室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2010年10月

ドラフト指名されたアジア大会代表選手たち

専門外ではありますが、 自身の備忘録も兼ねて記しておきます。 11月13日から中国・広州で行われる、 アジア大会野球競技。 →広州アジア大会概要と韓国代表一覧 日本代表24選手の中から、 今回のドラフト会議で以下の5選手が指名されました。 1位指名 阪神 榎田大樹投手(東京ガス) 横浜 須田幸太投手(JFE東日本) 2位指名 東北楽天 美馬学投手(東京ガス) ......続きを読む»

左肩骨折で知ったなんやかんや

以下、韓国球界に関する有益な情報はあまりありません。 左肩骨折中(左上腕部)の当方。 負傷直後は落ち込みましたが、 やってしまったものはしょうがない。ということで、 「むしろ不便さを楽しもう!」と日々過ごしてきました。 ということで、けがをして「なるほど!」と分かったことを 下に記したいと思います。 今後、同様に骨折した方が、 インターネットを右往左往して、 「ある、あ......続きを読む»

韓国シリーズを終えムダばなし。羽田旧国際線ターミナルとか。

まずはグッズショップからお知らせです。 10月23日~25日までの3日間限定で、 ロッテジャイアンツのオーセンティックユニフォーム5種類 (ホーム、ビジター、サンデー、オールドホーム、オールドビジター)を 5%OFFで販売しています。新監督就任記念も兼ねてですね。 もちろん背番号、背ネームのマーキング可能です。 →韓国プロ野球グッズ ストライク・ゾーン <追記> お客様からのご要望で......続きを読む»

韓国シリーズ第4戦、SKが4タテし2年ぶり3度目の優勝。

19日、テグ球場で行われた、 韓国シリーズ第4戦は、4対2でSKが勝利し、 対戦成績を4勝0敗として2年ぶり3度目の優勝を決めました。 写真は前回のブログに  S K |0 0 0|3 0 1|0 0 0 | 4 サムソン|0 0 0|0 0 0|0 1 1|2 SK投手:グローバー(4回0/3)、○チョン ビョンドゥ(1回)、チョン ウラム(1/3)、 ソン ウンボム(2......続きを読む»

韓国シリーズ第4戦、SKが4タテし2年ぶり3度目の優勝(写真)

19日、テグ球場で行われた、 韓国シリーズ第4戦、サムソン対SKは、SKが4対2で勝利。 シリーズ対戦成績を4勝0敗として2年ぶり3度目の優勝を決めました。 以下、とりあえず写真のみです。 試合経過はサイトに掲載しています。 SK・門倉健投手と加藤初コーチ(一番左は通訳さん) SK・関川浩一コーチと芹沢裕二コーチとキム テギュンコーチ みなさんグラウンド......続きを読む»

韓国シリーズ第3戦、SKがリリーフ陣の活躍で3連勝

<追記> サイトでは韓国シリーズ第4戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 18日、テグ球場で行われた、 韓国シリーズ第3戦は、 SKの7人の投手がサムソン打線を2点に抑え4対2で勝利。 3連勝で韓国シリーズ制覇に王手をかけました。 S K |2 0 0|0 0 0|0 2 0| 4 サムソン|1 0 0|0 0 0|0 0 1| 2 SK投手:......続きを読む»

韓国シリーズ第2戦、SKが一発と継投策で連勝

<追記> サイトでは韓国シリーズ第3戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 16日、インチョンムナク球場で行われた、 韓国シリーズ第2戦は、 SKが効果的な3発とリリーフ陣の好投で、4対1で勝利。 初戦に続き、2戦目も制しました。 サムソン|0 1 0|0 0 0|0 0 0| 1 S K |0 0 0|2 0 1|0 1 X| 4 サムソン投手:......続きを読む»

韓国シリーズ第1戦、SKが逆転勝ちで先手を取る。

<追記> サイトでは韓国シリーズ第2戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 15日、インチョンムナク球場で行われた、 韓国シリーズ第1戦は、中盤に加点したSKが9対5で勝利。 SKは4年連続の韓国シリーズ進出で、 今年初めて初戦を制しました。 サムソン|0 0 0|0 3 1|0 1 0| 5 S K |1 0 1|0 3 4|0 0 X| 9 ......続きを読む»

韓国シリーズ展望

<追記> サイトでは韓国シリーズ第1戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 15日から公式戦1位のSKとプレーオフを勝ち抜いたサムソンとの、 韓国シリーズが7戦5先勝制で行われます。 →2010年 ポストシーズン日程表 その前日の14日、インチョンムナク球場横のコンベンションセンターで、 両チーム監督と選手各2名が出席し、メディアデイが行われました。 ......続きを読む»

プレーオフ第5戦、サムソンがサヨナラ勝ちし韓国シリーズ進出

13日、テグ球場で行われた、 プレーオフ第5戦は、5対5で迎えた延長11回裏、 サムソンが6対5でサヨナラ勝ちし、 3勝2敗で韓国シリーズ進出を決定しました。 トゥサン |0 5 0|0 0 0|0 0 0|0 0 | 5 サムソン|0 0 0|4 0 1|0 0 0|0 1x | 6 トゥサン投手:ヒメネス(3回1/3)、ウォーランド(1回2/3)、コ チャンソン(2/3)、......続きを読む»

東京マラソン、3度目の当選!と韓国の新聞

<追記> サイトではプレーオフ第5戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 12日はプレーオフ移動日。 そんな日に当方には嬉しい知らせがありました。 それは東京マラソン2011に、 抽選の結果当選したということ。 高倍率の中、当選出来てラッキーです。 多くの出たくても出られない方々の分まで、 楽しんできたいと思います。 当方、東京マラソン当選は、 2......続きを読む»

プレーオフ第4戦、4戦連続の1点差ゲームをサムソンが取り逆王手

11日、チャムシル球場で行われた、 プレーオフ第4戦は、サムソン5点リードで終盤に突入するも、 トゥサンの脅威の追い上げで7対7の同点に。 しかし、8回に1点を挙げたサムソンが辛くも逃げ切り、 対戦成績を2勝2敗として、 韓国シリーズ進出に逆王手をかけました。 サムソン|0 0 4|0 3 0|0 1 0 | 8 トゥサン |0 0 0|2 0 0|5 0 0 | 7 サ......続きを読む»

プレーオフ第3戦、延長11回の激戦をトゥサンが制し、シリーズへ王手

<追記> サイトではプレーオフ第4戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 10日、チャムシル球場で行われた、 プレーオフ第3戦は、6対6で迎えた延長11回表、 サムソンが2点を挙げリードするも、 その裏、トゥサンが3点を挙げ、9対8でサヨナラ勝ち。 激戦を制したトゥサンが、対戦成績を2勝1敗とし、 韓国シリーズ進出に王手をかけました。 サムソン|3 1 0......続きを読む»

プレーオフ第2戦、トゥサンがヒメネスの好投で1勝1敗のタイに

<追記> サイトではプレーオフ第3戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 8日、テグ球場で行われた、 プレーオフ第2戦はヒメネス、ペ ヨンスの両先発が好投。 中盤にチャンスを生かしたトゥサンがリードを守り サムソンは終盤の追い上げも及ばず、 4対3でトゥサンが勝利。対戦成績を1勝1敗としました。 トゥサン|0 0 1|0 0 3|0 0 0 | 4 サム......続きを読む»

プレーオフ第1戦、サムソンが逆転勝ちで初戦を制す

<追記> サイトではプレーオフ第2戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 7日、テグ球場で行われた、 サムソン対トゥサンのプレーオフ第1戦は、 トゥサンペースで進む試合を、 8回裏、パク ハンイ選手の3ランでサムソンが逆転し、6対5で勝利。 初戦を制しました。 トゥサン|0 0 0|2 3 0|0 0 0 | 5 サムソン|0 0 2|0 0 0|0 4......続きを読む»

プレーオフ展望

<追記> サイトではプレーオフ第1戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 7日から公式戦2位のサムソンと、 準プレーオフを制したトゥサンで、 5戦3先勝制のプレーオフが行われます。 →2010年 ポストシーズン日程表 この両チーム、シーズン中の対戦成績は、 サムソンの10勝9敗とほぼ互角です。 3連戦でどちらかが3タテしたこともなく、 いい戦いとなっ......続きを読む»

準プレーオフ第5戦、トゥサン勝利でプレーオフ進出

5日、チャムシル球場で行われた、 準プレーオフ第5戦は序盤から優位に試合を進めた トゥサンが勝利し、2連敗のあとの3連勝で、 プレーオフに駒を進めました。 ロッテ |0 0 1|0 0 2|1 0 0 | 4 トゥサン|0 2 5|0 2 2|0 0 X | 11 ロッテ投手:●ソン スンジュン(2回0/3)、イ ジョンフン(1/3)、サドスキ(2回1/3)、       ......続きを読む»

左肩骨折で全治6週間。誰が?当方が(笑)

<追記> サイトでは準プレーオフ第5戦も、 試合開始から経過を表示します。 <追記終わり> 世の中には人の不幸が三度の飯より好きな人がいるので、 わざわざ教えることはないかと、黙ってようと思ったのですが、 診察後、ついツイッターに記してしまったので、 他人の不幸好きの人にデザート付きの話題を。 以下、韓国球界に関する有益な情報はありません。 当方、2日夜に左腕から肩を強......続きを読む»

準プレーオフ第4戦、トゥサン勝利し2勝2敗のタイに

3日、プサンサジク球場で行われた、 ロッテ対トゥサンの準プレーオフ第4戦は、 トゥサンがようやくらしさを発揮しだし11対4で勝利。 対戦成績を2勝2敗のタイとしました。 トゥサン|0 1 0|0 1 1|0 0 8 | 11 ロッテ |0 0 0|0 2 0|0 0 2 | 4 →2010年 ポストシーズン日程表 両チーム15安打以上放つ中、攻守にいいプレーが出たトゥサ......続きを読む»

準プレーオフ第3戦、トゥサンが一矢を報い1勝2敗に

2日、プサンサジク球場で行われた、 ロッテ対トゥサンの準プレーオフ第3戦は、 6対5でトゥサンが勝利し、 対戦成績を1勝2敗としました。 トゥサン|0 0 0|5 1 0|0 0 0 | 6 ロッテ |2 0 0|0 3 0|0 0 0 | 5 →2010年 ポストシーズン日程表 両チームともミスが目立ち、それが勝負の分かれ目となりました。 <1回裏> ロッテは......続きを読む»

キム テギュン選手07年以来のポストシーズン進出

1日は千葉マリンに千葉ロッテ対オリックスの取材へ。 この日、韓国の準プレーオフは移動日のため、 試合映像チェックの必要がなかったためです。 千葉ロッテCS進出がかかった今季最終戦が、 30日の雨天中止で1日順延になったことで、 球場へ行くことができました。 30日、雨の中、足を運ばれた方には申し訳ありません。 試合前には昨年、SKでコーチをされていた、 オリックス・正田耕三コ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2017年で14年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。連載500回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:110
  • 累計のページビュー:4337520

(09月14日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss