no sports,no life

三菱重工横浜・松下監督の“らしさ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人野球総合情報誌『グランドスラム』NO.37が発売されました。
春に発売される号は、選手名鑑が掲載されているので必見です。

「チームを躍進させる監督術」という特集があります。
4人の監督が取り上げられていますが、
その中の1人が、三菱重工横浜の松下安男監督。
松下監督の、
神奈川の野球への思い、選手との接し方、
そして、“あの人”への感謝の気持ちが書かれています。

松下監督とは、マネージャー時代からお世話になっていますが、
連絡をすると、お忙しいのに必ず返信してくれます。
それも、いろいろなケースを考えて、答えていただいている。
まさに、マネージャー!
でも、最後に、こちらがクスッと笑ってしまうような一言が。
業務連絡になってしまうところを、
この一言で、
距離感がぐっと縮まる感じがしていました。

2009年の監督就任時は
「気負わず、自分のカラーを出したいと思います」と、
昨年は
「自分らしい思い切った采配をしたいと思います」と
話していた松下監督。
“自分のカラー”“自分らしい”——
選手時代、マネージャー時代、
そして監督となって経験したことが
松下監督らしさを形成しているのだと思います。

“あの人”への感謝も、
本人には直接言えないけれど、
このようなインタビューで話すところが、
松下監督らしさなのかもしれませんね。
感謝の気持ちを語る口調は、まさに松下監督でした。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
社会人野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

南アジア野球選手権 5日目 アフガニスタンがネパールを下して国際大会初勝利【世界の野球】

【女子プロ野球】 前期6回戦試合結果【女子プロ野球最新ニュース】

☆『ちびマッチin飯塚』二日目(4/17)の全試合結果速報【☆ちびマッチHP】

ブロガープロフィール

profile-iconmyu1972

岩崎実幸/Miyuki IWASAKI
1992年、知人から社会人野球・
都市対抗野球大会のチケットをもらい
観戦した際、社会人野球に魅了される。
毎年、都市対抗野球大会決勝を観戦すると
必ず涙してしまう“泣き虫ライター”。
観戦は野球、ラグビー、サッカーなど。
自身はバレーボール、テニス、ゴルフを経験。
社会人野球以外のスポーツについても
綴っていきたい。
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:277735

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 9回裏、2アウトカウント3−2から
  2. 志村亮さんと野球
  3. 第83回都市対抗野球大会、13日から!
  4. 第38回社会人野球日本選手権大会、3日(土)開幕!
  5. 第85回都市対抗・7/26第2試合 タイブレークは巡り合わせ?
  6. 第38回社会人野球日本選手権大会、開幕戦は延長タイ・ブレーク
  7. 社会人野球 期待の新人選手
  8. 第82回都市対抗野球大会、組み合わせ決定!
  9. 東京スポニチ大会、Hondaが優勝
  10. 都市対抗 東京都二次予選 セガサミー対明治安田生命

月別アーカイブ

2014
07
2013
06
03
2012
11
10
07
06
05
03
02
01
2011
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
09
08
07
06
05
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss