プロ野球死亡遊戯

プロ野球小説『絶体絶命』第4話

このエントリーをはてなブックマークに追加

【前回までのあらすじ】 神宮クロマニヨンズの生え抜き3億円プレーヤー大野道大(35)は、世代交代の波に飲まれ東京エレファンツへFA移籍。右肩への不安もあり三塁から一塁転向を受け入れ、心機一転迎えるペナント開幕前夜。お湯を溜めるのに30分弱かかる巨大な風呂を待っている間、ふとスマホを手に取りある番号を押す。電話の相手は自分の人的補償としてクロマニヨンズへ移籍した石原昌利(25)だった。

【大野道大 東京エレファンツ内野手(35歳/14年目/ドラフト3位)】後編

「石原君。開幕1軍、なめでとう」

 まずいな、緊張しすぎて思わず噛んだ。何が「なめでとう」だ。自分が20代中盤なら、35歳のおっさんからいきなり電話が掛かってきたら引くな。だって俺がルーキーの頃は、30代のベテラン選手は本当に怖かった。プロ初のお立ち台に上がった試合後に半笑いでロッカールームに戻ると、「おい新人。お立ち台で両手を上げるのはまだ早い。片手にしとけ」なんてよく分からない説教を食らい高揚した気分は一瞬で吹っ飛んだ。一言で言えば「調子に乗るなよ若造」ってことだろう。

 でも月日が経つのは早いな。気が付けば、自分があの時の先輩の年齢になってるわけだから。俺が「なんだこのおっさん」って思ったように、電話の向こうで石原は警戒しているはずだ。なにせ、野球人生設計を狂わせちまったんだから。

「…どうしたんすか? 大野さん」 「驚かせて悪いね。広報から番号聞いてさ」 「いや全然いいですけど」 「知ってる? 投手は、荷物持つ時とナニする時は握力落ちるから利き手を絶対使わない方がいいらしいぞ」 「はい?」  何を言ってんだ俺は。初めてまともに話す野郎にナチュラルなセクハラトークかましてどうする。若い子との会話で困った時は一気飲みと下ネタ。一昔前の体育会系の悪い癖だ。

「とにかく、この度は申し訳ない」 「えーっ、なんすか? やめてくださいよ。本当にいいチャンスを貰ったと思ってるんですから」 「おぅそう言ってくれたら嬉しいけどさ。おまえ結婚してるんだっけ?」 「いや、まだです」  危うく、自分の家族の話をしかけて焦った。人の嫁の愚痴と子どもの自慢話ほど退屈なものはこの世にない。けど、他に共通の話題もないリアル。最近、自分が若い頃に「ああはなりたくない」と心に誓ったおっさんの行動に走ることが多々ある。ヤバイな、早く用件を済ましちまおう。 「そっちどう? クロマニヨンズ、結構雰囲気いいだろ?」 「ですね。まあ、エレファンツよりは」

 石原が元所属チーム名を自嘲気味に呟いたあと、お互い少し笑った。そうなんだ、エレファンツのキャンプを初めて体験したけど異様に暗い。球場照明が古いとかノスタルジアではなくて、本当に重く沈んで元気がないんだ。名門チームの宿命でひっきりなしに有名OBがグラウンドに来て気を遣うし、常にマスコミやファンが大量にいるから守備練習中に気楽に声をかけ合うのも難しい。

 この間なんか、400勝投手と3000安打の大打者がゲージ裏に張り付いて、場慣れしていない若手選手なんか萎縮して下向く始末。クロマニヨンズ時代は、前夜飲みに行ったキャバクラのおネエちゃんたちを球場に招待して、みんなでグラウンドから手振ってたんだぜ。もし名門エレファンツで同じことをやったら、間違いなく週刊誌の餌食だ。どっちが良い悪いではなく、老舗の高級料亭とシャレオツな居酒屋の違いみたいなもんでさ。

 石原くらいの年齢で、1軍実績のない選手ならば気楽に騒げる居酒屋っぽい神宮クロマニヨンズの方がプレーしやすいと思う。反対にベテランはFAで歴史のある名門チームに行きたがる。あれは金はもちろん、高級料亭に入れる自分ってステータスが欲しいんだよ。将来のためにもさ。ずっとそんなのは関係ないと思ってきたけど、いざ自分が入ってみて少しだけその気持ちが分かった。世の中から大事にされるって悪い気分じゃない。まあそんなこと25歳のピッチャーに言ったところで知ったこっちゃないだろう。とっとと本題にいこうか。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
絶体絶命
タグ:
絶体絶命

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プロ野球小説『絶体絶命』第4話

小説は通常のコラム5本分くらいの時間と労力が掛かりますが、2017年のメインの仕事として書いていこうと思います。
雑誌ヤングアニマルの誌面で読むとまた違う読感なので、ぜひ試してみてください(表紙が思いっきり水着のおネエちゃんですが…笑)

プロ野球小説『絶体絶命』第4話

生々しく裏表を表現されており、本当に興味深い。
「子どもに読ませられない」のキャッチフレーズ通り。
今後も楽しみにさせて頂きます。

こんな記事も読みたい

自滅で敗戦!vs東北楽天【オリックス愛時々闘球】

反撃の狼煙【きたへふ おおの かわくち つた゛】

巨人3連戦は1勝2敗も打線に明るい兆し【YOKOHAMA lover】

不調の長野の降格を薦めない評論家たちの真意【辛口G党の巨人軍改革委員会】

5月4日(木)対ベイスターズ@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

【2017 巨人vsDeNA 第5回戦】大竹の替え時は難しい!?ジャイアンツ、久々の連勝はマシソンのおかげでした。【孤独のプロ野球】

[ジャイアンツ愛]5/3 巨 4-1 De→ 大竹なぁ~今日で3勝なのに、なんだろ、この…【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

背番号『17』が頼もしく見えた【橙魂伝承】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3622
  • 累計のページビュー:71213705

(07月28日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss