プロ野球死亡遊戯

【巨人軍選手遊戯】亀井善行

【読売万能遊戯】亀井善行「いつもそこにいるカメイ」

気が付けばいつも静かに主役を張る男。 学生運動渦中の1969年の仙台を舞台にした映画『無伴奏』を観た。 名曲パッヘルベル:カノンが鳴り響く中、主演の成海璃子の無垢さを絶妙に引き立てる恋人役には池松壮亮。 もちろん彼は今作でもしっかり脱いでいる。 『愛の渦』『海を感じる時』『紙の月』とちょっとアダルトな雰囲気の映画には必ずと言っていいほど裸を披露する池松君の姿。 まさに今そこにあるケツ。 飛び抜けた......続きを読む»

【読売4番遊戯】亀井善行「カメイの魅力」

オオサカ・イズ・バーニング。 巨人軍、年に1度の京セラドーム主催試合。 こういう時のオオサカはマジ燃える。 例えば、初めてのサマーソニックが開催された南港の風景。 ついに都市型ロックフェスが大阪にやって来る。 あの日、「いつも東京ばっか楽しんでズルイやん」的な怒りも手伝い熱が爆発。時が暴走。 南港の荒れた足場で砂ボコリが舞う中、みんなヤケクソでモッシュをかました真夏のストレート。 タオルで顔や口を......続きを読む»

【読売W杯遊戯】巨人打線爆発の4連勝で首位快走!亀井善行「カメイとアウベス」とは?

やはり、ブラジルは強い。 巧いのはもちろん、強い。 ブラジルW杯開幕戦でクロアチアに逆転勝ち。 ネイマールやオスカルの超絶シュートに目を奪われがちだが、そのフィジカルはハンパない。 ボールへの寄せ、走り出し、持久力、ボディコンタクト、体幹の強さ、その全てが規格外だ。 Jリーグ経由で世界へ羽ばたいたフッキのケツの安定感は、全盛期の野茂英雄とタメを張るだろう。 ファンタジスタが優雅に舞っていた時代は終......続きを読む»

【読売便利遊戯】ついに今季初の1軍昇格へ!亀井善行「名脇役カメイの存在感」とは?

最大のオールスターキャストが集結。 えっ?ロペス、アンダーソン、セペダ、マシソン? ちゃうがな。30日から日本公開の始まった「X-MEN フューチャー&パスト」。 今回は2023年と1973年を行き来するウルヴァリン。 あれ?なんか久々ね、この書き出し。 交流戦は飛び日程だし、じゃあ映画でもって軽い気持ちで観たら予想以上に面白かった。 キャラクターのパワーバランスがちょうどいいっす。 強い......続きを読む»

【読売中堅遊戯】亀井善行が手術で長期離脱へ!亀井・寺内・松本「巨人軍オーバー30崖っぷち軍団」とは?

あちらを立てれば、こちらが立たず。 ラーメン食ったら、牛丼食えず。 2日ヤクルト戦、先発・菅野と2番手・内海がともに3回無失点。 普通に考えたら、開幕投手は巨人・内海vs阪神・能見の両サウスポー対決。 なんだけど、菅野vs藤浪の「新スーパーエースガチバトル」が開幕戦で実現したら盛り上がるよね。 え?和田監督は、すでにノウミさんって明言してるの? いやぁ、そりゃあないよ亀井さん。 ......続きを読む»

【読売調整遊戯】1番長野・2番坂本が不発で連勝ストップ!巨人日本一の鍵を握る「2番打者選抜総選挙」とは?

バックネット裏がペアで1万2000円か。バラ売りなら1枚6000円。 意外と普通の価格だなって、よく見たら12万円やないかっ!1枚6万円かよっ! 勘弁してくれよ金券ショップ。後楽園から歌舞伎町直行のパイオツナイターツアーじゃないんだから。 21日からの東京ドームGC三連戦。リーグ優勝濃厚ゲームぶっこみ価格。 これでその前に胴上げしてたら泣けるぜ。 14日、巨人は広島・キラの一発に沈んだ......続きを読む»

【読売一発遊戯】5本塁打12得点で巨人爆勝!亀井善行「繋ぎの2番はもう古い。これからはトドメの2番の時代」とは?

目の前にオカダがいた。 そうそう懐かしのイジリー。 ゴメン、ギルガメッシュちゃうがな。新日本プロレス所属のオカダ・カズチカ。25歳の若きチャンピオン。 5日、「橙魂」オレンジユニフォーム無料配布デーで混みまくる東京ドームのお隣。 後楽園ホールではオカダ・カズチカのサイン会が開催されていた。 対象グッズを買うと、なんとその場でオカダ自らサイン。 巨人で言えば、坂本勇人のグッズを買ったら、隣で坂本自身......続きを読む»

【読売特殊遊戯】巨人軍セ・リーグ首位通過で交流戦終了!新2番打者「亀井善行の球界最高クラスのある特殊能力」とは?

チームとしてのピークが過ぎてしまったな。 コンフェデレーションズ杯初戦で日本代表が地元ブラジルに3対0でボコられた。 カタール・ドーハからの厳しい移動スケジュールを加味しても、超完敗。 元Jリーグ名物、長友VSフッキの野獣対決が代表戦で実現するなんてと感動する間もなく、開始3分でネイマール弾。 これがW杯本番1年前でラッキーと思うには重すぎる内容。 おはようニッポンじゃねえよ。日曜の朝から日本のお......続きを読む»

【読売新潟遊戯】内海零封勝利、巨人軍貯金12で交流戦突入へ!阿部不振を救った「カメイ・イズ・バック」とは?

大リーグボール1号の名付け親はカネヤンだったのか。 G+で放送されていた「巨人の星」をチラ見したら、あまりのアナーキーぶりに驚愕した。 82年制作の総集編なので、冒頭には前年度日本一の巨人ナインも登場。 その中心は、もちろん当時ルーキーの原辰徳である。 新人王を獲得、貢氏との親子鷹、君はニュー巨人の星だと力んだナレーションも入るが、 さすがの原一族も星親子の前にはインパクトが薄い。 ......続きを読む»

【読売猛虎遊戯】巨人軍原辰徳の「わたしの彼は左打ち」〜ここがスゴイよ亀井義行とは?

あれが読売のキング・オブ・ポップスだ。 7日、七夕の夜の伝統の一戦。 東京ドームは坂本勇人の見せた猛虎原爆固めキャッチに揺れた。 7対5の巨人2点リードで迎えた8回表、阪神一死満塁の一打逆転の大ピンチ。 巨人のマウンドにはセットアッパー西村。 今夜の山だ。代打は桧山だ。 百戦錬磨の大ベテランが捉えた打球はセンター前へ。 同点2点タイムリー。 東京ドームの誰もがそう思った瞬間、巨人軍の......続きを読む»

【読売三十路遊戯】巨人軍二股騒動勃発!「やれんのか!亀井!」とは?

「ラミレスが巨人に復帰したのか?」 2日、巨人対広島戦。東京ドームの一塁側席で寿司を頬張りながら私は思った。 (メトロ・エム地下1階「ちよだ鮨」のにぎりセット690円がオススメだ) 4回表広島の攻撃、二死二塁。 白濱の打球が三遊間を抜け、二塁ランナー堂林が生還。 巨人レフトのチャージのヌルさと、バックホームの精度の低さ。 それは昨シーズン、ラミレスがヘビーローテーションで見せてくれた......続きを読む»

巨人軍「ヤングアダルト・プレイヤー」の憂鬱とは?

「あたしもうすぐ30歳になるのよ」 シンプルだが、深い台詞だ。 突き詰めると「あんたいったいどうするのよ?」という牽制球。 ついでにプロポーズ誘い球。禁じ手のデキちゃった隠し球。 次の塁に思い切ってスタートを切るのか、 ごめんやっぱり無理と元の塁に戻るのか。 ヤルか逃げるかどうする? 男にとっては何らかの決断を迫られる瞬間である。 二塁に進んだら進んだで、お互いの両親からは「初孫」なんて牽制球が攻......続きを読む»

巨人を悩ます「攻撃的2番バッターの誘惑」とは?

勝負パンツを履いて行ったのに、 あの娘にあっさりと逃げられてひとり寂しく帰路につく、 今夜もそんな試合だった。 台風接近が危惧された今回のセリーグ首位攻防戦だが、 途中、雨による中断があったものの無事開催された。 金曜日の初戦は台風や同時刻にキックオフを迎えていたサッカー日本代表の試合の影響もあり、 空席も目立ったが、2試合目の今夜は前夜よりも約1万人の観客増。 しかも隣接する国立......続きを読む»

巨人・亀井義行 ポリバレントを極める男

「亀井サード挑戦」 今日の報知の一面である。 完全なコンバートというわけではなく、 来季、小笠原が一塁を守った時のチームの選択肢の一つとのことだ。 亀井は、原監督のコメントにもあるように「たぐいまれな器用さを持つ選手」なのだろう。 球界トップクラスの外野守備に加え、今季はファーストもそつなくこなした。 だが、今シーズンの極度な打撃不振はチーム停滞の一因であり、 特にCS......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71476469

(09月22日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss