プロ野球死亡遊戯

WBC遊戯

【プロ野球死亡遊戯号外】生でダラダラぶっこぬきWBC続報!「内川、ジャパンやめんなよ」とは?

マジか?マジなのか? ニッポンのテレビの前のファンとセカンドベース上にいた井端は思ったはずだ。 その瞬間、皮肉にも試合中あれほどシンクロしなかった選手とファンがひとつになった。 正直、ありえないボーンヘッドに腹が立たなかったと言ったら嘘になる。 日本2点ビハインドで迎えた8回裏1死一、二塁。 さあこれからって時の4番阿部の打席で、いきなりエアスチールかよってね。 だが、直後に俯き加減......続きを読む»

【プロ野球死亡遊戯号外】生でダラダラぶっこぬきWBC速報!「侍ジャパン、シスコに散る」とは?

@shibouyuugi: シスコは国家斉唱中。1番鳥谷、4番阿部、5番坂本、6番糸井。 もちろん先発はマエケン。原の辰っつあんも始球式でスタンバイ中。 @shibouyuugi: 1回表のマエケン硬いな…。制球に苦しみ二者連続四球。たまらず阿部、マウンドへ。 @shibouyuugi: 1回表、プエルトリコ1点先制。四球連発のマエケン。 4番モリーナ弟を空振り三振も5番アビーレスに......続きを読む»

【WBC捕手遊戯】阿部慎之助vsヤディアー・モリーナ!WBC統一タイトルマッチ!2013年世界最強捕手決定戦とは?

これは世界最強捕手決定戦だ。 18日、ついに準決勝を迎える大人の世界甲子園、WBC。 本命アメリカが敗退し、日本の相手は2次ラウンド2組2位のプエルトリコに決まった。 過去にホルヘ・ポサダやイバン・ロドリゲスを輩出した世界最大の捕手輸出大国。 今大会も要注意選手は背番号4。ホームを死守するキングコングことヤディアー・モリーナ(30歳)だ。 カージナルスのレギュラー捕手として5割近い盗塁......続きを読む»

【WBC突破遊戯】侍ジャパンまたも二桁得点でグループ1位通過!今の日本代表はもはや「打撃のチーム」なのか?

試合開始1時間で7点リード。 先発・大隣がオランダ1番打者のシモンズに先頭打者ホームランを浴びるも、 2回裏、DHに入った4番阿部が1イニング2本塁打をかっ飛ばし、一気に8点の猛攻。 終盤にリリーフ陣が打ち込まれ5点を失ったが、最後は不振の長野がダメ押しタイムリーで突き放しジ・エンド。 東京ドームのスタンドには河野アナ、森アナ、里田まいとサムライ美人妻も集結。 2次ラウンドMVPには台湾戦......続きを読む»

【WBC爆勝遊戯】侍ジャパン6本塁打16得点でアメリカ上陸成功!その裏で暴かれた「巨人代表投手陣の弱点」とは?

鳥谷先頭打者ホームラン。 松田ツーラン。 稲葉ソロ。 内川スリーラン。 糸井スリーラン。 坂本満塁ホームラン。 オランダ撃破。WBC最多記録の6本塁打、先発全員の17安打、16得点の猛攻で7回コールド勝ち。 最後の最後までギリギリの台湾戦がフルマラソンならば、 まるで昼下がりのアムステルダム公園を散歩しているかのようなピクニック・ゲーム。 私も思わず試合開始1時間で東京ドームか......続きを読む»

【WBC劇勝遊戯】侍ジャパンついに台湾撃破!「23時44分試合終了。ドキュメンタリーオブ東京ドーム3・8 後編」

フライデーナイトの東京ドームは超満員御礼。 今ってボールカウントが上に表示されるんですね。 国際基準だってさ。 WBCを介して部下を口説く上司の構図。 それぞれの絶対に負けられない一戦がそこにはある。 私は三塁側内野席後方に移動して、マー君の快投を見ていた。 @shibouyuugi: 6回裏、ジャパン3番手田中、2者連続3球三振の完全リリーフ。 今回の東京ドームはリプレイ映像が一......続きを読む»

【WBC苦戦遊戯】侍ジャパン絶体絶命!「19時7分試合開始。ドキュメンタリーオブ東京ドーム3・8 前編」

短期決戦は結果がすべて。 勝利は愛よりも重い。 ペナントレースのように「過程」や「将来のため」なんてエクスキューズは存在しない。 この采配はあなたの将来のためよ。 嘘をつけだ。 もしも鳥谷の盗塁が失敗していたら、今頃猛烈なコージバッシングが巻き起こっていたことだろう。 8回表、2点を上げ同点に追いつくも、その裏に台湾に勝ち越され、 日本1点ビハインドで迎えた9回表2死一塁、打者井端......続きを読む»

【WBC完敗遊戯】侍ジャパンA組2位通過!次戦は「元ヤンキースのエースとSHINJOの遺伝子を継承する男」とは?

ヨウ・ダイカンは台湾球界のシンジョウになろうとしたのかもな。 WBC1次ラウンドB組最終日は5日、台湾の台中で行われ、オランダと台湾が2次ラウンド進出を決めた。 最終戦で韓国と対戦した台湾は、8回に韓国・姜正浩に逆転ツーランを食らい2対3で惜敗。 これにより2勝1敗で3チームが並んだものの、得失点率により前回準優勝国の韓国はまさかの敗退となった。 B組の最優秀選手に選ばれた日本ハムの陽岱......続きを読む»

【WBC連勝遊戯】マエケン、澤村で侍ジャパン中国撃破!「88年組の最も危険な剛球遊戯」とは?

キューバ戦が今夜じゃなくて良かったな。 午後9時に飛びだした糸井の走者一掃二塁打で5点差になったのを確認して、風呂へ直行。 気分上々の週末のバスタイムで一息ついた野球ファンも多いだろう。 だって、ブラジル戦に続いて熱戦なんかされたら、週明けから疲労度がハンパない。 選手はもちろん、ファンもね。 サムライ・ブルー・マンデーになっちまうぜ。 正直、中国代表は強くなかった。 けど、そこま......続きを読む»

【WBC開幕遊戯】「WBCとは世界甲子園である」とは?

パウロ・オルランド・・・。パウロ・オルランド・・・。 三塁線への絶妙なセーフティバントに二塁へのディレードスチール。 縦横無尽にダイヤモンドを駆け巡るブラジルの1番バッターに唖然としながら、その名前を必死に思い出そうとしていた。 えっと錦糸町のスペイン熟女パブ・・・じゃなくて、どっかで聞いたことあるぞ。 2日夜、巨人オープン戦を6回終了時にバックレ、テレビの前にすべり込んだ直後の快速ショー。 27......続きを読む»

【読売同門遊戯】巨人軍対侍ジャイアンツ!「4安打2打点、坂本勇人爆発ライブ!」とは?

切ねぇ、マジ切ねぇ。 先月23日から公開されている映画「横道世之介」。 吉田修一の原作小説を元に、世之介役を高良健吾、ヒロイン・祥子に吉高由里子という鉄板キャスト。 1980年代を舞台に、長崎の港町から大学進学のため上京したエモいカントリーボーイ・横道世之介の青い春を描く。 上映時間160分が長く感じない。 延長12回の4時間試合が長く感じないみたいなものさ。 つまるとこ、ナイスゲー......続きを読む»

【侍現実遊戯】WBC日本ラウンド開幕直前!「鈴木イチローと浅尾タクヤを忘れるな」とは?

巨人、キャンプ打ち上げ。 なんてニュースはWBCの裏番組扱いだ。 だって、侍ジャパン対阪神の練習試合さえ地上波ゴールデンで生中継だぜ。 関東地区で阪神の試合がリアルタイムで見られるなんて滅多にない。 虎に完封負けって、貧打なのも、最初は盛り上がりに欠けるのも毎度のことだ。 結局、国際大会は結果がすべて。 勝ち進むにつれてライト・ユーザー・ピープルが祭りに途中参加する。 視聴者のほと......続きを読む»

【侍速報遊戯】第3回WBC日本代表チーム28名決定!「限りなくベストに近いサムライブルー」とは?

宮崎が燃えている。 サムライ・レッド・ホワイト・ウォーズ。 代表メンバー選考前、最後の紅白戦。 33名を28名に削る戦いだ。 ここまで来たら、なりふり構っていられないサバイバル。 プライドを捨てた「頼むからヤラせてください」プレーの雨あられ。 紅組先発としてマウンドに上がった澤村は、いきなり巨人の同僚・1番長野と対戦し内野フライにクイック料理。 同級生の3番坂本もセンターフライに打......続きを読む»

【読売実戦遊戯】巨人軍WBC組最初で最後の紅白戦!ついに迎える侍ジャパン「運命の4日間」とは?

「本当に選ばれたいなら、誰かを蹴落としても自分が選ばれないといけないわけですよ。 蹴落としてまでは・・・と思うんだったら、そこまで。 逆にそういう人には手を引いてほしい」 11日付スポーツ報知掲載、日ハム・中田翔のインタビュー「侍は語る」からの抜粋である。 やはり中田の80年代のプロレスラーのようなキャラは今の球界において貴重だ。 対戦チーム同士の選手がグラウンド内で談笑しあう風景は見......続きを読む»

【読売強敵遊戯】坂本勇人全治1カ月の重傷も2日で復帰!ビッグクラブ巨人軍を襲う「WBCクライシス」の影とは?

全治1カ月の重傷が、わずか全治2日で復帰。 9日、スポーツ報知がかました「鉄人・坂本アングル」。 右膝の骨周辺の筋肉が炎症を起こし、通常なら全治1カ月。 15日から始まる侍ジャパン宮崎合宿はもちろん、3月のWBC本戦にも影響しかねない重症。 9日には侍ジャパンの山本監督もキャンプ視察に訪れる。 ヤバいぞ。日本の「3番ショート」離脱か。 周囲に走る緊張感と焦り。 ここで巨人軍メディカ......続きを読む»

【オレ竜遊戯】中日・吉見一起のサムライバックレ!これが「ヨシミのミカタ」とは?

ペナントレースにもアクション映画にも、ある種の緊張感は必要である。 11日から日本公開の始まった映画「96時間リベンジ」。 4年振りの人気シリーズ続編。主演の元CIA役リーアム・ニーソンがべらぼうだ。 基本、アクションは無敵。さらに天才的ドライビングテクニック。 目隠しされてもすべての道順を把握できるビンビンの第六感。 揉みすぎるじゃなくて、強すぎる。で、何事も強すぎると盛り上がらない......続きを読む»

【読売選抜遊戯】WBCで実現するリトル・トーキョー・ジャイアンツ!「日本球界初の等身大の代表チーム」とは?

選挙死亡遊戯。 総務省は17日午前、衆院選の確定投票率は小選挙区が59.32%、比例代表が59.31%だったと発表した。 衆院選で戦後最低を記録。 今の政治とプロ野球の現状は似ている。 「最近の選手を知らないからナイターは見ない」 「今の政治家の違いが分からないから投票もしない」 政界も球界もライト・ユーザー・ピープルにプレゼンすることから始めなければならない。 若者の政治離れ、若......続きを読む»

【読売WBC遊戯】侍ジャパン監督は時をかけるコウジ!松井秀喜の代表召集案は「巨人復帰」への第一歩なのか?

時をかける少女。 空白の27年。 先月末、83年映画版がブルーレイとして発売されたので、10年公開版の「時をかける少女」と見比べた。 主演女優は、昭和版が原田知世、平成版が仲里依紗。 歴史を感じさせるキャスティングだが、結論から言うと2年前に公開された平成版の方が圧倒的に面白い。 っていうか、この映画の仲里依紗は日本映画史上に残る可愛さだろう。 アイドル・ムービーとしてのある種の完成......続きを読む»

【WBC急転参加遊戯】秋山、落合、山本の三つ巴の争い!憂鬱な「侍JAPAN監督レース」報道合戦とは?

イチロー、WBC参加に苦笑い。 5日付スポニチ電子版に、WBC参加について問われたイチローのコメントが掲載された。 「(携帯電話の)絵文字でいうところの苦笑いに汗という感じが一番気持ちを表すかな」 4日、日本プロ野球選手会の新井貴浩会長が会見し、来春の第3回WBCへの出場を正式表明。 7月の臨時総会で分配金等の諸条件の改善を求め不参加決議後、 NPB側の説得やメディアの猛烈な反発報道も......続きを読む»

【WBC次世代遊戯】「イチローJAPAN」の次は「ダルビッシュJAPAN」の時代がやって来るのか?

伝説が、壮絶に、終わる。 バットマン3部作ついに完結。 28日から日本公開の始まった「ダークナイトライジング」が凄い。 オススメとかそんなレベルの映画ではなく、 人間ならば観た方がいいという歴史的な傑作だ。 アクション、友情、裏切り、デザイン、コミュニティ、お姉ちゃん、すべてがそこにはある。 丸の内ピカデリーでは、上映中ほとんど誰も席を立たず目の前のショーに圧倒され続けた。 お客を......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3262
  • 累計のページビュー:71195763

(07月24日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss