プロ野球死亡遊戯

【読売新人遊戯】「由伸監督がクジを引くべき理由」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフトの独自路線は、母ちゃんの節約料理に似ている。

そりゃあ、たまになら我慢はする。 けどそれがあまりに続くとブチギレそう。 家計が苦しくっても、たまには牛肉ハンバーグ食いたいっすよ。 というわけで、巨人は久々に思い切ってハンバーグ級をぶっこんだドラ1競合で田中正義、佐々木千隼と立て続けにクジを外した。 なんていうか、ナイスファイト! って俺なんか大学受験でしくじった時、担任の先生に笑顔でそう言われて血ヘド吐きそうになったからね。 惜しいとか、もう一歩とかじゃなく、「ナイスファイト」はダメ元みたいな慰めで泣けるよ。

で、落としどころのドラ1は大学No.1遊撃手(と噂の)吉川尚輝。 二塁手レギュラー挑戦と同時にショート坂本のバックアッパー。 みんな「巨人には二塁手がたくさんいる」という。 けどぶっちゃけ戦力に「なる」というより、現時点では「いるだけ」じゃない?今年見る限り。 じゃなければ立岡や重信を外野と二塁併用プランなんてしないだろう。 クルーズや片岡も怪我がちだし、もし即戦力の若手がいたら、あそこまで代打死亡遊戯にはならないと思う。 2位以下では社会人・大学・高校の投手を指名し続けて、ラスト7位は謎の男201cm125kgのジャイアント・リャオ・レンレイ。 で、育成指名は課題の外野手や捕手も含む8名。 どうよ?って個人的には去年より全然いいよ。 結局、新人はプロでプレーするまで分からへん。 ドラフトは合コンと同じだ。 出会ったばかりのおネエちゃんの悪いところを探すんじゃなく、最初は無理矢理でもルーキーのいいところ探した方が楽しめるよ。

それにクジばかりはしょうがない。一応チャレンジはしたんだしね。 って、それでもひとつだけ不満なのは、アタリハズレ以前に由伸監督自らクジを引かなかったことだ。 何のためにドラフトをファン観覧にしているのだろうか? 会場ではカープ緒方監督が出てくると「緒方さん、神ってる!」なんつって飛び交う声援。 日ハム栗山監督が引く時には「栗山さーん、お願いしまーす」とおネエちゃん2人組の絶叫。 で、巨人の時には「え?あのおっさん誰?」みたいな微妙な空気。 マジ演者と観客の一体感皆無。GMの顔なんて世の中の人は知らないよ。 ニュース番組でも抽選の瞬間は繰り返し流れる。 あそこは、ママも大好き巨人地上波時代最後のスーパースター高橋由伸が行くべきだった。

例えばその昔、長嶋監督が松井秀喜を引き当てて、満面の笑みでサムアップポーズしたじゃん。 考えてみてくれよ。あれでナベツネさんが当てて、ガッツポーズかましたら巨人ファンですらドン引きでしょ。 絵的に汚いし。あ、すいません。 「ゴジラ松井のプロのキャリアはあのミスターのサムアップから始まった」 このビジュアルとストーリーは完璧だと思う。 だから、しつこいようだけど由伸が引くべきだったんだよ。

賭博事件が起きた年にガチのクジは不謹慎って、逆でしょ。 俺ら「ベッキー騒動」から何学んだのよ。 下手に隠そうとすると逆にダメージがデカくなる。 だったら、由伸監督がクジ引いて「色々あったシーズンですが、最後は一か八かの勝負に負けました」とかクールに笑ってくれた方が救われるよ。

分かったよ、由伸さん。 来年、清宮君を自ら引き当てて、サムアップポーズで全部チャラだ。

See you baseball freak・・・



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人ドラフト遊戯
タグ:
吉川尚輝
高橋由伸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【読売新人遊戯】「由伸監督がクジを引くべき理由」

松井を外した阪神・中村勝広監督(当時)はGMに就任して藤浪をゲット。(籤を当てたのは和田監督でしたが)、大瀬良、柿田を外しても岩貞をゲット。有原、山崎康晃を外しても横山をゲット。北條、横田、陽川、梅野、岩崎、江越を指名しました。昨年急逝しましたが、金本監督が高山をゲットしました。
来年、清宮幸太郎をゲットして中村氏の仇討ちが達成され、中村氏の弔い合戦に勝利出来ると思います。

「【読売新人遊戯】「由伸監督がクジを引くべき理由」」へのコメント

巨人がスターの軍団だということを忘れちゃったんですかね。
ドラフトの段階からスターとしてのドラマがあってこそだと思うので、nakamiさんに全く同感です。近年はスター性のない独自路線の選手を報知が持ち上げてなんとかアピールしてましたが、ヨイショ記事の10本より目玉の新人をスター監督が引き当てる映像1本の方が鮮烈です。

FA補強も糸井岸には行かず大島山口を狙っているようですが、(大島獲得は確かに補強ポイントにぴったりとはいえ)コンパクトな補強をするようになったなと思います。巨人の補強はコスパよりもスター性で、ポジションがだぼつこうが一番の選手を集めて勝ちに行くんだと思うんですが…。かっこいいスターの球団であり続けて欲しいという願望です。清宮くんに期待ですね。

【読売新人遊戯】「由伸監督がクジを引くべき理由」

いろいろ散々だった年の締めに、しかも来季に夢を架ける大事な公開の場で、私達ファンは、何が悲しくて堤氏を何度も見なくちゃいけないんでしょうか。見たかないっつうの。ホント、巨人のそういうところ、変わって欲しい。

【読売新人遊戯】「由伸監督がクジを引くべき理由」

ここ数年の巨人ドラフトの特徴と言えば「この選手をこの順位で獲るの?」というパターンが多かったですよね。
掘り返して申し訳ないけど、去年1位の桜井、2位の重信にしても謎だった(ここで賭博の影響とか言い出すとキリがないので置いといて)

例えば重信の今季イースタン成績、打率258、3本、38点、36盗塁。
同じくヤクルトのルーキー山崎晃大朗の成績、打率251、2本、33点、38盗塁。
この山崎は日大出身のドラフト5位外野手。
言ってしまうと、重信タイプの俊足が売りの大卒外野手を2位で獲るというのは、12年2位大累と同じく理解に苦しむ。

それと比較したら、今年のドラフトはまだ理解できるなというのが個人的な感想です。
由伸監督のクジ引きの件は「今年は1年目だから…」と大目に見られていたことが、ドラフトの件も含めて来年は通用しなくなる。
選手時代は2年目の99年に打率315、34本、98点とほとんどキャリアハイの成績。
監督でも「2年目の由伸」に期待してます。

こんな記事も読みたい

2016年ドラフト 非常に評価が難しい…【We Love Fighters!】

ベイスたん、シーズンの反省会をするの巻【ベイスたんのブログやよ!】

黒田の引退と日本シリーズとドラフト会議。【二つの歓喜をもう一度!】

巨人・ドラフト1位は外れの外れで吉川内野手!【徒然日記】

鈴木尚広引退 〜「イヤだな」と思わせてくれた稀代のスペシャリスト〜【スポーツ宅急便】

ドラフト直前!巨人の外れ1位は?【徒然日記】

【巨人考16 Ⅴ】青年監督のバックアップは十分だったか【巨人を見る】

明日のドラフト会議。補強ポイントありすぎ【ジャイアンツを考える】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3622
  • 累計のページビュー:71213705

(07月28日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss