プロ野球死亡遊戯

プロレス遊戯

【ボマイェ遊戯】たぎるぜ東京ドーム!中邑真輔と桜庭和志が到達した「格闘プロレス史上最高傑作」とは?

これこそ、アントニオ猪木が死ぬほどやりたかったプロレスではないだろうか? 私は東京ドームのバックネット裏2階席からふたりの男を凝視していた。 2013年1月4日、「WRESTLE KINGDOM7」ダブルメーンイベント。 IWGPインターコンチネンタル選手権試合、中邑真輔vs桜庭和志。 桜庭のセコンドにはブシロード木谷会長の姿。 立会人はあのスタン・ハンセン。 鳴り響く入場曲はもちろ......続きを読む»

【キングコング遊戯】スペシャル喧嘩マッチ!真壁刀義と柴田勝頼は「プロレス界の桑田・清原」なのか?

真冬の東京ドームはツーケーが冷えるんだな。 歓喜の日本シリーズ第6戦以来、約2カ月ぶりの巨人軍本拠地帰還。 今シーズン50回以上座ったいつもと同じ青いプラスチックシート、でも目の前の風景は全く違う。 いつもはスペシャル・ワン坂本勇人が守るショート付近に設置された四角いリング。 イッテンヨン、年に1度のプロレス祭り。「WRESTLE KINGDOM7」東京ドーム大会である。 もちろん目当......続きを読む»

【イッテンヨン遊戯】新日本プロレス運命の1日!ついに東京ドームで「今が過去を超える」のか?

イッテンヨン、前夜祭。 1月3日、アキバ・スクエアにて開催された「新春!大プロレス祭り」2日目。 前日は現在の新日本プロレスの中心レスラーが集結し、 この日はプロレス黄金時代を支えたレジェント達が一同に介した。 長州力にドラゴン藤波に初代タイガーマスクにハンセン。 ヘビィだ。80年代の巨人で言ったら、原、中畑、篠塚、クロマティみたいな面子である。 私の目当ては「ラジオ新日本プロレス」......続きを読む»

【大晦日IGF遊戯】藤田和之vs小川直也戦徹底検証!アントニオ猪木よ、これがおまえのやり方か?

42歳の藤田と44歳の小川。 交わるのがもう10年早ければ時代は変わり、あと3年遅ければ実現は難しかっただろう。 2012年12月31日、両国国技館。 IGFプロレスリング「イノキボンバイエ2012」メインイベント、藤田和之vs小川直也。 2人の闘魂継承者が16年の時を越えて対峙したリングで事件は起こった。 元レスリング日本一・藤田と元柔道世界王者・小川の煽り映像で両者入場。 リングの中......続きを読む»

【プロレス新時代遊戯】オカダ・カズチカ G1史上最年少制覇!〜21世紀のドロップキックはプロレス界に「金の雨」を降らせるのか?

あなたの過去の記憶はフェイクである。 SF映画の金字塔「トータル・リコール」リメイク版の日本公開が11日から始まった。 舞台は近未来。前作と同じく名前も仕事も結婚もすべて嘘の記憶を植え付けられた主人公が、 「記憶を売る会社」リコール社を訪ねたところから物語は始まる。 ・・・はずなのだが、正直私は開始5分で戸惑った。 物語設定もキャラ設定もかなり忠実にリメイクされているものの、 映画全......続きを読む»

【G1開幕遊戯】真夏の後楽園ホール震撼!シェルトン・ベンジャミンはG1クライマックスの台風の目となれるのか?

フクザワさんの誘惑。 8月1日午後6時、私は後楽園ホールの前でカウント2.9で堪えていた。 この日、開幕する新日本プロレス・真夏の祭典「G1 CLIMAX」。 立見の当日券で入れるだろうと余裕をこいて後楽園ホールに向かったら、立見席は完売。 周囲にいたお兄ちゃんに聞いたら、この時間は無謀ですよと呆れられる始末。 そうね、私が無知だった。 なにせ「G1 CLIMAX」をガチで見るのが、......続きを読む»

【プロレス遊戯】「21世紀のドロップキック」〜あなたはオカダ・カズチカを見ずに死ねるのか?

私にとって、プロレスは過去だった。 80年代プロレス黄金時代、90年代闘魂三銃士、そして三沢光晴。 リアルタイムでの熱狂はそのあたりで止まっている。 小川直也の暴走もプロレスラーの総合格闘技挑戦もひとつのニュースとして見ていた。 大変なことになっているんだな。 ミスター高橋の暴露本を書店で見かけたときも他人事として立ち読みした記憶がある。 プロ野球やサッカーのように日常の一部としてあったわけではな......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71195763

(07月25日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss