室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2011年10月

韓国シリーズ第5戦、サムソンがSKを破り4勝1敗でシリーズ制覇

31日に行われた、 サムソンとSKの韓国シリーズ第5戦は、 1対0でサムソンが勝利。 対戦成績を4勝1敗として、 2006年以来5年ぶり5度目の優勝を決めました。 サムソンは1985年に初優勝。 その年は前後期ともに1位でシーズンを終え、 韓国シリーズを戦わずして優勝。 シリーズ制覇での優勝は02、05、06年に次ぐ4度目となります。 →2011年ポストシーズン日程と結果 ......続きを読む»

韓国シリーズ第4戦、サムソンが勝ちシリーズ制覇へ王手

29日に行われたSKとサムソンの韓国シリーズ第4戦は、 初回からゲームが動き、サムソンが先制。 その後、チャンスを生かしたサムソンと、 チャンスを生かし切れなかったSKとで差がつき、 8対4でサムソンが勝利。 サムソンが対戦成績を3勝1敗として、 シリーズ制覇に王手をかけました。 →2011年ポストシーズン日程と結果  サムソン|2 0 0|2 0 0|1 2 1 | 8 ......続きを読む»

韓国シリーズ第3戦、SKが地元で一矢を報い1勝2敗に

28日に行われたSKとサムソンの韓国シリーズ第3戦は、 1、2戦に続き投手戦。 4回にチャンスを逃したサムソンに対し、 4、5回にソロホームラン2本で2点を挙げたSKが、 サムソンを8回の1点に抑え、2対1で勝利しました。 これで対戦成績はSKの1勝2敗です。 →2011年ポストシーズン日程と結果  サムソン|0 0 0|0 0 0|0 1 0 | 1   S K |0 0 ......続きを読む»

韓国シリーズ第2戦、サムソンが連日の投手戦を制し2連勝

26日に行われたサムソンとSKの韓国シリーズ第2戦は、 第1戦同様の投手戦。 5回を終わって0-0のゲームは6回にサムソンが2点を先制し、 8回にSKも1点を挙げ、同点のチャンスを作るも、 サムソンの攻守とストッパー・オ スンファン投手の熱投で、 サムソンが2-1で勝利。対戦成績を2勝0敗としました。 →2011年ポストシーズン日程表   S K |0 0 0|0 0 0|0 ......続きを読む»

韓国シリーズ第1戦、サムソンが投手戦を制し先手を取る

25日に行われたサムソンとSKの韓国シリーズ第1戦は、 サムソンが先発級投手2人と必勝リレーの継投でSKを零封。 2-0で勝利し、韓国シリーズの先手を取りました。 →2011年ポストシーズン日程表   S K |0 0 0|0 0 0|0 0 0 | 0  サムソン|0 0 0|2 0 0|0 0 X | 2 勝:チャ ウチャン S:オ スンファン 敗:コ ヒョジュン ......続きを読む»

韓国シリーズ展望

24日、韓国シリーズを前日に控え、 サムソン、SKの両チームの監督と4選手が出席する、 メディアデーがテグで行われました。 →2011年ポストシーズン日程表 短期戦前の恒例行事ですが、 ここ数年はテレビでの生中継もあり、 野球人気の高さを感じます。 各出席者が出している指の意味は、 こちらも最近恒例になった、 「第何戦で決着するか?」という予想。 サムソン・リュ ジュ......続きを読む»

プレーオフ第5戦、SKが勝利し韓国シリーズに進出

雨天中止をはさんで、23日に行われた、 ロッテとSKのプレーオフ第5戦は、 SK・パク チョングォン選手の2本の2ランをはじめ、 チャンスに加点したSKがロッテを勝り、8-4で勝利。 対戦成績を3勝2敗として、 史上初の5年連続韓国シリーズ進出を決めました。 →2011年ポストシーズン日程表  S K |0 0 0|2 2 2|0 2 0 | 8  ロッテ|1 0 0|0 0......続きを読む»

プレーオフ第4戦、ロッテがイ デホの一発などで勝利。決着は第5戦に

20日に行われた、 SKとロッテのプレーオフ第4戦は、連日の投手戦に。 わずかなチャンスの中、ロッテが5回に1点を先制し、 続く6回にはこれまで沈黙していた、 4番・イ デホ選手の一発でロッテが2点をリード。 このリードを投手陣が守り抜き、 ロッテは対戦成績を2勝2敗の五分として、 決着を第5戦に持ち込みました。 →2011年ポストシーズン日程表  ロッテ|0 0 0|0 1 ......続きを読む»

プレーオフ第3戦、SKが零封で韓国シリーズ進出に王手

19日に行われた、 SKとロッテのプレーオフ第3戦は第2戦同様、投手戦に。 限られたチャンスを生かせるかがポイントとなった試合は、 SKが好機を得点につなげる、SKらしい野球で3対0で勝利。 対戦成績を2勝1敗として、韓国シリーズ進出に王手をかけました。 →2011年ポストシーズン日程表  ロッテ|0 0 0|0 0 0|0 0 0 | 0  S K |0 0 0|1 0 0|0 ......続きを読む»

キア新監督にソン ドンヨル前サムソン監督、チョ ボムヒョン監督辞任

プレーオフ移動日の18日の午後、 →2011年ポストシーズン日程表 キア球団から驚きのリリースがありました。 チョ ボムヒョン監督の辞任、 そしてソン ドンヨル前サムソン監督の新監督就任の報でした。 キアは今季4位で先日の準プレーオフでSKに敗れ、 これから秋季キャンプを行うというところでした。 チョ ボムヒョン監督は契約がまだ1年残っていますが、 準プレーオフ敗戦後、会社内で動......続きを読む»

プレーオフ第2戦、ロッテが勝利し1勝1敗に

17日に行われた、 ロッテとSKのプレーオフ第2戦は、初戦とはうって変わって投手戦。 5回を終わって両者無得点で進むも、6回にロッテがチョン ジュンウ選手の2ランと、 カン ミンホ選手のタイムリーで3点を挙げ、 そのまま逃げ切ったロッテが、プレーオフの対戦成績を1勝1敗としました。 →2011年ポストシーズン日程表  S K |0 0 0|0 0 0|1 0 0 | 1  ロッテ|......続きを読む»

プレーオフ第1戦、SKが延長10回乱打戦を制す。

16日に行われた、 2位・ロッテと準プレーオフを勝ち上がったSKとのプレーオフ第1戦は、 6対6で迎えた延長10回表、チョン サンホ選手の決勝ソロアーチが飛び出したSKが、 7対6で勝利し、プレーオフ先手を取りました。 →2011年ポストシーズン日程表  S K |0 0 0|3 0 1|2 0 0 | 1 | 7  ロッテ|1 2 0|1 0 0|1 1 0 | 0 | 6 ......続きを読む»

プレーオフ展望

14日は神宮球場へヤクルト対阪神戦の取材に。 1ヶ月前には、ヤクルトのリーグ優勝を疑うことなくいましたが、 状況が変わりましたね。 そんな中ですが、イム チャンヨン投手が、 どんな展開でも投げるという意気込みを、熱いまなざしで口にしていたので、 残る公式戦、クライマックスシリーズと楽しみにしたいです。 それとヤクルト・久古健太郎投手のことをぼんやりと調べていたら、 出身が当方と同じ......続きを読む»

準プレーオフ第4戦、SKが3勝1敗でプレーオフ進出

3位・SKと4位・キアの準プレーオフ第4戦は、 SKが8対0で勝ち、対戦成績を3勝1敗としたSKが、 プレーオフ進出を決めました。 →2011年ポストシーズン日程表  S K |0 0 3|0 2 1|0 2 0 | 8  キ ア|0 0 0|0 0 0|0 0 0 | 0 勝:ユン フィサン 敗:ユン ソクミン 本塁打: 後がないキアは、エース・ユン ソクミン投手を中......続きを読む»

準プレーオフ第3戦、SKがプレーオフ進出に王手

3位・SKと4位・キアの準プレーオフ第3戦は、 SKが2対0で勝ち、対戦成績を2勝1敗として、 プレーオフ進出に王手をかけました。 →2011年ポストシーズン日程表  S K |0 0 0|0 0 2|0 0 0 | 2  キ ア|0 0 0|0 0 0|0 0 0 | 0  勝:ゴドゥン  S:オム ジョンウク  敗:ソ ジェウン  本塁打: SKは第2戦で代打同点......続きを読む»

準プレーオフ第2戦、SKが延長11回サヨナラ勝ちでタイに

3位・SKと4位・キアの準プレーオフ第2戦は、 延長11回、SKが3対2でサヨナラ勝ちし、 対戦成績を1勝1敗のタイとしました。 →2011年ポストシーズン日程表  キ ア|1 0 0|0 1 0|0 0 0 | 0 0 | 2  S K |0 0 0|0 1 0|1 0 0 | 0 1x | 3 勝:チョン ウラム 敗:ハン ギジュ 本塁打:チェ フィソプ(ソロ・1号......続きを読む»

準プレーオフ初戦、ユン ソクミンの好投でキアが制す

8日から始まった韓国のポストシーズン。 →2011年ポストシーズン日程表 3位・SKと4位・キアの準プレーオフ第1戦は、 キアが5対1で勝利し初戦を取りました。  キ ア|0 0 1|0 0 0|0 0 4 | 5  S K |0 0 0|0 0 0|0 0 1 | 1  勝:ユン ソクミン  敗:キム グァンヒョン  本塁打:チャ イルモク(満塁・1号)、チェ ドンス(ソロ......続きを読む»

準プレーオフ展望

毎年ポストシーズン恒例の直前展望です。 とその前に、大きなニュースが一つ。 6日の公式戦最終戦を前に、 LG・パク チョンフン監督が成績不振を理由に辞意を表明。 翌7日にLGはキム ギテヘッドコーチの監督就任を発表しました。 パク チョンフン監督は昨季から5年契約を結んでいましたが、 道半ばでユニフォームを脱ぐことになりました。 一方のキム ギテ新監督は2009年まで巨人の......続きを読む»

ロッテジャイアンツ2位確定。プレーオフ進出へ。と10月3日。

当方にとって「ロッテ」と言えばプサンですが、 一般的には千葉なので、誤解を生まぬよう、 表題にはフルネームを入れました。 少々バタバタしているので、以下本題は手短に。 4日、2位・ロッテが勝ち、3位・SKが敗れたため、 ロッテの2位が確定。プレーオフ進出が決まりました。 →2011年韓国プロ野球順位表 →2011年プレーオフ日程表 もう10月ですね。 10月1日からは、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:310
  • 累計のページビュー:4309606

(03月19日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss