プロ野球死亡遊戯

【読売睡眠遊戯】新旧ドラ1サウスポー抗争勃発!巨人軍眠れるレフティモンスターはついに目覚めるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あたしたち、もう8年目よ。

8年、重い年月だ。
赤ん坊も小学生になり、ぶっ飛んだ女子大生もアンニュイな若奥様になる。
セ・パ交流戦が始まったのも、映画「宇宙戦争」が公開されたのも8年前の2005年の出来事だ。
まさに一昔前という感覚だが、その年の秋にひとりの怪物が巨人軍にドラフト1位指名された。
高校生史上最速サウスポーと恐れられた辻内崇伸(大阪桐蔭)である。
もうあれから8年が経つ。
今年こそはと、年初めの目標のように巨人ファンの間で言われ続けて8度目の春。
7年間のプロ生活で辻内は一度も1軍のマウンドに上がっていない。
昨年は1軍登録こそされたが、1度も登板機会のないままジャイアンツ球場に送り返される屈辱。
っていうか、7年間1軍経験なしでクビが繋がっているのは凄い。
普通ならばとっくに解雇されているだろう。
指名順位がチャンスの数。巨人軍ドラ1の金看板を舐めてはいけない。
褒めているのかディスっているのか分からなくなってきたが、彼がまだプロで生き残っているのは事実だ。

とはいっても、7年間で1軍登板ゼロということからも分かるように語るべくキャリアはほとんどない。
浪速の四天王と称された同期のT-岡田(オリックス)や平田良介(中日)には大きく水をあけられた。
輝かしい高校時代とは対照的な度重なる故障に背番号変更。
昨シーズンはプロ入り後初めて故障なく、1年間フルに2軍の中継ぎとして43試合に登板。
で、オフには結婚。
誰がどう見ても、勝負の1年だ。
元旦のスポーツ報知に掲載された原監督独占インタビューでは、チームの左腕事情についてこう話している。
「高木京、高木康のほかに左の中継ぎの役割を果たせる選手が出てくれば、京介を先発にすることができる」
つまり、左のリリーバー・アイニイージュー。
5年連続60試合以上登板の超人・山口、ダブル高木に続く、第4のサウスポー急募中。
育成上がりの岸敬祐、左肘手術からの復帰を目指す須永英輝、オリックスから移籍してきた阿南徹。
さらに楽天も狙っていた快速球ルーキーの公文克彦も候補のひとりだ。
ぶっちゃけ、コアな巨人ファン以外、誰も知らない面子が並んでいる。

ここで、いやいやあいつがいるやんけとマジでぶっこむ5秒前の巨人ファンも多いだろう。
そう、金刃。ゴメン、カネヤンは杜の都にトレードさ。
ちゃうがな、あのヨミウリ・ティーンエイジ・サウスポーこと1年前のドラフト1・2位コンビ。
松本竜也と今村信貴である。
とは言っても、このふたりはタイプが全く違うので比較が難しい。
現時点では1年目からファームでノーヒットノーランを達成した精密機械・今村が一歩リードしているが、 
自慢の制球力を武器に打たせて取る今村とは真逆でマツリュウは荒い、ついでに細い。
だが、ハマると時に140キロ台中盤の直球とキレキレのスライダーを投げ込む。
193センチ・78キロの球界最長身サウスポー。
スリークォーター気味のフォームから高校時代は「和製ランディ・ジョンソン」と評され、
1年目オフには台湾のウインターリーグ参加メンバーにも選ばれた期待のプロスペクトだ。
「今から香川に帰りまーす」なんてツイートを見ているとノーマルな19歳のヤングジェネレーションである。
私は将来的にこの松本竜也をリリーバーとして育てても面白いと思う。
正直、今の巨人ではなかなか先発ローテに食い込む余地がない。
ルーキー菅野にしてもローテを争うなんてレベルではなく、数年の内にエース争いをする逸材だし、
ローテ最年長の杉内でさえまだ32歳、リーダーの内海にいたっては30歳だ。
20代中盤の澤村、高卒3年目を迎えるエスペランサ宮国と皆一様に若い。
さらに小山や笠原といった谷間予備軍も控える。
ならば、マツリュウには大型左腕リリーバーとして1軍殴り込みをかけて貰おう。
まずは2軍のローテ育成プラン?もったいない?
もちろん先発として大型サウスポーの未知の可能性に賭けたくなる気持ちは分かる。
でも、どんな逸材も旬の時期というのがある。
あたし今が食べ頃よと。
稀に黒ずんで熟したバナナがうまいこともあるが、やはりピチピチの時に東京ドームで会いたいぜ。

そして、何よりあいつを目覚めさせるには劇薬が必要だ。
マツリュウよ、夢見心地の眠れるレフティーモンスターにドラゴンスクリューを食らわしてやれ。
松本竜也vs辻内崇伸。
ジャイアンツ球場の黒土マウンドで闘う、新旧ドラ1サウスポー抗争勃発。
いや辻内はもう厳しいし、松本はまだ早いでしょ?
そうかもね。でも可能性はゼロじゃない。
ラストはマツリュウが度々リツイートしている辰吉丈一郎の言葉で終わりにしよう。

99%ダメ?あと1%あるやん。

See you baseball freak・・・





1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【元巨人選手遊戯】辻内崇伸
タグ:
辰吉丈一郎
公文克彦
岸敬祐
須永英輝
阿南徹
高木京介
高木康成
山口鉄也
今村信貴
松本竜也
辻内崇伸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【読売睡眠遊戯】新旧ドラ1サウスポー抗争勃発!巨人軍眠れるレフティモンスターはついに目覚めるのか?

そういえば雄平は投手へ再転向でしたっけ?
どこぞの2刀流ルーキーに職人魂を見せつけてやってくれよと
一番センターで3割 時には左殺しのワンポイント
遠山さんもビックリでしょう

ヤクルトには野村の教えは生きてますよ。

【読売睡眠遊戯】新旧ドラ1サウスポー抗争勃発!巨人軍眠れるレフティモンスターはついに目覚めるのか?

>denさん

小野仁や元オリックスの川口知哉、ヤクルトで打者転向した雄平。
超高校級サウスポーは究極のギャンブルなのかもしれません。
まあ、菊池雄星なんかは入団時の期待が異様に高かったので物足りなさも感じますが、
高卒投手としては順調な成長を見せてますよね。

【読売睡眠遊戯】新旧ドラ1サウスポー抗争勃発!巨人軍眠れるレフティモンスターはついに目覚めるのか?

>ジャビットさん

星野は昨年8月に左股関節唇の修復手術を受け、現在リハビリ中らしいです。
恐らく、13年シーズンは1軍というより、支配下再登録を懸けたシーズンになるでしょう。
支配下登録後1年で解雇された大立の時も思いましたが、やっぱりドラ1と育成ではチームの対応も全く違う。
プロ野球のリアルが垣間見えますね。

【読売睡眠遊戯】新旧ドラ1サウスポー抗争勃発!巨人軍眠れるレフティモンスターはついに目覚めるのか?

辻内の毎年オフの期待値はかつての小野仁を連想させます。

どうせならこのまま2軍の主で伝説を築くのもある意味スペシャルかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

初めまして。【熱烈鷹党ブログ】

セ・リーグ順位予想【はじめまして!】

今年はどうなる?一塁手【巨人とプロ野球とそれ以外と。】

セ・リーグ順位予想!【巨人軍】

亀井善行 登録名変更【巨人が少し好きな人間のブログ】

巨人はなぜ「社是」を今更、制定したのか?【橙魂と共に】

開幕に向けて ~対中日~【越智大好きな巨人ファンのブログ】

ジャイアンツ日報【1月8日】【Lock-on Giants】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:1176
  • 累計のページビュー:71848776

(12月18日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss