長田渚左の「考え中」

球春に響く悲しいニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元プロ野球選手・清原和博の覚醒剤所持容疑による逮捕にはがっかりした。1月にヤクオフドームで開催された名球会のイベントで、佐々木主浩氏から2安打を放ち、観客を沸かせたばかりだったのに……。  しかも逮捕されたのはプロ野球のキャンプイン2日目。どの球団も新シーズンへ向けて決意を新たにスタートを切るこの球春に、ファンや選手たちの気勢をそぐ本当に情けないニュースだった。

 私は『スポーツゴジラ30号』の入稿中に一報を聞いた。皮肉にも今回の特集テーマは『アスリートの引退後の人生を考える』。一時代を築いたトップアスリートが、引退後のセカンドキャリアを生きることの難しさについて議論した一冊である。当然、セカンドキャリアを生きるには、気構えと覚悟が必要になる。そのことを元ロッテの里崎智也さん、小林至さんらが自らの経験を、自らの言葉で率直に語っている。  特に里崎さんの「プロ野球選手は高校、大学、プロと人から『ぜひウチに来てください』とお願いされてきた人たちだから、第二の人生を生きようとしても人に頭を下げた経験がない」という発言には説得力があり、考えさせられた。

 ちょうど1月に日本野球機構(NPB)が「セカンドキャリアに関する意識調査」の結果を発表した。調査は昨年10月に12球団の若手選手238人に行ったものだ。希望進路の合計で「一般企業の会社員」が63%と前回より15 ポイント も増えていた。1位「高校野球の指導者」(72%)2位「大学・社会人の指導者」(64%)に続く3位。前回7位から急浮上した。  これまでは、野球しかやってこなかったので野球以外のことはできないし、やりたくないと主張する選手が圧倒的に多かったが、最近の若手選手の意識は変化しているようだ。引退後に球界に残っても、1年契約などの不安定な状況に置かれている人は少なくない。そんな先輩たちと身近に接して、「引退後は安定した生活をしたい。異なる可能性だって自分にはあるかもしれない」と考える選手が増えてきたのかもしれない。ともあれ、球界以外の選択肢に目が向けられたことはいいことだと思う。  プロ野球選手の現役平均年数は約7年。その後の人生はとてつもなく長いのだから……。



 『スポーツゴジラ30号』は3月中旬に都営地下鉄106駅に配置されます。駅の構造によって配置場所が異なります。設置のラック、改札脇の棚などまちまちですので、改札の周囲で見回してください。見つからない場合は、駅員さんに「スポーツゴジラはどこにありますか」と聞いてください(実は駅員さんにもスポーツゴジラのファンが急増しているそうです)

 3月5日にはスポーツ新聞創刊70年を記念して、記者として第一線で活躍したスポーツ新聞7紙の代表者を招いてシンポジウムを開催します。スポーツジャーナリストを目指す若い人たち、スポーツ報道に興味のある方、どうぞご参加ください。  日時 3月5日(土)18時~(17時30分開場)  会場 筑波大東京キャンパス文京校舎1階134講義室(東京都文京区大塚3-29-1)※東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」出口1より徒歩2分  参加費 資料代として1000円(日本スポーツ学会会員、学生証持参の学生は無料)  申し込み 不要です。直接会場へお越しください。  問い合わせ 03・3323・0893(スポーツネットワークジャパン)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
言わずにいられない
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

“悪童”を考える【スポーツ一期一会】

キャンプ2日目、3日目 ロマック選手のパワー、体型が変わった選手たち、そして開幕セカンド候補宮﨑選手痛恨の故障【YOKOHAMA lover】

上田剛史あるある選手名鑑【田端到のヤクルト・スワローズ&五輪研究所】

西野勇士の挑戦【千葉からスポーツを語る】

キャンプイン ロッテも石垣島で頑張ってます。【飛鴎乗雲】

ロッテは本当に層が薄いのか【千葉からスポーツを語る】

2016まもなくキャンプイン。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

次世代のキャッチャーは田村龍弘だ【千葉からスポーツを語る】

ブロガープロフィール

profile-iconnagisaosada

長田渚左(おさだ・なぎさ)
ノンフィクション作家。女性スポーツジャーナリストの草分け的存在であり、現在も旺盛な取材活動を続けている。
NPO法人スポーツネットワークジャパンおよび日本スポーツ学会代表理事。
スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長。
  • 昨日のページビュー:173
  • 累計のページビュー:434265

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ソチ五輪の見どころは「人間力の成長」
  2. 羽生結弦選手の衝突再発防止策はアスリートファーストで
  3. 安藤美姫の告白と、女子アスリートの「いつ産むか」
  4. ピアノとスポーツ
  5. 落合博満とクルム伊達公子
  6. 愛すべきシューマッハー、再び限界を超えて!
  7. 高橋大輔選手の15カ月の大勝負――医療ネットワークの奮闘
  8. 体罰問題と落合博満
  9. 体育祭と人間教育
  10. 白鵬の品格

月別アーカイブ

2017
07
05
2016
08
07
05
03
02
2015
11
07
06
05
02
01
2014
12
09
03
02
01
2013
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2012
12
08
06
02
01
2011
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
08
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss