長田渚左の「考え中」

その他スポーツ

体育祭と人間教育

 仕事柄、さまざまなジャンルの人に会う。高校時代の話題になると、「3年間は大学受験の勉強が第一で、体育祭は自由参加で、記憶もない」という人が珍しくない。  高校時代の体育祭に濃厚な思い出がある私にとって、参加しなくてもいい体育祭など信じられない。  東京・調布市にある中高一貫の私立桐朋女子に私は高校から入った。5月に開催される体育祭への取り組み、盛り上がりは尋常ではなかった。正直言って、そこまでや......続きを読む»

落合博満とクルム伊達公子

 クルム伊達公子は、若いころから予期できない人である。  20年近く前、気が向かないからと、試合後の公式会見に姿を見せないことがあった。集まった50人の報道陣が主催者側に抗議したが、翻意することはなかった。記者の質問に気分を害して、席を立ったシーンも忘れがたい。  94年1月、日本人で初めて世界ランキングのトップ10入りを果たした。「さあ伊達の時代だ」。世間の期待が高まった。95年11月......続きを読む»

女性の身体は、そんなに丈夫なのか?!

今まで女子の参加が認められなかった競技に、日本の女子の活躍が目立っている。 スキーのジャンプ、アマチュアボクシング等だ。 特に全日本女子選手権のミドル級にお笑い芸人「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代選手が登場して注目となった。 山崎選手がボクシングに魅せられたのはスポーツマンガ『あしたのジョー』の矢吹丈の言葉だという。 ...続きを読む»

松平康隆氏を悼む

2012年、新しい年にブログをお読みくださる方々、今年もよろしくお願いします。 秋から冬にかけてあまりにも忙しく、ブログ更新ができなかったことをおわびします。 あまりの多忙でひっくり返り、救急車のお世話にもなりましたが、どうにか持ち直しました。新年第1回をお届けします。 12月31日、バレーボール界の巨匠、松平康隆氏が亡くなりました。何度もご自宅にうかがい、取材をさせていただきました。大好......続きを読む»

最後の手紙

先日、ゴルフ界に訃報が届いた。 スペインの名ゴルファー、セベ・バレステロスが、5月7日に54歳で亡くなった。 同時代を闘った中嶋常幸選手は、思わず号泣したという。 すばらしいプレーヤーで、日本人プロゴルファーにも強い影響を与えた人だった。 ...続きを読む»

想定内と想定外

2つの大学での授業があり、2つのラジオ番組が常に連なっているので、ついついブログの更新を忘れてしまいます。 誠に申し訳ありません。 ...続きを読む»

なぜ43.1%もの高視聴率か

43.1%――視聴率が高くなるとは思っていたが、ここまで上がると誰が思っただろう。 29日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助 対 亀田興毅戦だ。 ちなみにこの数字は今年放送されたあらゆる番組の中で最も高く、ボクシング中継としても史上2位の記録だそうだ。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnagisaosada

長田渚左(おさだ・なぎさ)
ノンフィクション作家。女性スポーツジャーナリストの草分け的存在であり、現在も旺盛な取材活動を続けている。
NPO法人スポーツネットワークジャパンおよび日本スポーツ学会代表理事。
スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長。
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:437352

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ソチ五輪の見どころは「人間力の成長」
  2. 羽生結弦選手の衝突再発防止策はアスリートファーストで
  3. 安藤美姫の告白と、女子アスリートの「いつ産むか」
  4. ピアノとスポーツ
  5. 落合博満とクルム伊達公子
  6. 愛すべきシューマッハー、再び限界を超えて!
  7. 高橋大輔選手の15カ月の大勝負――医療ネットワークの奮闘
  8. 体罰問題と落合博満
  9. 体育祭と人間教育
  10. 白鵬の品格

月別アーカイブ

2017
10
07
05
2016
08
07
05
03
02
2015
11
07
06
05
02
01
2014
12
09
03
02
01
2013
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2012
12
08
06
02
01
2011
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
08
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss