プロ野球死亡遊戯

【読売FA遊戯】巨人ガチ補強から分かる「チーム5年周期説」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人のストーブリーグがリア充だ。

えっどういうこと? いやリアルな補充ポイント多数みたいな。 先発の山口と吉川、左の中継ぎ森福、アベムラ保険マギー、右打ちセンター陽岱鋼。 突っ込もうにも今年の大型補強は超ピンポイントで、やけに理にかなっちゃってる。 正直、ひと昔前みたいに4番ファーストを無意味に3人獲るみたいなバブル感は皆無。 あの頃は、食卓にすき焼き・寿司・ハンバーグが一気に並んでるような意味不明なアンバランスさと能天気さがあった。 今は陽サラダ、森福納豆、どすこい卵焼きと異様にバランスのいい食事だ。 それだけ今の巨人冷蔵庫がギリギリのカツカツということだろう。 腐るなよ、立岡。諦めんなよ、橋本。最近味が落ちてるぜ。

えっ?これだけなりふり構わない大型補強なんてヤバイ引くって? いや本当にヤバイのは巨人ブランドが移籍市場で相手にされなくなった時だと思うよ。 FA選手を獲りまくってるうちは大丈夫みたいな。 オフはサッカーをよく観るけど、リーガ・エスパニョーラもレアルマドリードやバルセロナみたいなビッグクラブはとにかく選手の入れ替えが激しい。 何人かの中心選手を軸に毎年のように顔触れが変わる。 まるで秋葉原の女子大生キャバクラ…じゃなくて、まるでショート坂本勇人はそのままに周囲のメンバーが入れ替わる今の巨人だよ。 ドライな見方だけど、これが客商売プロスポーツのリアルってことさ。

結局、巨人っていうか、プロ野球のチームはだいたい「5年周期」だ。 永遠なんてない。形あるものはいつか壊れて試行錯誤を繰り返し再生する。 例えば、90年代後半、落合が去り松井が軸になり、97年清原、98年由伸が入ってきた。 細かい順序は置いといて、それから約5年後の02年オフに俺らのゴジラがまさかのヤンキース移籍で死亡遊戯。 あかんがな…ペタジーニ、ローズ、小久保、イ・スンヨプのヤケクソ補強に繋ぎの堀内監督で迷走期。 気が付けば5年経過、チーム再建の切り札として07年にガッツ小笠原、08年にはラミレスがやって来て、2人のクリーンナップを軸に09年日本一でしょ。 やがてこの2人が衰え始めると、約5年続いたオガラミのチームから「チーム阿部体制」にスイッチ。 すると2012年に原巨人は史上初の五冠達成。 見事な程のチーム5年周期説。 そして、あの最高だった5冠から来シーズンでまた5年が経つんだよ。

賭博事件のゴタゴタもあって少し出遅れた気もするけど、今はガチでチーム再構築期。 新しい選手が入ってきて、大田とか小山の元期待の若手は、それぞれ20代中盤から後半の大人になり新天地へ去った。 残念だけど、時間は止まらない。 個人的にはこの喧噪の中、キャプテン坂本とエース菅野という、今が全盛期の投打の軸が巨人にいてくれて良かったなと思う。 彼らはバルサにおけるメッシであり、イニエスタだ。 カレーで言えばルーとライス。 ベースに2人がいれば、多少は無茶なスパイスを投入しまくっても何とかなる。

完全に失敗作かもしれないし、意外に美味いかもしれへん。 まあ、とりあえず食ってみるよ。 一気に味が変わる、新しい2017年の巨人カレーを。

あ、マギーで腹壊したらゴメンね。

See you baseball freak・・・



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【巨人軍補強遊戯】陽岱鋼
タグ:
マギー
吉川光夫
森福允彦
山口俊
陽岱鋼

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【読売FA遊戯】巨人ガチ補強から分かる「チーム5年周期説」とは?

まあFA制導入前の93年以前と現在を比較するのはもう無理じゃないですかね。
サッカーで言ったら95年ボスマン判決で移籍が活発化して、やっぱり一部のオールドファンから反発があった。
結局、どのプロスポーツでも「生え抜きを大事に。あの頃は良かった」という視点はある。
で、それはもう好みですからね。俺もそういう人をあえて否定する気はない。

結局、プロ野球は「育成」や「補強」どうこうじゃなく「結果」を競うものじゃないですか。
それぞれのチーム事情がある中で、それぞれの方法でチームを強化して結果を競う。
巨人が3年連続Bクラスとかになりだしたら「FAなんて悪!」というのも分かりますが、実際異様に安定した成績を残しているのもまた事実。
個人的には、FAか育成かなんて過程は程よく楽しんで、勝てるか負けるかに熱くなろうよって思いますけどね。

そして、面白いのはどんなにロジカルに補強を語ったところで、最後には「運」の側面も強い。
いつか「もしあの時、巨人が松井秀喜のクジを外していたら?」という長編妄想記事を書くつもりです。

【読売FA遊戯】巨人ガチ補強から分かる「チーム5年周期説」とは?

返信ありがとうございます。
使い続ければモノになるとは言ってませんよ。
というより、ある程度伸びる時期に使い続けてあげないと中心選手として成長していくのが難しいといった方が正しいのかもしれません。

今の巨人はあなたのいうちょうどポジションが空席になるのを丁寧にベテラン、外国人を補強することにより潰していっているという感じではないですかね。

自分は巨人の選手にそれほど詳しくはないですが、いつも他球団から羨ましがられ3軍まで作った巨人のファームがそれほど人材不足とはついぞ知りませんでした。

昔はすぐに思いつくだけでも王、長嶋から原、篠塚、中畑、駒田ときて松井、ここ最近では阿部、長野、坂本、これまでもいろいろと補強されながらやってきたと思いますが、強い巨人の野手には生え抜きが中心としてチームを作ってきた印象があります。

FA・外国人では長期にわたっての貢献もあまり期待できません。

それにこれまでの落合、清原、江藤、村田と大砲を獲ってきたのに比べるとポジションも微妙だし結局そんなに変わらなそうな小粒な印象ですし。

陽岱鋼自体セリーグでは未知数な部分もありますし、陽岱鋼くらいなら若手を鍛えれば同じくらい出来そうな選手もいそうですが。
そんなに大きいのもないですし、前ほど走れるかも疑問ですし。


これから小林が巨人の捕手として独り立ちできれば今年の起用が実を結ぶのかもしれませんが、隙間を埋めただけであんまり穴のない布陣だと満足してしまうと、その5年周期といわれる5年後10年後にツケが回ってくるような気がします。

守れないからといって使われなかったら岡本も結局は大田化して数年後はトレードで他球団ですかね。

まだ坂本、長野が一線で活躍している今の間に次の屋台骨を背負ってくれる選手を育てておかなければいけないのではないでしょうか。

「【読売FA遊戯】巨人ガチ補強から分かる「チーム5年周期説」とは?」へのコメント

横から失礼します。
坂本と阿部を使い続けたから彼らの今がある、というのはご尤もなご指摘ですが、この2人がレギュラー定着した当時とはチームの状況が違いすぎると同時にこの2人はそもそもの素材が並の選手とは違うと思います。
阿部の1年目は村田真一の現役最終年、坂本の2年目は二岡の巨人在籍最終年。ちょうど彼らのポジションが空席となるタイミングが重なっていた。
そして阿部は1年目で二桁本塁打、2年目ではベストナイン。坂本は2年目で全試合出場、3年目で打率三割とベストナイン。
つまり使わざるを得ないチーム事情にマッチしたことに加えて、2人ともそこで試合に出続けるだけの結果を残してそのままレギュラー奪取し、レギュラー定着2年目には完全な主力になっています。
また、阿部や坂本は捕手と遊撃手という野球において希少価値が高く、センターラインの一角を担う重要なポジションで、一軍クラスの守備力が最初から備わっていたと言う点も大きかったと思います。
使い続ければモノになると言うのは簡単ですが、このように使い続けるだけの根拠と結果を周囲に示せられるだけの人材というのは中々出てこないのがプロの世界です。
そして誠に哀しいながら近年の巨人にはそれだけの人材がいない。
大田、橋本、立岡、重信、中井等々みんな一ヶ月も保たずに所謂電池切れみたいになってパタッと打てなくなるか故障する。そしてこれまた哀しいのですが、彼らのポジションは代わりを用意できるうえに、彼らに突き抜けた守備力も攻撃力もあるわけでもないのは、これまで彼らが残してきた数字を見ればおわかりでしょう。
そんな巨人の中で使い続けたいと思える選手を強いて挙げるとすると岡本ですが、彼 の場合は一軍で出続けるだけの守備力がないから、打撃が不振に陥った時点で使えなくなるのは明白です。
だから二軍やウィンターリーグの対外試合で打席と守備機会を与えて成長させる戦略を球団として立てています。
もしかしたら、新人の吉川が、阿部や坂本のように穴の空いたポジションを埋める救世主になるかも知れませんが、これも始まってみないと判りません。
育成はある意味理想を求めるものですが、現実を見据えた場合には戦力の穴を埋めるための補強が急務。
このバランスのどこに正解があるのかは永久に出てきません。編成戦略にもあらゆる指標を駆使して綿密な計画を立てているMLB球団であっても、上手く行かずに負の連鎖に陥ることがあるくらい。
しかし、だからこそ野球は面白いと思います。

「【読売FA遊戯】巨人ガチ補強から分かる「チーム5年周期説」とは?」へのコメント

まさに管理人さんのおっしゃる通りですね。
ビッククラブが普通に普通のことしてるだけです。
ていうか、個人的には四番集めとか
嫌いじゃなかったけどなぉ…
その方がドロドロ感あっておもろいじゃん(笑)
なんか今はそんな時代なんか知らんけど、どこも仲良し軍団にしか見えない所にエンタメとしての物足りなさを僕なんかは感じたりします…
昔のミランのサビチェビッチいるのにバッジョ入れたりとか(例え古くてすいません)
あんなん好きだったけどなぁ…

こんな記事も読みたい

2017シーズンに向けて不安要素を考える【野手編】【ネガティブ鯉党】

年俸とFA【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

ウィンターリーグで網谷選手また活躍、田中投手年俸大幅アップ【YOKOHAMA lover】

陽岱鋼選手巨人決定的!24億円補強では終わらない?第三弾大型トレードの可能性。【プロ野球妄想最前線】

ジャイアンツ、2010年ドラフト指名された4投手の今【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

もう「ジャイアンツ清宮君獲ってくんないかな・・」なんてことは願わないことにする【NO NAME】

気の早い陽の背番号と補償の確認【G&AC】

【小噺】某球団GMのつぶやき(妄想)【NO NAME】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71206344

(07月27日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss