プロ野球死亡遊戯

ライアル通信バックナンバー

【プロ野球死亡遊戯開幕特別号】「月刊ライアル通信」〜ラスティ・ライアルは永久に不滅なのか?

「あれは元巨人のフィールズじゃないのか?」 数週間前、レンジャーズ建山のオープン戦登板を報じるニュース映像で、 対戦バッターとして一瞬画面に映り込んだのが、 ドジャースのユニフォームを着たフィールズだった。 昨オフ、FA移籍してくる村田の背番号25を空ける為に解雇されたと、 一部の巨人ファンの間でジョークになっていたフィールズ。 彼はマイナー契約ながらも、逞しくメジャー復帰を目指してバッ......続きを読む»

【月刊ライアル通信】イチローは巨人よりも偉大なのか?

「ファーストベースにヘッドスライディングしても、それが様になる珍しいプロ野球選手」 元広島、高橋慶彦を取り上げた傑作小説「走れ!タカハシ」(村上龍著)のキャッチコピーである。 「クラブハウスにサンシンバックレしても、それが様になるクレイジーなプロ野球選手」 2011年MSP(Most valuable Shibou Player)受賞選手、元巨人のラスティ・ライアルである。 今年もまだ「ライ......続きを読む»

【月刊ライアル通信】年末特大号〜ライアルの後継者はあのヤングジャイアンツで決まりなのか?

渾沌と混乱と狂熱の2011年もあと数十時間で終わろうとしている。 大晦日は、紅白とダウンタウンとライアル。 忘年会からはサンシンバックレ。 そんなベースボールフリークの皆さんに1年間の感謝を込めて、 今回は「プロ野球死亡遊戯」年末特別企画、 「行くライ、来るアル」をお送りしようと思う。 代打で三振してベンチではなくクラブハウスに消えたサンシンバックレジャイアンツ、 栄光の2011年MS......続きを読む»

「週刊ライアル通信」CS特別号~ライアルのルーツは名古屋にあったのか?

「野球のことは分からないけど、お客のテンションで中日が勝ったか負けたかは分かるよね」 栄のナイトガールはそう言っていた。 「落合の最後の聖戦と、元巨人ドラ1河原のラストピッチングを見に来たんだ」 私は東京から名古屋まで来た理由を説明した。 だから野球のことは分からないって言ったじゃん、という女の子の不貞腐れた表情は無視して続ける。 「あとはね、ライアルだ」 えっ誰?っていうかこのおっ......続きを読む»

「週刊ライアル通信」エピローグ~サヨナラ、トーキョージャイアンツとは?

「アベさん、チョウノさん、アリガトウ」 そう言い残して、ライアルが日本を去った。 白いポロシャツにジーンズというラフな格好で空港に現れたライアルは、 日本球界や巨人への恨み辛みをぶちまけることもなく、 「まだ28歳。メジャーでプレーできるよう頑張るよ」と語ったという。 このニュースを報じるスポーツ報知に掲載されていた一枚の写真には、 プレッシャーのかかる仕事から解放された安堵感と、将......続きを読む»

「週刊ライアル通信」最終号〜ライアルとは何だったのか?

ソフトバンク連覇の裏側で、 ある選手の日本プロ野球でのキャリアが終わりを告げた。 ラスティ・ライアル、28歳、元メジャーリーガーにして現巨人軍内野手、だった男。 「解雇」 スポーツ新聞各紙はそう報道した。 他の外国人選手のように、退団濃厚とか来季契約は白紙という表現ではなく、 「ライアル解雇」という事実を淡々と伝える記事だ。 9月3日のヤクルト戦、代打で三振した後に試合途中にも関わ......続きを読む»

「週刊ライアル通信」特別配信号〜なぜ男は職場放棄をしたのか?

ついにこの時が来たようだ。 今朝、日刊スポーツが「ライアル職場放棄」と大きく報じた。 掲載された記事の内容を要約してみよう。 「ライアルは3日の神宮でのヤクルト戦に代打で出場し、 見逃し三振に倒れた直後、試合中にもかかわらずベンチを離れクラブハウスに帰っていた。 同内野手は既に登録抹消となっているが、理由は再調整ばかりではなく、 背景には「職場放棄」があった模様。 球団からも罰金......続きを読む»

ライアルは今どこで何をしているのか?

「ライアルがツキまくっている」。 7月9日付けスポーツ報知の名物コーナー「ジャイアンツ日記」の一文である。 少し長いがそのまま引用させてもらおう。 「ライアルがツキまくっている。 G球場のクラブハウスにある当たり付き自動販売機でミネラルウォーターを購入すると、 機械の数字が見事に4つ並んで大当たり。 しかし、喜ぶこともなく平然と2本目を購入。 「何回、当たったか分からないヨ」。 ......続きを読む»

ついに帰って来たあの男は巨人の救世主になりえるのか?

「イチローは話しやすい人だったね」 プロ野球ニュースでヤクルトのバレンティンの独占インタビューを放送していた。 (イチローとバレンティンはマリナーズ時代の同僚である) 6月17日現在、打率325、16本塁打、30打点、出塁率413。 打点はトップと1点差の2位タイだが、その他の部門はトップを走り堂々の準三冠王である。 特筆すべきは長打率の高さで687。 これはパリーグトップのソフトバ......続きを読む»

巨人2勝10敗からの逆襲とは?

2勝10敗。8つの負け越し。 この数字は巨人の交流戦におけるパリーグ上位3チームとの対戦成績である。 対ソフトバンク0勝4敗。 対日本ハム1勝3敗。 対オリックス1勝3敗。 私は東京ドームで開催された6試合すべてをバックネット裏2階席で観戦したが、 結果は0勝6敗。 完全素人ドM野球観戦、まさに「プロ野球死亡遊戯」である。 だが、不思議なことにショックはほとんどなか......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:1849
  • 累計のページビュー:71808247

(11月21日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss