プロ野球死亡遊戯

【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」

このエントリーをはてなブックマークに追加

良かったな。本当に良かった。

それが寝起きで「大田泰示、日本ハムへトレード」のニュースを聞いた、最初の感想だ。 強がりでも、ふざけているわけでもなく、99%そう思った。 で、残りの1%は妙な寂しさだ。 「寝てる場合じゃないっすよぉぉ!」 スマホの向こう側では、ヤングアニマル本誌で一緒に大田のインタビューに行ったO野木編集マンがシャウトしている。 そうか、夢じゃなく現実か。 本当ならば、選手の格的にも2対2のトレードの主役はサウスポー吉川光夫だと思う。 坂本を獲得した06年ドラフトで、巨人1位指名候補のひとりが吉川だったみたいなサイドストーリーも完璧。 けど、せめて今日だけは大田の話をさせてくれよ。

ったく「DeNA山口俊のFA人的補償は大田泰示」とか言ってたの誰だよ。ゴメン、俺だよ。 東海大相模高の「神奈川のジーター」がハマスタ帰還。そんなアングルも幻に終わってしまった。 ついでに言えば、うるう年大田最強説って何やねん。あ、すいません。 大田の今季成績は62試合、打率202、4本塁打、13打点。ついでに119打席で45三振。 これが高卒1年目のルーキーなら「元気いいねぇ〜」と上司の由伸さんから褒められる数字だろう。 けど、大田はもう26歳だ。 入社8年目の社員がミスを連発して、笑って許してもらえるほど世の中は甘くない。

個人的には、栗山監督が原監督から大田泰示を引き継いだと思っている。 時に勝負師、時にショーマン。 どうすればお客さんやマスコミが喜ぶのか? 栗山監督が原采配に大きな影響を受けたのは知られた話だ。 来季の日ハムには大谷や中田がいて、矢野謙次や市川もいる。そして今度はそこに大田も加わる。 2017年は北海道に行くことも増えるだろう。

みんな覚えてる? 18歳のルーキーに栄光の55番を背負わせる無茶ぶり。 ロッテのシコースキーからのプロ初打席初三振。 2012年9月23日の特大のプロ初ホームラン。 188センチの巨体が空飛ぶド迫力のヘッドスライディング。 今シーズン大谷翔平からかっ飛ばした先頭打者アーチ。 ついでに毎年オフになるとスポーツ報知に出る「大田打撃フォーム改造」の記事。 書きながら思い出したけど、俺、そのすべてを東京ドームで見てるわ。 で、まるで好きなアイドルの結婚のニュースを聞いた時のあの気分。

今、多くの巨人ファンは結婚式会場にいる心境だ。 とんでもないナイスボディでみんなの人気者。時にアホでたまに信じられないくらいキュートな笑顔を見せるおネエちゃんが、北の大地にお嫁に行ってしまう。 幾度となく「もう知らねえよ」と思ったのに、忘れた頃に活躍して「今度こそは」と思わせてくれる憎めないアイドル。 冷静に見ちゃうと、大田はプロ8年間で通算9本塁打だぜ。 それでこれだけファンの注目を引っ張り続けるって、次こそヤラせる詐欺のキャバクラじゃないんだから。 「あいつには振り回されて金使わされたよな」なんつって、思い出し笑い。 でも、大田に対して不思議と悪いマイナスの感情は全然ないんだよな。 日本ハムという最高の相手を見つけたって安心すらしてる。 8年間、マジ楽しい時間だった。 だから、寂しいけど良かったよ。

あの娘が結婚してしまう。 さらば、僕等の背番号44。 でも、「さよなら」じゃなく、「おめでとう」だ。

北海道で幸せになってくれ、大田泰示。

See you baseball freak・・・



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【元巨人選手遊戯】大田泰示
タグ:
大田泰示

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」

大竹・片岡のFA時の死亡遊戯ブログを見返すと、11月25日前後に巨人入りを表明してプロテクトリスト完全予想を書いてる感じですね。
相川の時は早めの11月上旬に書いたら、その後選手の動き(ヤクルトがキャッチャー井野卓獲得)とかあってリアリティが薄くなってしまった。
今年は山口俊の動向次第で久々にプロテクトリストを書けそうです。恐らく、11月下旬〜12月上旬かなと。

あとまだ詳細は告知できないのですが、新連載で野球小説が始まります。
死亡遊戯ブログ読者なら面白いと思ってもらえる内容なので、発表されたらオフの楽しみに読んでみてください。

【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」

一週間前の話題に今更恐縮ですが、私もこのトレードは大歓迎です。
というか、この相手でこの交換条件しかなかった、と言っても過言ではないでしょう。
大田の未来はジャイアンツにはない。
巨人ファンなら誰しもが分かっていながら口にしない優しさ。
今思えば、そんなもん優しさでも何でもなかったね。
「何とか覚醒して欲しい」というのは建前で、「他所へ行って活躍されたらイヤだ」が本音でしょう。少なくとも僕はそうです。
でも移籍が現実のものとなった。
こうなったら話は別だ。
やっと開放してやれたんだな。「55」の重圧から。
「44」に変更しようと、その重圧は半永久的に残っていたはず。
これで本当の本当に、「55」からの脱却だ。

同じイメージで語られるのは去年のヤノケン。
暴れるだけ暴れて、巨人上層部に歯軋りさせろ、タイシ。
そして叫べ、お立ち台で。
「ファイターズ、サイコー!!」と。

【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」

去年の開幕直前、東京ドームでやったヤングアニマルインタビューで「目標はトリプルスリーです!」と力強く宣言してくれた大田泰示。
子どものころに好きだった選手を聞くと「緒方孝市さんが好きでした。僕は広島出身で、カープの試合を観ることが多かったんです。緒方さんも打って走って、守備もうまくて。緒方さんやメジャーリーグのトラウトのような選手が好きなんです」
と思い切り笑顔でライバルチームの敵将の名前を挙げる憎めないキャラ。
日々のストレスは自宅のチワワに癒されていると照れながら語ってくれたのを懐かしく思い出します。

来年の日ハムは大谷が日本ラストイヤーかもしれないし、矢野も残留だし、大田もいるしで交流戦は北海道まで観に行くつもりです。

「【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」」へのコメント

衝撃のビックニュースでした…
昨日だとあまりにも感情的なコメントしそうだったんで、1日冷ましました。
なんていったらいいか…
生まれて初めて巨人ファンをやめるかもしれません…
それと同時に生まれて初めて他の女(日本ハム)が羨ましく思います…
物心ついた頃からずっと僕の心に宿った巨人至上主義という絶対的フィロソフィーみたいなものさえ揺らいでしまいそうです。
大田を書かせたら世界一上手い管理人さんの今回の記事にも勿論共感はできます。
素晴らしい記事でした。
ガチで涙出そうでした(笑)
でも今はずっと信じてきた夢が、
こんな形で幕を閉じてしまう複雑過ぎる気持ちでいっぱいです。
彼の幸せを遠くから祈るのが本当の愛なのだろうか?
栗さんか…
確かにあの人なら彼を幸せにできるはず…
というより絶対に大田は、栗さんと中田翔の支えで幸せになるよ…
でも、もし僕が巨人の監督なら
彼をもっと幸せにしてあげられた。
今はまだ巨人にサヨナラするかは
わからないけど、とりあえずパはハムを応援。
日本シリーズで会いたいかな?…
果たしてその時僕はどっちをとるのだろうか…

メチャクチャなコメント失礼しました。
今回だけは許してください。


こんな記事も読みたい

涌井結婚♪そしてメジャー?【モヤモヤ、まり~んず。】

2017年のドラフト1位指名を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

今季追想と来季変貌へ【上本博紀編】ー軽視ー【老若男虎】

[ジャイアンツ愛] いつかこの時が来るとは思っていたが…大田!新天地で頑張れ!【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

大田泰示が脚光をあびる日まで【千葉からスポーツを語る】

16.11.1 中5日で回すのも一計では【巨人を見る】

【巨人2016】ストレートランキング(先発編) 2/3【つかこじプロ野球雑談録】

日本シリーズで0-7からの大逆転劇から40年【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:2455
  • 累計のページビュー:71476469

(09月21日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss