プロ野球死亡遊戯

プロ野球小説『絶体絶命』第3話

このエントリーをはてなブックマークに追加

【前回までのあらすじ】 東京エレファンツの投手、石原昌利(25)は2軍の便利屋からチャンスを掴み、シーズン終盤に1軍昇格すると先発ローテの谷間を埋める活躍を見せる。オフの契約更改では820万円アップの1600万円でサイン。新しいマンションに引っ越し、彼女との結婚も回避。まさにバラ色のオフと思ったら、FA移籍してくるスタープレーヤー大野道大(35)の人的補償選手として、神宮クロマニヨンズへの電撃移籍決定の知らせが!?

【大野道大 東京エレファンツ内野手(35歳/14年目/ドラフト3位)】前編

 俺は10億円と引き換えに、球界一の悪役になった。

 大野道大は、自宅の無意味にデカい風呂場で湯船にお湯が溜まるのを待つ間、なぜかフルチンのまま、この数か月間の出来事を思い出していた。35歳で心機一転、神宮クロマニヨンズから東京エレファンツへFA移籍。3年総額9億円。っていうか報道には出てないけど、実は出来高も入れると10億円の大型契約を勝ち取った。いつの時代も、転職と結婚は運とタイミングだ。その決断により、時に見ず知らずの他人から恨みを買うことだってある。俺の場合もそうだった。

 日本球界のFA制度では、移籍選手の年俸ランクに合わせて、選手を失った側の球団が金銭補償のみか、金銭に加えて人的補償も求めるかを決めることができる。今回のケースでは、自分の旧年俸50%にあたる金銭1億5000万円と人的補償で石原昌利という25歳の右投手が、エレファンツからクロマニヨンズへ。すると、生え抜きの若手右腕を失った怒れるエレファンツファンが、ネット上で猛烈に俺をディスりだした。

 要はオマエの勝手なFAのせいで、期待の石原投手が犠牲になったのだと。さらに石原の「出て行くからには見返してやるくらいの気持ちで頑張ります」というコメントが火に油を注ぎ軽く炎上。悲劇の若手と金に転んだベテランのアングルで野球ファンは盛り上がった。ったく文句を言うなら選手じゃなく制度に言ってくれよ。巻き添えで移籍する石原には悪いけど、これが弱肉強食のプロ野球だ。誰かに食われたくなければ、自分の力で食う側に回るしかないんだよ。

 俺だって同期や先輩たちを食い散らかしてここまで来た。横一線で手を取り合ってスタートできるのは最初の新人合同自主トレまで。よくルーキー時代は入団年が同じ選手同士で集まって、ドラフト同期会とか盛り上がっても、そんなのは数年で終わっちまう。同期入団のドラ1は5年で引退して、今は埼玉でうどん屋やってるよ。そうなるともう会えねぇんだ。俺はスター選手ってどのツラ下げて会えばいい。嫌みなヤローだ。孤独なんだよ、年俸3億円って。知り合いは増えるけど、友だちはどんどん減っていく。

 そう言う自分も昔は崖っぷちの1軍半選手だった。早いもので、社会人野球からドラフト3位で神宮クロマニヨンズに指名されて、13年が経つ。身長175cmの痩せっぽちの捕手としてプロ入りするも、キャッチングが下手すぎてわずか1年で捕手失格。すると打撃コーチは「おまえは足も遅いし肩も弱い。とにかく振れ」の一点張りでマンツーマン指導。上等じゃねえか。結果がどうあれ、チャンスにビビって見逃し三振をするような奴にはなりたくない。男は黙ってフルスイング。俺は短所を直すより、長所を伸ばす方に野球人生を懸けた。

 1年目のオフは、冗談じゃなく気を失う寸前までバットを振り、何度か打撃ゲージの隣で休憩中に寝落ちしてしまったこともある。周囲からは、何のプレイだよと呆れられる練習量。もちろん寮生や同年代のチームメイトからは浮きまくる日々。当時の寮は今のように栄養管理も徹底されてなく、廊下にはコンビニ弁当の容器や菓子パンの袋、それに缶チューハイやビールの空き缶で溢れていた。部屋では麻雀、そして充満するタバコの煙。華やかなイメージのプロ野球の世界のもうひとつのリアル。このゴミ溜めで俺は終わっていくのか…。その恐怖から逃れるように毎晩バットを振り続けた。誰だって何年も下にいるとその雰囲気に慣れちまう。そんな先輩たちが周りには腐る程いる。この世界、2軍慣れしたら終わりだ。とにかく一刻も早くここから這い上がりたかった。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
絶体絶命
タグ:
絶体絶命

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プロ野球小説『絶体絶命』第3話

ご指摘の年俸箇所、完全に俺のミスで2話の方が赤入れ前の原稿アップしていたので修正してます。
どうぞよろしくです。

「プロ野球小説『絶体絶命』第3話」へのコメント

いつも楽しく拝読させていただいております。
文春野球コラムペナントレース等のコラムも
非常に楽しく読ませていただいております。

プロ野球小説『絶体絶命』第3話を読んでいて
気になったことがございます。
第2話では大野選手の年俸が「総額6億円の3年契約」と
記載されておりましたが、第3話では、
「3年総額9億円」と記載されております。
他のブログやネットニュースとは異なり、
きちんと推敲しているnakamiさんですので、
「もしかしたら推定年俸と実際の年俸の違いか?」
とも思いましたが、仕事柄気になってしまいましたので、
コメントさせていただきました。
不愉快な思いをさせてしまっていたら、申し訳ございません。
このコメントは削除していただいて結構です。

プロ野球小説『絶体絶命』第3話

あーやはり、校正の段階でも文体は少し指摘されましたねぇ。
今は連載1本としての面白さ優先。単行本化の際に全体のバランスを見て微調整したいと思います。

プロ野球小説『絶体絶命』第3話

かなり周到にプロットが練られているようですね
ここまでとても面白いです
人物が変わってるのにモノローグの口調はあまり変わってないのがちょっとだけ気になりますが、次回も楽しみです

こんな記事も読みたい

正念場【それでもカープファンはやめられない】

国産打線は……?【ドラゴンズ 時々 グランパス】

焦るでない【南国のカープファン】

【2017 巨人vs阪神 第3回戦】マイコはキレる前にメッセを見習え!ジャイアンツ、連勝ストップ!敗戦の中で得た僅かな収穫は?【孤独のプロ野球】

[ジャイアンツ愛]4/21 巨 1-4 阪→ 今日はまぁしょうがないかなぁ~初回の3点が重かった…【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

岡本和真の戦いはまだ始まったばかり【NO NAME】

4月21日(金)対タイガース@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

疲れの見える阿部。代役は村田を推す!【辛口G党の巨人軍改革委員会】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3622
  • 累計のページビュー:71213705

(07月28日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss