長田渚左の「考え中」

坂井義則さんに哀悼の意を込めて

このエントリーをはてなブックマークに追加

 まず3月5日の最後にブログにコラムを投稿できなかったことをお詫びいたします。 この半年間は本職のノンフィクション作家として、取材と執筆に没頭しておりました。

 ベラ・チャスラフスカという体操選手をご存じでしょうか。 チェコスロバキア(当時)代表だったチャスラフスカは1964年東京五輪の体操女子個人総合の女王で、種目別も含めて3個の金メダルを獲得しました。その美貌と華やかな演技で「東京の名花」と呼ばれ、日本中を熱狂させました。4年後のメキシコ五輪でも個人総合連覇を含む4個の金メダルを獲得しています。

 そこまでなら体操の名選手という話で終わります。  特筆すべきははそれからの人生です。共産主義国のチェコスロバキアの自由化を推進する「2000語宣言」に署名をしたことで、メキシコ五輪後、20年にもわたり体操界から追放され、社会からもひどい迫害を受けます。親しい知人が道で会っても顔をそむけるようになりました。政府からは仕事さえ与えられず、名前を変えて変装して掃除婦をしながら、生活費を捻出していました。  当時の政府は強制的に連行して脅したり、彼女の友人を使って翻意させようとしたり、硬軟織り交ぜて、さまざまなやり方で彼女に「2000語宣言」の署名を撤回させようと迫りました。  政府の圧力に多くの署名者が意志を変える中、チャスラフスカは最後まで意志を貫き通しました。その彼女の折れない心の支えになったのは、大勢の日本人との出会い、交流、信頼、響きあう魂でした。

 東京五輪開催から50年という節目の今年、どうしても私は彼女と日本人のつながりについて書き残したいと思い、執着してチェコに通いました。

 私が最初にチャスラフスカを取材して、本を書きたいと思ったのは25年近くも前のことです。それから何度も彼女にインタビューをしました。しかし、あまりに浮き沈みの激しい人生の果てに、彼女自身は長く精神を病みました。それは私にとって途方もない大きな壁になりました。もうこのテーマについては書き上げられずに終わると思っていました。  私が一度は封印したチャスラフスカへの情熱に気づき、背中を押してくれたのは、同業者の尊敬するライター木村元彦氏でした。  木村氏の指摘は強烈でした。「長田さんはさぼっている」と一刀両断されました。この言葉で、私の情熱に再び火がつきました。  正直言ってこの半年間は、無茶苦茶むきになって取材と執筆に取り組みました。客員教授を務める大学で週に1度授業をする以外、ほとんどの精力をこの仕事につぎ込みました。  『桜色の魂  ~チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか~』  集英社より9月26日刊行となります。

 チャスラフスカはスポーツ選手でしたが、政治信条でもはっきりと意志を主張しました。そして世界がそっぽを向いても、たった1人になっても、自分1人で考えて立ち向かう生き方を貫きました。その生きざま活躍した競技こそ異なりますが、プロボクシング元世界ヘビー級王者のムハマド・アリ(米国)とよく似ています。  日本のスポーツ選手たちはスポーツだけを黙って続けていればいい、スポーツ以外のことについては、特に疑問を抱かず、関心も示さなくていもいい、そんな歴史が長かったと思いませんか。  私は2020年の東京五輪を目指す若者たちはもちろんのこと、それ以後もアスリートを目指す人たちに、スポーツ選手はスポーツだけをしていればいいわけではない、ということをもっと感じてほしと思っています。

 もう一つ、この半年間で力を入れて取り組んだものがあります。「東京五輪から50年」というテーマで取り組んだ『スポーツゴジラ』の取材・編集です。  今も市民ランナーして走り続けている、東京五輪マラソン代表の君原健二さんに、走り続ける理由と、東京五輪で銅メダルを獲得した後、次のメキシコ五輪を前に自ら命を絶った円谷幸吉さんについて語っていただきました。  長距離ランナーという同じ競技に打ち込み、同じ時代を生きた2人の人生を分けたものとは何だったのか……。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

2014インターハイ 「これから」③~清水大和(智頭農林高校)【新体操研究所】

お尻で走れてますか?!~青山剛のランニングnavi最新記事!【青山剛のKeep on Running!】

第83回日本インカレ~3000メートルSC統括~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今の日本代表は代表レベルにない【松木さんの解説】

選手は作るもの? 自らなるもの?【Armar know Jack Bigwild】

2014年8月度 トライアスロン高橋選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2014年7月度 トライアスロン高橋選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2014年度6月度 トライアスロン高橋選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconnagisaosada

長田渚左(おさだ・なぎさ)
ノンフィクション作家。女性スポーツジャーナリストの草分け的存在であり、現在も旺盛な取材活動を続けている。
NPO法人スポーツネットワークジャパンおよび日本スポーツ学会代表理事。
スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長。
  • 昨日のページビュー:101
  • 累計のページビュー:432475

(05月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ソチ五輪の見どころは「人間力の成長」
  2. 羽生結弦選手の衝突再発防止策はアスリートファーストで
  3. 安藤美姫の告白と、女子アスリートの「いつ産むか」
  4. ピアノとスポーツ
  5. 落合博満とクルム伊達公子
  6. 愛すべきシューマッハー、再び限界を超えて!
  7. 高橋大輔選手の15カ月の大勝負――医療ネットワークの奮闘
  8. 体罰問題と落合博満
  9. 体育祭と人間教育
  10. 白鵬の品格

月別アーカイブ

2017
05
2016
08
07
05
03
02
2015
11
07
06
05
02
01
2014
12
09
03
02
01
2013
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2012
12
08
06
02
01
2011
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
08
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss