室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2013年06月

「日韓フレンドシップフェスティバル」にて韓国野球のトークステージ!

26日は京セラドームで取材でした。 目的は、試合前にイ・デホ選手関連の作業をし、 それを終えたら、試合の途中でおいとまする、 日帰り訪阪の予定だったのですが、 「もしかしたら大記録達成?」という、 千葉ロッテ・古谷拓哉投手の投球を見るため、 予定の時間を過ぎても球場に滞在。 結局、大阪に一泊してしまいました。 結果はご存知の通り、9回2死にヒットが出ましたが、 非常に良いものを......続きを読む»

イ・デホ選手(オリックス)、ファン投票でオールスター戦出場決定

23日は西武ドームでイ・デホ選手の取材でした。 イ・デホ選手は6月21日が31歳の誕生日。 おめでとうと声を掛けたのですが、「今は喜べないんですよ」とのこと。 スポーツ朝鮮のコラムにも記しましたが、 イ・デホ選手の奥さんのおばあさんが、前日に亡くなったとのことで、 かなり気を落としていました。 韓国の人は日本以上に家族を大事にしますが、 彼の場合、生い立ちからか、その感情は人一......続きを読む»

イ・スンヨプ選手、韓国通算352号を放ち、歴代本塁打数トップに

20日のSK対サムソン(インチョン)で、 イ・スンヨプ選手(サムソン)がこの日の2打席目、 3回表、1死一、三塁の場面で、SKの先発ユン・ヒサン投手から、 カウント2-2からの5球目を左中間に運び、今季7号ホームランを放ちました。 この一発はイ・スンヨプ選手の通算352号となり、 ヤン・ジュンヒョクさん(元サムソン)が持つ、歴代最多本塁打351本を抜き、 韓国歴代本塁打数1位となりま......続きを読む»

7/27(土)のトークイベント、ゲストに清家政和さん(元西武)ご登場

例年のことではありますが、各チーム、連勝連敗が極端な韓国プロ野球。 現在、2位ネクセンが7連敗中の反面、3位LGが6連勝、 4位キアが8連勝となっています。 2~5位が1.5ゲーム差の中に4チームと、順位の変動がありそうな今週です。 →2013年韓国プロ野球順位表 さて表題の件ですが、7/27(土)に東京で実施のトークイベント、 「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑 10周年祭り」に、......続きを読む»

韓国の二軍球場、移転ラッシュの年。

先日、小林亮寛投手のコラムに関連して、 「昨年、今年と二軍に行く機会が例年より多い」なんてことを記しましたが、 「そういえば、今年、来年にかけて、韓国の二軍球場に変化が多いなぁ」と思ったので、 それらも記そうかと思います。 トゥサンは現在、キョンギ(京畿)道のイチョン(利川)市にある、 ファームの施設「ベアーズフィールド」が全面改修中で、 グラウンドのみならず合宿所まで作り直していま......続きを読む»

建設中のクァンジュの新球場、こんな感じになってます

しばらく手が回らなかった、球界よもやま話系を続けております。 来年オープン予定のクァンジュの新球場。 日々工事が続いています。 新球場は現在の球場のレフト後方、元々陸上競技場だった場所に、 建設されています。 ということですぐお隣。 右側が現球場の三塁側スタンド、左が新球場です。 写真は5月中旬のもの。現在はこの青い膜は取られているようで、 グラウンドの芝の敷設も始ま......続きを読む»

日本は統一球。韓国は3種類

日本のプロ野球の公式球、いわゆる統一球についての話題が上がっているので、 では韓国の公式球は?聞かれることも少なくないので、記してみます。 韓国は3つのメーカーのボールを使っています。 以前の日本同様、複数のボールを使っているということです。 上からMAX、2段目左がSkyline、右がBiglineです。 そして一番下が、日本の統一球ですね。 それぞれ、今年の沖縄キャンプの......続きを読む»

コヤン・小林亮寛投手の姿をコラムに。ソフトバンク三軍、今年も韓国で練習試合

昨季、今季と例年に比べて二軍に足を運ぶ機会が多いのですが、 その理由のひとつが、韓国唯一の独立球団・コヤン(高陽)ワンダーズに所属する、 小林亮寛投手に会いに行くためでした。 今回、その小林投手からこれまで伺ったお話をまとめてコラムにしました。 →元ロッテ・小林亮寛が野球を続ける訳 「戦力外=引退」を否定してきた男の夢(スポーツナビ) この中で、コヤンのコーチ陣の豪華さや、どう......続きを読む»

韓国の中継車は解説者&女子アナのラッピング仕様

日韓、行ったり来たりの日々ですが、 それらにかまけて、なかなかブログによもやま系のことを 載せていなかったので、今回簡単に。 近年の韓国球界は観客数が増え、盛り上がっているということは、 再三記してきましたが、 →「韓国の野球場ってガラガラなんでしょ?」  いえいえ、韓国では今、プロ野球が大盛り上がりなんです! 今年は観客動員の中心的存在であるロッテジャイアンツが、 FAに......続きを読む»

「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑 10周年祭り!」開催

日本のプロ野球は交流戦の真っ最中。 当方もイ・デホ選手が在籍するオリックス戦の取材に出向いたり、 その他、何かとあわただしく過ごしています。 5月は連休があったため、韓国に観戦旅行に行かれた方も多いようですね。 お葉書などでその感想や、観戦ガイドに関するお礼のお手紙など 頂戴しています。お役に立てたとしたら嬉しいです。誠にありがとうございます。 さてこの度、2004年から毎年発行......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2017年で14年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。連載500回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:236
  • 累計のページビュー:4343237

(11月18日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. 門倉健投手、聖望学園野球部OB会による引退試合実施

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss