室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2013年10月

韓国シリーズ第6戦、サムソンが効果的な2発でシリーズ制覇に逆王手

10月31日、テグで行われた韓国シリーズ第6戦は、 サムソンがチェ・テイン選手の逆転アーチ、パク・ハンイ選手のダメ押しアーチで勝利。 対戦成績を3勝3勝のタイに持ち込んで、シリーズ制覇に逆王手をかけました。  トゥサン投手:●ニポトゥ、ユン ミョンジュン、オ ヒョンテク、ピョン ジンス  サムソン投手:ベンデンホルク、ペ ヨンス、チャ ウチャン、○シム チャンミン、クォン ヒョク ......続きを読む»

韓国シリーズ第5戦、サムソン打線が息吹き返し2勝3敗に。

29日、チャムシル球場で行われた韓国シリーズ第5戦は、 第4戦まで得点圏打率.061だったサムソン打線が、 11安打7得点を叩き出し、接戦を勝利。 対戦成績を2勝3敗として、第6戦以降に望みをつなげました。  サムソン投手:ユン ソンファン、アン ジマン、○ベンデンホルク、Sオ スンファン  トゥサン投手:ノ ギョンウン、キム ソンウ、●ユン ミョンジュン、チョン ジェフン、ホン ......続きを読む»

韓国シリーズ第4戦、トゥサンが接戦を制し、シリーズ制覇に王手

28日、チャムシル球場で行われた韓国シリーズ第4戦は、 トゥサンが初回に2点を先制。その得点を先発イ・ジェウ投手とリリーフ陣が守り、 追うサムソンは9回に1点を挙げ追い上げるも、貧打に苦しんだ結果、 2対1でトゥサンが勝利。トゥサンは対戦成績を3勝1敗として、 韓国シリーズ制覇に王手をかけました。  サムソン投手:●ペ ヨンス、チャ ウチャン、シム チャンミン  トゥサン投手:○......続きを読む»

韓国シリーズ第3戦、サムソンが逃げ切り勝ちで1勝2敗に。

27日、チャムシルに場所を移して行われた韓国シリーズ第3戦は、 サムソンの先発、チャン・ウォンサム投手が6回1/3を2失点に抑える好投。 サムソンが勝利を手にし、2連敗の後、一矢を報いました。 トゥサンは数度のミスで、失点を招きました。  サムソン投手:○チャン ウォンサム、アン ジマン、チャ ウチャン、Sオ スンファン  トゥサン投手:●ユ ヒグァン、ピョン ジンス、ホン サンサ......続きを読む»

韓国シリーズ第2戦、トゥサンが延長13回の死闘を制し2連勝。

25日、テグで行われた韓国シリーズ第2戦は、 1対1で迎えた延長13回表、トゥサンのオ・ジェイル選手が、 5イニング目のマウンドに上がった、 サムソンの抑えオ・スンファン投手から、 勝ち越しのソロアーチ。 5時間32分の死闘を制したトゥサンが対戦成績を2勝0敗としました。  トゥサン投手:ニポトゥ、オ ヒョンテク、ホン サンサム、ヘンキンス、ユン ミョンジュン、        ......続きを読む»

韓国シリーズ第1戦、トゥサンが集中打で先勝。

24日、サムソンの本拠地・テグで行われた韓国シリーズ第1戦は、 トゥサン打線が、サムソンの先発ユン・ソンファン投手を攻略し快勝。 7対2で先手を取りました。  トゥサン投手:○ノ ギョンウン、ピョン ジンス、チョン ジェフン、ユン ミョンジュン、オ ヒョンテク  サムソン投手:●ユン ソンファン、チョ ヒョングン、シン ヨンウン、クォン ヒョク、シム チャンミン          ......続きを読む»

韓国シリーズ展望

24日に第1戦が行われる、 サムソンライオンズとトゥサンベアーズとの韓国シリーズ展望です。 →2013年韓国プロ野球ポストシーズン日程表 韓国シリーズを前日に控えた13日、 サムソンの本拠地・テグ球場隣の市民体育館で、 韓国シリーズメディアデーが行われました。 メディアデーには サムソンからリュ・ジュンイル監督、 キャプテンのチェ・ヒョンウ選手、ペ・ヨンス投手、 ト......続きを読む»

プレーオフ第4戦、トゥサンがプレーオフを制し、5年ぶりの韓国シリーズへ

20日、チャムシル球場で行われたプレーオフ第4戦は、 トゥサンがLGのミスで得た点を守り、8回の集中打でリードを広げて勝利。 対戦成績を3勝1敗として、5年ぶりの韓国シリーズ進出を決めました。  LG投手:●ウ ギュミン、イ サンヨル、ポン ジュングン、イ ドンヒョン  トゥサン投手:○ユ ヒグァン、Sヘンキンス  本塁打:チェ ジュンソク(8回ソロ) →2013年韓国プロ野......続きを読む»

プレーオフ第3戦、トゥサンが堅守で失点防ぎ、シリーズへ王手

19日、チャムシル球場で行われたプレーオフ第3戦は、 9回表、連打で猛追するLGを、トゥサンが外野手の2つの好返球で防ぎ、 1点差勝利。対戦成績を2勝1敗として、韓国シリーズ進出に王手をかけました。  LG投手:●シン ジェウン、イム ジョンウ、リュ テクヒョン、ユ ウォンサン、イ ドンヒョン  トゥサン投手:○ニポトゥ、キム ソンウ、ホン サンサム、Sチョン ジェフン  本塁打:......続きを読む»

スティックバルーンは結構難しい。

プレーオフ移動日の18日。 →2013年韓国プロ野球ポストシーズン日程表 日常の業務をこなす日でしたが、 別々の知人、先輩、同級生などの近況や活動などを、 なぜか、一気に耳にする日となり、異常なまでに刺激を受け、脳が活性化。 そんな中、セ・パのクライマックスシリーズが行われている 映像を目にすると、Kスタ宮城のスタンドにスティックバルーンがいっぱい。 ということで(?)、表......続きを読む»

プレーオフ第2戦、LGがリジュの好投で完封リレー。1勝1敗のタイに

17日、チャムシル球場で行われたプレーオフ第2戦は、 LGの先発リジュ投手が、トゥサン打線を8回被安打1、2四球、無失点に 抑える好投を見せ、2対0で勝利。 プレーオフの対戦成績を1勝1敗としました。  トゥサン投手:●イ ジェウ、ヘンキンス、キム ソンウ、オ ヒョンテク、チョン ジェフン、          ピョン ジンス、ユン ミョンジュン  LG投手:○リジュ、Sポン ジュ......続きを読む»

プレーオフ第1戦、接戦制したトゥサンがチャムシル対決先勝

16日、チャムシル球場で行われたプレーオフ第1戦は、 2対2で迎えた7回表、2死三塁の場面で、 トゥサンの4番チェ・ジュンソク選手のサードゴロがエラーとなり、 三塁ランナーが生還。トゥサンが1点をリードし、 これが決勝点となって、プレーオフ初戦はトゥサンが取りました。  トゥサン投手:○ノ ギョンウン、Sホン サンサム  LG投手:リュ ジェグク、●イ ドンヒョン、イ サンヨル、......続きを読む»

プレーオフ展望

16日から行われる、 公式戦2位のLGツインズと、 準プレーオフを制したトゥサンベアーズとの プレーオフ(5戦3先勝制)。 →2013年韓国プロ野球ポストシーズン日程表 ともにチャムシル球場を本拠地とする両チームが、 プレーオフで顔を会わせるのは2000年以来、13年ぶりです。 ちなみにその時は7戦4先勝制で、トゥサンの4勝2敗でした。 プレーオフの舞台、チャムシル球場 ......続きを読む»

準プレーオフ第5戦、延長戦を制したトゥサンがプレーオフ進出。

14日、準プレーオフ第5戦がモクトン球場で行われ、 3対3で迎えた延長13回表、トゥサンは代打チェ・ジュンソク選手が、 ソロアーチを放ち勝ち越しに成功。この回5点を挙げたトゥサンは、 その裏、2点を喫するも逃げ切り、2連敗のあとの3連勝で、 プレーオフ進出を決めました。  ト  0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 5  8  ネ  0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 ......続きを読む»

小林亮寛トークライブ、超満員、大大盛況で終了!

12日、当方がプロデュース、トークホストを務めるイベント、 「エイコージャパン & ダスキン福ほく presents」 『流浪のベースボールアーティスト 小林亮寛トークライブ』を 福岡の博多リバレインホールで開催しました。 千葉ロッテに5年間在籍後、一度は引退するも現役復帰し、 6つの国と地域で続けている小林亮寛投手。 昨年から韓国の独立球団・コヤン(高陽)ワンダーズに在......続きを読む»

準プレーオフ第4戦、トゥサンが一発で逆転し2勝2敗のタイに

12日、チャムシル球場で行われた準プレーオフ第4戦は、 トゥサンが0対1で迎えた6回裏、チェ・ジェフン選手の2ランで逆転。 投げてはニポトゥ投手が締め、トゥサンは2連勝で、 対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込みました。  ネ  1 0 0 0 0 0 0 0 0  1  ト  0 0 0 0 0 2 0 0 X  2  ネクセン投手:ムン ソンヒョン、●ベンヘケン、ハン ヒョンヒ  ......続きを読む»

準プレーオフ第3戦、トゥサンが延長14回サヨナラ勝ち。1勝2敗に。

11日、準プレーオフ第3戦がトゥサンの本拠地・チャムシル球場で行われ、 3対3で迎えた14回裏、トゥサンがイ・ウォンソク選手の ライトへタイムリーでサヨナラ勝ち。 トゥサンは準プレーオフの対戦成績を1勝2敗としました。  ネ  0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0  3  ト  1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x  4  ネクセン投手:オ ジェ......続きを読む»

もうすぐ12日(土)!「小林亮寛トークライブ」、博多リバレインホールへの道

当方プロデュースのイベントとしては、 初の福岡での開催となる、 「流浪のベースボールアーティスト 小林亮寛トークライブ」。 いよいよ開催日の12日(土)が近づいてきました。 小林投手の出身地での開催ということで、 今回、福岡におじゃましてイベントを実施するわけですが、 以前から、イベント実施のラブコールをいただいていた 福岡で行うことができて、とても嬉しいです。 そしてご来場......続きを読む»

準プレーオフ第2戦、ネクセンが連続サヨナラ勝ちで2勝目

9日、準プレーオフ第2戦がモクトン球場で行われ、 2対2で迎えた10回裏、1死三塁でネクセンの途中守備から入った キム・ジス選手が右中間にタイムリーヒットを放ち、 ネクセンが2試合連続のサヨナラ勝ち。対戦成績を2勝0敗として、 プレーオフ進出に王手をかけました。  ト  0 0 0 0 0 0 0 1 1 0  2  ネ  0 0 0 0 0 0 0 1 1 1x  3  トゥサン......続きを読む»

準プレーオフ第1戦、ネクセンがサヨナラで初戦制す

8日、準プレーオフ第1戦がモクトン球場で行われ、 3対3で迎えた9回裏、2死二・三塁でネクセンの3番、 イ・テククン選手がライトにタイムリーヒットを放ち、 ネクセンがサヨナラ勝ち。先手を取りました。  ト  0 2 0 0 0 0 0 0 1  3  ネ  2 0 0 0 0 1 0 0 1x  4  トゥサン投手:ニポトゥ、ホン サンサム、●ユン ミョンジュン、チョン ジェフン ......続きを読む»

準プレーオフ展望

8日から今年の韓国プロ野球ポストシーズン、 まずは準プレーオフが始まるということで、 この時期、恒例の準プレーオフ展望です。 →2013年韓国プロ野球ポストシーズン日程表 公式戦3位のネクセンヒーローズと、 4位トゥサンベアーズの間で、5戦3先勝戦で行われる準プレーオフ。 ネクセンの本拠地・モクトン球場 今季の両チームの対戦は9勝7敗でネクセンが勝ち越しました。 その内容......続きを読む»

韓国、2~4位の決定は最終戦に

今季の公式戦の最終戦となる5日を前に、 未だ2~4位の順位が決まっていません。  (10月4日現在) 韓国は全9チーム中、上位4チームがポストシーズンに進出。 3位対4位の準プレーオフ(5戦3先勝制)の勝者が、 2位とのプレーオフ(5戦3先勝制)に挑みます。 そしてその勝者が、 1位を決めたサムソンとの韓国シリーズ(7戦4先勝制)で対戦します。 →2013年ポストシー......続きを読む»

サムソン、韓国初のシーズン3連覇。7度目の公式戦優勝。

サムソンライオンズは2日、公式戦優勝へのマジック1で臨んだロッテ戦を、 9対2で勝利し、3年連続7度目(前後期制シーズン除く)の公式戦優勝を決めました。 これによりサムソンの韓国シリーズ進出が決定しました。 シーズン3連覇は韓国プロ野球史上初です。 →2013年韓国プロ野球ポストシーズン日程表 今季のサムソンですが、過去2年のような独走ではなく、 接戦を制してのVでした。 ......続きを読む»

年表で見る小林亮寛投手ヒストリー

公式戦終盤、日々の取材に加え、 10月12日(土)に福岡・博多リバレインホールにて行うトークイベント、 「エイコージャパン ダスキン福ほくpresents」 『流浪のベースボールアーティスト 小林亮寛トークライブ』の準備、 また来年以降のあれやこれやに着手するなど過ごしていますが、 小林亮寛トークライブが目前に迫ってきました。 既にチケットお求めの方々ありがとうございます。 →トー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2017年で14年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。連載500回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:462
  • 累計のページビュー:4343698

(11月19日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. 門倉健投手、聖望学園野球部OB会による引退試合実施

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss