長田渚左の「考え中」

nagisaosada

長田渚左(おさだ・なぎさ) ノンフィクション作家。女性スポーツジャーナリストの草分け的存在であり、現在も旺盛な取材活動を続けている。 NPO法人スポーツネットワークジャパンおよび日本スポーツ学会代表理事。 スポーツ総合誌『ス もっと見る
  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:436674
  • (10月14日現在)

最新の記事

カズオ・イシグロの言葉に共感して

 今年のノーベル文学賞に日系の英国人作家カズオ・イシグロ氏が決定したと聞いて、心から嬉しかった。  思いも掛けない伏兵の名前に、発表会場では報道陣から驚きの声が上がったそうだ。  スウェーデン・アカデミーのサラ・デニウス事務局長は彼についてこう語った。「ジェーン・オースティンとフランツ・カフカを混ぜると、カズオ・イシグロになる。そこにマルセル・プルーストを少し加えなければいけない」(10月6日付朝日......続きを読む»

最年少プロ棋士 藤井四段に嫉妬する

 大相撲名古屋場所4日目、将棋の最年少プロ、藤井聡太四段が観戦に訪れた。館内は大騒ぎになったらしい。カメラやスマホを持った人が次々と彼のもとにやってきて、相撲を見るのは二の次になったようで、「土俵の中を誰も見ていない感じの中で(自分は)相撲を取りました」と苦笑した力士もいた。  時の人……藤井プロだけが静かで、将棋をしているときの、モノに動じない雰囲気はそのままだったという。  確かにインタビューへ......続きを読む»

村田諒太の敗戦で見えたボクシングの危機

 多少の相性はあるが、どんなスポーツにも特有の面白さがあり、その魅力に引き込まれる。  その中でも最も好きなのがボクシングだ。たった2つの拳の戦いなのに、狭いリングの中に決意、勇気、知性といった人間の持つあらゆる要素がむき出しになり、そのたった1試合がボクサーの人生さえも変えてしまうからだ。  5月20日、東京・有明コロシアムで観戦した、12年ロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(帝拳)が、初の......続きを読む»

ニッポン柔道に新しい風

 4月29日、今年も日本武道館で柔道全日本選手権を取材した。私にとって『初夏の風物詩』のようなもので、もう30年以上、ほぼ毎年観戦を続けている。  体重無差別で日本一を争う大会とあって、毎回、起伏に富んだ風景に目を奪われる。決勝まで進むには多い選手で1日5試合も戦う長丁場。だから思いがけないことが次々と起きる。  リオデジャネイロ五輪の73㌔級金メダリスト大野将平が、初戦で90㌔級の池田賢生に一本負......続きを読む»

指導者の褒め方が人間を変える

 五輪のお宝グッズを大量に保管展示している東京・秩父宮記念スポーツ博物館が、豊島区役所で出張展示をしているというので見学に行った。  1964年の東京五輪の有名なポスターや、入場券、開会式で選手団が着用した公式ブレザーや、実際に選手が履いたシューズなど、郷愁漂う品が並べられていた。  その脇でトークショーが行われた。豊島区在住の中央大学教授で、水泳部監督でもある高橋雄介氏が登壇し、リオ五輪男子競泳の......続きを読む»

森喜朗会長、家庭教師を志願します!

 リオデジャネイロ五輪の開幕が近づいてきた。  今回もまた、メダリストの国の旗がひるがえり、優勝者の国の歌が流れる表彰式で、幾多の感動のシーンが胸に刻み込まれることだろう。  だから、あえて言っておきたい。表彰式で掲げられるのは「国旗」ではなく、流れる歌は「国歌」ではない。では、いったい何なのか。五輪憲章第70条の細則によれば、各国のオリンピック委員会(NOC)が採用し、国際オリンピック委員会(IO......続きを読む»

自らオリンピックの首を絞めたIOC

 リオデジャネイロ五輪開幕まで10日を切った。いつもならこの時期は、競技日程をチェックしながら、どんな戦いが見られるだろうか、どんなドラマが待っているのか……と浮き浮きした気分で過ごす。  ところが今回はとてもそんな気分にはなれない。ロシアの国ぐるみのドーピング(禁止薬物使用)隠蔽(いんぺい)が発覚し、調査した世界反ドーピング機関(WADA)が「ロシア選手団の五輪参加拒否」と明確に勧告したにもかかわ......続きを読む»

体育祭と人間教育

 仕事柄、さまざまなジャンルの人に会う。高校時代の話題になると、「3年間は大学受験の勉強が第一で、体育祭は自由参加で、記憶もない」という人が珍しくない。  高校時代の体育祭に濃厚な思い出がある私にとって、参加しなくてもいい体育祭など信じられない。  東京・調布市にある中高一貫の私立桐朋女子に私は高校から入った。5月に開催される体育祭への取り組み、盛り上がりは尋常ではなかった。正直言って、そこまでや......続きを読む»

「NO! と言える人間を育てるには」

 野球賭博問題。  開幕を目前にしたこの時期に、またしても出てきたのかと、あきれ返った。  昨年、巨人の投手が3人も野球賭博に関わったとして無期限資格停止処分を受けた。その後の調査で収束したかに見えたが、幕引きとはいかなかった。開幕を前に新たに高木京介選手の関与が発覚した。  事態は振り出しに戻り、日本野球機構(NPB)の調査委員会が、ほかに関与した選手がいないか巨人以外の11球団も含めて再調査す......続きを読む»

球春に響く悲しいニュース

 元プロ野球選手・清原和博の覚醒剤所持容疑による逮捕にはがっかりした。1月にヤクオフドームで開催された名球会のイベントで、佐々木主浩氏から2安打を放ち、観客を沸かせたばかりだったのに……。  しかも逮捕されたのはプロ野球のキャンプイン2日目。どの球団も新シーズンへ向けて決意を新たにスタートを切るこの球春に、ファンや選手たちの気勢をそぐ本当に情けないニュースだった。  私は『スポーツゴジラ30号』......続きを読む»

「知らない」という障害

 11月18日、茨城県総合教育会議で同県教育委員の長谷川智恵子氏の発言を新聞が報じた。  長谷川氏は障がい者らが通う特別支援学校の視察に触れて、「妊娠初期に(障害の有無が)分かるようにできないのか。特別支援学校には多くの方が従事し、県としては大変な予算と思う」「生まれてきてからでは大変」と発言した。その後、抗議の電話やメールが殺到。ツィッターなどのSNSでも批判の書き込みが噴出したという。  この......続きを読む»

新国立競技場は中身で勝負

 何はともあれ、新国立競技場の建設計画が白紙に戻って良かったと思う。  世間の常識からかけ離れた計画が、世論を無視して強行されようとする中、前回、このコラムで一縷の望みを託して、建設計画見直しを訴えた。  それは、大衆の反発の強まった今、真のリーダーが「見直す」と言えば、彼は英雄になれる状況にあること。そのためには政治家やジャーナリストではなく、主役である、過去、現在、未来のアスリートたちが声を上......続きを読む»

新国立競技場再考の最後の切り札

 膨大な税金をつぎ込む新国立競技場の建設は、もう後戻りできないのだろうか。  「2520億円もかける必要はない。見直そう」と、真のリーダーが大きな声を上げれば、その人こそ英雄として後生に名を残すのではないだろうか……。  7月6日に新国立競技場問題を考えるシンポジウムが都内で開かれた。参加した女子マラソンの五輪メダリスト、有森裕子さんは「オリンピックが皆さんの負の要素のきっかけに思われることは本望......続きを読む»

ピアノとスポーツ

 ひょんなことからピアノリサイタルのご招待を受けた。  今年デビュー30周年を迎える小山実稚恵さんの演奏会だった。プラチナチケットだと聞いていたので、ぜひ行きたいと思う反面、少しだけ躊躇もあった。  もともと私はピアノという楽器が苦手だ。ヴァイオリンや三味線のような弦楽器は音を出すまでに大変に苦労するが、ピアノは鍵盤をたたけば誰でも音を出せるという間口の広さがある。ポンポンと音を出しているうちに誘......続きを読む»

車椅子バスケに感じた時代の変化

 今年のゴールデンウイークはいかが過ごされましたか?  私は近年、必ずある会場に足を運んでいます。日本車椅子バスケットボール選手権大会が開催される東京体育館です。今年も5月5日に取材に行ってきました。  7年前、私の30年来の友人でもある田中晃氏(元日本テレビ・プロデューサーで現スカパー執行役員)から「何も言わずにゴールデンウイークは千駄ケ谷の東京体育館に終結せよ」と言われたことがきっかけだった......続きを読む»

再び見た、オシムの闘い

 日本サッカー界は日本代表のアギーレ監督が解任されて、指揮官不在の非常事態が続いている。昨年のワールドカップ1次リーグ敗退に続く試練に、こんなときこそ、もう1度、あのイビツァ・オシム氏が再登場してくれたら…という幻想を私は抱いてしまう。  彼からは日々の戦術や技術指導だけにとどまらず、人間として教わることがまだまだ沢山あったと思っていたからだ。  オシム氏は日本代表監督だった8年前、千葉県内の自宅......続きを読む»

羽生結弦選手の衝突再発防止策はアスリートファーストで

2015年、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。  新しい年が明けた。でも、私には昨年からずっと気になっていることがある。フィギュアスケートの羽生結弦選手のことだ。  3連覇を達成した昨年12月の全日本選手権後、腹痛を訴えて、12月30日に「尿膜管遺残症」の手術を受けた。約2週間の入院と1カ月の安静を要するとの診断で、まだこの時期は病院のベッドで療養しているという。......続きを読む»

東京五輪50周年の展示会に想う

 東京五輪開幕50周年を迎えた今年、都内の複数の自治体で1964年の東京五輪にちなんだ展示会が開催されている。夏以降、暇を見つけては展示場に足を運ぶようにしている。渋谷区や杉並区などは、区の取り組みや地域の人々の生活と五輪との関わりを象徴する写真や記念品を展示していて何とも興味深い。  先日、自治体ではなく、あくまで個人の所有物として最大級だと思われる展示会を発見した。  東京五輪当時27歳で、陸上......続きを読む»

坂井義則さんに哀悼の意を込めて

 まず3月5日の最後にブログにコラムを投稿できなかったことをお詫びいたします。 この半年間は本職のノンフィクション作家として、取材と執筆に没頭しておりました。  ベラ・チャスラフスカという体操選手をご存じでしょうか。 チェコスロバキア(当時)代表だったチャスラフスカは1964年東京五輪の体操女子個人総合の女王で、種目別も含めて3個の金メダルを獲得しました。その美貌と華やかな演技で「東京の名花」と呼......続きを読む»

際立った「ゆとり世代」

2月のソチ五輪で新鮮な発見があった。 10代の若い選手たちがインタビューで、実にしっかりと受け答えしていたことである。 興奮して舞い上がることも、落胆して取り乱すこともない。現実を冷静に受け止めて、自分の言葉で心境を語っていた。 私の周囲にも「どうして、こんなにしっかりしているの」という声が多かった。  もちろん彼ら、彼女らはインタビューの特訓を受けていたわけではない。生まれも、育ち......続きを読む»

今夜は俺の夜?

ソチ冬季五輪が17日間に及ぶ大会の幕を下ろした。  あらためて今大会の日本勢の熱戦を振り返ると、これまでの五輪とは異なる印象を受けた。日本の伝統とも言われた「根性」や「忍耐」という、いわゆる体育会系とは一線を画す、違う匂いのする選手が数多く活躍したことだ。  スノーボード・ハーフパイプに出場した平野歩夢選手と、平岡卓選手の若い10代コンビのパフォーマンスには、スポーツとは遊びの延長線にあると......続きを読む»

ソチ五輪で見えた、新時代のメダル争い

 ソチ五輪は4日目まで日本勢にとって厳しい戦いが続いている。  特に有力選手が登場すると、見る側も期待して「さあ、今度こそ」と力が入るので、結果が出なければそれだけ落胆も大きくなる。  5大会連続出場の女子モーグルの上村愛子は、またしてもあと1歩でメダルを逃し、4位に終わった。彼女は「前回の4位とは達成感が違う」と話し、万感の涙をこぼした。  上位6人が進出する決勝に、6番目の成績で滑り込......続きを読む»

気になる「五輪の顔」の発言

 2月のソチ五輪に臨む日本選手団の結団式と壮行会が1月20日、都内のホテルで行われた。選手たちはテレビや新聞でお互いの顔を知ってはいても、競技が違うと直接顔を合わせる機会はほとんどない。同じ目標を目指す仲間と、一堂に会することで、五輪本番へ向けて気持ちが高まる。その意味でも大切な時間になったと思う。  そんな五輪へ向けた日本の機運が盛り上がってきた中で、水を差す発言が気になった。今月14日に2......続きを読む»

ソチ五輪の見どころは「人間力の成長」

 ソチ五輪がいよいよ1カ月後に迫ってきた。  スキーのジャンプは30歳を超えると恐怖心が増して、心理的にも飛ぶことが難しくなる…などと言われた時代もあったが、7大会連続出場を決めた葛西紀明は、41歳でソチ五輪のジャンプ台に立つ。  人間的にも成熟した不惑を超えた彼が、10代もゴロゴロいる若い選手たちの中で、どんなジャンプを見せてくれるのか。恐怖も年齢も超越した〝生涯ジャンパー〟として前人未到......続きを読む»

愛すべきシューマッハー、再び限界を超えて!

 2013年も残り2日となった年の瀬の12月30日、元F1ドライバーのミハエル・シューマッハー氏が、スキー中の転倒事故で意識不明の重体に陥ったというニュースが飛び込んできた。  2012年に引退するまで、F1最多の7度総合優勝という偉大な記録を残し、日本でも毎年、日本GPで非凡なドライビングテクニックを見せつけ、ファンを魅了してきた。  その偉大なレーサーがフランスの高級リゾート地メリベルでスキ......続きを読む»

聖火台と五輪レガシー

 今年は9月のIOC総会で、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地に東京が決定し、日本中が大いに盛り上がった。一方であまり知られてはいないが〝近代オリンピックの父〟と言われるピエール・ド・クーベルタンの生誕150年という節目の年でもあった。  12月8日、都内で行われた日本オリンピック・アカデミーの第36回セッションに出席した。記念メダル授賞式のためクーベルタン家を代表してアントワン・......続きを読む»

ジャッキー・ロビンソンの闘いが教えてくれたこと

 映画「42~世界を変えた男~」を見た。  今は日本でもメジャーリーグのテレビ中継が楽しめる。〝褐色の肌〟の選手は珍しくない。むしろ白人選手よりも目立っている。  もともと米国は人種のるつぼだと思っていたし、ベースボールをはじめ、あらゆるスポーツで米国の人種差別を意識したことはなかった。  だからこそ、この映画は新鮮な驚きだった。  1947年、今から66年前、メジャーリーグは約400人......続きを読む»

バレンティン選手の大記録に思う

 ヤクルトのバレンティン選手が、ついに王貞治さんのシーズン最多本塁打記録55本を抜いた。  49年ぶり、約半世紀ぶりの大記録達成。56号、57号と続き、記録がどこまで伸びるのか注目されている。  55号を打った後、愛する母がオランダ領キュラソーから来日した時には、少し心配した。息子の顔をしなくてはならない彼の心が乱れるのではと思ったからだ。しかし、彼は見事に集中力を戻した。「超気持ちいい」と......続きを読む»

相原信行さんの「幻の大技」

 7月16日、1960年ローマ五輪男子体操の団体総合と床の金メダリスト、相原信行さんが亡くなった。78歳だった。「床のスペシャリスト」といわれ、1956年メルボルン五輪でも、団体総合と床で銀のメダルを獲得している。  相原さんには「幻の技」があった。彼がローマ五輪で成功させてから53年の歳月が流れたが、いまだ誰1人として実践していない。  現在の体操は回転技、ひねり技が主流になっている。空中......続きを読む»

安藤美姫の告白と、女子アスリートの「いつ産むか」

 フィギュアスケーターの安藤美姫選手が出産していたと衝撃の告白をした。休養していると思ったら、突然テレビに登場して、赤ちゃんを抱いている映像を公開したではないか!  女性は妊娠してから出産まで約10カ月かかるが、その間の容姿の変化を、外部にはまったく見せていない。氷上のスケーターが一瞬にして母親へ。あまりの省略の多さに、まるで映画のシーンが一気に飛んだように感じた。    そういえばと、不......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. ソチ五輪の見どころは「人間力の成長」
  2. 羽生結弦選手の衝突再発防止策はアスリートファーストで
  3. 安藤美姫の告白と、女子アスリートの「いつ産むか」
  4. ピアノとスポーツ
  5. 落合博満とクルム伊達公子
  6. 愛すべきシューマッハー、再び限界を超えて!
  7. 高橋大輔選手の15カ月の大勝負――医療ネットワークの奮闘
  8. 体罰問題と落合博満
  9. 体育祭と人間教育
  10. 白鵬の品格

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
07
05
2016
08
07
05
03
02
2015
11
07
06
05
02
01
2014
12
09
03
02
01
2013
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2012
12
08
06
02
01
2011
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
08
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss