそう言った。 この「戦い」という言葉は、「仕事」とか「受験勉強」とか「恋愛」にも置き換えられる。 何事も自分の中に1%でも客観性を残しておかないと、対象との距離感を見失う。 完全ガチの100%の狂気に身を投じた瞬間に人はストーカーになる。 効率性を無視した残業。あれは一種の会社ストーカーだ。 馴染みのラーメン屋に毎日通ってメニュー......続きを読む»

【読売寸前遊戯】菅野が踏ん張り巨人いよいよマジック2!大田泰示「ネタからガチへ」とは?

「鶴田と俺じゃスイングしないだろう」 かつて長州力はそう言った。あいつと俺じゃ噛み合った試合にならないよと。 そうね、ナゴヤドームの巨人と中日もいまいちスイングしなかった。 本調子とは言えない菅野の前に、ダブルプレーの山を築き6回無失点に抑えられたドラゴン打線。 菅野は12勝目。防御率2.36、勝率706はリーグトップを快走。 巨人はいよいよマジック2。 なんだけど、どこか不完全燃焼感が残ったのは......続きを読む»

【読売一桁遊戯】代打逆転アーチで巨人ついにマジック8!大田泰示「のび太とタイシ」とは?

目の前に座った、前列の男子高校生4人組が全員泣いていた。 映画「STAND BY ME ドラえもん」。 かったりーなあって感じで席に着いた彼らが、1時間後には静かに涙を拭う午後の映画館。 ドラえもんに助けを求め、ひみつ道具に頼り、ラクばっかりしようとする野比のび太。 だが、ある時を境に、あんなにボンクラだったのび太が、自分の力で立ち上がろうとする。 ジャイアンに殴られ、しずかちゃんに愛想を尽かされ......続きを読む»

【読売定番遊戯】巨人焦らず連敗脱出!大田泰示「いっそこのままで」とは?

ドラゴン危機一発。 巨人軍元サヤオーダーで連敗脱出。 色々あったけど、戻ってきちゃいました。 1番長野、3番坂本、4番阿部、5番村田、6番高橋由伸。 中日・大野から、東京ドームで3発のホームランを打ち上げ6得点。 坂本は6年連続二桁本塁打となる10号3ラン。巨人の遊撃手として初の快挙を達成。 投げてはジャイアンツ球場から逆輸入、セドンと実松のセドマツバッテリーも6回途中1失点。 世間は夏真っ盛り......続きを読む»

【読売未完遊戯】巨人軍44番1年目の憂鬱!大田泰示「決断の時迫る」とは?

そうか、田原はタイにいたのか。 次代のアジアの大砲と期待され続けた、187センチ、87キロの大型FW。 田原豊は、14年1月からタイプレミアリーグのサムットソンクラームFCでプレーしている。 と思ったら、日本復帰を目指し横浜FCで練習参加のニュース。 中学時代は、相撲界からもスカウトされたというフィジカルモンスターも早32歳。 鹿児島実業高から飛び込んだJリーグ1年目に「目標は最低でも得点王」と言......続きを読む»

【読売期待遊戯】連日の8番センター先発起用!大田泰示「巨人ファンが背番号44を応援する理由」とは?

甲子園には、橋本も上本もいなかった。 開幕から全34試合スタメン出場を続けていた巨人・橋本到は、左大腿二頭筋の肉離れ。 打率336、28得点とチームを牽引していた阪神・上本博紀は、右手親指の末節骨骨折。 広島ではプリンス堂林が右手中指骨折で登録抹消でしょ。 若手は活躍することよりも、試合に出続けることの方が難しい。 坂本も長野も鳥谷も、超タフじゃん。 大きい怪我をしないし、とにかく試合に出続けられ......続きを読む»

【読売解禁遊戯】巨人軍史上最攻オーダー!188センチ、100キロ「1番・大田泰示の可能性」とは?

プロ野球選手とグラビアアイドルの体重は嘘である。 デビュー当時の体重をそのまま公式データとして使い回し。 「20歳ぐらいの時のまま。あれから10キロは増えている。そろそろ選手名鑑の体重も変えてください」 広島のマエケンも思わずカミングアウト。 メジャーリーグのスカウトが右投手を評価する際、身体のサイズは重要なファクターのひとつだ。 新球スプリットのマスターと新体重申告。コレ、ガチだねメジャー移籍。......続きを読む»

【読売熟考遊戯】狙われた巨人軍プロテクトリスト!「久保、藤村、大田を巡る攻防戦」とは?

俺、宇宙に行ってきた。 思わずそう呟きたくなる映画「ゼロ・グラビティ」、ついに日本解禁。 来たね、コレ。今年度ナンバーワン来たよ。 作業中の事故によって、丸腰で宇宙空間に放り出される宇宙飛行士と科学者。 さあ、どうサバイバルする? とにかく宇宙の怖さがハンパない。 酸素もない、光もない、ないないない何にもない。どこにも行けない恐怖。パイオツどころじゃないリアル。 この映画は酔う。 ......続きを読む»

【読売真夏遊戯】エラーとボークの逆転4連勝でマジック39点灯!ついに始まる「巨人軍熱闘甲子園」とは?

「招待してくれたら、ハッピーだ」 ロールスロイスで球場に来る男が、名球会への扉をノックした。 ヤンキースのアルフォンソ・ソリアーノ、キャリア372本目のホームランで日米2000本安打達成。 日本でニホンっていうか2安打、アメリカで1998安打。 「広島のアカデミーで始まって、日本の2軍でやって、それでロールスロイスに乗っている」(スポーツ報知) それが僕的にはいいなぁと同僚のイチローも......続きを読む»

【読売育成遊戯】巨人軍眠れるハイブリッドモンスター!「大田泰示のスタメン起用はクレイジー」なのか?

困った時はググるか電子辞書。 最近、紙の辞書を手にしていないな。 13日から公開の始まった「舟を編む」。 2012年本屋大賞を受賞した三浦しをんの同名小説を新鋭・石井裕也監督が映画化。 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫らオールスターキャストで辞書の編集に励む人間模様を描く。 それって、超地味なテーマじゃない? うん、恐ろしく地味だ。で、滅茶苦茶丁寧にその地味な過程を描写している。 だっ......続きを読む»

【読売先頭遊戯】原監督ちょいモレ未来構想!巨人軍「大田泰示1番起用案」はケーフェイなのか?

今シーズンの巨人新助っ人はサブカルだ。 先日、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」と「さよならドビュッシー」という2本の映画を続けて観た。 前者は今年度のアカデミー賞で作品賞を含む主要11部門でノミネートのハリウッド大作。 後者は「このミステリーがすごい!」大賞受賞作を橋本愛主演で映画化の半アイドルムービー。 プロ野球で言ったら、「ライフ・オブ・パイ」が楽天のジョーンズクラスの......続きを読む»

【読売消化遊戯】ハイブリッドモンスター大田泰示プロ初ホームラン!背番号55は巨人軍消化試合に「金の雨」を降らせるのか?

レベルが違う。 弱冠24歳で新日本プロレス伝統のG1クライマックスを制覇したオカダ・カズチカ。 人呼んで、「レインメーカー」。 リングに金の雨を降らせる男。 そして、この男もモノが違う。 巨人軍伝説の「背番号55」を背負った22歳。 セ界制覇から40時間後、23日の東京ドームはハイブリッドモンスターの独壇場となった。 まさに嵐を呼ぶ怪物。 日曜日の東京は朝から激しい雨が降り続いて......続きを読む»

【読売55番遊戯】巨人軍ハイブリッドモンスター狂騒曲!大田泰示は「大型内野手」なのか?それとも「万能外野手」なのか?

2015年にはスケボーが空を飛んでいるはずだった。 「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の世界まであと3年。 2012年のメイド・イン・ジャパン、まさにあの頃の近未来を我々は生きている。 SF映画には厳しい時代になったものだ。 現在公開中の映画「プロメテウス」。 「エイリアン」「ブレードランナー」で知られる巨匠リドリー・スコット最新作。 私はIMAX3Dの巨大スクリーンで観......続きを読む»

巨人軍「背番号55」の後継者・大田泰示は何処に向かうのか?

大田が出て、藤村が返した。 5回裏、この試合唯一にして、最大の見せ場だった。 交流戦首位の対ソフトバンク戦、しかも相手の先発投手はエース和田だ。 今の巨人のチーム状況を考えると、圧倒的不利は否めない。 そういう中で、藤村が3安打、大田はプロ初長打を含む2安打と結果を残した。 例によって、私はオリンパスの双眼鏡で大田を徹底マークしていたのだが、 バッティングに関しては極端な早打ち(......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71474015

(09月21日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss