プロ野球死亡遊戯

【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺の人生の扉、ドアはあのホテルのドアだった。あれを開けると開けないじゃ、人生は変わっていた」

タモリはこんな言葉を残している。 『タモリ学』(戸部田誠著)によると、アラサーのタモさんが地元九州でまだ普通のサラリーマンをしていた頃の話だ。 ジャズライブ帰りにホテルの知り合いの部屋で飲んで、深夜に帰ろうと廊下を歩いていたら、通りがかった部屋の中から楽しそうな声が聞こえて来た。 ドアの隙間から見えたのは、ジャズマンたちの定番宴会芸デタラメな歌舞伎ごっこ。 ここで何を思ったか、ヤングタモリは完全な他人の部屋にもかかわらず歌舞伎口調で「この世のぉ〜」といきなり乱入。 見ず知らずの常識知らずと言うか、完全に危ない奴である。 だが、乱入男は異様に高いクオリティのネタを連発し、瞬く間に部屋を爆笑の渦に巻き込んだという。 すげぇめちゃくちゃ面白い。ところで、あんた誰なんだ?あ、森田と申します。えっ初対面かよっ! こうして「福岡にとんでもなく面白い素人がいる」と業界で噂になり、タモリはデビューへのきっかけを掴むことになる。 なぜあの時、無謀にもドアを開いたのか? タモさんは言う。 「そん時に神様が降りて来て、『今、おまえの出番だ』って言ったんです」と。

まあ巨人ファンも、あの男に対してもう数百回は言ってんだけどな。 「今こそおまえの出番だ、チョーノさん」って。 東京ドームで行われたCS第2戦、スペシャルワン坂本の覚醒、ストロベリーボーイ田口の成長、マジで復活マシソンの回またぎと16年プラス要素全部乗せでDeNAにギリ競り勝った。 1対1の同点で迎えた8回裏、センター前に決勝タイムリーを放ったのは5番長野だ。 誤解を恐れず書けば、ここ数年の「一応2位だけど…」みたいな巨人停滞の最大の要因は背番号7にある。

だって、今年なんとか復調した4番阿部や村田さんの加齢による衰えというのは想定内じゃん。 人間、誰だって歳は取るんだから。 けど笠原の賭博…あ、間違った。「長野の停滞」は予想外だった。 1年目新人王、2年目首位打者、3年目最多安打っすよ。 これからの巨人はこいつに託せば間違いない。 誰もがそう思った。恐らく、ファンだけじゃなく、原さんやフロントも思ったはずだ。 で、現にそういうチーム編成しちゃったわけだから。 じゃなければ、由伸監督も恋するおネエちゃんのように2カ月間「4番長野」の爆発を待ち続けたりしないだろう。

4番を打っていた頃はガチでディスられていたのに、シーズン終盤はほとんど話題に挙がることすらなかった背番号7。 いつの時代も嫁さんからキレられてる内はまだいい。これが無視され始めるとマジヤバい。 今季143試合で打率283、11本、42打点、OPS729。 今後は主軸というよりイチレギュラー選手として静かに期待? 正直、俺もそう思ってた。ってどっちだよ。 いやこれだけキャプテン坂本が完璧な活躍すると、嬉しいと同時に寂しくなっちまうんだよ。 覚えてる?2012年のこと。 当時23歳坂本とプロ3年目長野が両者173安打で最多安打のタイトルを分け合った最高のシーズン。 あの頃のサカチョーは、確かにふたりで未来をワリカンしていた。

気が付けば、12月には32歳っすよ長野さん。 キャプテン坂本を少し離れたところからサポートって引退間際のベテランじゃないんだから。 もう一度、ドアを開けて入って来てくれよ。 チームのど真ん中にさ。 阿部や村田に残された時間は少ない。 坂本だけでは勝てない。 その通り。だから、この男が必要だ。

あれを開けると開けないじゃ、人生は変わっていた。 長野久義、今こそドアを叩け。

See you baseball freak・・・

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【巨人軍選手遊戯】長野久義
タグ:
長野久義

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」

同僚選手、記者、ついでに女子アナ。そのすべてが「イイ人」と口を揃えるナイスガイ長野さん。
いまだに若手にとっては超えられない大きな壁となって立ち塞がってる背番号7。
まあ打率2割8分、二桁本塁打で物足りないっていうのも究極の贅沢なのかもしれませんねぇ。
長野はプロ入り以来ほとんど絶対的レギュラー的な立場なので、FAで外野手を補強するのも長野覚醒への手かと。
例えばオリックス糸井の獲得に成功したら、大田や橋本相手には余裕ぶっこいてた長野や亀井にも火がつくでしょう。

・・・とストーブリーグの話題の前に目の前に大一番。
ではドームに行って来ます。

【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」

偶然、チケットを入手して3塁側での応援でした。

サムライブルーの中で、橙一点。

サバイバルゲームの様相で、必死の応援が実りました!

1番坂本・5番長野のオーダーが見事に的中。

本日はテレビ観戦ですが、力の限り応援します!

タモさんの件は、初耳でビックリしました。

長野のターニングポイント、期待します!

「【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」」へのコメント

長野…自分が今の巨人で1番好きな選手です。だって3回目のドラフトでやっと入団した選手だから。ここまで巨人のことを想って入団してくれたのでどんな時でも応援したくなります。かつての清原にも同じ感情がありました。
2011年シーズン最終戦、自身の首位打者と内海の最多勝を決めたサヨナラホームラン…一生忘れません。
確かあのときの対戦相手も横浜…でしたよね。
あの頃の輝きが復活することを自分は信じてます。

「【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」」へのコメント

コメント失礼します。
オーオーオー、君よー、この歌ーと、君よー、この声ーに、いーまー、共鳴おーこせー。
ちよーおーの!
ひーとすじつらねーけ、夢ーの弾道ー、とばーせちょーのはなーてちょーの!オーオーオーオーオーおい!こーこーまでー!
かっとぱせーちょーおーの!

大好き、サイコーなんです。
長野の応援歌。
だからあきらめてません。
長野が巨人史上最高の選手になることを。
来年はトリプル4をマジで期待していますけど

こんな記事も読みたい

【西武】2016年戦力外選手の獲得について【獅子党のつぶやき】

ドラフト2016迫る!中日の指名選手は?【恐竜復活を願って】

2016ドラフト指名予想~横浜DeNAベイスターズ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

* 「おっ」てね(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

【2016ペナントレース#3】10/9 小林誠司・澤村拓一への過度の批判は本当の問題から目を逸らしたいため?【或る野球ファンのひとりごと】

ジャイアンツ2016ドラフト。澤村の投球がドラフトに与える影響は?【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

自分を信じて。小林捕手!【1998の感動をもう一度】

10/8 巨 3-5 De→ 結局、ペナントの展開そのまんまって感じ…ちょっと厳しいな【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:3622
  • 累計のページビュー:71213705

(07月28日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  8. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss