室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2011年12月

2011年もありがとうございました。

2011年も各方面でご愛顧いただきありがとうございました。 今年は過去最高となる観客動員数を集め、 今、人気の絶頂期を迎えている韓国プロ野球  ↑日本ではほとんど知られていないでしょ、お客さんっ。 プロ野球発足から30周年を迎えるメモリアルイヤーにふさわしい、 華やかな1年でした。 その締めくくりには、サムソンがアジアシリーズを制し、 日本以外のチームとして初めてチャンピオンに......続きを読む»

いち押しコメント募集と岡本真或投手引退記念トークライブ

あれやこれやと追われながら、 例年よりも強く、ことし1年を振り返っている年末です。 そんな気持ちは次回にでも記そうかと思います。 さて2011年版の「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑」掲載用に募集し、 たくさんのご投稿いただいた、選手名鑑欄に掲載の、 「選手いち押しコメント」を2012年版でも募集します。 読者のみなさんのひとことで、本を魅力あるものにしていただければと考えております......続きを読む»

岡本真或投手、現役引退へ

本日、岡本真或投手(中日-西武-LG-楽天)と電話でお話しした際、 ご本人から「公に伝えるきっかけがなかった」ということで、 ご報告いただいたので、ひとまず当方ブログにてお伝えいたします。 以下、岡本真或投手からのメッセージです。 「今シーズン限りで現役を引退することにしました。 今年の夏頃から、来季の契約が結べなかったら、 ユニフォームを脱ごうと思っていました。 海外での指導者や......続きを読む»

『韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ』大大盛況で終了

17日、東京・水道橋のYMCAアジア青少年センター スペースYホールで、 「韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ」を実施。 約100人の方々にご来場いただき、大大大盛況でイベントを終了しました。 場内にはステージ上の6着を含め、門倉投手が実際に袖を通した、 18着のユニフォームを展示。また最多奪三振や月間MVP、優勝メダルなどの、 数々の記念品も備え、場内はさながら「門倉記念館......続きを読む»

いよいよ明日!場内にブルペンも?韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ!

9月から告知開始という、早くから動いた今回のトークライブも、 いよいよ明日17日(土)に迫ってきました。 『韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ!』 これまでのイベント紹介の中で、 トークの他にもユニフォーム17点をはじめとしたお宝の展示や、 門倉投手のフォークボール実演ということを記してきましたが、 「舞台上だとボールを思いっきり投げるには限界がある」 ということを克服し......続きを読む»

『韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ!』まであと2日!

このブログが好きで好きで、一字一句まぶたの裏に刻みこむほど チェックされているという方(いるのか?)には繰り返しになりますが、 初めてご覧になるという方に、ご存じいただくために、 今週17日(土)東京・水道橋で行う、 『韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ!』 についてです。 既に前売り券お求めの方、チケットレス前売り券ご予約の方など、 ありがとうございます。 しかし......続きを読む»

キム テギュン選手、古巣・ハンファ入りなど

いよいよ17日(土)に東京・水道橋で行う、 『韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ!』が、 ホントにホントに直前に迫ってきました。 12日はステージレイアウトを試行錯誤しに、 会場の東京・YMCAアジア青少年センター スペースYホールへ。 下の写真は配置などを試している途中です。 当日はまたちょっと異なるかと思います。 ツイッターでは「立派な会場ですね。もっとア......続きを読む»

イ デホ選手オリックス入り

ロッテ・イ デホ選手のオリックス入りが決まり、 6日にはプサンで岡田監督同席の下、入団会見が行われました。 イ デホ選手についてはコラムを書きましたので、 よろしければどうぞ。 →オリックスの新助っ人、李大浩はブーマーの再来!? 韓国の三冠王が日本球界に挑戦(スポーツナビ) ダジャレを書こうとして、3時間悩んだ末、浮かんだのはあの程度です(笑) さて、12月17日(土)に東京・水......続きを読む»

イ スンヨプ選手、古巣サムソン復帰など

5日、サムソンは今季までオリックスでプレーした、 イ スンヨプ選手の古巣復帰を発表。 また、韓国初の独立球団となる、コヤン(高陽)ワンダースが、 キム ソングン前SK監督の就任を発表。 さらにオリックスはロッテ・イ デホ選手の獲得を発表し、 6日にはプサンで岡田監督同席の下、入団会見を行うなど、 様々な動きがありました。 上記もろもろはコラムや、ブログでも改めて記すかと思います。 ......続きを読む»

グッズショップ30%OFFセールとトークライブまであと2週間

当方、アジアシリーズ決勝戦の翌日帰国しました。 決勝戦は19時開始。試合が終わってセレモニーや記者会見、 なんやかんやでホテルに帰ったのは午前1時前。 しかし翌朝のホテル出発は午前4時半だったので、 (台中から台北桃園空港まで移動の必要があるため)睡眠時間は10分でした。。。 ホークスのみなさんも朝早い便だったようで、 ほとんど寝られず大変だったことでしょう。 北京五輪や広州ア......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4322610

(06月02日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss