プロ野球死亡遊戯

育成の巨人の光と影

【読売祝福遊戯】育成選手制度10年目へ!「巨人軍ミリオンダラー・アーム」とは?

「夢を持つことさえ許されなかった彼らの人生を変える、あんたの責任は重大だよ」 インドの田舎町を車で走りながら、現地のオヤジにスポーツ・エージェントのJBバーンスタインは念を押される。 くれぐれも選手をスカウトだけして終わりにしないでくれよ、と。 現在公開中の映画「ミリオンダラー・アーム」。 元売れっ子の崖っぷちエージェントが一発逆転を狙い、インド人初のメジャーリーガー誕生に奔走する本作。 インド全......続きを読む»

【読売支配下遊戯】巨人軍イクセイのリアル!「39分の1の奇跡を起こす戦い」とは?

「一番嫌だったバッターは、松井秀喜ですね」 BS朝日のSPORTS Xで横浜F・マリノスの中村俊輔とID野球の申し子・古田敦也が対談。 小学生時代は野球もやっていたというシュンスケが古田に聞いた。 今まで対戦してきて一番嫌なバッターは誰ですか?と。 古田は即答する。やっぱり松井秀喜です。 「単純なことですよ。ホームランを打つから。 僕らの感覚的に言うと、3割打とうが、4割打とうがシン......続きを読む»

【読売下部遊戯】ついに勝率5割でリーグ5位!主力選手大量離脱の「もうひとつの巨人軍」とは?

今シーズンの巨人は勝ちっぷりだけでなく、負けっぷりも最高だ。 すでに34試合消化、22勝10敗2分け。 その内1点差ゲームは7試合計5勝2敗。 つまり、超惜しいぜって1点差負けはわずか2試合しかない。 ほとんどが勝つ時はスカッと勝って、負ける時はあっさりダメだこりゃゲーム。 で、7日の阪神戦はまさに典型的な後者パターン。 先発・杉内が3発食らって、スタンリッジに完封負け。5対0。超完......続きを読む»

【読売育成最新遊戯】7年間で1軍定着はわずか33名中2人!「巨人軍育成選手制度は投資としては大失敗」なのか?

「やっぱり実戦向けの筋肉にはかなわねえな」 美人すぎる女性格闘家ジーナ・カラーノ主演作「エージェント・マロリー」を観ながら私は痛感していた。 モノホンはアクションの質が違う。 派手な分かりやすい動きよりも、相手を壊す格闘技術。 トーシロが見ても痛く重いパンチ。 150キロを超える速球よりも、相手を抑える投球術。 人身事故をやらかして猛省中の澤村にもこの映画をオススメしたい。 ストー......続きを読む»

【読売育成検証遊戯】後編~「育成の巨人」に明日はあるのか?

悲しいけどコレ、プロ野球なのよね。 2日に発表された戦力外通告10人中8人が育成選手というリアル。 果たして、巨人軍育成選手に未来はあるのか? 【読売育成検証遊戯】後編では、シーズン開幕前の今年1月に書かれた記事を紹介しよう。 記事中では、揺らぐ育成制度と清武問題の関係性にも触れている。 なお、次回の「プロ野球死亡遊戯」は、2012年版「育成選手の光と影」徹底検証である。 「育成の巨......続きを読む»

【読売育成検証遊戯】前編~巨人軍育成選手大量リストラの真意とは?

日ハムの3年ぶりのリーグ優勝の裏で、巨人にとっては慌ただしい1日となった。 2日午前8時35分ごろ、川崎市多摩区の交差点で澤村拓一が人身事故を起こした。 幸い被害者の家族3名は軽症だったものの、澤村には猛省を促したい。 午後には戦力外通告選手を発表。 2年前の楽天から移籍直後は1軍先発ローテの一角を担った朝井秀樹(28)。 今年6月にソフトバンクから移籍してきた久米勇紀(27)。 他に育......続きを読む»

「ジャイアンツNOW!」〜巨人軍育成戦線異状ありとは?

始まりは派手にぶっこんだ巨人軍契約金超過問題だが、その後のストーリーは停滞気味。 開始5分で女優のビーチクポロリをかまして、 それ以降が退屈なテレビ映画みたいなものだ。 「私は関与していない」 「清武さん、あんたは嘘をついている」 ジャーブラに手はかけたけど、揉んでない。 ティンパーを脱がしたんじゃない、落ちたんだ。 例によって、絶対的正義の存在しない不毛な水かけ論が始まろうとしている......続きを読む»

巨人軍2012年度版「ROOKIES」のキセキとは?

いい事ばかりはありゃしない。 須永英輝が肘をやってしまった。 左肘じん帯を痛め、26日の練習後に2軍キャンプ地の宮崎から帰京。 検査結果次第では、手術も有り得る重症とのことだ。 「スナガ、がんばれ! スナガ、がんばれ!」 キャンプイン前にも取り上げたが、 映画「ヒミズ」でヒロイン役の二階堂ふみは涙ながらにそう絶叫する。 あれはスナガじゃなくてスミダじゃねえか、なんて突っ込みは野暮だ......続きを読む»

「表の宮国、裏の大立、裏の裏の柴田」〜巨人軍ガンダム型育成最前線とは?

「トゥディ・イズ・ザ・グレイテスト」 そう歌ったのはスマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンだが、 19日の阪神戦で地元凱旋先発をした宮国椋丞がまさに最高のピッチングを見せた。 阪神打線はマートン、ブラゼル、新井兄が抜けた飛車角落ちの1.5軍仕様だったものの、 3回9打者に対して無四球無安打4奪三振。 19歳の一軍公式戦デビューすらしていない若者に対して、 何かしら苦言を呈した方がい......続きを読む»

2012年版「ろくでなし育成選手ブルース」とは?

知っているようで知らない。 見えそうで見えない。 リアリズム&チラリズム。 略して、リアチラ・プロ野球シリーズである。 まずは能書きの前に、数字でドン!だ。 SB:22(投10、捕4、内5、外3) F:0 L:2(捕2) Bu:7(投4、内2、外1) E:6(投3、内2、外1) M:9(投6、内3) D:4(捕1、内1、外2) S:7(投3、内1、外3) G:23(投1......続きを読む»

「育成の巨人」に明日はあるのか?

「変わらないものなんか何ひとつないけど、変わるスピードが違ったんだなあ」 ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトが名曲「スピードとナイフ」の中で歌っている。 私も変わればあなたも変わる。 長澤まさみがついにラブシーン。それは映画「モテキ」だ。 そして、清武GMが代わり、巨人も変わった。 本日の「プロ野球死亡遊戯」のテーマは「育成の巨人」である。 思えば、1年前。桃井球団社長は仕事始めにこう言った......続きを読む»

【再録シリーズ】2011年買うべき最優秀選手名鑑はどれか?

読売巨人軍は15日、MICHEAL、中里篤史、紺田敏正、上野貴久の4選手に対し、 来季契約を結ばないことを通知した。 「プロ野球死亡遊戯」では開幕前の2月に選手名鑑特集で中里を取り上げている。 結局、今シーズンの中里は東京ドームのマウンドには一度も上がる事はなかった。 元中日のドラ1にして、永遠の未完の大器。そして悲運の天才。 もしもプロ2年目の階段転落による右肩負傷というアクシデントがな......続きを読む»

巨人育成選手大量リストラの真意とは?

俺たちは川原に落ちているエロ本に興奮した最後の世代だ・・・じゃなくて、 私たちは巨人軍が球界の盟主だった時代を知る最後の世代だ。 この週末から開幕する日本シリーズだが、 地上波で完全中継されるというニュースが各メディアで報じられた。 何を今さら、なんて突っ込みは野暮だ。 21世紀に入り「プロ野球ニュース」が地上波から消え、巨人戦中継も激減し、 昨年はキラーコンテンツと言われていた日本......続きを読む»

テレビじゃ見れないプロ野球三軍戦の光と影とは? 

「さあ、おはよう」 長嶋茂雄はキャンプ初日のミーティングでこう挨拶したという。 9月22日、朝9時。 私はひとりジャイアンツ球場にいた。 とは言っても、日ハムと激しい優勝争いを繰り広げている巨人二軍の試合を見に来たわけではない。 ソフトバンク三軍対巨人第2の二軍の練習試合の観戦にやってきたのだ。 巨人第2の二軍といっても、位置的にはほとんど三軍である。 つまりレベル的にはプロ野球......続きを読む»

「育成の巨人も結局は金の力」は本当なのか?

育成と言っても結局は多額の資金が必要、 金で選手を囲っていることには変わりがない。 「育成の巨人」という言葉が定着するとともに、 他球団のファンからはこんな声も度々聞かれるようになった。 果たして、そのロジックは真実なのか? 本当に巨人の育成システムは金の力で成立したシステムなのだろうか? まず最初に、この「育成の巨人」という言葉に少し説明が必要だろう。 「育成の巨人」と定......続きを読む»

勝利と育成、優先されるべきはどちらか?

「ええ選手がいたら、若手だろうが誰だろうと使うよ」 オリックスの岡田監督が自著「オリの中の虎」で興味深い発言をしている。 「勝ちにこだわるか、若手を育てるか、なんて議論があるけどおかしい。 観客は、ファンは、どっちを見たいのか? 勝つのを見たいに決まってるやん」 そして、巨人の桃井球団社長は今年度の仕事始めにこう言った。 「巨人軍は自前選手を育てる、毎シーズン優勝を勝ち取るという......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:1918
  • 累計のページビュー:71810164

(11月22日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss