長田渚左の「考え中」

相撲

角界再生への一手

久々に積もった雪で東京の町が真っ白になった。そんな雪を見つめ、白黒のつかない長びく問題を考えた。 大相撲の八百長問題だ。 ...続きを読む»

名古屋場所は、やっぱり妙でした

大相撲名古屋場所については、一貫して「開催すべきでない」と主張してきた。 山積みされた問題を先送りするより、角界の未来のために、今こそ立ち上がって自分たちの足元をみつめる必要性を感じていたからだ。 しかし開催は決まった。 ...続きを読む»

力士と親方を免許制に!

混迷の日本相撲協会、このところ不祥事が続いた。大麻事件では2カ月で3人の力士が解雇され、北の湖理事長が辞任した。 理事長の辞任に関しては、ようやく……という感がぬぐいきれないが、トップの首をすげかえれば問題が解決するわけではない。長い間の規律のゆるみが、去年から今年にかけて噴出した。 ビールビンでなぐるリンチ事件など、目を覆いたくなることが数々あり、列挙するのも憚られる。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnagisaosada

長田渚左(おさだ・なぎさ)
ノンフィクション作家。女性スポーツジャーナリストの草分け的存在であり、現在も旺盛な取材活動を続けている。
NPO法人スポーツネットワークジャパンおよび日本スポーツ学会代表理事。
スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:436218

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ソチ五輪の見どころは「人間力の成長」
  2. 羽生結弦選手の衝突再発防止策はアスリートファーストで
  3. 安藤美姫の告白と、女子アスリートの「いつ産むか」
  4. ピアノとスポーツ
  5. 落合博満とクルム伊達公子
  6. 愛すべきシューマッハー、再び限界を超えて!
  7. 高橋大輔選手の15カ月の大勝負――医療ネットワークの奮闘
  8. 体罰問題と落合博満
  9. 体育祭と人間教育
  10. 白鵬の品格

月別アーカイブ

2017
07
05
2016
08
07
05
03
02
2015
11
07
06
05
02
01
2014
12
09
03
02
01
2013
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2012
12
08
06
02
01
2011
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
08
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss